新しいレシピ

Food&Wineの「People’s BestNewChef」2014に今すぐ投票してください

Food&Wineの「People’s BestNewChef」2014に今すぐ投票してください


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アメリカ全土の10地域から10人のシェフがFood&Wineのベストニューシェフに立候補しています

お気に入りの新しいシェフの誰かがリストを作りましたか?

Food&Wineの第4回年次People’s Best New Chef賞のノミネートプロセスが正式に開始され、一般の人々はお気に入りの才能ある新人に投票するよう招待されています。投票は今から午後5時まで行われます。 3月31日月曜日のEDT。

現在、カリフォルニア、五大湖、ガルフコースト、中部大西洋岸、中西部、ニューイングランド、ニューヨークエリア、北西太平洋、南東部、南西部の各地域をカバーする合計100人のシェフが活躍しています。 Food&Wineは、各シェフに簡単な経歴を提供しました。これには、シェフの専門的な経歴、料理学校に通った場所、なぜ彼らが素晴らしいのかなどの詳細が含まれています。

候補者の中には、「シカゴで贅沢な高級料理を存続させている」という理由でCurtis Duffy of Grace、「バルバドスでの子供の頃の味でMáPêcheのメニューを刷新した」という理由でニューヨークのPaul Carmichael、ロサンゼルスのSqirlは、「彼女が求めていたジャムやピクルスが…私たちがジャムについて考える方法を変えた」からです。

各地域のファイナリストが、4月2日に発表されるPeople’s Best NewChefを競い合います。NS Food&Wineのウェブサイトで。受賞者は、Food&Wineの2014年7月号にも掲載されます。

Karen Loは、The DailyMealの副編集長です。 Twitter @ appleplexyで彼女をフォローしてください。


レシピのまとめ

  • 3つの大きな丸ごとラセットポテト
  • グレープシードオイルなどの高耐熱性植物油大さじ2
  • 塩こしょうで味を調える
  • バター大さじ3
  • 4つの小枝タイム、さらに付け合わせ用
  • チキンスープ½カップ、または必要に応じてそれ以上

オーブンを425°F(220°C)に予熱します。

ラセットポテトの端を切り取り、ポテトを立てて、鋭いナイフで上から下にポテトをはがし、各ポテトを均一なシリンダーにします。各シリンダーを横に半分にカットして、6つのポテトシリンダーを約2インチの長さにします。

じゃがいもを冷たい水を入れたボウルに約5分間入れて、外側からでんぷんを取り除き、ペーパータオルで軽くたたいて乾かします。

オーブンに耐える重いフライパン(鋳鉄製のフライパンなど)を強火にかけます。植物油の熱油を少しきらめくまで注ぎます。

見栄えの良い端のジャガイモシリンダーを熱い油に入れ、中火から中火に弱火にし、ジャガイモをよく茶色になるまで5〜6分炒めます。塩こしょうで味を調える。

じゃがいもを反対側にひっくり返します。彼らが調理するとき、トングで保持されたペーパータオルを使用して、フライパンから油を注意深く吸い取ります。フライパンにバターとタイムの小枝を追加します。

トングでタイムの小枝を拾い、それを使ってジャガイモの上にバターを塗ります。バターが泡立ち、泡が白から淡い黄褐色に変わるまで調理します。塩こしょうで味を調える。チキンストックをフライパンに注ぎます。

フライパンを予熱したオーブンに移し、ジャガイモが柔らかくクリーミーになるまで約30分加熱します。じゃがいもが柔らかくない場合は、1/4カップのストックを追加し、さらに10分間調理します。

サービングプラッターにジャガイモを置き、フライパンに残っているタイムの香りのバターをジャガイモの上にスプーンでかけます。タイムの小枝を飾る。提供する前に約5分冷ましてください。


シルバートンは、南カリフォルニアのサンフェルナンドバレーにあるシャーマンオークスとエンシノで育ちました。ユダヤ人の家族に生まれた彼女の母親、ドリスは、メロドラマの作家でした。 総合病院 彼女の父親のラリーは弁護士でした。シルバートンはソノマ州立大学に政治学専攻として入学し、後にエピファニーと表現したものを手に入れた後、1年生のときにシェフになることを決心しました。 「私はステンレス製のキッチンの寮で菜食主義の料理を作っていました。この電球が消えて、 『ああ、これが私の人生の残りの部分でやりたいことだ』と思ったのを覚えています」と彼女は言いました。 2013年のインタビュー。 [2] [3]

シルバートンは、4年生のときにソノマ州立大学を中退し、ロンドンのルコルドンブルーでシェフとして正式にトレーニングすることを決定しました。 1979年、卒業後、彼女は南カリフォルニアに戻り、サンタモニカの評判の高いレストランであるMichael’sでパティシエのJimmyBrinkeleyと仕事をしました。彼の創造性に触発されて、彼女はヨーロッパに戻り、フランスのプレジールにあるエコールレノートル料理研究所に通い、研究を進めました。 [3] [4]

シルバートンが1982年にロサンゼルスに戻った後、彼女はスパゴのオープニングパティシエとしてウルフギャングパックに雇われ、1986年に彼女は最初の料理本を書きました。 デザート。 [5] [6]

カンパニールとラブレアベーカリー編集

1989年、シルバートン、当時の夫、シェフのマークピール、マンフレートクランクルがカンパニールをオープンしました。批評家のジョナサンゴールドは、後に「カンパニールのアメリカ料理への貢献を誇張するのは難しい」と書いています。 [7]ほぼ後付けとして、シルバートンとピールは、カンパニールの前にオープンしたメインレストランに隣接するスペースにラブレアベーカリーをオープンしました。シルバートンは、ロサンゼルスのハンコックパークエリアのラブレアアベニューにあるパン屋のヘッドベイカーとレストランのヘッドペストリーシェフを務めました。 [8]

シルバートンは、スパゴのパティシエがパンを焼いた経験が限られており、サンフランシスコの職人ベーカリーであるアクメに関する記事を読んだ後、レシピの実験を始めました。彼女は天然酵母を含むブドウを使用し、小麦粉と水に数日間浸しました。次に、生地を混ぜ合わせ、手でパンを形作り、2日間で2回上昇させました。レシピを完成させるための6か月と「数百」の試みの後、彼女は満足しました。当時、ロサンゼルスでは職人のパンはほとんど知られていませんでした。数週間以内に、パン屋での売り上げは1日あたり最大1,000ドルになりました。 1990年の感謝祭では、パンを買うための列がブロックの周りと脇道の途中まで伸びていました。 [8] [9]

カンパニールは最初から同様に成功しました。シルバートンとピールはスパゴとマイケルズでの仕事を通じてよく知られており、カンパニールはマスコミから一様に称賛されました。予約は難しく、初年度の年間売上高は200万ドルを超えました。シルバートンは一晩中パンを焼き、少し寝て、午前中に起きてレストランのペストリーとデザートを準備し、夕食の前に再び昼寝をしました。 1991年、彼女はジェームズビアード財団の優秀なパティシエ賞を受賞しました。賞に関する記事では、 ロサンゼルスタイムズ 彼女は「ロサンゼルスに素晴らしいパンを与えただけでなく、カンパニールでの仕事を通じて、デザートとは何かを事実上再定義した」と書いています。 [10]

しかし、シルバートンは「困惑」していた。 1992年に、彼女とクランクルは、カンパニールに資金を提供した投資家のグループに戻り、はるかに大規模で、完全に人員が配置された商業ベーカリーを建設しました。同時に、彼らはパン屋を別のエンティティに分割しました。シルバートンは1993年にパン屋との関わりが少なくなり、主に顧問を務めました。 1996年に、彼女の2冊目の本、 ラブレアベーカリーのナンシーシルバートンのパン:愛好家のためのレシピ、 公開されました。 [11]

