新しいレシピ

カリフォルニアとニューヨークの両方が15ドルの最低賃金に賛成票を投じる

カリフォルニアとニューヨークの両方が15ドルの最低賃金に賛成票を投じる



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カリフォルニアとニューヨークは、すべての労働者の1時間あたり15ドルの新しい州全体の最低賃金で記録を破ります

物議を醸している措置は、ビジネスの世界に影響を与える可能性があります。

カリフォルニア州とニューヨーク州は、2022年までに施行される15ドルの最低賃金法を可決したアメリカで最初の州になりました。

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事とニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、木曜日遅くに議員と暫定的な合意に達し、月曜日までに法案に署名する予定です。現在、 カリフォルニアの最低賃金 ニューヨークは1時間あたり9ドルですが、は1時間あたり10ドルです。

この法律により、カリフォルニア州の住民の約43%、つまり約600万人の賃金が引き上げられます。 そしてニューヨークで 約200万人に影響を及ぼします AP通信によると。ラテン系アメリカ人はこの措置から最も恩恵を受けるでしょう。

「この最低賃金の引き上げは国にとって重要だ」とクオモ知事は記者団に語った。 「責任ある方法で最低賃金を引き上げている」と語った。

しかし、私たちが報告したように、 対策は物議を醸すものです そして企業は、財政の違いを補うために人々を解雇し始めるか、人工知能労働に頼らなければならないのではないかと心配しています。

「過去の最低賃金の引き上げよりも労働力のシェアが大きいため、この政策のメリットが大きくなる可能性が高いのと同様に、これらのコストのリスクも高くなります」と、最低賃金の専門家であるベン・ジッパーラーは述べています。リベラルなワシントンの公平な成長センターはニューヨークタイムズに語った。 「それがどのように積み重なるかは非常に不明確です。」

デイリーミールは、タコベル、マクドナルド、バーガーキング、シェイクシャックなどのファストフードチェーンレストランのほか、トーマスケラー、ジョナサンワックスマン、マイケルミーナなど、カリフォルニアとニューヨークにレストランを持つ高級シェフに手を差し伸べています。コメントはCurtisStoneです。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、バーニーサンダースが昨夜のレイチェルマドーのショーで重要なアナグマの前夜に短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、重要なアナグマの前夜に、バーニーサンダースがレイチェルマドーのショーで短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、バーニーサンダースが昨夜のレイチェルマドーのショーで重要なアナグマの前夜に短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、重要なアナグマの前夜に、バーニーサンダースがレイチェルマドーのショーで短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、重要なアナグマの前夜に、バーニーサンダースがレイチェルマドーのショーで短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、バーニーサンダースが昨夜のレイチェルマドーのショーで重要なアナグマの前夜に短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、バーニーサンダースが昨夜のレイチェルマドーのショーで重要なアナグマの前夜に短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

また、カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で1時間あたり15ドルの勝利がもたらされるため、最低賃金に関するウィングナッツのナンセンスを非難します。まず、有権者がオンラインで新しい写真付きIDを取得して、ウィスコンシン州でのGOPの新しい投票制限の下で投票できるようにするのを待っている間、多くのセントルイス郡の有権者がミズーリ州の地方選挙に出馬しましたが、投票用紙は見つかりませんでした。投票するすべて。

次に、昨夜のマドーのショーで何が起こったのかを説明し、ウィスコンシン州の選挙前の世論調査の大多数が正反対を示唆しているときに、ヒラリー・クリントンがウィスコンシン州のサンダースより6ポイント先に投票していたことを示唆します。 MSNBCは本日遅くに私たちの質問に答え、問題は彼女の番組の真夜中の再実行とオンラインバージョンのために後で修正された技術的なエラーが原因であったことを私たちに伝えました。今日のプログラムでそれについての完全な詳細。

それから、今週、ニューヨークとカリフォルニアの両方の知事が最低賃金を15ドルに引き上げる法案に署名したことを受けて、私たちは金融ジャーナリストに話しかけます。 デビッド・ダイエン 失業についての権利の偽りの懸念(最低賃金の引き上げに関してのみ)、および増加についての本当の懸念について、そして活動家は、数十年にわたる富のギャップについての会話全体に異常な影響を及ぼしました金持ちと米国の他のみんな

