新しいレシピ

Achaval–Ferrerは、リファレンス品質のアルゼンチンマルベックなどを製造しています

Achaval–Ferrerは、リファレンス品質のアルゼンチンマルベックなどを製造しています



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

数週間前、私はAchaval–Ferrerの創設者兼ワインメーカーであるSantiagoAchavalと一緒に座りました。サンティアゴは、特にマルベックだけでなく、他の品種でもいくつかの素晴らしいことをしています。 Achaval–Ferrerポートフォリオからの私のお気に入りのいくつかを見てみましょう。

Achaval–Ferrer 2013 Malbec —希望小売価格$ 25

このワインの果実は、メンドーサの異なるサブアペラシオンにある3つのブドウ園から調達されました。完全にマルベックで構成されています。発酵は、天然酵母を含むセメントタンクで行われました。樽熟成はフレンチオークで2年かけて行われました。 17,000件のケースが作成されました。革、プラムスパイス、スミレがこのマルベックの騒々しい鼻から飛び出します。赤と黒のプラムの好意がジューシーで層状の味わいを支配します。紅茶と余韻の長いスパイスが長い余韻を刻みます。このマルベックには、プロポーションを保ちながら五感を刺激する大胆なフルーツフレーバーが詰まっています。このカテゴリーの他の多くのワインよりも数歩上にある、広く入手可能なワインです。

Achaval–Ferrer2013カベルネソーヴィニヨン —希望小売価格$ 25

果実はメンドーサの2つのサブアペラシオンで調達されました。 100%カベルネソーヴィニヨンです。発酵と熟成はマルベックと同じでした。 2,500ケースが生産されました。赤と黒のラズベリーの香りがこのカベルネの香りに点在しています。味わいには、赤と黒の両方の果実の山と、タバコの葉のヒントが詰まっています。酸っぱいラズベリーとレッドチェリーのフレーバー、ダークチョコレート、レザー、ミネラル、スパイスがすべてフィニッシュに現れます。カベルネソーヴィニヨンのこの素晴らしい例は、中程度のタンニンとしっかりとした際どい酸味を持っています。それは楽しい飲酒と本物の品種の特徴のトンを提供します。今後5年間はよく飲むでしょう。

Achaval–Ferrer 2012 Finca Bella Vista Malbec —希望小売価格$ 140

すべての果物は、1908年に植えられ、標高3,200フィートにある単一のブドウ園から来ています。それは100パーセントのマルベックです。天然酵母による発酵はセメントタンクで行われました。樽熟成は、新しいフレンチオークで15ヶ月以上発生しました。 1,900件未満のケースが作成されました。香ばしいハーブと紫色の果実の香りが強いです。ブルーベリー、ブラックベリー、プラムなどのダークフルーツのフレーバーが、タイムとセージの追加のリマインダーとともに味わいに表れています。クローブ、アース、紅茶のウィスプはすべて、長くエレガントな仕上がりになっています。このマルベックは今では美味しいですが、ボトルに入れる時間を増やすことで恩恵を受けるでしょう。どの価格帯でも、ほとんどのマルベックよりも優れています。

Achaval–Ferrer 2012 Finca Altamira Malbec —希望小売価格$ 140

このワインの果実が由来する単一のブドウ園は、標高3,444フィートにあります。 1925年に植えられました。このワインは完全にマルベックです。発酵は天然酵母を含むセメントタンクで行われ、その後、まったく新しいフレンチオークで15ヶ月樽熟成されました。 619件のケースが作成されました。シガーボックス、レザー、ブラックフルーツのアロマがノーズに現れ、ベラビスタよりも控えめな感じがします。味わいはベラビスタよりも豊かで大胆でジューシーな味わいであるため、味わいは鼻を覆います。ブラックベリー、ラズベリー、そしてスパイスが豊富にあります。フィニッシュは印象的に長く、青々としていて、深みがあり、フルーツとスパイスのノートが印象的に響き渡ります。柔らかくビロードのようなタンニンとしっかりとした酸味が、このワインの優れたストラクチャーをもたらします。今ではかなり飲めますが、10年間は​​改善が続き、その後少なくとも5年間はよく飲みます。これは、味わうのと同じくらい素晴らしいマルベックの例です。

フィンカアルタミラの現在のヴィンテージに加えて、2000年までさかのぼる3つの古いヴィンテージをサンプリングしました。古いワインは、そのプロパティから作られたマルベックの熟成に耐える魅力的な外観でした。それらを通る結合組織があります、それはもちろんこれらがサイト主導のワインであるという事実から来ます。ヴィンテージのバリエーションとそれぞれの年齢も影響を及ぼしました。肝心なのは、Achaval–Ferrerのワイン、特にブドウ園特有の例は、アルゼンチンが提供しなければならない最高のもののいくつかである、よくできた、熟成に値する製品であるということです。最高級のマルベックを探しているなら、単一のブドウ園のワインは非難を超えています。ただし、日常の消費に適したものをお探しの場合は、キュヴェスタイルのマルベックとカベルネソーヴィニヨンがサンティアゴの素晴らしい料理に飛び込んで知るのに最適な場所です。


ワインのヒント:マルベックマッドネス

米国で利用可能なマルベックの瓶詰めの爆発的な増加に伴い、消費者がさまざまなワイナリーの中から選択する際に注意を払うだけでなく、彼らのヴィンテージを知ることもますます重要になっています。現在市場を支配している(そしてこのレポートではワインの大部分を占めている)ヴィンテージの中で、2006年が最高で、2007年がそれに続きます。これまでに2008年から100以上のマルベックをレビューしました。最終的なヴィンテージの評価には十分ではありませんが、今年は有望に見え、最終的には品質が2006年に匹敵する可能性があります。

2006年のワインは、私が2年前に最初に試飲を始めて以来、肉付けされており、多くの最新リリースは、以前の多くのリリースよりも優れた果実味と純度を示しています。これにより、ヴィンテージの全体的な評価を傑出したものにアップグレードすることになりました。

ルハン・デ・クヨなどの温暖な地域での晩期の雨が収穫を妨げたため、一般的に2007年は2008年より一歩遅れていますが、アルタミラなどの涼しい場所では収穫期間が長く、乾燥しており、新鮮で純粋でスタイリッシュなワインになりました。 。

2008年のヴィンテージは、寒い冬と遅い春の始まりが特徴で、シーズンの前半は涼しい気温が続き、ウコバレーの春の霜が被害をもたらしました。しかし、ヴィンテージの後半はウォームアップし、マルベックは可能性を示しています。 (ブドウは通常遅く熟し、より長い成長期の恩恵を受けます。)

アルゼンチンにはマルベックと呼ばれる勝利馬がいて、それは激しく乗っています。マルベックは、親しみやすく、ジューシーで、フルーツ主導のプロファイルと、15ドル以下の多数の瓶詰めのおかげで、アメリカの消費者を魅了してきました。この需要は生産と輸出の両方の増加を引き起こしており、困難な経済期間の間にワインの世界に珍しい明るい成長のスポットを提供しています。

品質の頂点

道をリードしているのは、Achával-FerrerとBodega CatenaZapataからのトップボトリングです。これらの2つのワイナリーは、私の過去数回の年次報告書で一貫してアルゼンチンのマルベックの中でトップの座を争っています。これらは、カテナからの豪華で豪華な瓶詰めと、アチャヴァルフェラーの特徴である活気に満ちたピアスワインで、スタイルに大きなコントラストをもたらします。

これらのトップワインの利点の1つは、メンドーサのさまざまなテロワールを紹介できることです。一見すると、メンドーサはほとんど変化のない広大な土地のように見えます。このイメージは、地域内のより特定の地域から調達されることが多いにもかかわらず、ほとんどのワインが単に「メンドーサ」とラベル付けされているという事実によって広められました。しかし、これらの異なるテロワール(アグレロやルハンデクヨなどのメンドーサ北部の暖かい場所から、トゥプンガトやラコンスルタなどの南部のウコバレーの涼しい地域まで)は、キャラクターとアルゼンチンワインの多様性。

