新しいレシピ

ジェネラルエグゼクティブシェフのハングフインのチャイニーズチキンタコス

ジェネラルエグゼクティブシェフのハングフインのチャイニーズチキンタコス



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

大きめのミキシングボウルに、醤油、醤油、魚醤、唐辛子を入れます。これは脇に置いておきます。カノーラオイルを入れたソテーパンに、玉ねぎのみじん切りと唐辛子を加えます。玉ねぎがきつね色になったら、鶏の胸肉を加えます。マリネを加え、強火で5分煮ます。この混合物にコーンスターチと水をゆっくりと加え、弱火にします。

ワカモレを作るには、アボカドをはがし、慎重に種を取り除きます。大きなミキシングボウルで、アボカド、塩、オリーブオイル、ライムジュースを混ぜます。これらをフォークで希望の濃度になるまで混合し、取っておきます。

カノーラオイルを入れたソテーパンで、ぎょうざラップをきつね色にカリカリになるまで炒めます。これらはあなたのタコスの殻になります。各タコスの殻に、刻んだレタス、ネギ、ワカモレを加え、鶏肉で仕上げます。


左宗棠鶏、69ドルの北京ダックを提供する将軍:レビュー

ジェネラルに来るずっと前から、ハング・フインはアメリカで最も有望な料理スターの1人でした。現在、彼は左宗棠鶏をバワリーで飼っています。

これは、ラスベガスのギィサボイの元エグゼクティブスーシェフであり、ブラボーのトップシェフの第3シーズンの優勝者にとって好奇心旺盛なキャリアの選択です。

はい、HuynhのTsoは、テイクアウトジョイントの主力である12ドルのバージョンよりも優れています。

甘くてスパイシーなフライドチキンのかみ傷はおいしいです。一言で言えば、ウェンディのチキンナゲットは一種の方法です。ただし、ここでは21ドルを支払っています。

湖南エビ($ 22)は、その州の象徴的な料理と同じくらい熱狂的であるはずですが、トウガラシの規模ではほとんど登録されていません。貝自体は無味です。

DannyBowienやAlexStupakのような野心的なシェフが、電子レンジ対応の容器からより一般的に食べられる食品を高めて精製することに何の問題もありません。しかし、244席のGeneralは、16ドルのスコッチカクテルとの組み合わせを懇願する汎アジアのパーティー料理を超えることのない希釈されたフレーバーを提供します。

少なくとも彼らは素晴らしい飲み物です。

これは、Lavo Group(Tao)のそれほど悪くないバージョンであるEMM Group(Abe&amp Arthur&#x2019s、Catch)に期待することについてです。 EMMは、ブラッスリーと営業時間外のホットスポットの間の境界線が細い、男または女の夜の外食のスタイルを販売しています。


テレビリスト

レシピ

レタスラップで焼いたエビ

アグネロスコッタディートと家宝のトマトサラダ

ジュゼッペファネッリ 現在、ニューヨーク州パーチェスのアンダーソンヒルロード578番地にあるTre DiciNorthのシェフです。 &#8211 914-997-4113

Tre Dici Northは、2016年にベストオブウエストチェスターを獲得しました。

ジュゼッペファネッリの多様性は、ビッグアップルで最も有名なイタリアンレストランでの彼の幅広いバックグラウンドを考えると、当然のことです。彼は高校で始まり、ニューヨーク州の自宅近くのイタリアンレストランでテーブルを待っていました。ニューヨーク州サリバンカウンティカレッジ料理学校を卒業した後、ファネリはミシシッピ川のデルタクイーンに乗って仕事をしました。彼はレストランF.illiPonteのためにマンハッタンに移り、そこでエグゼクティブシェフに昇進しました。 Fanelliの次の投稿は、FelidiaのLidia Bastianichのスーシェフとして2年間、UnionPacificのRoccoDiSpiritoの下で料理長を務めていました。 Fanelliは、Frank Pellegrino、Sr。and Jr.にタップされて、新しいレストランBaldoriaをオープンしました。レストランが建てられるのを待っている間、彼は超高級で超伝説的なRao’sで働いていました。そこで彼はレモンチキンやフルッティディマーレなどのラオスの基準を習得し、バルドリアのメニューに取り入れました。ニューヨークマガジンのハル・ルベンシュタインは、新しいベンチャーを高く評価しました。ラオと比較すると、ファネリの料理の腕前のおかげで、「バルドリアはより大きく、より広く、より親しみやすく…そしてそれを締めくくるには、より良い食事ができるようになるでしょう」と彼は書いています。 Fanelliは、Crispoで働いた後、Scopaに到着しました。そこでは、レストランの名前の由来であるFrankCrispoの下で働いていました。最後に、彼はサラが彼を見つけて彼の料理に恋をした場所である26番街にあるTreDiciと呼ばれる素晴らしい小さなレストランのシェフになりました。そのレストランは数年前に閉店しましたが、ジュゼッペはコンセプトとメニューをウエストチェスターに持ち込みました。

ハング・フイン はベトナム系アメリカ人のシェフであり、2007年にはブラボーで開催されたリアリティクッキングコンペティションショーであるトップシェフの第3シーズンの優勝者でした。彼はCatch、The General、Catch Miamiのエグゼクティブシェフであり、まもなく彼自身のレストランである新しいベンチャーに乗り出します。

ベトナムで生まれたフインは、マサチューセッツ州ピッツフィールドで育ち、移民の両親のベトナム料理店で幼い頃から料理のトレーニングを始めました。彼はカリナリーインスティテュートオブアメリカで学位を取得し、ニューヨークのペルセやギルトなどのレストランで料理をしました。シーズン3のトップシェフが放映されたとき、彼はラスベガスのガイサボイレストランでエグゼクティブスーシェフを務めていました。 。

Huynhは、シーズン4のエピソード12、およびトップシェフのシーズン5のエピソード8のクイックファイアチャレンジでもゲスト審査員を務めました。フインは2010年9月にトップシェフのシーズン7のフィナーレに出演し、スーシェフとしてアンジェロソーサを支援しました。

Huynhは、2008年のボキューズドールUSA料理コンテストに参加し、2009年の国際ボキューズドールで米国を代表するために競い合いました。フインは「ベストフィッシュアワード」を受賞しましたが、金

スポンサー

スバルでは、シンメトリカルオールホイールドライブの標準と十分な貨物室を備えた多用途のアウトバックのような車両を製造しており、1週間にもっとフィットして毎日を最大限に活用できます。最も冒険的な日のいくつかは週末の間にあるからです。


将軍での夕食

休日が近づいていますが(12月がどこに行ったのか誰か知っていますか?)、MIAに再び行く前にもう一度レビューを絞り込んだほうがいいと思いました。

La Cenitaで素晴らしい食事をした後、同じレストラングループ(EMMグループ)が所有するTheGeneralをまだ試していないと気づきました。メニューを何日も熟読していた私は、トップシェフのシーズン3の優勝者であるHungHuynhが提供するアジアのフュージョン料理の半分を欲しがっていました。スペースは私が思っていたよりも広いですが(Bowery btwn Prince and Spring)、その寒い寒い日には暖かくて居心地が良かったです。寒い日に他に何があなたを熱くするか知っていますか?シラチャで作ったカクテル。ご存知のように、シラチャはおそらく私のお気に入りの調味料の1つです。中止・欠品になると聞いたので、コストコカードをまとめて買うためだけに開くことを考えました。しかし、私は逸脱します。このカクテルはすごかった。もしそれが私がアルコール依存症に接していることを意味していなかったら、私は毎日それを持っているでしょう。辛い飲み物がお好きな方は是非お試しください。