1998年、シルバートンはロサンゼルスの施設となったカンパニールで「グリルチーズナイト」を始めました。 NBCの「グリルチーズサンドイッチのゴッドマザー」と評された 今日のショー、「グリルドチーズナイト」は世界的なトレンドをスタートさせました。 [12] [13]彼女の本 ナンシーシルバートンのサンドイッチブック:史上最高のサンドイッチ-カンパニールでの木曜日の夜から 2005年に発行されました。[14]

2001年、アイルランドの投資グループであるIAWSは、5600万ドルから6850万ドルの範囲の価格でLa BreaBakeryを購入しました。シルバートンは売却で500万ドル以上を稼ぎ、バーナードマドフに投資しました。彼女の利益は、ネズミ講の崩壊により2008年に失われました。 [8] 2005年、彼女とピールは別居し、シルバートンは2007年に離婚した後、カンパニールを去った。レストランは2012年10月に閉店した。[15]

オステリアモッツァ編集

2007年、シルバートンはニューヨークのシェフ、マリオ・バターリと彼の頻繁な協力者であるジョセフ・バスティアニッチと提携して、イタリアンレストランのオステリアモッツァをオープンしました。ラブレアベーカリーの進化を彷彿とさせるピッツェリア、ピッツェリアモッツァは、メインレストランのオープン前に隣接するスペースにオープンしました。それは「即座のそして特大の急降下」に出会った。 NS ロサンゼルスタイムズ 4つ星のレビューを与え、ニューヨークタイムズはそれを「真面目で印象的なレストラン」と呼んだ。 [16]

ピッツェリアのオープンから4か月後、オステリアモッツァも同様の称賛を集めました。レストランのメニュー全体が広く賞賛されましたが、シルバートンの前菜のモッツァレラバーとしての解釈は、彼女が「チーズの芸術を完成させた」とザガットが指摘したことで、特に認められました。 [12]開店した年にジェームズ・ビアード財団からベストニューレストランにノミネートされ、2008年にミシュランの星を獲得しました。[17]オステリアモッツァは2019年のカリフォルニアのミシュランガイドでミシュランの星を維持しました。 [18]

オステリアモッツァは後にニューポートビーチ、カリフォルニア、シンガポールにレストランをオープンしました。その後、Mozzaのメインの場所は、Mozza2Goと、肉に焦点を当てた3番目のレストランChiSpaccaを含むようになりました。 [19]

シルバートンは、2014年にジェームズビアード財団の優秀シェフ賞を受賞しました。これは、ビアード賞の最も権威のある栄誉です。 [1]

ナンシーのファンシーエディット

2015年6月、シルバートンはナンシーのファンシーを立ち上げました。ジェラートとシャーベットの7種類の高級ラインであるナンシーズファンシーがスーパーマーケットで販売されています。同社の元の場所はカリフォルニア州チャッツワースにありましたが[20]、その後ロサンゼルスのダウンタウンのアーツディストリクトにある6,000平方フィートの倉庫に移転しました。 [21]

ピゼット編集

ナンシーは、カリフォルニア州カルバーシティにピゼットと呼ばれる小さなピザを専門とするカジュアルなイタリアンレストランを2019年秋にオープンします。 [22]

オーハイバレーインの農家編集

ナンシーは、2019年初頭にカリフォルニア州オーハイにある新しいファームハウスフードアンドイベントスペースの料理大使に任命されました。[23]

シルバートンは、彼女が長年の友人である故エイミー・プレスマンの開店を手伝ったパン屋、ショートケーキベーカリーのパティシエチームのメンターを務めています。

彼女は2003年からメイシーズ料理評議会のメンバーであり、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスのミールズオンホイールプログラムに参加しています。 [24]

シルバートンは、バーニー・マドフのスキャンダルでラブレアベーカリーの売却で稼いだお金を失いました。 [25]彼女には3人の子供がいます。 [3]


バーベキュー2014のためのアメリカの最高の都市

多くの人と同じように、ジェイ・メッツガーはバーベキューへの忠誠心に関して線を引きます。その線はミシシッピ川に沿っています。

&ldquoメンフィスとカロライナのバーベキューを少し楽しむのはいいことですが、本物は米国の中心部から来ています&rdquoは、カンザスシティとテキサスのバーベキューを好むロサンゼルスを拠点とする広告エグゼクティブは言います。

たくさんの 旅行+レジャー 読者は同意し、KCと複数のテキサスシティをトップ10にランク付けしています。しかし、煙が出る場所では、激しい議論があります。 America&rsquos Favorite Cities調査の一環として、読者は35の大都市圏を、見栄えの良い地元の人々、素晴らしいスポーツチーム、地域ごとに異なるピザやバーベキューなどの品質でランク付けしました。公平を期すために、調査は35の都市のみを対象としたため、ノースカロライナ州レキシントン、テキサス州ロックハート、セントルイスなどのバーベキューのホットスポットはこの特定の投票のテーブルにさえいませんでした。

しかし、他の多くのホットボタンバーベキュー都市があり、1頭のダークホース(またはおそらくブタ)が最優秀賞を受賞しました。確かに、一般的なスタイルといくつかのグルメに優しいトレンドは、ミズーリ州カンザスシティの焦げた端から、サウスカロライナ州チャールストンのマスタードソースの豚肉、テキサス州オースティンの肉屋の紙にブリスケットの山まで、都市ごとに異なります。の定義 一番 あなたが慣れているものに依存するかもしれません。

&ldquoCharlestonには素晴らしいバーベキューがありますが、南部の人なら誰でも自分たちの街が最高だと主張するでしょう&rdquoは、サウスカロライナ州出身のボストンを拠点とするシェフ、ジェイソンアルバスは言います。しかし、優れた&ldquolow-and-slow&rdquo調理方法は、地域の違いを超えていると彼は言います。 &ldquoあなたは本当に急いでバーベキューをすることができます&mdashyouは誰かがそれに時間と情熱を注ぐときに間違いなく違いを味わうことができます。&rdquo顧客にとって、他の3つの要素が不可欠であると彼は付け加えます:&ldquo仲良し、冷たいビール、そしてたくさんのナプキン。&rdquo


The Hot 10 2014:Rose&#39s Luxury、ワシントンD.C.(No。1)

ose’sLuxuryは今夜5:30にオープンします。今は5時なので、新しいレストランに行く前にいつもしていることをすることにしました。近くで試合前の飲み物を手に入れましょう。ワシントンのバラックスロウ地区の8番街に沿ってタクシーが引き上げられると、深さ30の線に気づきます。誰かが闇市場のクロナッツを売っていますか?それは政治的な抗議ですか?いいえ、いいえ:これらの人々はすべてRose’sでテーブルを待っています。このテーブルはディナーのみ営業しており、予約は受け付けていません。

後で、ウイスキーを仕上げて請求書を支払うと、気づきます どうして それらの人々は、食文化が主にパワーランチで知られている都市のテーブルを2時間以上待つことをいとわなかった。 Rose’sはゲームチェンジャーです .

温かみのある農家風のダイニングルーム、キッチンカウンター席、ストリングライトで光るアトリウムなど、他とは一線を画すものがたくさんあります。知識豊富でフレンドリーなサービスがあります。そしてもちろん、折衷的なメニュー:東南アジア、メキシコ、イタリア、フランスからの世界を駆け巡る食材やアイデアを取り入れた南部のコンフォートフード。

シェフオーナーながら アーロンシルバーマン 彼は明らかに彼の皿に出てくる食べ物に関心があり、それを食べる人々にさらに注意を払っています。そして、それが私を襲ったときです: Rose’sはレストランビジネスだけでなく、人々を幸せにするビジネスでもあります .