Achával-Ferrerのマルベックのトリオは、メンドーサのテロワールの違いを独特のスタイルで表現する方法を示しています。 Achával-FerrerFincaAltamiraMendoza2007は、国内最高のワインの1つとして瓶詰めの実績を続けています。 Finca Bella Vista Mendoza2007とFincaMirador Mendoza 2007も、このレポートのトップワインの1つです。

メンドーサ南部の涼しく標高の高い地域にある低収量のブドウの木から供給されるフィンカアルタミラは、活気に満ちた果実とミネラルを備えた、なめらかでスタイリッシュです。対照的に、ペルドリエル地域から来た(そしてブドウ園での雹の損傷のために2年間の休止の後に戻ってきた)フィンカベラビスタは、黒と青の果実で、より豊かでより筋肉質のプロファイルを示していますが、フィンカメドラノのミラドールは、鋭いフローラルとアイアンのノートを提供します。

Achával-Ferrerワインのステップにマッチするのは、業界の支配的なプレーヤーであるBodega CatenaZapataのハイエンドポートフォリオです。同じくアルタミラの果実(アチャヴァル・フェラーと同じ地域にある別のブドウ園)から供給されたマルベックメンドーサニカシアヴィンヤード2006は、プラムとブラックベリーの果実がたくさんあり、同じように滑らかですが、密度が高くなっています。 Malbec Mendoza Argentino 2005は、GualtallaryとAltamiraのブドウをブレンドして、筋肉質でトーストとフルーツが詰まったバージョンを作成します。

他の最高得点のワインには、Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007、ペルドリエルの単一のブドウ園から作られたViñaCobosMalbec Mendoza Marchiori Vineyard2006のAltamiraフルーツを使用した別の瓶詰めとBodegaNoemíadePatagoniaRíoNegroValley2007があります。 、アルゼンチン南部のパタゴニア地方の古いブドウの木から供給された、グラファイトで満たされたマルベック。

低価格のワイン

これらのワインは、今日のアルゼンチンマルベックの最高品質を表しており、それに見合った値札が付いています。しかし、より低価格で価値のある選択肢があります。オーナー兼ワインメーカーのカリム・ムッシによるアルトセドロ・マルベック・ラ・コンスルタ・レゼルバ2007は、なめらかで際どい仕上がりのブドウの魅惑的な果実味を提供します。 Altos Las Hormigas、BodegaColomé、Finca Decero、Piattelli、Finca&Bodega Carlos Pulenta、Bodega Renacer Pascual Tosoなども、1本40ドル未満で優れたMalbecを製造しています。

最大の価値をお探しの方は、現在のリリースでボトル1本あたり15ドル以下、85ポイント以上のマルベックが多数あると聞いて喜ぶでしょう。 BodegasyViñedosO。FournierMalbecUco Valley Urban 2008は、Ave、Bodega del Desierto、Henry Lagarde、Bodega Norton、LaPostadelViñatero、Proviva、TriVento、CatenaZapataが所有するVistadelのマルベックと同様にトップバリューの1つです。 Sur。ただし、瓶詰めの急増により品質がやや希薄になっているため、この価格帯での結果には一貫性がありません。

アルゼンチンでは、すべての基盤が整っています。広大な土地がマルベックの支配的で特徴的な品種であり、数人の支援プレーヤーと、喉が渇いて探求することを熱望しているアメリカの消費者基盤に支えられています。いくつかのワイナリーがこの組み合わせを利用して大きな成功を収めていますが、アルゼンチンを次のレベルに引き上げるには、より一貫した品質のうねりが依然として必要です。それまでの間、賢明に選択して乗り心地を楽しんでください。

無料コンテンツ: これらのビデオを見る ワインスペクテイターの上級編集者は、世界の素晴らしいワインのいくつかを味わい、話し合います


ワインのヒント:マルベックマッドネス

米国で利用可能なマルベックの瓶詰めの爆発的な増加に伴い、消費者がさまざまなワイナリーの中から選択する際に注意を払うだけでなく、彼らのヴィンテージを知ることもますます重要になっています。現在市場を支配している(そしてこのレポートではワインの大部分を占めている)ヴィンテージの中で、2006年が最高で、2007年がそれに続きます。これまでに2008年から100以上のマルベックをレビューしました。最終的なヴィンテージの評価には十分ではありませんが、今年は有望に見え、最終的には品質が2006年に匹敵する可能性があります。

2006年のワインは、私が2年前に最初に試飲を始めて以来、肉付けされており、多くの最新リリースは、以前の多くのリリースよりも優れた果実味と純度を示しています。これにより、ヴィンテージの全体的な評価を傑出したものにアップグレードすることになりました。

ルハン・デ・クヨなどの温暖な地域での晩期の雨が収穫を妨げたため、一般的に2007年は2008年より一歩遅れていますが、アルタミラなどの涼しい場所では収穫期間が長く、乾燥しており、新鮮で純粋でスタイリッシュなワインになりました。 。

2008年のヴィンテージは、寒い冬と遅い春の始まりが特徴で、シーズンの前半は涼しい気温が続き、ウコバレーの春の霜が被害をもたらしました。しかし、ヴィンテージの後半はウォームアップし、マルベックは可能性を示しています。 (ブドウは通常、遅く熟し、より長い成長期の恩恵を受けます。)

アルゼンチンにはマルベックと呼ばれる勝利馬がいて、それは激しく乗っています。マルベックは、親しみやすく、ジューシーで、フルーツ主導のプロファイルと、15ドル以下の多数の瓶詰めのおかげで、アメリカの消費者を魅了してきました。この需要は生産と輸出の両方の増加を引き起こしており、困難な経済期間の間にワインの世界にまれな明るい成長のスポットを提供しています。

品質の頂点

道をリードしているのは、Achával-FerrerとBodega CatenaZapataからのトップボトリングです。これらの2つのワイナリーは、私の過去数回の年次報告書で一貫してアルゼンチンのマルベックの中でトップの座を争っています。これらは、カテナからの豪華で豪華な瓶詰めと、アチャヴァルフェラーの特徴である活気に満ちたピアスワインで、スタイルに大きなコントラストをもたらします。

これらのトップワインの利点の1つは、メンドーサのさまざまなテロワールを紹介できることです。一見すると、メンドーサはほとんど変化のない広大な土地のように見えます。このイメージは、地域内のより特定の地域から調達されることが多いにもかかわらず、ほとんどのワインが単に「メンドーサ」とラベル付けされているという事実によって広められました。しかし、これらの異なるテロワール(アグレロやルハンデクヨなどのメンドーサ北部の暖かい場所から、トゥプンガトやラコンスルタなどの南部のウコバレーの涼しい地域まで)は、キャラクターとアルゼンチンワインの多様性。

Achával-Ferrerのマルベックのトリオは、メンドーサのテロワールの違いを独特のスタイルで表現する方法を示しています。 Achával-FerrerFincaAltamiraMendoza2007は、国内最高のワインの1つとして瓶詰めの実績を続けています。 Finca Bella Vista Mendoza2007とFincaMirador Mendoza 2007も、このレポートのトップワインの1つです。

メンドーサ南部の涼しく標高の高い地域にある低収量のブドウの木から供給されるフィンカアルタミラは、活気に満ちた果実とミネラルを備えた、なめらかでスタイリッシュです。対照的に、ペルドリエル地域から来た(そしてブドウ園での雹の損傷のために2年間の休止の後に戻ってきた)フィンカベラビスタは、黒と青の果実で、より豊かでより筋肉質のプロファイルを示していますが、フィンカメドラノのミラドールは、鋭いフローラルとアイアンのノートを提供します。

Achával-Ferrerワインのステップにマッチするのは、業界の支配的なプレーヤーであるBodega CatenaZapataのハイエンドポートフォリオです。同じくアルタミラの果実(アチャヴァル・フェラーと同じ地域にある別のブドウ園)から供給されたマルベックメンドーサニカシアヴィンヤード2006は、プラムとブラックベリーの果実がたくさんあり、同じように滑らかですが、密度が高くなっています。 Malbec Mendoza Argentino 2005は、GualtallaryとAltamiraのブドウをブレンドして、筋肉質でトーストとフルーツが詰まったバージョンを作成します。