将軍は、アジアのタパスのようなほとんどの料理を比較的小さく提供しており、多数のプレートを共有することを推奨しています。私の耳への言葉。美味しかったマーシーロール(スパイシーマグロ、ハラペーニョソルト、サルサベルデ)から始めました。そもそもスパイシーなマグロが大好きですが、醤油ではなく、サルサベルデのディップがいい感じでした。多くのロールは良さそうに聞こえましたが、メニューの良いサンプリングを取得したかったので、より大きく、より良いものに移りました&#8230

スパイシーなマグロとサルサベルデのプール。

マグロのタルタルとわさびとびこが入ったサクサクの餅に入る。 OH SWEETHEAVEN。マグロの小さなシリンダーが上にあり、カリカリで少し甘くて少しもち米のケーキが付いていて、これらは美味しかったです&#8230私はすぐにそれらをInstagramに入れなければなりませんでした。最近のおいしい料理の目印ではないですか?執拗な写真を撮り、それらからたわごとをハッシュタグ付けしますか?さて、私はそれをしました、そして、それらが次のように要約されることができるとだけ言いましょう:#NOM #amazing #delicious#fresh#mustorderagain。そのゲームに恥はありません。

あなたはこれが必要です。私を信じて。

チキティチャイナ。中国の鶏&#8230

誰もその歌を覚えていませんか?ベアネイキッド・レディース?とにかく、チャイニーズチキンタコスを注文したときに最初に頭に浮かんだのはそれでした。私は変だ。タコスには3つの小さなピースが付属していました。これは、2人しかいない場合は少し面倒ですが、2〜3ドルでもう1つ追加するのに十分な面倒だとは感じませんでした。これらは本当に良かったです&#8211私はお互いにプレーオフするテクスチャーと鶏肉の微妙でスモーキーな甘い味が好きでした。

小さいですが、風味が詰まっています。

これまで炉端グリルに行ったことがない場合は、何よりもまず試してみることをお勧めします。温かい炭火でゆっくりと焼く日本のスタイルで、すぐに、時には自分のテーブルで提供されます。普段は美味しいので、一般の炉端焼きメニューから何か試してみるべきだと感じました。正直なところ、このメニュー全体がキラーで、選ぶのが大変でしたが、タイのピーナッツソースを添えたタイチキンミートボールを選びました。浸漬用。ここでは目立ったものは何もありませんが、冒険心の少ない味覚を持つ人にとっては良い賭けでした。ミートボール、アミライトでうまくいかない?!

素晴らしい写真ではありませんが、あなたはその考えを理解します。

テーブルのああローメイン。私はここで本当に何を言うことができますか?ローメインは私のクリプトナイトです。真剣に私はそれが私の体の内外を破壊していることに気付くまで、週に一度それを食べていました。 TMI、私は知っています。とは言うものの、今では適度に楽しむことができ、持っていると特別なご馳走のようになります。そして、それはまさにこれが何であったかです:ちょうど十分に脂っこい、たくさんの野菜と完全に満足です。寒い夜に熱い麺を入れるより良いものは何ですか?また、パンミェンがお好みでない場合は、ウェイターがチャーハンも強くお勧めします。次回&#8230

テーブル用の野菜ロール。明るい側を維持しながら(私が通常行うことではない)別の側を共有したい場合は、これは良いオプションです。蒸し野菜の盛り合わせをハニーマスタードのデミグラスソースでご飯と大豆の紙に巻いてディップします。繰り返しになりますが、ここではチャーハンの方がおいしいと思いますが、デザートのことを聞くと、なぜこれを食べてよかったのかがわかります。

それで、ニューヨークのレストランでの私の評判が私に先行し始めていることを私がどのように知っているかをここに示します。デザートを飛ばして「ありがとう」と言った。私たちはかなり満員です&#8221。そして、何が起こったと思いますか?とにかくウェイターがデザートを持ってきます。私たちの願いを完全に無視してください。そうは言っても、Fを黙らせて、自分でこれを注文する頭脳があればいいのにと思います。それは大きな緑茶ドーナツ(誰が知っていましたか?)で、共有に最適で、緑茶マスカルポーネクリーム(驚くべき)、側面のレモンハニカム(実際のハニカム付き)で満たされ、緑茶アイスクリームがトッピングされていました。同じ味がたくさんあるように聞こえますが、まったく同じではありません。はちみつとアイスクリームがちりばめられた、その驚くべきクリーミーなフィリングが付いた柔らかくてねばねばしたドーナツ。ラ・セニータのデザートにも驚いたので、EMMグループはスイーツ​​に関しては本当に彼らのたわごとを知っていると思い始めました。私と私からの苦情はありませんでした。私はこのドーナツを強制的に与えられてうれしかったです。

すばらしい。口の中でとろけます。


ハング&#39sチャーハン

アスタリスクが付いた5つ星のようなものです。これは、ここに巨大で偶然の警告があり、基本的にThe Generalでの私の(誕生日)食事をこれまでのニューヨークでの私のお気に入りの食事体験にしたからです。確かに大きな主張ですが、それはレストランの経験がさまざまな要因/変数に応じてどれほど大きく変化する可能性があるかを物語っていると思います。

私は警告から始めます:保健省は私たちの食事中に予期せぬ訪問を将軍に支払いました、それは生産をひどく停止させ、私たちのメインコース(北京ダック)が提供されるまで長い待ち時間を促しました。通常、これは本当にイライラするプロットツイストですが、フロントオブハウスのスタッフはオンでした。点。彼らはランダムな健康診断について非常に透明で、謝罪し、そしてすぐに無料のシャンパンラウンドを提供してくれました!私はすでに彼らのレディとダガーの飲み物(彼らのフルーティー/&#34girly&#34オプション)から騒がれていたので、この余分な社内のアルコールのショットは私を非常に前向きな心の状態に楽にしました。

それだけでは不十分であるかのように、さらに2ラウンドのコンプを処理しました。枝豆のボウル(枝豆は枝豆なので、かなり平均的でした)と、さわやかなチキンレタスラップでした。私たち4人以上はかなりうまくいっています。これらのコンプを合わせて合計で約40ドルになると見積もったので、明らかにシャンパンの歓声を保健省に捧げました。繰り返しになりますが、それは完全な偶然でしたが、プロのようにそれと一緒に転がり、ラグを終わりのない、魅力的な待機のように感じさせないための家の前への主要な小道具。サービスは一流でした。

そして、食べ物は素晴らしかった。まず、4人で食べられるCRISPROLLとLOBSTERTEMPURAROLLを注文しました。どちらも1〜2ビットで美味しかったです。少し高価ですが、これは贅沢なスポットです。ショーの主役は、82ドルのメインコースであるPEKING DUCKでしたが、肉と脂肪の豊富さと、それに付属する蒸しパンがあなたを満たします。時間がない。繰り返しになりますが、それは4人の空腹の人々にとって完璧な量であり、肉は完璧に調理されました。リッチでジューシー、そしてサクサク。

これと一緒にHUNG&#39S FRIED RICEのサイドを注文しましたが、良かったのですが、あまり良くありませんでした。非常に油っぽくて脂っこいですが、味わい深いストーナーフードで、シェアするのに最適です。また、Hungの名前も付いており、そもそもこの場所をチェックしたかったのは彼だけです(ここのトップシェフのファンボーイ)。

そして最後に、私の誕生日だったので、デザートにチョコレートトライフルを注文しましたが、とても美味しかったです。シンプルでチョコレートっぽい。苦情はありません。

全体的に:ほぼ完璧なダイニング体験。また、バスルームには真剣に素晴らしい最先端のハンドドライヤーがいくつかあるので、すぐにバスルームを休憩することを強くお勧めします。

他の人はあなたがどのように投票するかを見るでしょう!