それが食事の啓示のように感じるなら、そうすべきです。それは私にとって重要であり、それがローズが今年の最高の新しいレストランのリストのトップに立つ理由です。

ここでの食事が特別な理由を見つけるために、6月上旬の平日にシルバーマンを12時間追跡しました。ローズの輝きは偶然ではないとだけ言っておきましょう。

午前11時。 「これがすべての始まりです」と、32歳のシルバーマンは、レストランからわずか数ブロックの設備の整ったアパートのダイニングルームに立っているときに私に話します。 2013年10月にオープンする前に、彼は料理を試すためにここでいくつかのポップアップを開催しました。彼は何年もの間ローズの計画を立てており、フリーマーケットでヴィンテージグラスとスターリングシルバーのプレジデンシャルスプーンを集めていました。レストランは彼の美食家の祖母にちなんで名付けられました。「贅沢」の部分は彼のもてなしへの執着を物語っています。 「それは白い手袋と4フォークのテーブルセッティングについてではありません」とシルバーマンは言います。 「それは世話をし、人々を幸せにすることです。」

サービス、ローズの方法

おもてなしとは、シェフのオーナーであるシルバーマンにとってすべてを意味します。彼がゲストの体験を第一に考える方法のほんの一部を次に示します。

1.快適さは王様
シルバーマンは、レストランの元のテーブルが1インチ高すぎると考えたため、開店の1週間前に数千ドルを費やしてテーブルを交換しました。 「今では、両親のガレージに28のテーブルベースがあります」と彼は言います。 「しかし、違いを生むのは小さなことです。」

2.景品を流します
「私たちのすべてのアイテムには「私たちから」のバージョンがあります」とシルバーマンは言います。ダイナーが2つのカクテルのどちらかを決定できない場合、またはサーバーがゲストに注文していないものを試してもらいたい場合、レストランはそれを無料でテーブルに送ることができます。

3.置換:間違いなく大丈夫
「 『シェフはそれを許可していません』とは言いません。ゲストがシーザーサラダを欲しがっている場合、彼女はシーザーサラダを手に入れます」とシルバーマンは言います。アレルギーのあるお客様のために、Roseのサーバーはメニューをマークアップして、どのアイテムが安全に食べられるかを知らせます。

4. Looを忘れないでください!
そのローズマリーミント石鹸に加えて、WCにはボビーピンが用意されています。これはフライアウェイを持っている人のための小さな修正です。 「私はいつも、どうすればバスルームをもっと快適にできると思いますか?」彼は言い​​ます。

5.グッドグッディバッグを贈る
ローズのプライベート屋上ディナーでは、各ゲストが持ち帰り用のバッグを持って出発します。自家製のブリスケットサンドイッチ、ウッツポテトチップス、カプリソーネです。

午前11時30分 シルバーマンにとって、顧客を王様のように扱うことは優先事項かもしれませんが、その男も真剣な料理の信用を持っています。彼は過去10年間で最も影響力のある2人のシェフと協力しました。 デビッド・チャン ニューヨークの桃福ヌードルバーと ショーン・ブロック サウスカロライナ州チャールストンのMcCrady’sで。 Rose’sに向かう途中でコーヒーを飲みに立ち寄ります。シルバーマンは、クリームとたくさんの砂糖を入れたラージを注文します。彼は彼の前に長い一日を過ごしています。

午前11時45分 Rose’sは、私たちが到着した時点ですでに活動のハイブです。彼のお母さん、ジャッキーは、花をアレンジしているダイニングルームにいます。 (ローズは家族の問題です。シルバーマン夫人と友人が2階の床を塗り、シルバーマンのお父さんが床を封印し、叔父が木製のテーブルをいくつか作りました。)「アーロンはある日私たちに電話して、ハーバードビジネスに行きたいと言いました。学校」と彼女は回想します。 「私たちは彼を助けるためにできることは何でもするだろうと言いました。一週間後、彼は電話をかけ直し、料理学校に行くと言った。彼は正しい決断をしたと思います。」

正午シルバーマンは彼の2人のマネージャーと会い、メニューの変更を検討します。ピクルスランプとチャイブのマヨネーズを添えたカニの爪がピーチサラダから出てきます。 紫蘇、 ミント、そしてリコッタが起こっています。ローズの唯一の予約である屋上ガーデンテーブルの10スポットの予約は、3週間前に売り切れています。そして不思議ではありません:ファミリースタイルの食事には、メニュー外のアイテムとサプライズグッディバッグが含まれています。

午後1時。 シルバーマンと彼の3人のスーシェフが、進化し続けるメニューについて話し合います。そのうちの1人はクラブケーキを追加したいと思っていますが、シルバーマンは納得していません。 (「他には何も売らない」と彼は心配している。)キャロットトップクルミペストは今夜フジッリでデビューする。キッチンはワクワクします—そしてそれが鍵です。シルバーマンは2週間以内に、グリル、飲酒、ホール&オーツコンサートを含むスタッフのリトリートのためにローズズを閉鎖します。 「ゲストの世話をするだけではありません」と彼は説明します。 「それはまた、私が一緒に働く人々を幸せに保つことでもあります。」 (テーマに気づきましたか?)2か月後、週に4シフト以上行う従業員は完全な医療保険に加入します。しかし、それだけではありません。コミュニティも重要です。 Rose’sは、1食あたり25セントを世界食糧計画USAに寄付しています。彼らはこれまでに8,000ドル近くを調達しました。

午後1時30分 シルバーマンのルームメイト、 ブルックホーン 、 と ケイト・リー 、別名「ファーマーケイト」は、近くのコミュニティファームで収穫されたディルの花とタマネギの花を持って到着します。彼らは2階を走り、屋上のハーブ園をチェックします。

午後2時 ナチョチーズドリトスとピーナッツM&ampMのバッグの上で、若くて陽気なスタッフが毎週のワインテイスティングのために集まり、GMが提供されているボトルのいくつかを歩きます。同志は明白です。 「これらは単なるサーバーではありません」とSilverman氏は言います。 「彼らは人々を幸せにするために雇われました。」 (これは、数え続ける人のための3つの幸福の言及です。)そのため、各ウェイターが「偽造することなく」ゲストと対話できるように、ローズのスタッフが過剰になっています。彼らはまた、顧客を元気に保つために食べ物や飲み物を配る許可を持っています。小切手には「私たちから」と記載されています。 「キッチンにいる人よりも私にとって重要なのは、サーバーが誰であるかです。サーバーは顧客に対応しているのです」と彼は言います。 「料理はこのレストランの成功のわずか20パーセントです。」

__2:45 p.m .__シルバーマンがバスルームを見せてくれます。 「石鹸はレストランで最も見過ごされている側面の1つです」と彼は言います。彼は冗談半分です。 「開店の2年前、私はC.O.ビゲローのローズマリーミント石鹸。」ゲストはそれにとても夢中です、彼らはYelpにコメントします。

午後3時30分 シルバーマンは試飲に忙しい。レストランで最も人気のある料理の1つであるスパゲッティのイチゴとトマトのソースは、少し甘すぎます。また、より多くのスパイスが必要です。レモングラスとシーフードのシチューのスープもそうです。