他の最高得点のワインには、Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007、ペルドリエルの単一のブドウ園から作られたViñaCobosMalbec Mendoza Marchiori Vineyard2006のAltamiraフルーツを使用した別の瓶詰めとBodegaNoemíadePatagoniaRíoNegroValley2007があります。 、アルゼンチン南部のパタゴニア地方の古いブドウの木から供給された、グラファイトで満たされたマルベック。

低価格のワイン

これらのワインは、今日のアルゼンチンマルベックの最高品質を表しており、それに見合った値札が付いています。しかし、より低価格で価値のある選択肢があります。オーナー兼ワインメーカーのカリム・ムッシによるアルトセドロ・マルベック・ラ・コンスルタ・レゼルバ2007は、なめらかで際どい仕上がりのブドウの魅惑的な果実味を提供します。 Altos Las Hormigas、BodegaColomé、Finca Decero、Piattelli、Finca&Bodega Carlos Pulenta、Bodega Renacer Pascual Tosoなども、1本40ドル未満で優れたMalbecを製造しています。

最大の価値をお探しの方は、現在のリリースでボトル1本あたり15ドル以下、85ポイント以上のマルベックが多数あると聞いて喜ぶでしょう。 BodegasyViñedosO。FournierMalbecUco Valley Urban 2008は、Ave、Bodega del Desierto、Henry Lagarde、Bodega Norton、LaPostadelViñatero、Proviva、TriVento、CatenaZapataが所有するVistadelのマルベックと同様にトップバリューの1つです。 Sur。ただし、瓶詰めの急増により品質がやや希薄になっているため、この価格帯での結果には一貫性がありません。

アルゼンチンでは、すべての基盤が整っています。広大な土地がマルベックの支配的で特徴的な品種であり、数人の支援プレーヤーと、喉が渇いて探求することを熱望しているアメリカの消費者基盤に支えられています。いくつかのワイナリーがこの組み合わせを利用して大きな成功を収めていますが、アルゼンチンを次のレベルに引き上げるには、より一貫した品質のうねりが依然として必要です。それまでの間、賢明に選択して乗り心地を楽しんでください。

無料コンテンツ: これらのビデオを見る ワインスペクテイターの上級編集者は、世界の素晴らしいワインのいくつかを味わい、話し合います


ワインのヒント:マルベックマッドネス

米国で利用可能なマルベックの瓶詰めの爆発的な増加に伴い、消費者がさまざまなワイナリーの中から選択する際に注意を払うだけでなく、彼らのヴィンテージを知ることもますます重要になっています。現在市場を支配している(そしてこのレポートではワインの大部分を占めている)ヴィンテージの中で、2006年が最高で、2007年がそれに続きます。これまでに2008年から100以上のマルベックをレビューしました。最終的なヴィンテージの評価には十分ではありませんが、今年は有望に見え、最終的には品質が2006年に匹敵する可能性があります。

2006年のワインは、私が2年前に最初に試飲を始めて以来、肉付けされており、多くの最新リリースは、以前の多くのリリースよりも優れた果実味と純度を示しています。これにより、ヴィンテージの全体的な評価を傑出したものにアップグレードすることになりました。

ルハン・デ・クヨなどの温暖な地域での晩期の雨が収穫を妨げたため、一般的に2007年は2008年より一歩遅れていますが、アルタミラなどの涼しい場所では収穫期間が長く、乾燥しており、新鮮で純粋でスタイリッシュなワインになりました。 。

2008年のヴィンテージは、寒い冬と遅い春の始まりが特徴で、シーズンの前半は涼しい気温が続き、ウコバレーの春の霜が被害をもたらしました。しかし、ヴィンテージの後半はウォームアップし、マルベックは可能性を示しています。 (ブドウは通常、遅く熟し、より長い成長期の恩恵を受けます。)

アルゼンチンにはマルベックと呼ばれる勝利馬がいて、それは激しく乗っています。マルベックは、親しみやすく、ジューシーで、フルーツ主導のプロファイルと、15ドル以下の多数の瓶詰めのおかげで、アメリカの消費者を魅了してきました。この需要は生産と輸出の両方の増加を引き起こしており、困難な経済期間の間にワインの世界にまれな明るい成長のスポットを提供しています。

品質の頂点

道をリードしているのは、Achával-FerrerとBodega CatenaZapataからのトップボトリングです。これらの2つのワイナリーは、私の過去数回の年次報告書で一貫してアルゼンチンのマルベックの中でトップの座を争っています。これらは、カテナからの豪華で豪華な瓶詰めと、アチャヴァルフェラーの特徴である活気に満ちたピアスワインで、スタイルに大きなコントラストをもたらします。

これらのトップワインの利点の1つは、メンドーサのさまざまなテロワールを紹介できることです。一見、メンドーサはほとんど変化のない広大な土地のように見えます。このイメージは、地域内のより特定の地域から調達されることが多いにもかかわらず、ほとんどのワインが単に「メンドーサ」とラベル付けされているという事実によって広められました。しかし、これらの異なるテロワール(アグレロやルハンデクヨなどのメンドーサ北部の暖かい場所から、トゥプンガトやラコンスルタなどの南部のウコバレーの涼しい地域まで)は、キャラクターとアルゼンチンワインの多様性。

Achával-Ferrerのマルベックのトリオは、メンドーサのテロワールの違いを独特のスタイルで表現する方法を示しています。 Achával-FerrerFincaAltamiraMendoza2007は、国内最高のワインの1つとして瓶詰めの実績を続けています。 Finca Bella Vista Mendoza2007とFincaMirador Mendoza 2007も、このレポートのトップワインの1つです。

メンドーサ南部の涼しく標高の高い地域にある低収量のブドウの木から供給されるフィンカアルタミラは、活気に満ちた果実とミネラルを備えた、なめらかでスタイリッシュです。対照的に、ペルドリエル地域から来た(そしてブドウ園での雹の損傷のために2年間の休止の後に戻ってきた)フィンカベラビスタは、黒と青の果実で、より豊かでより筋肉質のプロファイルを示していますが、フィンカメドラノのミラドールは、鋭いフローラルとアイアンのノートを提供します。

Achával-Ferrerワインのステップにマッチするのは、業界の支配的なプレーヤーであるBodega CatenaZapataのハイエンドポートフォリオです。同じくアルタミラの果実(アチャヴァル・フェラーと同じ地域にある別のブドウ園)から供給されたマルベックメンドーサニカシアヴィンヤード2006は、プラムとブラックベリーの果実がたくさんあり、同じように滑らかですが、密度が高くなっています。 Malbec Mendoza Argentino 2005は、GualtallaryとAltamiraのブドウをブレンドして、筋肉質でトーストとフルーツが詰まったバージョンを作成します。

他の最高得点のワインには、Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007、ペルドリエルの単一のブドウ園から作られたViñaCobosMalbec Mendoza Marchiori Vineyard2006のAltamiraフルーツを使用した別の瓶詰めとBodegaNoemíadePatagoniaRíoNegroValley2007があります。 、アルゼンチン南部のパタゴニア地方の古いブドウの木から供給された、グラファイトで満たされたマルベック。

低価格のワイン

これらのワインは、今日のアルゼンチンマルベックの最高品質を表しており、それに見合った値札が付いています。しかし、より低価格で価値のある選択肢があります。オーナー兼ワインメーカーのカリム・ムッシによるアルトセドロ・マルベック・ラ・コンスルタ・レゼルバ2007は、なめらかで際どい仕上がりのブドウの魅惑的な果実味を提供します。 Altos Las Hormigas、BodegaColomé、Finca Decero、Piattelli、Finca&Bodega Carlos Pulenta、Bodega Renacer Pascual Tosoなども、1本40ドル未満で優れたMalbecを製造しています。

最大の価値をお探しの方は、現在のリリースでボトル1本あたり15ドル以下、85ポイント以上のマルベックが多数あると聞いて喜ぶでしょう。 BodegasyViñedosO。FournierMalbecUco Valley Urban 2008は、Ave、Bodega del Desierto、Henry Lagarde、Bodega Norton、LaPostadelViñatero、Proviva、TriVento、CatenaZapataが所有するVistadelのマルベックと同様にトップバリューの1つです。 Sur。ただし、瓶詰めの急増により品質がやや希薄になっているため、この価格帯での結果には一貫性がありません。