  • デイブF。
  • ニュージャージー州ホーボーケン
  • 449 友達
  • 658 レビュー
  • 1440 写真

この場所は、Urban Daddy Perkのオファーが私の受信トレイに表示され、2人用のセットメニューが75ドルで提供されるまで、実際には私のレーダーにはありませんでした。

スペース自体は改造された車のガレージやショップのように感じますが、モダンでありながらアジア的な方法で、うまくできていてトレンディです。ここでのサービスはとてもフレンドリーで親切で、しっかりとした体験になりました。

セットメニューには以下(プラス2ドリンク)が付いてきました。

パウロール-かなり良い寿司。スパイシーなカニの中にカニのサラダがのっています。

チャイニーズチキンタコス-スパイシーなチキンを詰めたふっくらとしたサクサクのタコスの殻。タコスよりも濃厚な唐辛子に似ていますが、それでも美味しかったです。

サクサクのエビ-エビとバッターは、どのテイクアウト場所でも手に入る、甘酸っぱいチキン/エビ/ポークを思い出させましたが、寿司に期待されるスパイシーなマヨネーズが付いています。これはエビの天ぷら寿司と中国の甘酸っぱいエビの遊びだったと思いますか?いずれにせよ、私が子供の頃から中国のテイクアウトを彷彿とさせることを思い起こさせるかもしれない、かなり良いです。

Schezuanチキン-これはかなり退屈な料理でした。基本的には、グリルしたチキンまたは蒸したチキンを野菜とスパイシーなピーマンでソテーしたものです。大丈夫でしたが、特別なことは何もありませんでした。

ハング&#39sチャーハン-材料が散らかっているチャーハンの興味深いテイク。私のお気に入りは甘い中国ソーセージです。また、目玉焼きが付いており、卵黄が全体に染み込んでいます。かなり良いですが、繰り返しになりますが、素晴らしいことに注意してください。

炉端野菜-ええ。野菜のポン酢焼き。ここで見るものは何も動きません。

砂糖が必要だったので、抹茶ドーナツを注文しました。

緑茶ドーナツ-緑茶マスカルポーネフィリングを詰めた温かみのある枕状のドーナツに、新鮮な蜂蜜をトッピングしました。素敵なデザート。

ドーナツを除いたすべての食べ物は、Urban Daddy Perkで75ドルでしたが、税金とチップを差し引くと140ドルになります。ちなみに、平均以上の中華料理と寿司は値段が高す​​ぎます。特典をもう一度購入しますが、その食事の全額を支払うことはできません。

他の人はあなたがどのように投票するかを見るでしょう!

  • カーレンM。
  • ニューヨーク州マンハッタン
  • 394 友達
  • 97 レビュー
  • 473 写真

彼の妹が友人の誕生日の夕食のためにそこに行った後、私のボーイフレンドと私は将軍について多くの素晴らしいことを聞きました。私たちはレストランのUrbanDaddy Perk契約を購入しました。これは、飲み物を飲みながら夜を過ごすため、メニューのさまざまなアイテムを割引価格で試すことができ、トレンディなレストランのすべてのコースが破産する傾向があるためです。それぞれドリンクを含む2つのテイスティングメニューに79ドルを支払いました。それは間違いなくお得でした、そして食べ物の品揃えは完璧でした!

ドリンクメニューには多くの選択肢があり、甘いものからスパイシーなものまで、さまざまな調合でさまざまでした。カクテルはそれぞれ14ドルから​​21ドルの範囲で、かなり高額ですが、少なくともラウンドの1つをカバーするバウチャーがありました。全体として、私が持っていた2つのカクテルは互いに非常に異なっており、確かに風味に優れていました。

まずは枝豆をいただきました。枝豆を間違えるのはかなり難しいと思いますが、この枝豆は完璧なレベルまで蒸されていたので、ねっとりしていませんでしたが、カリカリすぎませんでした。適量の塩が入っていて、圧倒されることなく塩味があります。

第二に、私たちはマーシーロールを提供されました。マーシーロールの中にはスパイシーなマグロが入っていて、サルサベルデとハラペーニョのピースが混ざっていました。次に、ロールをアボカドスライスで覆い、スパイスをまぶしました。ロールはスパイシーであると同時に、ただ美味しかったです!

第三に、チャイニーズチキンタコスをいただきました。一般的に、鶏肉のタコスは乾燥していて、他の肉ほど風味がよくありませんが、これらはこの世のものではありませんでした!とてもしっとりしていて、ピーマンと唐辛子が入ったスパイシーなソースがかかっていました。各タコスの底にはアボカドのスライスもありました。ねぎをふりかけると、一口ごとに味わいが増します。チキンタコスがこのアジアンスタイルのタコスまで測定できるかどうかはわかりません!

次に、ベジ炉端串をご用意しました。アスパラガス、きのこ、ズッキーニ、サツマイモの串焼きが4本ありました。これは私たちのテーブルで最も嫌いなアイテムでしたが、それでもとても美味しかったです。全部野菜だったので軽くて美味しかったです。そのアジアンフレーバーを加えたのは、素敵な軽いソースでした。

メインコースは、メインディッシュ2品とサイドディッシュをご用意しました。私のお気に入りはクリスピーシュリンプでした!すっごく良かったです。スパイシーなマヨネーズをまぶしたバッターのような天ぷらでエビフライをしました。スパイシーなマヨネーズは、寿司のいたるところにある典型的なクリーミーなスパイシーなマヨネーズではなく、タンジェでクリーミーではありませんでした。私はそれが好きだった!ソースにチリが入っているのも良かったです。これは間違いなくスパイシーな料理で、たくさんの飲み物の休憩が必要でした:)

ハング&#39sチャーハンはこの料理の側面に出され、チャーハンにぴったりの一貫性でした。油っぽくなりすぎず、素晴らしくて油っぽいです。ソーセージ、エビ、そして日当たりの良いサイドエッグを上に添えました!

最後のメインディッシュはSchezuanChickenでした。この料理は良かったが、私のお気に入りではなかった。赤唐辛子がたっぷり入った、甘くて風味豊かな一品でした!赤唐辛子を噛まない限り、料理自体は辛くありませんでした。私の口は燃えていました!料理に含まれる野菜の盛り合わせと鶏肉のやわらかさが気に入りました。

サービス、食べ物、飲み物はすべてとても楽しかったので、私は間違いなく将軍に戻ります。バウチャーの費用に加えて追加の飲み物だけが非常に高価だったので、次回はおそらくそれほど多くのコースを注文することはできません!トレンディなクラビー感がありがちなので、見られたい、見たいシーンが欲しいなら絶対に行く場所です。屋外席、ラウンジ席、階下のジャズバーもあり、次回はぜひ食べてみたいです!幸せな食事!