Dayenは、先週のサロンでも報告したように、カリフォルニアだけで新しい法律が非常に重要である理由を説明します。「アメリカの労働者の8人に1人はカリフォルニア人です。この提案では、33%以上が現在から2022年までの途中で昇給します。その後、2022年以降、最低賃金はインフレに結びつくため、上昇を続けます。」

「これは本当に行動主義の力の証です。2012年に「FightFor15」が発足する前は、カリフォルニアほどの大きさの州で、最低でも1時間あたり15ドルの生活賃金を得ることができるとは誰も信じていませんでした。 、これを本当に推し進めた#FightFor15の労働者に敬意を表する」と述べ、占領運動とサンダースキャンペーンの両方に同時に称賛を捧げた。 「これらすべてが前に進み、カリフォルニアやニューヨークなどの州を支配する民主党員を、以前は行きたくない場所に移動させています。これは、この不平等の問題が今日のアメリカの政治において機能的で主要な問題になっていることの証です。 。」次の本「ChainofTitle:How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud」の著者であるDayenは、「経済学者とビジネスリーダーの手による手作業」にも対応しています。賃金の引き上げをきっかけに。

彼は、経済について「あらゆる種類の実験が見られる」と主張している。 「私たちは、労働者が常にモルモットとして企業によって使用されているのを見ています」それらの企業に利益をもたらすかもしれないが彼らの労働者には利益をもたらさないかもしれない計画のすべての問題において。 「これらの同じエコノミストは、最低賃金でのこの実験での労働者の運命について非常に心配しています。文字通りだったので、当時労働者を傷つけるだろうと私たちが知っていたこれらの実験のすべてについて、労働者を傷つけるようなひどいことを言ったことはありません。彼らの賃金を削減し、彼らの利益を取り除き、危険な職場に置くことについて。仕事がますます価値を下げられているので、40年以上ぼんやりと座っていたときにあなたが労働者を気にするというこのレトリックを私に惜しまないでください。」

しかし、最低賃金を引き上げることは、実際、仕事を犠牲にするでしょうか?そして、もしそうなら、それも重要ですか?今日の番組での魅力的な会話で、彼の答えに注目してください。何らかの理由で、Fox "News"やCNN&hellipでは聞き取れません。


「アクティビズムの力」:カリフォルニア、ニューヨーク、その他の場所で最低賃金が15ドル上昇

今日のBradCastについて:ウィスコンシン州とミズーリ州セントルイスでの予測可能な投票の問題すべて今日、MSNBCは、重要なアナグマの前夜に、バーニーサンダースがレイチェルマドーのショーで短い節約を受け取った理由についてのコメントの要求に応えます州のプライマリ。

And we also debunk wingnut nonsense concerning the minimum wage as $15/hour victories come to California, New York and elsewhere. First, while voters wait on line to try and obtain new Photo IDs so they can vote at all today under the GOP's new voting restrictions in Wisconsin, many St. Louis County voters showed up for local elections in Missouri, only to find no ballots at all to vote on.

Then, we explain what happened last night on Maddow's show to suggest that Hillary Clinton was polling ahead of Sanders in Wisconsin by 6 points, when the vast majority of pre-election polls in the state suggest the exact opposite. MSNBC responds to our query late today, to tell us that the issue was due to a technical error later corrected for the Midnight re-run and online versions of her show. Full details on that in today's program.

Then, in the wake of bills signed into law this week by the Governors of both New York and California to raise the minimum wage to $15, we speak to financial journalist David Dayen about the Right's feigned concern about job loss (but only when it comes to raising the Minimum Wage), as well as the real concerns about the increase, and activists have had an extraordinary impact on the entire conversation about the decades long wealth gap between the rich and everyone else in the U.S.