アルゼンチンでは、すべての基盤が整っています。広大な土地がマルベックの支配的で特徴的な品種であり、数人の支援プレーヤーと、喉が渇いて探求することを熱望しているアメリカの消費者基盤に支えられています。いくつかのワイナリーがこの組み合わせを利用して大きな成功を収めていますが、アルゼンチンを次のレベルに引き上げるには、より一貫した品質のうねりが依然として必要です。それまでの間、賢明に選択して乗り心地を楽しんでください。

無料コンテンツ: これらのビデオを見る ワインスペクテイターの上級編集者は、世界の素晴らしいワインのいくつかを味わい、話し合います


ワインのヒント:マルベックマッドネス

米国で利用可能なマルベックの瓶詰めの爆発的な増加に伴い、消費者がさまざまなワイナリーの中から選択する際に注意を払うだけでなく、彼らのヴィンテージを知ることもますます重要になっています。現在市場を支配している(そしてこのレポートではワインの大部分を占めている)ヴィンテージの中で、2006年が最高で、2007年がそれに続きます。これまでに2008年から100以上のマルベックをレビューしました。最終的なヴィンテージの評価には十分ではありませんが、今年は有望に見え、最終的には品質が2006年に匹敵する可能性があります。

2006年のワインは、私が2年前に最初に試飲を始めて以来、肉付けされており、多くの最新リリースは、以前の多くのリリースよりも優れた果実味と純度を示しています。これにより、ヴィンテージの全体的な評価を傑出したものにアップグレードすることになりました。

ルハン・デ・クヨなどの温暖な地域での晩期の雨が収穫を妨げたため、一般的に2007年は2008年より一歩遅れていますが、アルタミラなどの涼しい場所では収穫期間が長く、乾燥しており、新鮮で純粋でスタイリッシュなワインになりました。 。

2008年のヴィンテージは、寒い冬と遅い春の始まりが特徴で、シーズンの前半は涼しい気温が続き、ウコバレーの春の霜が被害をもたらしました。しかし、ヴィンテージの後半はウォームアップし、マルベックは可能性を示しています。 (ブドウは通常、遅く熟し、より長い成長期の恩恵を受けます。)

アルゼンチンにはマルベックと呼ばれる勝利馬がいて、それは激しく乗っています。マルベックは、親しみやすく、ジューシーで、フルーツ主導のプロファイルと、15ドル以下の多数の瓶詰めのおかげで、アメリカの消費者を魅了してきました。この需要は生産と輸出の両方の増加を引き起こしており、困難な経済期間の間にワインの世界に珍しい明るい成長のスポットを提供しています。

品質の頂点

道をリードしているのは、Achával-FerrerとBodega CatenaZapataからのトップボトリングです。これらの2つのワイナリーは、私の過去数回の年次報告書で一貫してアルゼンチンのマルベックの中でトップの座を争っています。これらは、カテナからの豪華で豪華な瓶詰めと、アチャヴァルフェラーの特徴である活気に満ちたピアスワインで、スタイルに大きなコントラストをもたらします。

これらのトップワインの利点の1つは、メンドーサのさまざまなテロワールを紹介できることです。一見すると、メンドーサはほとんど変化のない広大な土地のように見えます。このイメージは、地域内のより特定の地域から調達されることが多いにもかかわらず、ほとんどのワインが単に「メンドーサ」とラベル付けされているという事実によって広められました。しかし、これらの異なるテロワール(アグレロやルハンデクヨなどのメンドーサ北部の暖かい場所から、トゥプンガトやラコンスルタなどの南部のウコバレーの涼しい地域まで)は、キャラクターとアルゼンチンワインの多様性。

Achával-Ferrerのマルベックのトリオは、メンドーサのテロワールの違いを独特のスタイルで表現する方法を示しています。 Achával-FerrerFincaAltamiraMendoza2007は、国内最高のワインの1つとして瓶詰めの実績を続けています。 Finca Bella Vista Mendoza2007とFincaMirador Mendoza 2007も、このレポートのトップワインの1つです。

メンドーサ南部の涼しく標高の高い地域にある低収量のブドウの木から供給されるフィンカアルタミラは、活気に満ちた果実とミネラルを備えた、なめらかでスタイリッシュです。対照的に、ペルドリエル地域から来た(そしてブドウ園での雹の損傷のために2年間の休止の後に戻ってきた)フィンカベラビスタは、黒と青の果実で、より豊かでより筋肉質のプロファイルを示していますが、フィンカメドラノのミラドールは、鋭いフローラルとアイアンのノートを提供します。

Achával-Ferrerワインのステップにマッチするのは、業界の支配的なプレーヤーであるBodega CatenaZapataのハイエンドポートフォリオです。同じくアルタミラの果実(アチャヴァル・フェラーと同じ地域にある別のブドウ園)から供給されたマルベックメンドーサニカシアヴィンヤード2006は、プラムとブラックベリーの果実がたくさんあり、同じように滑らかですが、密度が高くなっています。 Malbec Mendoza Argentino 2005は、GualtallaryとAltamiraのブドウをブレンドして、筋肉質でトーストとフルーツが詰まったバージョンを作成します。

他の最高得点のワインには、Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007、ペルドリエルの単一のブドウ園から作られたViñaCobosMalbec Mendoza Marchiori Vineyard2006のアルタミラフルーツを使用した別の瓶詰めとBodegaNoemíadePatagoniaRíoNegroValley2007があります。 、アルゼンチン南部のパタゴニア地方の古いブドウの木から供給された、グラファイトで満たされたマルベック。

低価格のワイン

これらのワインは、今日のアルゼンチンマルベックの最高品質を表しており、それに見合った値札が付いています。しかし、より低価格で価値のある選択肢があります。オーナー兼ワインメーカーのカリム・ムッシによるアルトセドロ・マルベック・ラ・コンスルタ・レゼルバ2007は、なめらかで際どい仕上がりのブドウの魅惑的な果実味を提供します。 Altos Las Hormigas、BodegaColomé、Finca Decero、Piattelli、Finca&Bodega Carlos Pulenta、Bodega Renacer Pascual Tosoなども、1本40ドル未満で優れたMalbecを製造しています。

最大の価値をお探しの方は、現在のリリースでボトル1本あたり15ドル以下、85ポイント以上のマルベックが多数あると聞いて喜ぶでしょう。 BodegasyViñedosO。FournierMalbecUco Valley Urban 2008は、Ave、Bodega del Desierto、Henry Lagarde、Bodega Norton、LaPostadelViñatero、Proviva、TriVento、CatenaZapataが所有するVistadelのマルベックと同様にトップバリューの1つです。 Sur。ただし、瓶詰めの急増により品質がやや希薄になっているため、この価格帯での結果には一貫性がありません。

アルゼンチンでは、すべての基盤が整っています。広大な土地がマルベックの支配的で特徴的な品種であり、数人の支援プレーヤーと、喉が渇いて探求することを熱望しているアメリカの消費者基盤に支えられています。いくつかのワイナリーがこの組み合わせを利用して大きな成功を収めていますが、アルゼンチンを次のレベルに引き上げるには、より一貫した品質のうねりが依然として必要です。それまでの間、賢明に選択して乗り心地を楽しんでください。

無料コンテンツ: これらのビデオを見る ワインスペクテイターの上級編集者は、世界の素晴らしいワインのいくつかを味わい、話し合います


ワインのヒント:マルベックマッドネス

米国で利用可能なマルベックの瓶詰めの爆発的な増加に伴い、消費者がさまざまなワイナリーの中から選択する際に注意を払うだけでなく、彼らのヴィンテージを知ることもますます重要になっています。現在市場を支配している(そしてこのレポートではワインの大部分を占めている)ヴィンテージの中で、2006年が最高で、2007年がそれに続きます。これまでに2008年から100以上のマルベックをレビューしました。最終的なヴィンテージの評価には十分ではありませんが、今年は有望に見え、最終的には品質が2006年に匹敵する可能性があります。