チェックイン 最高のシェフ 勝者:17人全員が今どこにいますか?

テレビはもうすぐ美味しくなります 最高のシェフ いよいよ帰ってきました!

ブラボーのシーズン18は、明日4月1日木曜日に料理コンテストシリーズのプレミアに登場し、15人の新しいシェフテスターがシアトルで最優秀賞を目指して戦いを繰り広げるのを待ちきれません。

今年は、コロナウイルスのパンデミックが続いているため、ショーでは、トップシェフのオールスター受賞者、ファイナリスト、お気に入りで構成されるローテーションダイニングと審査パネルが初めて登場します。戻ってくるファンのお気に入りのいくつかが含まれます リチャード・ブライス, グレゴリー・グルデ, クリステン・キシュ, ブルックウィリアムソン などなど。

過去がたく​​さんある 最高のシェフ スターがシーズン18に戻ってきたので、エミー賞を受賞したシリーズの過去17人の勝者全員をチェックインすると思いました。だから他のすべてを持っている 最高のシェフ 勝者はショーでの彼らのスティント以来まででしたか?

下にスクロールして、シーズン1の全員の最新情報を確認します。 ハロルド・ディアテルル シーズン17&#x27sへ メリッサキング 明日の夜のプレミアの前に!


トップシェフの勝者:彼らは今どこにいますか?

ブラボーのシーズン13がリアリティクッキングシリーズに登場 最高のシェフ 今月初演されたので、私たちは不思議に思いました。大賞を家に持ち帰った後、勝者は何をしますか? 2006年の最初のシーズンに戻って、私たちはすべてのチャンピオンに追いつくために思い出の小道を旅しました。

いくつかの学習:多くの場合、 最高のシェフ 勝者は自分のレストラン(または2つか3つ)を開きます。トップシェフ12人のうち女性は3人だけで、他のシェフよりも知名度の高い人もいます。ジェームズビアード賞を受賞した人もいれば、テレビでキャリアを積んだ人もいます。多くの人がファストカジュアルのコンセプトをオープンしたか、オープンすることを計画しています。

こちらが概要です 最高のシェフ 勝者、そして今。

1.ハロレ・ディーテルル

ニューヨーク出身のハロルド・ディターレが 最高のシェフ、ラスベガスでの最後の挑戦で次点のティファニーフェイソンを破った後、2006年にサンフランシスコを舞台にした。ハンプトンズアンドレッドバーのデラフェミナとニューヨーク市の1770ハウスでのスティントの後、彼は同じくニューヨークのハリソンでスーシェフとして働いていました。

$ 100,000の賞金を家に持ち帰った後、ハロルドはニューヨーク市のレストラン経営者になりました。彼は2007年に最初のレストランPerillaをオープンし、3年後にKinShopというタイ料理レストランをオープンしました。その後、彼は3番目のコンセプトであるTheMarrowをオープンしました。

悲しいことに、ハロルドのレストランはどれも時の試練に耐えることができませんでした。 2014年10月、彼はThe Marrowに別れを告げ、先月、PerillaとKinShopも閉鎖すると発表しました。イーターとのインタビューで、彼はニューヨークでビジネスを行うためのコストの上昇に彼の決定を帰したと付け加え、「私が楽しんで楽しんでいないところまで来た」と付け加えた。絶対にレストラン業に戻りたくないと言っているわけではありませんが、今は少し殴られて少し疲れています。&#8221

次に: ハロルドと彼の妻は2月に最初の子供を期待しているので、彼はしばらく休むことを計画しています。しかし、彼はファストカジュアルのコンセプトを将来的に開くことに関心を示しました。

2.イランホール

ロサンゼルスで撮影されたシーズン2は、パドマラクシュミがスターになったのを初めて見たものです。 最高のシェフ &#8212以降はホストとして引き継ぎます。イラン・ホール(同じくニューヨーカー)は、ハワイでのシーズンフィナーレでマルセル・ヴィニュロンを破りました。 (おもしろい事実:イランとマルセルは同時にCIAで勉強しました。どうやら彼らはそれ以来償いをしました。)

イランは、優勝する前はニューヨーク市のカサモノで料理人でした。 最高のシェフ。 2009年に彼はロサンゼルスに最初のレストランTheGorbalsをオープンしましたが、1週間以内に閉店し、郡保健局は給湯器が不十分だったために閉店しました。幸いにもそれは数ヶ月後に再開し、2014年に彼はブルックリンに2番目の場所をオープンしました。同じ年、彼はL.A.レストランの場所を移動し、メニューをほぼ完全にビーガンに変更すると発表しました(まだ再開されていません)。

今、イランはのホストです ナイフファイト、もう1つのリアリティクッキングショーでは、2人の料理人が四角になり、指定されたいくつかの食材を使用してわずか1時間で料理を準備します。

次に: 今週、イランはブルックリンのゴーボールズを閉鎖し、コンセプトと名前を変更したことを発表しました。 &#8220fire&#8221&#8212のEsh&#8212ヘブライ語は、イスラエル-中東のバーベキューを提供します。

3.ハング・フイン

のシーズン3 最高のシェフ マイアミで開催され、アスペンで終わりました。そこでは、ベトナム系アメリカ人のシェフであるハング・フインが、デール・レヴィツキーとケイシー・トンプソンの2人の次点者を打ち負かしました。ハングはニューヨークのPerSeとGiltで料理をし、ショーに参加する前に、Guy Savoy LasVegasでエグゼクティブスーシェフのポストを務めました。

最高のシェフ、Hungは、翌年の国際大会で米国を代表することを目的として、2008年のBocuse d&#8217OrUSAコンテストに出場しました。彼はシェフのティモシーホリングスワースに敗れましたが、EMMグループ&#8212ザジェネラル、キャッチ、レキシントンブラス&#8212で多くのレストランを開き、グループのグローバル展開を支援しました。

4年後、彼は2015年2月にグループとの関係を断ち切り、彼が ニューヨーク・タイムズ&#8221大企業と協力しています。

次に: Hungの次のプロジェクトについては何も言われていませんが、彼はそれが全国的な範囲であることを望んでいます。彼はさらに、&#8220方向性ははるかにシンプルで健康的な運賃に向かっていると思います。方向性はもっとカジュアルで安価だと思います。&#8221

4.ステファニーイザード

トップシェフ:シカゴ、シェフのステファニーイザードは、有名なニューヨークのシェフ、エリックリパート、ダンバーバー、エイプリルブルームフィールドをフィーチャーしたプエルトリコのフィナーレにちなんで、リサフェルナンデスとリチャードブライスの勝者に選ばれました。特に、ステファニーは優勝した最初の女性シェフでした 最高のシェフ、そして彼女はまた、ショーで最も有名なミョウバンの1人です。

彼女はJean-GeorgesVongerichtenのレストランVongで働いた後、シカゴのバックタウンに最初のレストランScyllaをオープンしました(彼女は27歳でした)。スキュラは2007年に閉鎖し、ステファニーは彼女の後にBOKAグループで彼女の旗艦ガールとヤギを開きましたが、レビューは肯定的でした 最高のシェフ 勝つ。再び、彼女は2011年に別のプロジェクト、リトルゴートに続いて、レストランの絶賛を受けました。

2012年、ステファニーはジェームズビアード財団のベストシェフ:五大湖賞にノミネートされ、2013年にタイトルを獲得しました。

次に: ステファニーは、手作りの麺と餃子とテイクアウトウィンドウを備えた中国風のコンセプトであるダックダックゴートを開く準備をしています。現在2016年初頭に予定されており、プレビューチケットはまもなく発売されます。