午後4時。 スタッフの食事は、人々がナプキンを折りたたんで銀器を磨く間提供されます。今日は カーニタス タコス、大根サラダ、パイナップルミント アグアフレスカ 。多くのキッチンとは異なり、ここの家の前面と背面は実際に通信します。試合当日のコーチのように、シルバーマンはペラペラ話をします。彼の最も誇らしい瞬間は、ちょうどその週末に起こったと彼は言います。 ビリーショア 、アメリカの子供時代の飢餓を終わらせることに専念する非営利団体、シェア・アワー・ストレングスの創設者は、夕食に立ち寄り、それを愛していました。彼はその経験にとても驚かされ、シルバーマンが声を出して読んだメモをレストランに送った。それは食べ物について言及しましたが、それは主におもてなしについてでした。

午後5時 開場は30分で、すでに26人が並んでいます。

__6 p.m .__レストランは満員で、キッチンパスは注文でいっぱいです。表21にはピーナッツアレルギーがあります。表14はコリアンダーを食べず、表8はメニューに記載されていない蒸し野菜を望んでいます。キッチンから目を転がす必要はありません。彼らはただそれをします。 「食事制限に対応することは大したことではありません」とシルバーマンは言います。 「それはただの良いビジネスです。」

午後6時45分 オリジナルバージョンの「ハーレムシャッフル」がスピーカーに登場。 ボブ&アール、LLクールJ、ブラーのいずれであっても、ローズでは音楽が重要です。 シルバーマンは、音楽キュレーション会社であるレストランのオリジナルの2,000曲のプレイリストGray Vを作成し、さらに2,000曲を追加しました。 「私たちは携帯電話のGrayVアプリを介してすべての曲に投票します」と彼は言います。 「ある時、私はいくつかの用事を実行していて、1分以内に3つの必死のテキストと4つの不在着信を受け取りました。私はレストランが燃えていると思った。しかし、ノー・ダウトの「ヘイ・ベイビー」を二度とプレイしないようにとスタッフが言っただけでした。」

7:30 PM。 すべての一人で食事をする人は、家で少なくとも1つの料理を手に入れます。 シェフのカウンターに座っている紳士は、ポークソーセージ、ハバネロ、ライチ、生玉ねぎ、ホイップココナッツミルクで作ったサラダを受け取ります。彼はローズが彼を批評家と間違えたと思っています。

__8:30 p.m .__カウンターの席に着き、小皿メニューの12品すべてを注文します。毎晩提供されるファミリースタイルのプレートを除いて、14ドルを超えるものはありません。シルバーマンは揚げ物の第一人者です。生牡蠣の上に牡蠣の鶏肉炒めを添えて ザジキ 。きゅうりのピクルスジュースで塩漬けにした骨なしの鶏もも肉を揚げ、蜂蜜の小雨とゴマの粉を添えて提供します。これは私が今まで食べた中で最高のフライドチキンの一部です。ジョージア州の少年として、それは何かを言っています。

午後8時45分 人々は まだ 待っている。訪問している両親に無料の食事を求めている大学生の子供たち、金曜日のように飲んでいる友人のグループ(月曜日だけ)、そして週の初めがテーブルを手に入れるのに最適な時期であることを知っているほど賢いカップルがいます。

__11 p.m .__シフトは終了しました。シルバーマンと私は、近くのBeuchert’sSaloonでVieuxCarréカクテルを飲みます。彼は自信に満ちた男ですが、ローズが受けたすべてのメディアの注目に本当に驚いているようです。 「私はただ人々を幸せにしたいのです」と彼は言います。また。確かに、それはあなたが物語に取り組んでいる作家に与える線のように聞こえます ボナペティ、 しかし、見ることは信じています。そして彼を12時間シャドウイングした後、私は売られました。

人々はいろいろな理由で外食します。いくつかは料理のため、いくつかはサービスのため、そしていくつかは食品雑誌が彼らに言ったという理由だけで。しかし、結局のところ、誰もが最も楽しんだ場所に戻ります。実際にある場所、あなたが知っている、 楽しい。 これに対するシルバーマンの理解は、料理の革命にほかなりません。


特徴

フランスとアジアの驚異から野菜の啓示まで、新しいレストランがシーンを揺るがします。何回試しましたか?

「成功のように成功するものはない」という古い格言は今も続いています。確認のために、シカゴの最新のレストランを見て回ってください。トゥルーのリック・トラモントがオステリア・ビア・スタトで前菜プレートを作ってくれました。ジーンズのガブリエル・ヴィティが、彼の忠実なガブリエルの顧客をカジュアルなミラマー・スプリングに迎えました。ショーン・マクレーンは、ベジハッピーグリーンで新しい筋肉を曲げています。シマウマ。 Le Lan-今年の最高の新しいレストラン-は、シカゴの真のヘビー級の2人、RolandLiccioniとArunSampanthavivatのフランスとベトナムのコラボレーションです。今年の多くは印象的な血統で最もよく到着したので、西部のスプリングスでまばゆいばかりのポール・ヴィラントのような有望な新人を見落とすのは簡単でした。 。 VirantのVieでの仕事は、彼に最高の新しいシェフの黄金のトーク帽を獲得しましたが、今年の分野を知っていると、Virantがニューススタンドに登場するまでに別のレストランを開くことを半分期待しています。

ネイサンカークマンによる写真

価格キー [ダイナーがワイン、税金、チップなしで夕食に費やすことが期待できる金額]

[&セント] 10ドルから19ドル
[$] 20ドルから29ドル
[$] 30ドルから39ドル
[$$] 40ドルから49ドル

749ノースクラークストリート
312-280-9100 [$$]
フランス語-ベトナム語

Le Lanのロースト鴨胸肉をクリーミーなポレンタとフォアグラの炙り焼きのディスクにかぶせ、レモングラスとカフィアライムで味付けした鴨のリエットの上に積み上げました

この美しいレストランのオープンの周りには非常に多くの話題があり、それは失望する運命にあるように見えました。早い段階で、RolandLiccioniとArunSampanthavivat(料理長のAndy Motto)のコラボレーションは、理論的には実際よりも優れていました。今では疑わしい作品がより至福の料理のために投棄されておらず、その実行はほとんど完璧です。繊細な麺で満たされた春巻きにスイカの味とサクサクのシャロットを添えたアミューズブーシュから、結晶化したコリアンダーをトッピングし、トロピカルフルーツのコンポートを添えた羊のミルクフランのデザートまで、ルランは甘美です。春巻きのデュオを選ぶ:1つは冷たく、ゆっくりとローストしたポークとエビを甘くてスパイシーなシャロットビネグレットソースで詰め、もう1つはチキンと春雨と4コショウのビネグレットソースで満たされた温かい美しさです。次に、フォアグラの炙り焼き、クリーミーなポレンタ、レモングラスとカフィアライムの香りのアヒルのリエットの横にある緑のカルダモンジュースを添えた、ローストダックの胸肉のルフラン&ccedilais&ndashworthy entr&eacuteeに移動します。多様なリストからのニュージーランドからの鮮やかな2003年のセレシンマールボロソーヴィニヨンブランのボトル($ 60)は、そのような大胆な食べ物の呼びかけに答えます。私のパーティーがマネージャーのテリー・マクニーズへの夕食について絶賛したとき、彼は微笑んで言った。今年最高の新しいレストランです。
&ndashD。 R.W。