2006年のワインは、私が2年前に最初に試飲を始めて以来、肉付けされており、多くの最新リリースは、以前の多くのリリースよりも優れた果実味と純度を示しています。これにより、ヴィンテージの全体的な評価を傑出したものにアップグレードすることになりました。

ルハン・デ・クヨなどの温暖な地域での晩期の雨が収穫を妨げたため、一般的に2007年は2008年より一歩遅れていますが、アルタミラなどの涼しい場所では収穫期間が長く、乾燥しており、新鮮で純粋でスタイリッシュなワインになりました。 。

2008年のヴィンテージは、寒い冬と遅い春の始まりが特徴で、シーズンの前半は涼しい気温が続き、ウコバレーの春の霜が被害をもたらしました。しかし、ヴィンテージの後半はウォームアップし、マルベックは可能性を示しています。 (ブドウは通常、遅く熟し、より長い成長期の恩恵を受けます。)

アルゼンチンにはマルベックと呼ばれる勝利馬がいて、それは激しく乗っています。マルベックは、親しみやすく、ジューシーで、フルーツ主導のプロファイルと、15ドル以下の多数の瓶詰めのおかげで、アメリカの消費者を魅了してきました。 This demand is triggering increases in both production and exports, providing the wine world with a rare bright spot of growth during a difficult economic period.

The Quality Pinnacle

Leading the way are the top bottlings from Achával-Ferrer and Bodega Catena Zapata. These two wineries have consistently dueled for the top spot among Argentine Malbecs in my last few annual reports, and they offer a great contrast in styles, with plush, lavish bottlings coming from Catena, and vibrant, piercing wines the hallmark of Achával-Ferrer.

One virtue of these top wines is their ability to showcase Mendoza's varied terroir. At first glance, Mendoza seems like a large expanse of land with little variation -- an image propagated by the fact that most wines are simply labeled as 'Mendoza,' despite often being sourced from more specific areas within the region. But these differing terroirs -- from warm spots in northern Mendoza, such as Agrelo and Luján de Cuyo, to the cooler reaches of the Uco Valley in the south, such as Tupungato and La Consulta -- can be exploited to enhance both the character and diversity of Argentine wines.

A trio of Malbecs from Achával-Ferrer demonstrates how differences in Mendoza's terroir can be expressed in distinctive styles. The Achával-Ferrer Finca Altamira Mendoza 2007 continues the bottling's track record as one of the country's best wines. The Finca Bella Vista Mendoza 2007 and the Finca Mirador Mendoza 2007 are also among the top wines in this report.

The Finca Altamira, sourced from low-yielding vines in a cooler, high-elevation area of southern Mendoza, is sleek and stylish, with vibrant fruit and minerality. In contrast, the Finca Bella Vista, which comes from the Perdriel area (and is back after a two-year hiatus due to hail damage in the vineyard), shows a richer, more muscular profile, with black and blue fruits, while the Finca Mirador, from Medrano, offers piercing floral and iron notes.

Matching the Achával-Ferrer wines step for step is the high-end portfolio from the industry's dominant player, Bodega Catena Zapata. The Malbec Mendoza Nicasia Vineyard 2006, also sourced from Altamira fruit (a different vineyard in the same area as Achával-Ferrer's), is just as sleek, but denser, with loads of plum and blackberry fruit. The Malbec Mendoza Argentino 2005 blends grapes from Gualtallary and Altamira to create a muscular, toast- and fruit-filled version.

Other top-scoring wines include the Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007, another bottling that uses Altamira fruit the Viña Cobos Malbec Mendoza Marchiori Vineyard 2006, made from a single vineyard in Perdriel and the Bodega Noemía de Patagonia Río Negro Valley 2007, a racy, graphite-filled Malbec sourced from old vines in Argentina's southern region of Patagonia.

Lower-Priced Wines

These wines represent the quality pinnacle of Argentine Malbec today and carry commensurate price tags. But there are worthy alternatives at lower prices. The Altocedro Malbec La Consulta Reserva 2007, from owner and winemaker Karim Mussi, offers the grape's captivating fruit profile with a sleek, racy finish. Altos Las Hormigas, Bodega Colomé, Finca Decero, Piattelli, Finca & Bodega Carlos Pulenta, Bodega Renacer Pascual Toso and others also make outstanding Malbecs for less than $40 a bottle.

Those looking for maximum value will be happy to hear that there are a number of Malbecs in current release that cost $15 or less per bottle and rate 85 points or higher. The Bodegas y Viñedos O. Fournier Malbec Uco Valley Urban 2008 is among the top values, as are Malbecs from Ave, Bodega del Desierto, Henry Lagarde, Bodega Norton, La Posta del Viñatero, Proviva, TriVento and the Catena Zapata-owned Vista del Sur. Results in this price range are inconsistent, however, as a proliferation of bottlings has somewhat diluted quality.

For Argentina, all the foundations are in place: a vast expanse of land a dominant and distinctive varietal in Malbec, backed by several supporting players and an American consumer base that's thirsty and eager to explore. While a few wineries are exploiting this combination with great success, a groundswell of more consistent quality is still needed to take Argentina to the next level. In the meantime, choose wisely and enjoy the ride.

Free content: Watch these videos in which ワインスペクテイター's senior editors taste and discuss some of the great wines of the world


Wine Tip: Malbec Madness

With the explosion of Malbec bottlings available in the United States, it's becoming increasingly important for consumers not only to exercise caution when choosing among various wineries, but also to know their vintages. Of the vintages that currently dominate the market (and make up the bulk of wines in this report), 2006 is the best, followed by 2007. I've reviewed more than 100 Malbecs from 2008 so far. It's not enough for a final vintage rating, but the year looks promising, and it may eventually match 2006 in quality.

The wines of 2006 have fleshed out since I first began tasting them two years ago, with a number of the late-releases showing better fruit and purity than many earlier releases. This has led me to upgrade my overall assessment of the vintage, to outstanding.

In general, 2007 is a step behind 2008, as late-season rains in the warmer areas such as Luján de Cuyo hampered the harvest there, although cooler spots such as Altamira saw extended, drier harvest periods that led to fresh, pure, stylish wines.

The 2008 vintage featured a cold winter and a late start to spring, with cool temperatures running through the first half of the season, accentuated by a damaging spring frost in the Uco Valley. The second half of the vintage warmed up, however, and the Malbecs show potential. (The grape typically ripens late and benefits from longer growing seasons.)

Argentina has a winning horse called Malbec, and it's riding it hard. Thanks to the wine's approachable, juicy, fruit-driven profile, along with a multitude of bottlings for $15 or less, Malbec has captivated American consumers. This demand is triggering increases in both production and exports, providing the wine world with a rare bright spot of growth during a difficult economic period.

The Quality Pinnacle

Leading the way are the top bottlings from Achával-Ferrer and Bodega Catena Zapata. These two wineries have consistently dueled for the top spot among Argentine Malbecs in my last few annual reports, and they offer a great contrast in styles, with plush, lavish bottlings coming from Catena, and vibrant, piercing wines the hallmark of Achával-Ferrer.

One virtue of these top wines is their ability to showcase Mendoza's varied terroir. At first glance, Mendoza seems like a large expanse of land with little variation -- an image propagated by the fact that most wines are simply labeled as 'Mendoza,' despite often being sourced from more specific areas within the region. But these differing terroirs -- from warm spots in northern Mendoza, such as Agrelo and Luján de Cuyo, to the cooler reaches of the Uco Valley in the south, such as Tupungato and La Consulta -- can be exploited to enhance both the character and diversity of Argentine wines.

A trio of Malbecs from Achával-Ferrer demonstrates how differences in Mendoza's terroir can be expressed in distinctive styles. The Achával-Ferrer Finca Altamira Mendoza 2007 continues the bottling's track record as one of the country's best wines. The Finca Bella Vista Mendoza 2007 and the Finca Mirador Mendoza 2007 are also among the top wines in this report.