5.ホージア・ローゼンバーグ

このニューヨークを拠点とするシーズンに、ホセア・ローゼンバーグは、ステファン・リヒターとカーラ・ホール(現在はフードテレビの最愛の人)について裁判官を驚かせました。彼らは、スーシェフとして前シーズンから次点者として、ニューオーリンズで直接対決しました。

ホセアは、ウルフギャングパックなどの定評のあるシェフの下で働いた後、ジャックスフィッシュハウスのエグゼクティブシェフになりました。後 最高のシェフ、彼はケータリング事業、Blackbelly Cateringを開業し、続いてBlackbellyFarmを開業しました。彼の最初のレストラン&#8212、Blackbelly Market&#8212は、チームが自分たちの家畜を飼育し、レストランのために有機野菜を栽培するという真の農場から食卓までの哲学で2011年に誕生しました。

次に: 9月、ホセアはBlackbellyの肉屋事業を拡大し、レストランの隣のスペースを引き継ぐ計画を発表しました。朝食と昼食の操作は、ピクルス、塩漬け肉、チーズなどの製品とともに、新しいスペースに移動します。

6.マイケル・ボルタッジオ

で最も記憶に残る大会の1つ 最高のシェフ 歴史は、マイケル・ボルタッジオがラスベガスでシェフのケビン・ギレスピーと一緒に兄のブライアンを引き継ぎ、ナパでシーズンを締めくくったときでした。彼らの母親はフィナーレに出演して彼らを驚かせ、その機会を完全な家族関係に変えました。

両方のVoltaggiosはメリーランドで育ちました。ブライアンは料理学校に通いましたが、マイケルはそうではありませんでした。代わりに、彼はThe Greenbrierで見習いをし、Charlie Palmer&#8217s Dry CreekKitchenで料理をしました。ホセ・アンドレスによるザ・バザールでシェフ・ド・キュイジーヌを務めていた間、レストランはジェームズ・ビアード財団からベスト・ニュー・レストラン賞にノミネートされました。

最高のシェフ、マイケルはパサデナのダイニングルームでシェフ・ド・キュイジーヌとして働き、後にウェストハリウッドに彼自身のレストラン、インクをオープンすることを決定しました。レストランは高く評価され、マイケルは数ドア下のサンドイッチ店、ink.sackをフォローアップしました。

次に: 先月、マイケルとブライアンは、故郷のメリーランド州にあるMGMナショナルハーバーカジノにステーキハウスをオープンすることを計画していると発表しました。ブライアンには9つのレストランがありますが、これは兄弟の最初の合弁事業になります。

7.ケビン・スブラガ

ワシントンD.C.を皮切りに、今シーズンは、シェフのケビンスプラーガが、シンガポールのエドコットンとアンジェロソーサのチャンピオンとして登場し、シリーズ初の国際的な会場となりました。

ケビンは2008年にホセガルセス&#8217ガルセスレストラングループの料理ディレクターになりました。(彼はまた、Bocuse d&#8217Or USAでベストミートプレゼンテーションを受賞しました。)彼が参加したとき 最高のシェフ、彼はニュージャージー州ハミルトンのRat&#8217sのエグゼクティブシェフであり、ショーが終わった後、他の多くの人と同じように、彼は自分のことをする時が来たと判断しました。

2011年10月、ケビンは彼の名を冠したレストランSbragaをオープンし、 ボナペティ、ザガットと エスクァイア。その後、The Fat HamとSbraga&amp Companyの2つのレストランをオープンし、どちらも南部料理と伝統に触発された創作料理を紹介しています。

次に: Sbraga&amp Companyは11月にジャクソンビルにオープンしたばかりなので、Kevinはまったく新しい市場に参入しています。このプロジェクトは、Phil Colicchio(のいとこ)が主催するColicchio Consulting&#8212とのパートナーシップです。 最高のシェフ&#8216s Tom Colicchio)&#8212は、ビジネス開発者と料理の才能を結びつけます。

8.リチャード・ブライス

シーズン8は トップシェフ:オールスター&#8212 出場者は全員、前シーズンに出場したもののタイトルを逃したシェフでした。賞金も$ 100,000から$ 200,000に倍増しました。ニューヨークで撮影され、バハマで締めくくられたシーズンでは、最後のエピソードでシェフのリチャードブライスがマイクイザベラを破りました。

ニューヨーカーのブレイスはCIAを卒業し、フレンチランドリー、ダニエル、シェパニース、エルブジなどの印象的な施設のリストで訓練を受けました。彼は2000年にアトランタに移り、独自の料理会社Trail Blaisを設立し、Flip Burger(アトランタ、バーミンガム、ナッシュビルに拠点を置く)とJuniper&amp Ivy(サンディエゴ)をオープンしました。

彼は最初の第4シーズンに登場しました 最高のシェフ、彼はシェフのステファニーイザードの次点でした。勝った後 すべての星、彼はショーを主催し、定期的なフードTVスターになりました お尻をクックオフ HLNとフードネットワークの ハロウィーンベーキングチャンピオンシップ、そしてもちろん、判断する 最高のシェフ。彼は料理本を出版しました、 自宅でこれを試してみてください:私の頭からあなたの皿までのレシピ、2014年のジェームズビアード賞にノミネートされました。

次に: 先月、リチャードは別のサンディエゴのレストラン、ザクラックシャックをオープンしました。これは、ファストカジュアルスペースへの彼の最初の進出を示す終日のチキンと卵のコンセプトです。

9.ポール・キュイ

シーズン9では トップシェフ:テキサス、シェフのポール・キュイがサラ・グルーネバーグのトップシェフの称号を獲得しました。今シーズンは合計29名のシェフが参加し、前回よりも多くの出場者がありました。 Bravoはまた、&#8220Last Chance Kitchen&#8221 Webキャストを導入しました。このウェブキャストでは、排除された競技者が引き続き競争し、最終的な勝者が再び競争に招待されました。

Paul was born in the Philippines and grew up in Virginia before moving to Austin for culinary school. He trained under Chef Tyson Cole at Uchi and helmed the kitchen at Uchiko, where he won the James Beard Award for Best Chef: Southwest. During that time, he and Moto Utsunomiya started a side project: East Side King, a food truck that’s grown into a five-location concept.

He was already planning to open his own restaurant when he joined 最高のシェフ, but the experience took him in a new direction and gave him the visibility to be able to do so. (Tom Colicchio later called Paul the most talented chef to ever compete on the show.) After 最高のシェフ he opened the doors to qui, an Asian-inspired that has received wide acclaim for its inventive tasting menu.

Up next: Earlier this year Paul announced plans to open Otoko, a 12-seat omakase-style restaurant, in Austin’s South Congress Hotel. In the summer, フード&ワイン reported that he is also opening a restaurant outside of Texas for the first time — he’s joining chefs Gabriel Ask and Francis Mallman to start concepts in the Faena Hotel. His is called Pao.

10. Kristen Kish

This Seattle-based season saw Chef Kristen Kish trump Brooke Williamson in the finale. It also added another layer to the “Last Chance Kitchen” series: viewers could vote to save chefs from elimination, and the contestants with the most votes were invited back to the final round of the webcast.