1460ウェストシカゴアベニュー
312-243-7100 [$]
現代アメリカ人

私たちの中で最も肉食的な人でさえ、少し少ない肉ともっとたくさんのおいしい野菜を食べるために立つことができます。シェフのショーン・マクレーンの野菜志向のグリーンゼブラは、昨年春にオープンした瞬間に大ヒットし、全国で大騒ぎになりました。チャーリートロッターが野菜のテイスティングメニューを革新して以来、シカゴはそのような緑の革命の妙技を見たことがありませんが、マクレーンの庭の創造物ははるかに安い価格でフィネスを提供します。彼は有機野菜の複雑なプレゼンテーションを専門としていますが、彼のGZは厳密には菜食主義者ではなく、説教の健康と環境に関するメッセージを巧みに避けています。黒クルミと黒トリュフのエッセンスを添えた泡立つセロリの根のスープ、エンダイブとアップルサラダを添えたグリュイ&エグレイバーのスープ、またはハックルベリーのガストリックとトスカーナの煮込みケールを添えたカナダのワイルドライスと大麦のケーキと同じくらい良いエンターテインメントのラベルを心配するのはなぜですか?
&ndashD。 R.W。

462ノースパークブールバード、グレンエリン
630-469-4002 [$$]
フランス語

Les DeuxAutresにはエキゾチックな雰囲気があります。はい、それはストリップモールにあり、場所はずんぐりした木製の羽目板でいっぱいですが、スタッフの話を聞いてください、そしてあなたはそれが違うことを知っています。魅力的なパティシエ/オーナーのルイザ・リマは、バミューダ出身で、私たちの優雅なウェイターはルクセンブルク出身でした。比較すると残念なことに、シェフのグレッグ・ルーテスはイリノイ州モルデン出身ですが、彼のモダンなフランス料理のメニューは遠く離れた場所にルーツがあります。エスカルゴと野生のキノコをニンニクとワインのソースで包んだフレーク状のナポレオンなどの優しくて豊かな料理は、リュートが南郊外のコートライトで示したのと同じスキルを示しています。彼のエンターテインメントは気取らないが、椎茸のほこりがちりばめられ、ロブスターとポテトを詰めたラビオリの上に置かれたゴージャスな絹のようなホタテなどの風味が詰まっています。リマの素晴らしいcr&egraveme br&ucircl&eacuteeトリオ(ヘーゼルナッツ、エスプレッソ、バニラ)は、古い軍馬の新鮮なテイクで、スモーキーな2001 Gigondas Domaine Raspail-Ay($ 44)で、独自のリーデルステムウェアを提供しています。そして、サービスはとてもスムーズなので、残り物でさえ王室の待遇を受けます。ドギーバッグの代わりに、残り物は白鳥のような形をしたアルミホイルで家に帰ります。
&ndashJ。 NS。

814 West Randolph Street
312-455-8114 [$]
メキシコ

BEST NEW DISH:DeCeroの共有可能なタコス盛り合わせ

ランドルフストリートのモダンなタッカー&イアキュータ(寿司ワビの所有者の発案による)には問題があります。場所が大きすぎてチップスとサルサを請求します。定型化されたd&eac​​utecorはRoadhouseChicとして最もよく説明されています。しかし、ジル・ローゼンタール・バロンの料理、地元のメキシコの味の精通したミックス、そしてフロンテラ・グリルを責めるには、あなたは耐え難いほどの不機嫌でなければなりません。デセロという名前は「ゼロから」を意味し、スモークトマトサルサを添えたケソがにじみ出るチリレジェノがそれを証明しています。さらに良いのは、8種類の新鮮なタコス(スイートコーンサルサを添えた鴨の蒸し煮から、コリアンダーとペストを添えたサーモンの煮込みまですべてを含む)と、3つのハウスサルサと温かいコーントルティーヤを26ドルで提供することです。それは最高の共有可能な新しい料理への私の投票を得ます。入場者は二次的ですが、スモーキーな骨なしグリルチキンモグラ、トマティーヨサルサと一緒にケソアネホを添えた素晴らしいチーズエンチラーダがあります。メキシコのライムハニーの新鮮なベリーのシンプルなボウルでさえ、デザートは素晴らしいです。大きなテキーラリストを無視しないでください。ただし、ハイビスカスマルガリータは簡単に食べてください。1つはスマートメニューを強化し、2つはそれを消し去ります。
&ndashJ。 NS。

価格キー [ダイナーがワイン、税金、チップなしで夕食に費やすことが期待できる金額]

[&セント] 10ドルから19ドル
[$] 20ドルから29ドル
[$] 30ドルから39ドル
[$$] 40ドルから49ドル
[$$] 50ドル以上

5951ノースブロードウェイ
773-561-5577 [$]
日本、タイ

この魅力的なBYOスポットは、そのサービス、その装飾、そして特にその料理に誇りを持っています。私たちの厳粛なウェイトレスは、慎重にバランスの取れたアスパラガスの槍が寿司の上にとまり木から落ちたときに、「カリカリ」の巻き寿司(精巧なブリの揚げ物、ネギ、アスパラガスの構造)を届けていました。取り乱して、私の仲間の一人が彼女を慰めたとき、彼女は彼女の腸に突っ込むために鋭い何かを求めて寿司バーをスキャンしているように見えました。 「OK」と彼女は言った。 「私たちはそれを見ました。」これは彼女を喜ばせたようでした。インディーズのハーフタイ、ハーフジャパニーズメニューは私たちを喜ばせました:おいしいバタートムカーガイ(ココナッツミルクスープ)、カフィアライムの葉で味付けされた優れたペナンカレー、そしてメタリカからポパイまでのすべての人にちなんで名付けられた素晴らしいマキを考えてください。ココナッツとゴマの情報に基づいたサトイモのカスタードとラズベリーソースなどのデザートでさえ、通常の店頭料理よりも数カット上回っています。毎晩、エッジウォーターの住民の半数が光沢のある狭いスペースに詰め込まれ、幸運を祝うために自分のワインのボトルを開けているようです。
&ndashJ。 NS。

2032 West Roscoe Street
773-327-4860 [$]
日本

誇り高きウェイターは、3人のシェフChan(Macku、Kaze、Hari、すべての親戚)の供物は「高級レストランの融合」であると私に言います。 、チェリーのようなピットのある風味豊かなレッドベリー。ウェイターがきゅうりとスライスした巻き寿司で包んだキウイドレッシングを添えたグリーンの「サラダ」の上に繊細に揚げたホタテを持ってくると、すべての疑問が消えます。さらに3つのヒット曲:チーズとチャイブをトッピングしたうなぎ(ウナギ)、白玉ねぎとトリュフオイルの下にカリカリのサーモンの皮を添えたサク&イーキュートマリネサーモン、バナナペッパーとスパイシーな黒コショウを添えたハマチ(ブリ)。 At the far reaches of nouvelle Japanese lies a signature creation: batter-fried lobster served as inside-out maki topped with sliced strawberries and red tobiko (flying fish roe) on a creamy strawberry purée with enough wasabi to balance the sweetness. After experiencing all that, I was willing to try anything the Chans could dish out.
&ndashD. R. W.

301 Waukegan Avenue, Highwood
847-433-1078 [$]
FRENCH

Last June, right after Gabriel Viti opened this casual French spot near Gabriel's, his namesake haute restaurant, the waiting crowds spilled out of the lounge and into the street. You would have thought Cartier was giving away jewelry. The no-reservations policy created the mother of all jams-but seats at the best bistro on the North Shore are worth hanging around for. The masses go for generous appetizers such as a platter of saucisson, prosciutto, salami, and cheese a heaping bowl of mussels marinière artichokes in vinaigrette and the roasted half lobster with herb butter. Then they move on to skate grenobloise, a memorable bouillabaisse, and perfect herby-seasoned lamb chops. Once diners exchange promises to hit the gym and confess to their personal trainers, they may indulge in Miramar's rich chocolate mousse with whipped cream and raspberry purée.
&ndashD. R. W.

