新しいレシピ

チェサミパイ

チェサミパイ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

写真:ヘクター・マヌエル・サンチェス

伝統的なチェスパイに遊び心と美味しさを加えたこのお菓子は、濃厚なゴマ風味のトリプルショットが得られます。地殻に白ゴマ、フィリングにタヒニ、上に黒ゴマ(お好みで白ゴマを自由にお使いください)黒を見つけることができません)。これらのナッツのようなタッチにより、ダーシーは2カップを必要とする伝統的なチェスパイのレシピよりも砂糖の使用量を減らすことができます。 「チェス」のパイの角度を大きくしたい場合は、ダーシーと同じようにして、黒いゴマの種をパイの上に市松模様に配置します。パイ生地にウォッカを少々加えるのは、パン屋の秘訣です。地殻をよりフレーク状にして柔らかくし、地殻が焼けると蒸発してアルコールの風味が残りません。シェリービネガーがフィリングに追加する深さが好きですが、同様の結果を得るためにアップルサイダービネガーを使用することもできます。

作り方

ステップ1

皮を準備します:5.75オンスの小麦粉、白ごまの種子、小さじ1/2の塩、ベーキングパウダーを大きなボウルに入れて一緒に混ぜます。小麦粉の混合物にショートニングと大さじ1バターを追加します。ショートニングとバターがよく分散し、小さな塊が形成され始めるまで、指を使って組み合わせます。ウォッカでかき混ぜます。氷冷水大さじ3杯まで、一度に大さじ1杯を加え、生地がまとまり始めるまでかき混ぜます。軽く粉をまぶした表面に生地を作ります。 1〜2回軽くこねます。ボールに形を整えます。ディスクに平らにして、ラップでしっかりと包みます。 20分間冷やします。

ステップ2

生地をほどき、作業面に移します。 10〜11インチの円にロールします。 9インチのガラスパイプレートにフィットします。エッジを下に折り、圧着します。 40分間(または最大2か月間)フリーズします。

ステップ3

オーブンを350°Fに予熱します。

ステップ4

詰め物を準備します:中型の上に小さなフライパンでバター3杯を溶かします。バターが焦げ始めるまで、よくかき混ぜながら、約5分間調理します。完全に冷まし、約10分。大きなボウルに砂糖と皮を混ぜます。指を使ってゼストを砂糖にこすりつけ、オイルを放出します。 (砂糖はわずかに湿った感じになり、ゼストはレモンの香りを放ちます。)中程度のボウルに牛乳、卵、卵黄を混ぜ合わせます。牛乳の混合物を砂糖の混合物にかき混ぜます。コーンミール、大さじ2の小麦粉、小さじ3/4の塩をよく混ぜ合わせます。タヒニ、焼き色をつけて冷やしたバター、酢、バニラを混ぜます。滑らかになるまで泡立て器。冷凍庫からクラストを取り出します。砂糖の混合物をクラストに注ぎます。

手順5

センターラックで350°Fで35分間焼きます。オーブンから取り出します。黒ごまをのせてオーブンに戻ります。縁が固まるまで焼き、さらに7〜8分焼く。 (中心はまだ少し波打つでしょう。)45分から1時間冷やす。冷やして、または室温でお召し上がりください。

手順6

注:他のほとんどのショートニングとは異なり、トランス脂肪が含まれていないため、アースバランスのショートニングを探すことをお勧めします。


ビデオを見る: 合唱気球に乗ってどこまでも The grade-schoolers chorus and piano accompaniment (七月 2022).


コメント:

  1. Abdul-Rahim

    Zer良い私は5ポイントを置いた。

  2. Earnest

    私の意見では、あなたは間違っています。私はそれについて議論することを提案します。午後に私にメールしてください。

  3. Mazudal

    謝罪しますが、私の意見では、あなたはエラーを犯します。議論することをお勧めします。

  4. Andettan

    あなたは間違っている。入力してください。

  5. Yerucham

    長い間どこで姿を消しましたか?

  6. JoJoshicage

    私はあなたが間違っていると信じています。私は確信しています。私はそれについて議論することを提案します。

  7. Shakataxe

    Bravo, I think this is a great phrase.



メッセージを書く