Born in Seoul, South Korea, Kristen grew up in Michigan and studied cooking in Chicago. (She was also a model in high school.) She worked as an instructor at Stir, a demo kitchen and cookbook store founded by Chef Barbara Lynch, before going on to be named Chef de Cuisine at Lynch’s restaurant Menton. She helmed the back-of-house there until 2014.

In 2015 she co-hosted a new Travel Channel series, 36 Hours, based on the New York Times column.

Up next: Last week the ボストングローブ reported that Kristen landed a publisher for the cookbook she’s been working on, a collection of � technique-driven recipes.”

11. Nicholas Elmi

In the 11th season in New Orleans, Chef Nicholas Elmi won over Nina Compton and Bravo introduced “Padma’s Picks,” a web series in which local chefs competed for the chance to join the official roster of contestants. His win was actually somewhat controversial Nicholas had survived a few near-eliminations and was considered the underdog of the season.

He has an impressive resume, having cooked at Guy Savoy Paris, Oceana and Lutece, among other restaurants. His own Philadelphia restaurant Laurel debuted just a month after 最高のシェフ premiered it’s a French-inspired BYOB concept with a small, intimate dining room. In March of this year he transitioned to a tasting menu-only format at Laurel.

Up next: Last year Eater reported that Nicholas was planning to open a second restaurant, but nothing has been announced. He is, however, expanding Laurel into the space next door, giving him room for a bar.

12. Mei Lin

In the last full season, set in Boston, Chef Mei Lin was named Top Chef over Gregory Gourdet, and former winner Richard Blais came back as a recurring judge.

Mei grew up outside Detroit, and she comes from a culinary family. She worked alongside her father at the family’s owned-and-operated restaurant before going on to cook with Michael Symon at Roast Marcus Samuelsson at C-House and Wolfgang Puck at Spago Las Vegas. She was part of the opening team at ink., the restaurant launched by former 最高のシェフ winner Michael Voltaggio, and was ultimately named Sous Chef.

After her win, Mei told Eater that she wants to open a restaurant of her own but didn’t share any specific details — only that she wants it to be casual, with quick-service lunch and full-service dinner.


Chopped All-Stars, Season 4: Meet the Chefs

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Photo By: David Lang ©2015, Television Food Network, G.P.全著作権所有。

Round 1: Art Smith

Round 1: Brian Malarkey

Round 1: Eric Greenspan

Round 1: Madison Cowan

Round 2: Anne Burrell

Round 2: Dale Talde

Round 2: Hung Huynh

Round 2: Mary Sue Milliken

Round 3: Antonia Lofaso

Round 3: Cat Cora

Round 3: Marcel Vigneron

Round 3: Michael Psilakis

Round 4: Fabio Viviani

Round 4: Jet Tila

Jet Tila is the executive chef and owner of Kuma Snowcream in Las Vegas and Modern Asian Kitchen in Chicago. Jet dropped out of high school to teach cooking classes in his backyard, but eventually enrolled in the California School of Culinary Arts. He holds five different food-related world records, including one for the largest California roll. Jet appears regularly as a judge on Cutthroat Kitchen.


The General Executive Chef Hung Huynh’s Chinese Chicken Taco - Recipes

Ordered the calamari and edamame appetizers and they were great, the owner came by the table with three lemon oil towelettes to clean our hands. Nice touch! My husband ordered the clay pot pork, I ordered Bangkok shrimp and my daughter ordered chicken curry. All came out in a timely manner and were delicious!

140 - 144185 reviews

When I think Thai food. I think Pad-Thai. So naturally on my first visit I ordered (take-out) chicken pad thai. This first part will be a general gripe directed at all of the Thai restaurants that put plain chicken in a flavorful dish -- WHY. That being said, I was still underwhelmed about the taste. I have had MUCH better. I dunno. add more bean sprouts? Give it more depth. this largely tasted like tamarind sauced noodles.

I did also order a second dish (yes I like leftovers). It was the Tokyo Ramen with pork. Taste was a winner, but beyond the noodles and liquid I would have liked more to chew on. More meat please!! Mushrooms? Stuff in my. soup?

I liked the ambience and vibe of the place and would have no problem trying out the service (which was also a bit odd on my take out. they told me it would be 30 minutes on the phone, but it was ready when I arrived in 15 minutes) and try out a different dish. Not pad-thai though, that's my favorite thai dish :(

Our party of 6 went here and sampled a little of everything. From the Sangria to the appetizers (we tried the spicy Korean wings, edamame and duck spring rolls) to the entrée's (chicken pad Thai, beef pho, shaken beef and more) everything was delicious ! Authentic. Prepared with care. The meals burst with flavor ! The owner stopped over and chatted with us. Very sweet lady. Fantastic visit. I hope I'm in town long enough to stop back. I thought this was the best meal we've had after trying everything for 2 weeks.

This is our second visit. They advertise gluten free options and have them clearly marked as GF on the menu. Tried Poh Beef tonight for the first time because it is one of the GF menu choices and I medically must follow a GF diet.

This dish was served in two parts. Bean sprouts were served on a dish with 2 sauces: a spicy red one and then a dark one (hoisin sauce)

After dipping a few of the bean sprouts into hoisin sauce, I became a bit uneasy and questioned the waiter, who is the second served who was informed that I am gluten free, whether the sauces were GF. He was sure they were but checked in the kitchen only to confirm my fears that the hoisin sauce was NOT GF!

Though both he and the manager were apologetic, there is no excuse for that type of carelessness.

Lesson learned: if you are GF or have any food allergies or concerns, check and recheck the contents of the meal BEFORE tasting.

Yes, we were not charged for that dish, but that won't make up for how sick I am now and the night of illness ahead of me.


The former original Beaver's to reopen as new concept with chef-in-residence program

The food: Every day’s a carnival at this huge, raucous, giddy playground of a bar in the Eado neighborhood. Beer and frozen cocktails rule throughout this sprawling, midway-like patio that sports its own Ferris Wheel. Where food is concerned the Tuck Yard is just that: a yard where a revolving doors of food trucks pull up to serve hungry revelers. Local food trucks such as Twisted Catfish, Black Market Burritos, The Sauerkraut, Mr. Sizzles, El Guajillo, Breaking Bao and Muiishi Makirritos are here to serve. It’s a big, wild ride at the Truck Yard.

17 of 45 Feges BBQ
3 Greenway Plaza, Suite C-210, 832-409-6118 fegesbbq.com

The food: After years of learning his pitmaster ropes, working the barbecue circuit, and patiently planning his first restaurant, Patrick Feges finally has his own brick and mortar store, although hardly in the traditional ‘cue joint vein. His shop is snug in the Greenway Plaza food court. But it’s the real deal stuff – brisket, pork ribs, sausage, turkey, pulled pork and boudin. Thanks to his wife, chef Erin Smith, the sides and sweets are bold and inventive: Moroccan-spiced carrots, roasted eggplant with mint, Asian cucumber salad, elote corn salad, sweet and spicy sprouts, braised collard greens, PB&J chocolate cake, banana-caramel cream pie, and rum raisin bread pudding. For breakfast there are breakfast tacos and biscuits with boudin gravy. Feges was worth the wait. Robert J. Lerma Show More Show Less