601 Skokie Boulevard, Northbrook
847-205-4433 [$]
AMERICAN

Prairie Grass Cafe's rasberry crêpe

As cheery as cherry pie, this venture by Sarah Stegner and George Bumbaris is way down-home compared with their haute years as Ritz-Carlton chefs. The spacious setting teems with boisterous groups gathered around bare wood tables chowing down on terrific housemade lamb sausages with ratatouille and goat cheese, the best moussaka hereabouts, and honest steaks with twice-baked potatoes laced with caramelized onions and Gruyère. For such heartiness, I vote for a peppery, fruity 2001 Lock "Ecluse" Paso Robles Syrah ($44). And if you are in a meat-versus-veggie group, the bottle won't go to waste: it drinks equally well with a dynamite crisp phyllo strudel crammed with mushrooms and Gruyère jazzed by balsamic-braised onions and served over creamed spinach. To start a meal, order crab cakes with roasted sweet-pepper sauce and zesty corn relish or pâté with port wine reduction then finish with cherry pie, baked by Stegner's mom, Elizabeth.
&ndashD. R. W.

1952 North Damen Avenue
773-227-2995 [$]
MEDITERRANEAN SEAFOOD

Scylla, tucked into a snug Bucktown brownstone, may remind you of Shawn McClain's Spring. Stephanie Izard, the 28-year-old chef/owner, is a veteran of the seafood paradise down the road, and her appetizer of creamy whitefish bisque swimming with lobster and sweet English peas is evidence that she soaked up a lot in her two years there. Izard doesn't go overboard with potentially complex dishes such as prosciutto-wrapped shrimp with buttery cauliflower purée, toasted hazelnuts, and pomegranate sauce. And her presentations are quirky: the crisp skate wing looks as though it were in its natural habitat, hiding a treasure of grilled calamari, explosive roasted cherry tomatoes, chickpeas, and spiced tomato aïoli. An eggy lemon custard has a delicious cheesecake consistency and came with an understated olive oil&ndashthyme ice cream that one of my companions said "tasted like something I would rub on my face at a spa." (I assume that's good.) Servers are sharp and pleasant, considering the tight quarters, but the real revelation here is Izard, who seems primed for stardom of her own.
&ndashJ. NS。

4471 Lawn Avenue, Western Springs
708-246-2082 [$$]
CONTEMPORARY AMERICAN

Paul Virant's pan-seared salmon brushed with herbs and butters nestled on barley, greens, and sherry sauce

Near the center of a suburb Norman Rockwell would have loved, chef Paul Virant serves up the good life. And he does it as naturally as possible in this French-appointed restaurant. His salad of Bibb lettuce, fresh Hawaiian hearts of palm, and avocado with a citrusy yogurt dressing makes the drive from the city worth the effort. So do dishes such as herb ricotta gnocchi with braised rabbit and salsify, and pan-roasted fluke with mustard jus de poulet on lentils with glazed root vegetables, which show the influence of Virant's mentors (Messrs. Trotter, Joho, and Kahan). But a wood-grilled organic hanger steak with shallot confit and potatoes puréed in olive oil with Tuscan kale and Picholine olives is pure Virant-and it went well with an A to Z Oregon Pinot Noir ($33) from a list selected by Virant and Ambria's brilliant sommelier, Bob Bansberg. The "gooey" butter cake with coconut sorbet, vanilla-roasted pineapple, and macadamia brittle could make the pastry chef, Mary Bodach, a household name.
&ndashD. R. W.

1747 North Damen Avenue
773-489-1747 [$]
AMERICAN BISTRO

Milk shakes at HotChocolate (vanillamint and chocolate chip stout and caramel milk chocolate malt), with raspberry crumble, fudge brownie, and pecan pie

This is the sharp urban café you wish were in your neighborhood. The creation of the supremely talented pastry chef, Mindy Segal, HotChocolate is an homage to desserts: even the décor comes in shades of milk and dark chocolate. And, trust me, the desserts are fantastic, bursting with intense flavors and never cloying. As she did at MK, Segal teases your inner child with productions such as a milk chocolate&ndashmalt mousse with layers of salted peanuts and caramel that's a Snickers bar with a halo, embellished with a Reese's takeoff. And then there's "chocolate, chocolate and more chocolate," Scharffen Berger fashioned into an extreme chocolate experience, and rhubarb pot pie-think cobbler-a transcendent warm compote topped with raspberry jam ice cream and garnished with lemongrass sorbet. And desserts are only the tip of the iceberg. Segal's soul-satisfying chicken soup, extraordinarily bright goat cheese&ndashbeet salad, gently spiced steamed green curry mussels, and seared Kobe-style beef skirt steak prove she knows her way around every station of the kitchen. No reservations are taken and the crowd gets younger as the night gets older. Naturally, chocolate drinks abound, and there's a HotChocolate martini on the menu, too.
&ndashD. R. W.

620 North State Street
312-642-8450 [$$]
ITALIAN

Cured olives at Osteria Via Stato

"Sit back and relax," our waiter says. "The olives, chunks of Parmesan with balsamic vinegar, and roasted beets with orange zest are pre-antipasti. Then come four antipasti. For the pasta, we have pappardelle with meat ragù and Parmesan rigatoni with cauliflower and spinach. For your entrée you get a choice from this chalkboard." The onslaught is awesome at this rollicking spot-the brainchild of impresario Rich Melman and his partners, executive chef Rick Tramonto (Tru) and chef-on-the-spot David DiGregorio-and second helpings are yours for the asking. All you have to choose is the entrée (no seconds here), and the whole shebang is $36 per person. After house-cured salmon, chopped radicchio salad, prosciutto, and much, much more, I could have called it a day before hearty entrées such as braised pork shank and seafood stew arrived. Desserts are $5 each a pomegranate granita perked me up after the feast. And the "just bring me wine!" menu of Italian tastings from sommelier Belinda Chang (pick your price point and don't be surprised by refills) are almost necessary to wash it all down.
&ndashD. R. W.

1441 West Fullerton Avenue
773-883-8722 [$]
JAPANESE

I can't stop thinking about chawan mushi. No, that's not the latest Asian starlet, although just as alluring. Usually, it's egg custard. Here at Tsuki, it's three saké cups filled with steamed egg and scallop custard-one topped with tiny mushrooms and salmon roe, one with shrimp, and one with crab. Entrancing. The chef, Toyoji Hemmi, presents elegant interpretations of Japanese cuisine at the frosted-glass sushi bar and at high-backed secluded booths with copper tables. Hamachi kama-grilled yellowtail cheek served still attached-is fabulously strange. Go on a weekend when Tsuki has specials just flown in from Japan, and you'll find more exotica, such as a platter of aji (horse mackerel) sashimi served in three styles: traditional, a thicker cut topped with grated ginger on an ohba leaf, and a chopped mound mixed with red miso. When you finish, the bare bones are taken back to the kitchen and deep-fried crisp so you can eat the whole fish.
&ndashD. R. W.