Dayen explains why the new law, in California alone, as he also reported at Salon last week, is a very big deal: "1 in every 8 workers in America is a Californian. Under this proposal, over 33% of them are going to get a raise at some point along the way between now and 2022. And thereafter, because after 2022, the minimum wage gets tied to inflation, so it keeps going up."

"It's really a testament to the power of activism. Before the 'Fight For 15' inaugurated in 2012, nobody would have believed that you could get a $15 an hour living wage, minimum, in a state as big as California. So, really, hats off to the #FightFor15 workers, who really pushed this," he says, offering kudos at the same time to both the Occupy movement and the Sanders campaign. "All of this is rumbling forward and moving Democrats who control states like California and New York into places that they were uncomfortable to go previously. And that is a testament to how this issue of inequality has become the functional, primary issue in American politics today." Dayen, author of the upcoming book, Chain of Title: How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud, also responds to the "hand-wringing on the part of economists and business leaders," when it comes to potential job loss in the wake of raised wages.

"We see all kinds of experiments" with the economy, he argues. "We see workers used as guinea pigs all the time by businesses" in all matter of schemes that may benefit those businesses, but not their workers. "These same economists are so worried about the fate of workers with this experiment with the minimum wage have never said a darn thing about all of these experiments that hurt workers &mdash that we knew were going to hurt workers at the time &mdash because it was literally about cutting their wages and getting rid of their benefits and putting them in hazardous workplaces. Spare me this rhetoric that you care about workers when you've sat by idly over 40 years as work has become more and more and more devalued."

But will raising the minimum wage, in fact, cost jobs? And, if so, does it even matter? Tune in for his answers to that and much more in a fascinating conversation on today's show &mdash one which you won't hear, for some reason, on Fox "News" or CNN&hellip


'The Power of Activism': $15 Minimum Wage Rises in CA, NY, Elsewhere

On today's BradCast: all too predictable voting problems in the state of Wisconsin and in St. Louis, MO today MSNBC responds to our request for comment on why Bernie Sanders received short shrift on Rachel Maddow's show last night, on the eve of the crucial Badger State primary.

And we also debunk wingnut nonsense concerning the minimum wage as $15/hour victories come to California, New York and elsewhere. First, while voters wait on line to try and obtain new Photo IDs so they can vote at all today under the GOP's new voting restrictions in Wisconsin, many St. Louis County voters showed up for local elections in Missouri, only to find no ballots at all to vote on.

Then, we explain what happened last night on Maddow's show to suggest that Hillary Clinton was polling ahead of Sanders in Wisconsin by 6 points, when the vast majority of pre-election polls in the state suggest the exact opposite. MSNBC responds to our query late today, to tell us that the issue was due to a technical error later corrected for the Midnight re-run and online versions of her show. Full details on that in today's program.

Then, in the wake of bills signed into law this week by the Governors of both New York and California to raise the minimum wage to $15, we speak to financial journalist David Dayen about the Right's feigned concern about job loss (but only when it comes to raising the Minimum Wage), as well as the real concerns about the increase, and activists have had an extraordinary impact on the entire conversation about the decades long wealth gap between the rich and everyone else in the U.S.

Dayen explains why the new law, in California alone, as he also reported at Salon last week, is a very big deal: "1 in every 8 workers in America is a Californian. Under this proposal, over 33% of them are going to get a raise at some point along the way between now and 2022. And thereafter, because after 2022, the minimum wage gets tied to inflation, so it keeps going up."

"It's really a testament to the power of activism. Before the 'Fight For 15' inaugurated in 2012, nobody would have believed that you could get a $15 an hour living wage, minimum, in a state as big as California. So, really, hats off to the #FightFor15 workers, who really pushed this," he says, offering kudos at the same time to both the Occupy movement and the Sanders campaign. "All of this is rumbling forward and moving Democrats who control states like California and New York into places that they were uncomfortable to go previously. And that is a testament to how this issue of inequality has become the functional, primary issue in American politics today." Dayen, author of the upcoming book, Chain of Title: How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud, also responds to the "hand-wringing on the part of economists and business leaders," when it comes to potential job loss in the wake of raised wages.