19 of 45 Wanna Bao
2708 Bagby, 832-623-7265

The food: This new Chinese bistro and dumpling house sets up shop in the former Midtown BBQ space on Bagby. Gone are all the trappings of a smoked meat joint, replaced by a contemporary Chinese teahouse décor. Fans of soup dumplings (shrimp and pork) have already pronounced it a winner. Other menu items include bao with pork belly, jasmine tea-smoked duck, sweet and sour pork ribs, braised pork belly, green tea shrimp, salt and pepper calamari, green peppercorn fish filet, and a variety of dumplings.
Wanna Bao Show More Show Less

20 of 45 Bloom & Bee
The Post Oak Hotel, 1600 West Loop South, 346-227-5139 thepostoakhotel.com

The food:
Restaurateur/casino titan/reality television star/NBA franchise owner Tilman Fertitta has given his swell pals another fancy new place to dine within his The Post Oak campus. Off the lobby of the upscale hotel is Bloom & Bee, a plush, floral-themed, 100-seat dining room with big ambitions. The menu includes oysters with green apple foam, scallops with grapefruit pearls, smoked beef tartare, Maine lobster with potato gnocchi, and a Gulf seafood bouillabaisse. Desserts, such as the individual Baked Alaska, are already Instagram stars. The Post Oak Show More Show Less

22 of 45 Les Noo’dle
1717 Montrose, 832-582-6122 lesnoodle.com

The food: The former Les Ba’get in Montrose has been rebranded as a pho-forward Vietnamese café where chef Cat Huynh (working with his wife and business partner Angie Dang) has created painstaking pho broths (beef, chicken and a new vegan option) for the build-your-own soup bowls. His shareable side dishes include spicy cucumber salad, Vietnamese street corn, spicy bean sprouts with tofu, and oak-smoked cauliflower.
Melissa Phillip, Staff / Houston Chronicle Show More Show Less

23 of 45 Craft F&B
The Post Oak Hotel, 1600 West Loop South, 346-227-5132 thepostoakhotel.com

The food: The society set has claimed Bloom & Bee as their own but The Post Oak, Tilman Fertitta’s new luxury hotel, has an everyman dining spot where the beer is cold and the wings are hot. The attractive, casual Texas pub, just off the blinged-out lobby, is a place for beer (24 on tap), beer flights, craft cocktails, and familiar grub. Signature dishes include junk fries (made with barbecue burnt ends, chili, and chipotle cheese sauce), bison chili, Buffalo wings, wagyu chili dogs, cheese and charcuterie board, and a lineup of burgers and handcrafted Neapolitan-style pizza. Cinnamon churros for dessert if you still have room.
Landry's Show More Show Less

25 of 45 Postino Wine Café
642 Yale at Heights Mercantile, 346-223-1111 postinowinecafe.com

The food: Mobbed. That’s the best way to describe the state of affairs at this casual, eclectically designed wine bar in the Heights. Why so busy? Five dollar glasses of wine from 11 a.m. to 5 p.m. daily is reason enough. But the menu (bruschetta, panini sandwiches, cheese boards, salads) and the full range of wine options are quite impressive. On Mondays and Tuesdays after 8 p.m., $20 will get you a house bottle of wine and bruschetta. A boon for wine lovers plus sweet patio space. Elizabeth Conley/Houston Chronicle Show More Show Less

26 of 45 Poitin
2313 Edwards St. at Sawyer Yards, 713-470-6686 poitinhouston.com

The food: First things first: It’s pronounced PUUT-cheen. It’s Irish moonshine. And yes, they serve boutique poitin brands at the bar, which happens to be an inviting destination on its own. But the real star of this big new endeavor from Ian Tucker (the owner of Balls Out Burger) is the menu from executive chef Dominick Lee. The clever menu speaks Houston’s multicultural language: Pork cracklings with Mexican guajillo chile sauce hummus with house-made za-atar and pulled lamb neck char-grilled Gulf oysters scallop aguachile grilled Texas wagyu with chimichurri sauce and dulce de leche carrots whole fried fish with spicy chili sauce and sticky rice and pork collar with cabbage and Creole mustard glaze. Dave Rossman/For the Chronicle Show More Show Less

28 of 45 UB Preserv
1609 Westheimer, 346-406-5923 ubpreserv.com

The food: There are many factors that have gone into making UB Preserv the season’s buzziest restaurant. For one, it’s got the creative genius of James Beard Award-winning Chris Shepherd and his chef de cuisine Nick Wong from Momofuku Ssam Bar in New York. In his follow-up to Underbelly Shepherd continues to tell the story of how Houston eats. And judging by his menu, with plenty of melting-pot flavors and pizazz. Masa cakes are topped with smoked trout roe and cabbage wok-fried collard greens are stoked with smoked ham hock and hot sauce crispy pork ribs wear a sauce of fermented black bean mole grilled octopus makes nice with tahini and garlic cucumbers and a bed of crispy noodles is drenched in buttery crawfish tail meat. The crispy rice salad is already a hit. Get there early: there are no reservations first-come/first-serve only. Julie Soefer Show More Show Less

29 of 45 Café Poetes
122 W. Gray, 832-527-7147 cafepoetes.com

The food: Real deal French patisserie set in a boutique shop as picture perfect as a fancy box of macarons. That’s what you’ll find at this charming café dedicated to the pleasures of the eclair. There are sweet eclairs to be sure, but also savory like the cunning pho-flavored offering. In addition to eclairs there’s also croissants, pan au chocolat, gougeres, quiche, salads, and proper teas, coffee and hot chocolate. The café is run by Paris-born Karine Favre-Massartic, who sees eclairs as works of art. We firmly believe her.

31 of 45 Tea + Victory
2030 E. T.C. Jester, 713-824-0755 teaandvictory.com

The food: There’s a British bent to the food menu of this new board game café. You’ll find tea sandwiches, English pasties, cottage pie and chicken tikka masala. But there are also American comfort foods: grilled cheese with tomato soup, deviled eggs, meatloaf and mashed potatoes, and a clever take on canned ravioli. Beer and good wines, too. But the real attraction is probably the menu of games: more than 500 board games for the new and apparently growing game board culture. Karen Warren, Staff / Houston Chronicle Show More Show Less

32 of 45 BCK: Kitchen & Cocktail Adventures
933 Studewood, 832-831-7155 eatatbck.com

The food: The name’s an almost unnecessary mouthful. But get to the bar and order a Dr Feelgood (rye whiskey and Dr Pepper syrup served over crushed ice in a Dr Pepper can). Sip. All is right with the world. Housed in the former Glass Wall space in the Heights, BCK is a casual new bar and eatery from the Bosscat Kitchen folks. The menu includes adult comfort foods such as burgers, Peking duck tacos, Salisbury steak with mashed potatoes, Shake ‘n’ Bake pork chop, and a retro pasta dish called Pasghettios made with 44 Farms beef sausage with ring pasta and tomato sauce. Lively brunch Saturday and Sunday from 10 a.m. to 2 p.m. Kirsten Gilliam Show More Show Less

34 of 45 Fig & Olive
5115 Westheimer at the Galleria, 832-632-6632 figandolive.com

The food: The first of four fabulous new restaurants to open at the former Saks Fifth Avenue space at the Galleria, Fig & Olive is a sun-drenched slice of the good life a la Cote d’Azur. The menu samples from the olive oil-happy coastal regions of France, Spain and Italy. The signature crostini – mushroom and artichoke burrata, tomato and pesto goat cheese and caramelized onions manchego, fig and marcona almond -- are presented with panache. The menu also includes mushroom croquettes with truffle aioli octopus carpaccio Hamachi crudo with preserved orange beef carpaccio with white truffle oil and seafood paella.