1625 Hinman Avenue, Evanston
847-733-8746 [$$]
CONTEMPORARY

Trio Atelier staff Jin Ahn, Lennie Dietsch, and Mike Adaniya

Innovative owner Henry Adaniya-looking dapper patrolling the room in his suit and spiky hairstyle-is in the groove again at his reborn Trio space. It's easier to swallow the highfalutin "Atelier Artistic Vision" menu spiel now that the creative cooking of the chef, Dale Levitski, has become so polished (even the formerly disorganized service has smoothed out). My hands-down favorite small course is rillettes of potted rabbit, pork, and duck, and a fine savory-sweet medium course is a Parmesan cheesecake made with grape focaccia and pine nuts flavored with rosemary. The large course of grilled venison loin with a fruity, spicy "glögg" sauce and cauliflower-chestnut purée is completely original, and it scores-so does the pear tart with brown butter sauce and almonds from the gifted pastry chef, Mary McMahon. Avoid the too-cute lab flasks used as small carafes, and order a bottle of supple Red X from Napa Valley's X Winery ($39) instead. I don't even notice the peculiar décor-stacks of salt bags, intentionally unfinished floors, and ragged looking ceilings-when I dine this fine.
&ndashD. R. W.

3441 North Halsted Street
773-348-9696 [$]
GLOBAL

X/O bartenders Danny Garcia and Adam Gibbs

"My mother would hate me if she knew how much I like the meringue here," says our waiter as he sets down the lemon tart. I can empathize. Even an expert farm-raised cook like my mom would have given the nod to this lovely dessert from the pastry chef, Jordan Rappaport-especially after savoring the cooking of chef Bob Zrenner, a veteran of Tru and Tournesol. Dishes such as seared scallops and pumpkin dumplings with sage hazelnut brown butter cross almost as many borders as does the Vietnamese spicy duck leg with roasted Korean sweet potatoes and Thai chilies. Folks slightly more hip than my teetotaling mother pour into this chic Lake View spot late in the evening it's open till 2 a.m. on Thursdays and Fridays, 3 a.m. on Saturdays. This crowd doesn't blink at the wonderful $50 flight of 25-year-old Cognacs, nor at the de-scription of the Kelt XO, which "spends three months on a ship touring the world, adding to its unrivaled richness."
&ndashD. R. W.

109 Franklin Street, Bloomingdale
630-924-0930 [$]
FRENCH, ITALIAN

Bistro Solitaire might be a better name for this charming "small house" in quaint Old Towne Bloomingdale. Except for the ebullient owner and host, Franco Serafini, the cozy bi-level dining rooms connected by a big winding staircase were practically vacant on our visits. Not for much longer, I trust. Chef Famous Jefferson's food-French with lots of Italian input-is lusty and fun. I admired his cooking at Cochon Sauvage, and the pâtés at Maisonette brought back fond memories. Serafini recommended a glass of pinot blanc by Hugel (2001) with them, a heavenly pairing. Grilled lamb sausage barese with roast peppers is almost too hearty an opener if you are moving on to major productions like the flavor-packed bouillabaisse provençale or the seared duck breast and braised leg with port-ginger sauce on braised sweet-and-sour red cabbage. Desserts soar, especially two: the crème brûlée chock-full of fresh orange segments and the buttery bread pudding in rum butter sauce.
&ndashD. R. W.

1540 North Milwaukee Avenue
773-227-1400 [$]
CONTEMPORARY AMERICAN

In 1998 John Bubala opened Thyme in River West and proved that he could do classy. Now, with equal aplomb, he's taken on drop-by casual in a Wicker Park café. His chef de cuisine, Armando Cabrera, is often visible through the front window making the daily ravioli, which on a recent visit were filled with mushrooms and aged Cheddar in a rich corn sauce. I was surprised to see artichoke fritters with béarnaise sauce on the short, eclectic menu-everybody's favorite appetizer back when Gordon Sinclair ruled River North-until the waitress explained that the sous-chef, Pedro Benitez, used to work at Gordon's landmark restaurant. Pepper steak in red wine sauce with whipped potatoes is a winner, as is the playful dessert of chocolate croque-monsieur with hazelnut filling and warm raspberry jam. The wine list is small, and the drink list is unusual: a Scotch-loving friend was impressed that such a casual café carried six kinds of Bowmore single malts.
&ndashD. R. W.

4363 North Lincoln Avenue
773-770-4363 [$]
CALIFORNIA-MEDITERRANEAN

Acqualina: tomato basil salad

A translucent neon bar that changes colors doesn't often portend talent in the kitchen, but I was swept away by Adam Tanner's enticing Cal-Med cooking at Acqualina. Lincoln Square foodies flock to the place for appetizer rounds of smoky fire-roasted mussels with harissa butter, herbed potato gnocchi with pancetta and Parmesan in tomato salsa, and frittata roulade dotted with roasted peppers, sweet peas, and chorizo seasoned with garlic mayonnaise. A mildly spicy provençale seafood stew of fish and mussels in a light tomato and lobster broth is one of the best soup courses in Chicago. And I sure wouldn't mind a restaurant in my neighborhood that turned out top entrées such as slow-roasted sea bass coated with lemon-and-parsley-sparked panko crumbs on chorizo risotto, or peppered moulard duck breast with truffle-scented honey and celery-root purée. The eye-candy bar harbors rustic Mediterranean wines-like a French red blend 2001 Bertrand Minervois Les Moulins d'Aurora ($36)-that keep everybody happy. And the burnt lemon tart with vanilla bean Chantilly and raspberry sauce is pure pleasure.
–D. R. W.

END OF COMMENTED OUT ACQUALINA -->

4352 North Leavitt Street
773-279-1600 [$]
CONTEMPORARY AMERICAN

Charlie Socher and his sister, Susan, have a hit with their smart-looking Lincoln Square gamble. In a surprise move away from the focused French cuisine of their fine Cafe Matou in Wicker Park, they've set their sights on American favorites punched up with Mariano Aguirre's big doses of bold global flavors. For starters, oysters come bathed in lemongrass-ginger sauce with a zippy red onion relish, and grilled merguez lamb sausage teams up with herb-dressed Belgian endive and avocado. Entrées continue the international beat, and the one I never miss is the tender grilled "burnt chile" pork chop with "tres chiles" coulis, an intense blend of three kinds of Mexican chilies. The à la carte fries served in a paper cone can wave any flag they want-I can't resist 'em. Wines run to selections from small producers such as a 2002 Australian Four Sisters Shiraz ($32) that match the chef's striking dishes, all the way to little strawberry and pineapple tartlets with chipotle cream.
&ndashD. R. W.

BEST NEW CHEF: Paul Virant of Vie

Paul Virant, 35, a St. Louis native, has worked in some great restaurants-Everest, Blackbird, and Ambria, to name a few-and now that he's ventured out on his own at Vie, in Western Springs, he's officially become the past year's brightest new star.

Q. How did you get interested in "cheffing"?
A. I grew up on a farm, not a working farm, but in a family where food was very important. We always sat down for dinner. We always had a big garden, so I understood the importance of seasonality. Kids like to blame their parents-and I blame my parents for my job.

Q. What was your early training like?
A. I started working in an upscale place in St. Louis, late in high school: Malmaison. I majored in nutrition at West Virginia Wesleyan College to get the food science background and then went to CIA [the Culinary Institute of America].

Q. After working at Blackbird, how did you end up in Western Springs?
A. I lived in Ukrainian Village, but my wife is a doctor and she took a job in Downers Grove, sowe moved to the western suburbs. I learned that Western Springs was small and charming, and they were looking for a restaurant to have a liquor license. They had been dry since Prohibition. I liked the idea of being the first.

Q. How would you categorize your food?
A. Western European&ndashinspired seasonal American. I see influences from all the different chefs I've worked with. I have an affinity toward sauerkraut-braised meats. Acidity and pickled items are a big part of our food.