"We see all kinds of experiments" with the economy, he argues. "We see workers used as guinea pigs all the time by businesses" in all matter of schemes that may benefit those businesses, but not their workers. "These same economists are so worried about the fate of workers with this experiment with the minimum wage have never said a darn thing about all of these experiments that hurt workers &mdash that we knew were going to hurt workers at the time &mdash because it was literally about cutting their wages and getting rid of their benefits and putting them in hazardous workplaces. Spare me this rhetoric that you care about workers when you've sat by idly over 40 years as work has become more and more and more devalued."

But will raising the minimum wage, in fact, cost jobs? And, if so, does it even matter? Tune in for his answers to that and much more in a fascinating conversation on today's show &mdash one which you won't hear, for some reason, on Fox "News" or CNN&hellip


'The Power of Activism': $15 Minimum Wage Rises in CA, NY, Elsewhere

On today's BradCast: all too predictable voting problems in the state of Wisconsin and in St. Louis, MO today MSNBC responds to our request for comment on why Bernie Sanders received short shrift on Rachel Maddow's show last night, on the eve of the crucial Badger State primary.

And we also debunk wingnut nonsense concerning the minimum wage as $15/hour victories come to California, New York and elsewhere. First, while voters wait on line to try and obtain new Photo IDs so they can vote at all today under the GOP's new voting restrictions in Wisconsin, many St. Louis County voters showed up for local elections in Missouri, only to find no ballots at all to vote on.

Then, we explain what happened last night on Maddow's show to suggest that Hillary Clinton was polling ahead of Sanders in Wisconsin by 6 points, when the vast majority of pre-election polls in the state suggest the exact opposite. MSNBC responds to our query late today, to tell us that the issue was due to a technical error later corrected for the Midnight re-run and online versions of her show. Full details on that in today's program.

Then, in the wake of bills signed into law this week by the Governors of both New York and California to raise the minimum wage to $15, we speak to financial journalist David Dayen about the Right's feigned concern about job loss (but only when it comes to raising the Minimum Wage), as well as the real concerns about the increase, and activists have had an extraordinary impact on the entire conversation about the decades long wealth gap between the rich and everyone else in the U.S.

Dayen explains why the new law, in California alone, as he also reported at Salon last week, is a very big deal: "1 in every 8 workers in America is a Californian. Under this proposal, over 33% of them are going to get a raise at some point along the way between now and 2022. And thereafter, because after 2022, the minimum wage gets tied to inflation, so it keeps going up."

"It's really a testament to the power of activism. Before the 'Fight For 15' inaugurated in 2012, nobody would have believed that you could get a $15 an hour living wage, minimum, in a state as big as California. So, really, hats off to the #FightFor15 workers, who really pushed this," he says, offering kudos at the same time to both the Occupy movement and the Sanders campaign. "All of this is rumbling forward and moving Democrats who control states like California and New York into places that they were uncomfortable to go previously. And that is a testament to how this issue of inequality has become the functional, primary issue in American politics today." Dayen, author of the upcoming book, Chain of Title: How Three Ordinary Americans Uncovered Wall Street's Great Foreclosure Fraud, also responds to the "hand-wringing on the part of economists and business leaders," when it comes to potential job loss in the wake of raised wages.

"We see all kinds of experiments" with the economy, he argues. "We see workers used as guinea pigs all the time by businesses" in all matter of schemes that may benefit those businesses, but not their workers. "These same economists are so worried about the fate of workers with this experiment with the minimum wage have never said a darn thing about all of these experiments that hurt workers &mdash that we knew were going to hurt workers at the time &mdash because it was literally about cutting their wages and getting rid of their benefits and putting them in hazardous workplaces. Spare me this rhetoric that you care about workers when you've sat by idly over 40 years as work has become more and more and more devalued."

But will raising the minimum wage, in fact, cost jobs? And, if so, does it even matter? Tune in for his answers to that and much more in a fascinating conversation on today's show &mdash one which you won't hear, for some reason, on Fox "News" or CNN&hellip