Mark Mulligan/Houston Chronicle Show More Show Less

35 of 45 Carmelo’s Cucina Italiana
14795 Memorial, 281-531-0696 carmelosrestaurant.com

The food: Yes, it’s the old Carmelo’s that Carmelo Mauro ran for 37 years in Memorial. But it’s also the new Carmelo’s under the creative direction of restaurateur Benjamin Berg (B&B Butchers & Restaurant) who brought in his hotshot brother, Daniel Berg (whose resume includes Locanda Verde, The Dutch, Bar Primi, Le Bernadin and Daniel in New York), to gussy up the menu. All the pasta is now made in-house, the prime beef is from B&B, and the top-shelf cheese are from Italy. Chef Berg has applied considerable finesse to a menu of Italian-American classics. Today, the new/old Carmelo’s is a standout.

Dave Rossman, Freelance / For the Chronicle Show More Show Less

37 of 45 Leibman’s Wine & Fine Foods
10100 Katy Freeway, 281-617-2208 leibmans.com

The food: In business for nearly four decades, the Leibman family closed its Memorial deli last year and moved. The new store, recently opened, with its same lineup of wine, retail, take-away, and dine-in deli. All the classics are back in play, including the house Chicken Salad Afrique, Gone in a Minute Dip, and Leibman’s famous Reuben. Other options include pimento cheese BLT, triple decker club sandwich, baked brie, smoked salmon latkes, pan-roasted salmon with cannellini beans, and spinach and ricotta pappardelle. Debora Smail / Leibman's Eatery, Market, Gifts Show More Show Less

トゥルーフードキッチン
9595 Six Pines Dr., #150, The Woodlands, 281-364-7222 truefoodkitchen.com/thewoodlands

The food: Fresh, healthy food emporium finds a welcome home in The Woodlands for its unique menu and adherence to the anti-inflammatory diet principles of Dr. Andrew Weil. Call it what you want, the menu offers a delicious lineup of vegetable starters, salads, grain and veggie bowls, sandwiches, and entrees such as Moroccan chicken, grilled salmon, seabass in umami sauce, spaghetti squash casserole, and grilled fish tacos. This is the second TFK in the Houston area (the first in the galleria neighborhood). And it’s big: 7,300 square feet of indoor and outdoor dining space.

40 of 45 Blue Onyx Bistro
4720 Richmond, 713-808-9518 blueonyxbistro.com

The food: The owners of Redfish Seafood Grill in northwest Houston have opened an ambitious steak/sushi/seafood operation near the Galleria. The menu includes ribeye steaks that have been dry-aged 35 days in-house Chilean sea bass in a red wine reduction sauce grouper topped with bacon-wrapped scallops in a creamy ginger and Key lime sauce cedar-smoked grouper topped with scallops and shrimp in a white wine and butter sauce and the house’s signature Hot Chic Roll of flash-fried salmon, avocado, jalapeno, salmon, snapper and tuna.

41 of 45 Gus’s World Famous Fried Chicken
1815 Washington, 832-740-4022 gusfriedchicken.com/Houston-texas-location/

The food: This Tennessee-born fried chicken phenomenon brings its hot and spicy ways to Houston on the Washington corridor where foodies are happy to queue up for perfectly crispy pieces of bird fried in peanut oil. Gus’s use only fresh, natural, hormone-free chicken that is never frozen. Houston has always been blessed with good fried chicken and now it’s got Memphis-style with the arrival of Gus’s. Don’t forget the sides: baked beans, potato salad, cole slaw, fried okra, greens, and fried rice.
Show More Show Less

43 of 45 Rodeo Goat
2105 Dallas, 281-853-9480 rodeogoat.com/Houston/

The food:
This rollicking icehouse, a Dallas import, has quickly been embraced by Houstonians for its likeable lineup of burgers and brews. There’s almost too many burger choices (all patties are hand-ground and -formed) and not enough appetizer options. But the staff is so friendly it’s easy to overlook the imbalance, especially when sipping on an East End Mule made with Tito’s. The whiskey, bourbon and scotch choices are many, as is the list of Texas and American craft beers. The ultra-generous patio is a perfect place to contemplate life or how fast the Eado section of town is changing. Welcome to the neighborhood.
Rodeo Goat Facebook Show More Show Less

44 of 45 Night Heron
1601 W. Main, 713-527-8010 agricolehospitality.com/night-heron/

The food: Perhaps the folks at Agricole Hospitality (Revival Market, Coltivare, Eight Row Flint) didn’t have enough on their hands as they’re reading three major East Village openings (Indianola, Vinny’s, Miss Carousel). But somehow they quickly swooped in and turned around the former Lowbrow space as a casual, thoughtful neighborhood bar offering inventive cocktails and small but worldly lineup of dishes such as Gulf clams in Singaporean chili, fried Massman curry-spiced potatoes, turmeric chicken frites, sumac-flavored salt and pepper pork ribs, and smoked cheese dip. The drinks are fun – classics seen through knowing, worldly eyes. Michael Ciaglo/Houston Chronicle Show More Show Less

Vinegar Hill Houston is the name of the restaurant that will occupy the former original Beaver's at 2310 Decatur, the restaurant's partners announced Thursday morning.

Adam Brackman of Axelrad Beer Garden and Monica Pope, one of the original partners at Beaver's, have put together a plan to resurrect the restaurant that has been a fixture in the city's Old 6th Ward for years. The plan comes a month after Beaver's closed in late August after a complicated separation among the restaurant's investors.

Vinegar Hill, which is expected to open in early November, is intended to be a restaurant with a unique mission as a "launching pad" for local chefs intending to open a brick and mortar restaurant. To that end, Vinegar Hill will not employ a permanent, full-time executive chef but feature a rotating chef-in-residency program. The resident chefs will design their own menus and collaborate with the bar on specialty cocktails.

The space will be divided in two: a 30-seat, reservation-only restaurant, and a separate limited menu of dishes and bites for the 120-seat indoor/outdoor restaurant that will serve throughout the day. The resident chef will be responsible for creating the menus for both chef residencies will average about three months each. The restaurant also may accommodate shorter pop-up formats in between residencies.

"The idea of creating the opportunity for an up-and-coming chef to run their own kitchen, work out their concept, and increase their customer base prior to seeing out investors and taking the plunge into ownership is an exciting prospect for everyone involved," said Pope, who owned T'afia and Sparrow Bar + Cookshop. "Our team is comprised of entrepreneurs, so we understand the importance of providing ways to incubate the next generation of leaders in our city and help them to succeed."

The first chef-in-residence will be Evelyn Garcia of Pop Ups by Chef Evelyn, whose resume includes Spice Market (Southeast Asian restaurant from Jean-Georges Vongerichten), Masak (a Singaporean restaurant) and Kin Shop (modern Thai), all in New York, specializes in Southeast Asian flavors. A graduate of the Culinary Institute of America in Hyde Park, NY, Garcia won Food Network's "Chopped" in 2014.

The new space will be designed by Gino Vian whose design work includes Field & Tides and Emmaline, according to a press release. Shawn Busch, formerly of Underbelly Hospitality, will serve as general manager.

Brackman said his goal for Vinegar is to be "known as an institution that cultivates and nurtures individuals with talent of all types &ndash from chefs and bartenders to artists and small-business owners."