Q. For example?
A. We just put choucroute on the menu. We made sauerkraut from local vegetables-a traditional one with cabbage, and we did some with rutabaga and turnips from Henry's Farm, in [Congerville,] Illinois. We prepare it like sauerkraut and serve it with Lake Superior whitefish that we poach in duck confit fat.

Q. What "foodie" things do you particularly enjoy doing at Vie?
A. I'm proud of preserving things that we use a couple of months down the road. We made a bunch of pickled beets from Kinnikinnick Farms [in Caledonia, Illinois] that we used as a garnish on a borscht. We just received 50 pounds of Meyer lemons from a friend's tree in Santa Cruz [California], and I've preserved those for an asparagus soup in late May.

Q. What is best about owning your own restaurant?
A. Just being able to finally do exactly what I want. One of the ex&ndashsous-chefs from Blackbird turned Paul Kahan and me on to a guy who has a 5,000-square-foot greenhouse and he sends us all sorts of microgreens every week. And I don't have to ask anyone's permission to call him up and order stuff.
&ndashPenny Pollack

Best of the Best
Best Restaurant: Le Lan
Best Chef: Paul Virant
Best Dish: De Cero's shareable taco platter

Loftiest Goal
Chuck Hamburg, partner in the tie-dyed pizza joint Flourchild's, on their business plan: "We want to do for pizza what Ben & Jerry's did for ice cream."
(185 Milwaukee Ave., Lincolnshire 847-478-9600).

Most Surprising Closings
Fuse, Saiko, Papagus, and Biggs.

Most Euro Cheese Shop
Pastoral, an "attitude-free zone" packed with salumi, sausage, pâté, and American farmhouse cheeses.
(2945 N. Broadway 773-472-4781)

Most Versatile Chef
Shawn McClain conquered seafood at Spring and vegetables at Green Zebra. Now he's going after meat at the Custom House, due to open this summer.
(500 S. Dearborn St.).

Most International Staff
The crew from Lincoln Square's Essence of India, who hail from Brazil, Morocco, Bulgaria, Nepal, and Mexico.
(4601 N. Lincoln Ave. 773-506-9343)

Spiciest New Burger
The Southwestern Sizzle burger at Sizzle, a half-pound beast with beef and chorizo chopped up together.
(6157 N. Broadway 773-465-9500)

Quickest Morph
While you were sleeping, MK North, a contemporary American charmer, became A Milano, a contemporary Italian charmer.
(305 Happ Rd., Northfield 847-716-6500).

Most Disappointing New NYC Import
China Grill, a glitzy, overpriced spot in the Hard Rock Hotel that has made more of a dribble than a splash.
(230 N. Michigan Ave. 312-334-6700)

期待
Two high-profile restaurants that are the current box-office buzz around town did not open in time for consideration in this feature: Blue Water Grill (520 N. Dearborn St. 312-777-1400), the spinoff of a Manhattan celeb magnet in the old Spago space, and Alinea (1723 N. Halsted St. 312-867-0110), Grant Achatz's ambitious foray into micromanaged 30-course meals.


レシピのまとめ

  • クッキングスプレー
  • 1 (11 ounce) package refrigerated pizza crust
  • 1 ½ cups elbow macaroni
  • ¼カップバター
  • 中力粉大さじ1
  • ミルク
  • ¾ pound processed cheese (such as Velveeta®), cubed
  • ½ cup shredded mozzarella cheese

Preheat oven to 400 degrees F (200 degrees C). Spray a 10x15-inch baking sheet with cooking spray. Unroll pizza crust and place on the prepared baking pan.

軽く塩水を入れた大きな鍋を沸騰させます。 Cook elbow macaroni in the boiling water, stirring occasionally until cooked through but firm to the bite, 8 minutes.ドレイン。

Melt butter in a large saucepan over medium heat cook and stir flour with butter until it has a slightly toasted fragrance, about 2 minutes. Whisk in milk and simmer until thickened, whisking constantly, 2 more minutes. Stir in processed cheese cubes. Let the cheese cubes melt, stirring often, to make a smooth cheese sauce.

Spread about 3/4 cup of cheese sauce onto the pizza crust. Stir cooked macaroni into remaining cheese sauce in the saucepan and spoon the macaroni and cheese onto the crust in an even layer. Sprinkle top of pizza with mozzarella cheese.

Bake in the preheated oven until the crust is lightly browned and the mozzarella cheese is golden brown, about 15 minutes.


Photos from a Stellar Lunch at Strip T's

Almost a year and a half since my first visit to Strip T's I finally made it back to Watertown to try out the lunch I'd been hearing so much about. The lunch menu is more sandwich-focused, along with some entree-sized plates, salads and appetizers. I was also happy to find some of the same menu staples from when Tim Maslow and Chef de Cuisine Jared Forman originally took over the kitchen - I have a feeling the Grilled Romaine salad isn't going anywhere.

The Strip T's experience is a delight from beginning to end. Every item on the menu is creative, unexpected and consistent while the quirky decor, old school bathroom, and friendly staff add to its charm.唯一の問題? I don't live in Watertown.


レシピのまとめ

  • 6 slices bacon
  • 1 head cabbage, chopped
  • 1 large onion, chopped
  • 塩こしょうで味を調える
  • 1 (16 oz) ring kielbasa sausage, sliced thin

Place bacon in a large skillet and cook over medium-high heat, turning occasionally, until evenly browned, about 10 minutes. Drain the bacon slices on paper towels and crumble. Reserve drippings in skillet.

Cook and stir cabbage and onion in bacon drippings over medium-high heat until cabbage begins to wilt, 1 to 2 minutes. Stir bacon, salt, and pepper into cabbage mixture cook until cabbage is wilted, 3 to 5 minutes more. Stir kielbasa into cabbage mixture, reduce heat to low, cover the skillet, and simmer until cabbage is lightly golden and tender, about 1 hour.


Zacatlán from Chef Eduardo Rodriguez celebrates the flavors of Mexico and the American Southwest. The restaurant, located just off Santa Fe Plaza, serves up fusion favorites like mole negro chilaquiles, red or green chile breakfast burritos, barbacoa tacos and house-made flan.
Photo courtesy of Zacatlán

The United States is home to more than a million different restaurants, according to the National Restaurant Association, with hundreds of new options opening up each year. We asked our readers to vote for their favorite new restaurants to open in the past 18 months, ranging from chef-driven fast casual concepts to high end dining with a focus on hyper-local and sustainable ingredients.

The top 10 winners in the category Best New Restaurant are as follows:

  1. Tempest - Charleston, South Carolina
  2. Knife & Spoon - Orlando
  3. Wit & Wisdom Sonoma - Sonoma, California
  4. Water Pig BBQ - Pensacola Beach, Florida
  5. Island Vintage Wine Bar - Honolulu
  6. Tempus - St. Louis
  7. Via Locusta - Philadelphia
  8. Maker's Mark Hobbit House - Richmond, Rhode Island
  9. Halekulani Bakery & Restaurant - Honolulu
  10. Zacatlán - Santa Fe, New Mexico

A panel of experts partnered with 10Best editors to pick the initial nominees, and the top 10 winners were determined by popular vote.

Congratulations to all these winning restaurants!


The team

Joe Bastianich

Joe Bastianich is one of America’s preeminent restaurateurs and TV personalities he is also an author, musician and triathlete. In 2005, Joe was recognized as an Outstanding Wine and&hellip

Dahlia Narvaez

Native Angelena Dahlia Narvaez developed her love for food through after school cooking for her family in Highland Park. Trading the classroom for the kitchen, Narvaez left school for a job at&hellip


ビデオを見る: 速報ココくんのチョコワ 途中経過を偽る (かもしれません 2022).