The Finca Altamira, sourced from low-yielding vines in a cooler, high-elevation area of southern Mendoza, is sleek and stylish, with vibrant fruit and minerality. In contrast, the Finca Bella Vista, which comes from the Perdriel area (and is back after a two-year hiatus due to hail damage in the vineyard), shows a richer, more muscular profile, with black and blue fruits, while the Finca Mirador, from Medrano, offers piercing floral and iron notes.

Matching the Achával-Ferrer wines step for step is the high-end portfolio from the industry's dominant player, Bodega Catena Zapata. The Malbec Mendoza Nicasia Vineyard 2006, also sourced from Altamira fruit (a different vineyard in the same area as Achával-Ferrer's), is just as sleek, but denser, with loads of plum and blackberry fruit. The Malbec Mendoza Argentino 2005 blends grapes from Gualtallary and Altamira to create a muscular, toast- and fruit-filled version.

Other top-scoring wines include the Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007, another bottling that uses Altamira fruit the Viña Cobos Malbec Mendoza Marchiori Vineyard 2006, made from a single vineyard in Perdriel and the Bodega Noemía de Patagonia Río Negro Valley 2007, a racy, graphite-filled Malbec sourced from old vines in Argentina's southern region of Patagonia.

Lower-Priced Wines

These wines represent the quality pinnacle of Argentine Malbec today and carry commensurate price tags. But there are worthy alternatives at lower prices. The Altocedro Malbec La Consulta Reserva 2007, from owner and winemaker Karim Mussi, offers the grape's captivating fruit profile with a sleek, racy finish. Altos Las Hormigas, Bodega Colomé, Finca Decero, Piattelli, Finca & Bodega Carlos Pulenta, Bodega Renacer Pascual Toso and others also make outstanding Malbecs for less than $40 a bottle.

Those looking for maximum value will be happy to hear that there are a number of Malbecs in current release that cost $15 or less per bottle and rate 85 points or higher. The Bodegas y Viñedos O. Fournier Malbec Uco Valley Urban 2008 is among the top values, as are Malbecs from Ave, Bodega del Desierto, Henry Lagarde, Bodega Norton, La Posta del Viñatero, Proviva, TriVento and the Catena Zapata-owned Vista del Sur. Results in this price range are inconsistent, however, as a proliferation of bottlings has somewhat diluted quality.

For Argentina, all the foundations are in place: a vast expanse of land a dominant and distinctive varietal in Malbec, backed by several supporting players and an American consumer base that's thirsty and eager to explore. While a few wineries are exploiting this combination with great success, a groundswell of more consistent quality is still needed to take Argentina to the next level. In the meantime, choose wisely and enjoy the ride.

Free content: Watch these videos in which ワインスペクテイター's senior editors taste and discuss some of the great wines of the world


Wine Tip: Malbec Madness

With the explosion of Malbec bottlings available in the United States, it's becoming increasingly important for consumers not only to exercise caution when choosing among various wineries, but also to know their vintages. Of the vintages that currently dominate the market (and make up the bulk of wines in this report), 2006 is the best, followed by 2007. I've reviewed more than 100 Malbecs from 2008 so far. It's not enough for a final vintage rating, but the year looks promising, and it may eventually match 2006 in quality.

The wines of 2006 have fleshed out since I first began tasting them two years ago, with a number of the late-releases showing better fruit and purity than many earlier releases. This has led me to upgrade my overall assessment of the vintage, to outstanding.

In general, 2007 is a step behind 2008, as late-season rains in the warmer areas such as Luján de Cuyo hampered the harvest there, although cooler spots such as Altamira saw extended, drier harvest periods that led to fresh, pure, stylish wines.

The 2008 vintage featured a cold winter and a late start to spring, with cool temperatures running through the first half of the season, accentuated by a damaging spring frost in the Uco Valley. The second half of the vintage warmed up, however, and the Malbecs show potential. (The grape typically ripens late and benefits from longer growing seasons.)

Argentina has a winning horse called Malbec, and it's riding it hard. Thanks to the wine's approachable, juicy, fruit-driven profile, along with a multitude of bottlings for $15 or less, Malbec has captivated American consumers. This demand is triggering increases in both production and exports, providing the wine world with a rare bright spot of growth during a difficult economic period.

The Quality Pinnacle

Leading the way are the top bottlings from Achával-Ferrer and Bodega Catena Zapata. These two wineries have consistently dueled for the top spot among Argentine Malbecs in my last few annual reports, and they offer a great contrast in styles, with plush, lavish bottlings coming from Catena, and vibrant, piercing wines the hallmark of Achával-Ferrer.

One virtue of these top wines is their ability to showcase Mendoza's varied terroir. At first glance, Mendoza seems like a large expanse of land with little variation -- an image propagated by the fact that most wines are simply labeled as 'Mendoza,' despite often being sourced from more specific areas within the region. But these differing terroirs -- from warm spots in northern Mendoza, such as Agrelo and Luján de Cuyo, to the cooler reaches of the Uco Valley in the south, such as Tupungato and La Consulta -- can be exploited to enhance both the character and diversity of Argentine wines.

A trio of Malbecs from Achával-Ferrer demonstrates how differences in Mendoza's terroir can be expressed in distinctive styles. The Achával-Ferrer Finca Altamira Mendoza 2007 continues the bottling's track record as one of the country's best wines. The Finca Bella Vista Mendoza 2007 and the Finca Mirador Mendoza 2007 are also among the top wines in this report.

The Finca Altamira, sourced from low-yielding vines in a cooler, high-elevation area of southern Mendoza, is sleek and stylish, with vibrant fruit and minerality. In contrast, the Finca Bella Vista, which comes from the Perdriel area (and is back after a two-year hiatus due to hail damage in the vineyard), shows a richer, more muscular profile, with black and blue fruits, while the Finca Mirador, from Medrano, offers piercing floral and iron notes.

Matching the Achával-Ferrer wines step for step is the high-end portfolio from the industry's dominant player, Bodega Catena Zapata. The Malbec Mendoza Nicasia Vineyard 2006, also sourced from Altamira fruit (a different vineyard in the same area as Achával-Ferrer's), is just as sleek, but denser, with loads of plum and blackberry fruit. The Malbec Mendoza Argentino 2005 blends grapes from Gualtallary and Altamira to create a muscular, toast- and fruit-filled version.

Other top-scoring wines include the Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007, another bottling that uses Altamira fruit the Viña Cobos Malbec Mendoza Marchiori Vineyard 2006, made from a single vineyard in Perdriel and the Bodega Noemía de Patagonia Río Negro Valley 2007, a racy, graphite-filled Malbec sourced from old vines in Argentina's southern region of Patagonia.

Lower-Priced Wines

These wines represent the quality pinnacle of Argentine Malbec today and carry commensurate price tags. But there are worthy alternatives at lower prices. The Altocedro Malbec La Consulta Reserva 2007, from owner and winemaker Karim Mussi, offers the grape's captivating fruit profile with a sleek, racy finish. Altos Las Hormigas, Bodega Colomé, Finca Decero, Piattelli, Finca & Bodega Carlos Pulenta, Bodega Renacer Pascual Toso and others also make outstanding Malbecs for less than $40 a bottle.

Those looking for maximum value will be happy to hear that there are a number of Malbecs in current release that cost $15 or less per bottle and rate 85 points or higher. The Bodegas y Viñedos O. Fournier Malbec Uco Valley Urban 2008 is among the top values, as are Malbecs from Ave, Bodega del Desierto, Henry Lagarde, Bodega Norton, La Posta del Viñatero, Proviva, TriVento and the Catena Zapata-owned Vista del Sur. Results in this price range are inconsistent, however, as a proliferation of bottlings has somewhat diluted quality.

For Argentina, all the foundations are in place: a vast expanse of land a dominant and distinctive varietal in Malbec, backed by several supporting players and an American consumer base that's thirsty and eager to explore. While a few wineries are exploiting this combination with great success, a groundswell of more consistent quality is still needed to take Argentina to the next level. In the meantime, choose wisely and enjoy the ride.

Free content: Watch these videos in which ワインスペクテイター's senior editors taste and discuss some of the great wines of the world


Wine Tip: Malbec Madness

With the explosion of Malbec bottlings available in the United States, it's becoming increasingly important for consumers not only to exercise caution when choosing among various wineries, but also to know their vintages. Of the vintages that currently dominate the market (and make up the bulk of wines in this report), 2006 is the best, followed by 2007. I've reviewed more than 100 Malbecs from 2008 so far. It's not enough for a final vintage rating, but the year looks promising, and it may eventually match 2006 in quality.

The wines of 2006 have fleshed out since I first began tasting them two years ago, with a number of the late-releases showing better fruit and purity than many earlier releases. This has led me to upgrade my overall assessment of the vintage, to outstanding.

In general, 2007 is a step behind 2008, as late-season rains in the warmer areas such as Luján de Cuyo hampered the harvest there, although cooler spots such as Altamira saw extended, drier harvest periods that led to fresh, pure, stylish wines.

The 2008 vintage featured a cold winter and a late start to spring, with cool temperatures running through the first half of the season, accentuated by a damaging spring frost in the Uco Valley. The second half of the vintage warmed up, however, and the Malbecs show potential. (The grape typically ripens late and benefits from longer growing seasons.)

Argentina has a winning horse called Malbec, and it's riding it hard. Thanks to the wine's approachable, juicy, fruit-driven profile, along with a multitude of bottlings for $15 or less, Malbec has captivated American consumers. This demand is triggering increases in both production and exports, providing the wine world with a rare bright spot of growth during a difficult economic period.

The Quality Pinnacle

Leading the way are the top bottlings from Achával-Ferrer and Bodega Catena Zapata. These two wineries have consistently dueled for the top spot among Argentine Malbecs in my last few annual reports, and they offer a great contrast in styles, with plush, lavish bottlings coming from Catena, and vibrant, piercing wines the hallmark of Achával-Ferrer.

One virtue of these top wines is their ability to showcase Mendoza's varied terroir. At first glance, Mendoza seems like a large expanse of land with little variation -- an image propagated by the fact that most wines are simply labeled as 'Mendoza,' despite often being sourced from more specific areas within the region. But these differing terroirs -- from warm spots in northern Mendoza, such as Agrelo and Luján de Cuyo, to the cooler reaches of the Uco Valley in the south, such as Tupungato and La Consulta -- can be exploited to enhance both the character and diversity of Argentine wines.

A trio of Malbecs from Achával-Ferrer demonstrates how differences in Mendoza's terroir can be expressed in distinctive styles. The Achával-Ferrer Finca Altamira Mendoza 2007 continues the bottling's track record as one of the country's best wines. The Finca Bella Vista Mendoza 2007 and the Finca Mirador Mendoza 2007 are also among the top wines in this report.

The Finca Altamira, sourced from low-yielding vines in a cooler, high-elevation area of southern Mendoza, is sleek and stylish, with vibrant fruit and minerality. In contrast, the Finca Bella Vista, which comes from the Perdriel area (and is back after a two-year hiatus due to hail damage in the vineyard), shows a richer, more muscular profile, with black and blue fruits, while the Finca Mirador, from Medrano, offers piercing floral and iron notes.

Matching the Achával-Ferrer wines step for step is the high-end portfolio from the industry's dominant player, Bodega Catena Zapata. The Malbec Mendoza Nicasia Vineyard 2006, also sourced from Altamira fruit (a different vineyard in the same area as Achával-Ferrer's), is just as sleek, but denser, with loads of plum and blackberry fruit. The Malbec Mendoza Argentino 2005 blends grapes from Gualtallary and Altamira to create a muscular, toast- and fruit-filled version.

Other top-scoring wines include the Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007, another bottling that uses Altamira fruit the Viña Cobos Malbec Mendoza Marchiori Vineyard 2006, made from a single vineyard in Perdriel and the Bodega Noemía de Patagonia Río Negro Valley 2007, a racy, graphite-filled Malbec sourced from old vines in Argentina's southern region of Patagonia.

Lower-Priced Wines

These wines represent the quality pinnacle of Argentine Malbec today and carry commensurate price tags. But there are worthy alternatives at lower prices. The Altocedro Malbec La Consulta Reserva 2007, from owner and winemaker Karim Mussi, offers the grape's captivating fruit profile with a sleek, racy finish. Altos Las Hormigas, Bodega Colomé, Finca Decero, Piattelli, Finca & Bodega Carlos Pulenta, Bodega Renacer Pascual Toso and others also make outstanding Malbecs for less than $40 a bottle.

Those looking for maximum value will be happy to hear that there are a number of Malbecs in current release that cost $15 or less per bottle and rate 85 points or higher. The Bodegas y Viñedos O. Fournier Malbec Uco Valley Urban 2008 is among the top values, as are Malbecs from Ave, Bodega del Desierto, Henry Lagarde, Bodega Norton, La Posta del Viñatero, Proviva, TriVento and the Catena Zapata-owned Vista del Sur. Results in this price range are inconsistent, however, as a proliferation of bottlings has somewhat diluted quality.

For Argentina, all the foundations are in place: a vast expanse of land a dominant and distinctive varietal in Malbec, backed by several supporting players and an American consumer base that's thirsty and eager to explore. While a few wineries are exploiting this combination with great success, a groundswell of more consistent quality is still needed to take Argentina to the next level. In the meantime, choose wisely and enjoy the ride.

Free content: Watch these videos in which ワインスペクテイター's senior editors taste and discuss some of the great wines of the world


Wine Tip: Malbec Madness

With the explosion of Malbec bottlings available in the United States, it's becoming increasingly important for consumers not only to exercise caution when choosing among various wineries, but also to know their vintages. Of the vintages that currently dominate the market (and make up the bulk of wines in this report), 2006 is the best, followed by 2007. I've reviewed more than 100 Malbecs from 2008 so far. It's not enough for a final vintage rating, but the year looks promising, and it may eventually match 2006 in quality.

The wines of 2006 have fleshed out since I first began tasting them two years ago, with a number of the late-releases showing better fruit and purity than many earlier releases. This has led me to upgrade my overall assessment of the vintage, to outstanding.

In general, 2007 is a step behind 2008, as late-season rains in the warmer areas such as Luján de Cuyo hampered the harvest there, although cooler spots such as Altamira saw extended, drier harvest periods that led to fresh, pure, stylish wines.

The 2008 vintage featured a cold winter and a late start to spring, with cool temperatures running through the first half of the season, accentuated by a damaging spring frost in the Uco Valley. The second half of the vintage warmed up, however, and the Malbecs show potential. (The grape typically ripens late and benefits from longer growing seasons.)

Argentina has a winning horse called Malbec, and it's riding it hard. Thanks to the wine's approachable, juicy, fruit-driven profile, along with a multitude of bottlings for $15 or less, Malbec has captivated American consumers. This demand is triggering increases in both production and exports, providing the wine world with a rare bright spot of growth during a difficult economic period.

The Quality Pinnacle

Leading the way are the top bottlings from Achával-Ferrer and Bodega Catena Zapata. These two wineries have consistently dueled for the top spot among Argentine Malbecs in my last few annual reports, and they offer a great contrast in styles, with plush, lavish bottlings coming from Catena, and vibrant, piercing wines the hallmark of Achával-Ferrer.

One virtue of these top wines is their ability to showcase Mendoza's varied terroir. At first glance, Mendoza seems like a large expanse of land with little variation -- an image propagated by the fact that most wines are simply labeled as 'Mendoza,' despite often being sourced from more specific areas within the region. But these differing terroirs -- from warm spots in northern Mendoza, such as Agrelo and Luján de Cuyo, to the cooler reaches of the Uco Valley in the south, such as Tupungato and La Consulta -- can be exploited to enhance both the character and diversity of Argentine wines.

A trio of Malbecs from Achával-Ferrer demonstrates how differences in Mendoza's terroir can be expressed in distinctive styles. The Achával-Ferrer Finca Altamira Mendoza 2007 continues the bottling's track record as one of the country's best wines. The Finca Bella Vista Mendoza 2007 and the Finca Mirador Mendoza 2007 are also among the top wines in this report.

The Finca Altamira, sourced from low-yielding vines in a cooler, high-elevation area of southern Mendoza, is sleek and stylish, with vibrant fruit and minerality. In contrast, the Finca Bella Vista, which comes from the Perdriel area (and is back after a two-year hiatus due to hail damage in the vineyard), shows a richer, more muscular profile, with black and blue fruits, while the Finca Mirador, from Medrano, offers piercing floral and iron notes.

Matching the Achával-Ferrer wines step for step is the high-end portfolio from the industry's dominant player, Bodega Catena Zapata. The Malbec Mendoza Nicasia Vineyard 2006, also sourced from Altamira fruit (a different vineyard in the same area as Achával-Ferrer's), is just as sleek, but denser, with loads of plum and blackberry fruit. The Malbec Mendoza Argentino 2005 blends grapes from Gualtallary and Altamira to create a muscular, toast- and fruit-filled version.

Other top-scoring wines include the Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007, another bottling that uses Altamira fruit the Viña Cobos Malbec Mendoza Marchiori Vineyard 2006, made from a single vineyard in Perdriel and the Bodega Noemía de Patagonia Río Negro Valley 2007, a racy, graphite-filled Malbec sourced from old vines in Argentina's southern region of Patagonia.

Lower-Priced Wines

These wines represent the quality pinnacle of Argentine Malbec today and carry commensurate price tags. But there are worthy alternatives at lower prices. The Altocedro Malbec La Consulta Reserva 2007, from owner and winemaker Karim Mussi, offers the grape's captivating fruit profile with a sleek, racy finish. Altos Las Hormigas, Bodega Colomé, Finca Decero, Piattelli, Finca & Bodega Carlos Pulenta, Bodega Renacer Pascual Toso and others also make outstanding Malbecs for less than $40 a bottle.

Those looking for maximum value will be happy to hear that there are a number of Malbecs in current release that cost $15 or less per bottle and rate 85 points or higher. The Bodegas y Viñedos O. Fournier Malbec Uco Valley Urban 2008 is among the top values, as are Malbecs from Ave, Bodega del Desierto, Henry Lagarde, Bodega Norton, La Posta del Viñatero, Proviva, TriVento and the Catena Zapata-owned Vista del Sur. Results in this price range are inconsistent, however, as a proliferation of bottlings has somewhat diluted quality.

For Argentina, all the foundations are in place: a vast expanse of land a dominant and distinctive varietal in Malbec, backed by several supporting players and an American consumer base that's thirsty and eager to explore. While a few wineries are exploiting this combination with great success, a groundswell of more consistent quality is still needed to take Argentina to the next level. In the meantime, choose wisely and enjoy the ride.

Free content: Watch these videos in which ワインスペクテイター's senior editors taste and discuss some of the great wines of the world


Wine Tip: Malbec Madness

With the explosion of Malbec bottlings available in the United States, it's becoming increasingly important for consumers not only to exercise caution when choosing among various wineries, but also to know their vintages. Of the vintages that currently dominate the market (and make up the bulk of wines in this report), 2006 is the best, followed by 2007. I've reviewed more than 100 Malbecs from 2008 so far. It's not enough for a final vintage rating, but the year looks promising, and it may eventually match 2006 in quality.

The wines of 2006 have fleshed out since I first began tasting them two years ago, with a number of the late-releases showing better fruit and purity than many earlier releases. This has led me to upgrade my overall assessment of the vintage, to outstanding.

In general, 2007 is a step behind 2008, as late-season rains in the warmer areas such as Luján de Cuyo hampered the harvest there, although cooler spots such as Altamira saw extended, drier harvest periods that led to fresh, pure, stylish wines.

The 2008 vintage featured a cold winter and a late start to spring, with cool temperatures running through the first half of the season, accentuated by a damaging spring frost in the Uco Valley. The second half of the vintage warmed up, however, and the Malbecs show potential. (The grape typically ripens late and benefits from longer growing seasons.)

Argentina has a winning horse called Malbec, and it's riding it hard. Thanks to the wine's approachable, juicy, fruit-driven profile, along with a multitude of bottlings for $15 or less, Malbec has captivated American consumers. This demand is triggering increases in both production and exports, providing the wine world with a rare bright spot of growth during a difficult economic period.

The Quality Pinnacle

Leading the way are the top bottlings from Achával-Ferrer and Bodega Catena Zapata. These two wineries have consistently dueled for the top spot among Argentine Malbecs in my last few annual reports, and they offer a great contrast in styles, with plush, lavish bottlings coming from Catena, and vibrant, piercing wines the hallmark of Achával-Ferrer.

One virtue of these top wines is their ability to showcase Mendoza's varied terroir. At first glance, Mendoza seems like a large expanse of land with little variation -- an image propagated by the fact that most wines are simply labeled as 'Mendoza,' despite often being sourced from more specific areas within the region. But these differing terroirs -- from warm spots in northern Mendoza, such as Agrelo and Luján de Cuyo, to the cooler reaches of the Uco Valley in the south, such as Tupungato and La Consulta -- can be exploited to enhance both the character and diversity of Argentine wines.

A trio of Malbecs from Achával-Ferrer demonstrates how differences in Mendoza's terroir can be expressed in distinctive styles. The Achával-Ferrer Finca Altamira Mendoza 2007 continues the bottling's track record as one of the country's best wines. The Finca Bella Vista Mendoza 2007 and the Finca Mirador Mendoza 2007 are also among the top wines in this report.

The Finca Altamira, sourced from low-yielding vines in a cooler, high-elevation area of southern Mendoza, is sleek and stylish, with vibrant fruit and minerality. In contrast, the Finca Bella Vista, which comes from the Perdriel area (and is back after a two-year hiatus due to hail damage in the vineyard), shows a richer, more muscular profile, with black and blue fruits, while the Finca Mirador, from Medrano, offers piercing floral and iron notes.

Matching the Achával-Ferrer wines step for step is the high-end portfolio from the industry's dominant player, Bodega Catena Zapata. The Malbec Mendoza Nicasia Vineyard 2006, also sourced from Altamira fruit (a different vineyard in the same area as Achával-Ferrer's), is just as sleek, but denser, with loads of plum and blackberry fruit. The Malbec Mendoza Argentino 2005 blends grapes from Gualtallary and Altamira to create a muscular, toast- and fruit-filled version.

Other top-scoring wines include the Bodega Mendel Malbec Mendoza Finca Remota 2007, another bottling that uses Altamira fruit the Viña Cobos Malbec Mendoza Marchiori Vineyard 2006, made from a single vineyard in Perdriel and the Bodega Noemía de Patagonia Río Negro Valley 2007, a racy, graphite-filled Malbec sourced from old vines in Argentina's southern region of Patagonia.

Lower-Priced Wines

These wines represent the quality pinnacle of Argentine Malbec today and carry commensurate price tags. But there are worthy alternatives at lower prices. The Altocedro Malbec La Consulta Reserva 2007, from owner and winemaker Karim Mussi, offers the grape's captivating fruit profile with a sleek, racy finish. Altos Las Hormigas, Bodega Colomé, Finca Decero, Piattelli, Finca & Bodega Carlos Pulenta, Bodega Renacer Pascual Toso and others also make outstanding Malbecs for less than $40 a bottle.

Those looking for maximum value will be happy to hear that there are a number of Malbecs in current release that cost $15 or less per bottle and rate 85 points or higher. The Bodegas y Viñedos O. Fournier Malbec Uco Valley Urban 2008 is among the top values, as are Malbecs from Ave, Bodega del Desierto, Henry Lagarde, Bodega Norton, La Posta del Viñatero, Proviva, TriVento and the Catena Zapata-owned Vista del Sur. Results in this price range are inconsistent, however, as a proliferation of bottlings has somewhat diluted quality.

For Argentina, all the foundations are in place: a vast expanse of land a dominant and distinctive varietal in Malbec, backed by several supporting players and an American consumer base that's thirsty and eager to explore. While a few wineries are exploiting this combination with great success, a groundswell of more consistent quality is still needed to take Argentina to the next level. In the meantime, choose wisely and enjoy the ride.

Free content: Watch these videos in which ワインスペクテイター's senior editors taste and discuss some of the great wines of the world


ビデオを見る: Sommelier for free ワイン講座 第21回 アルゼンチン (八月 2022).