新しいレシピ

オリーブガーデン、レッドロブスターが反オバマケア政策に戻る

オリーブガーデン、レッドロブスターが反オバマケア政策に戻る



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

多くの反発の後、ダーデンはフルタイムの従業員に固執することを決定します

彼らの最初の計画に対する多くの反発の後 テスト市場での労働者の時間を削減、ダーデンレストラン(オリーブガーデン、レッドロブスター)は、彼らがまだフルタイムの従業員にコミットしていることを発表しました。

ダーデンは10月に、オバマケアが2014年に開始された後、従業員の医療費を抑えることを期待して、労働者をパートタイムのステータスに移行する計画を発表しました。

ダーデンは本日、CapitalGrilleやLonghornSteakhouseなどのレストランがフルタイムの労働者をパートタイムに押し上げることはなく、ヘルスケア規制が施行された後もレストランにはフルタイムの従業員がいることを発表しました。

広報担当者によると、内部調査によると、パートタイム労働者がより多く雇用されているレストランでは、従業員と顧客の満足度が低下していることがわかりました。 「私たちに教えてくれたのは、フルタイムの1時間ごとの従業員が関与していると、レストランのパフォーマンスが向上するということです。」 代表者がAPに語った。

2014年までに、ダーデンのすべてのフルタイム従業員は、ダーデン保険プランにサインオンするオプションを利用できるようになります。これには、全面的に同じメリットがあります。


反オバマケアコメント後の悪いPRに苦しんでいるオリーブガーデン

レッドロブスターとオリーブガーデンの所有者であるダーデンレストランツ社は、同社がパートタイム従業員にシフトする理由としてオバマケアを使用するという10月の発表に照らして、ネガティブなマスコミの注目を集めています。

火曜日に、同社は利益の予測を修正する声明を発表し、それが株式の大幅な減少につながった。ダーデンは、この変更をオバマケアに対する姿勢に対する否定的な関心に帰し、ヘルスケア改革法と「従業員のために働く方法」に対処することを約束しました。

&ldquoこれらの今後の変更を考慮して、通年の売上高と収益の予測に注意を払っています&rdquo [Darden&rsquos会長兼最高経営責任者ClarenceOtis]は続けました。 &ldquo今年の見通しは、測定は困難ですが、 フルサービスセグメント内のダーデンに焦点を当てた最近のネガティブなメディア報道と、ヘルスケア改革にどのように対応できるか。&rdquo [..]

&ldquo私たちはまた、従業員とゲストのために働く方法で医療制度改革に対応することを約束します。ダーデンは、当社のブランドへの適切な再投資、効果的な債務管理、および一貫した配当の成長をサポートする堅実なキャッシュフローを生み出し続ける強力な事業です。&rdquo

アフォーダブルケア法の下では、フルタイム労働者が50人以上いる企業は、2014年までに従業員に医療オプションを提供する必要があります。会社がそうしないことを選択し、代わりにその労働者が公的取引所で補助金付きのケアを求める場合、会社はペナルティを支払う必要があります。

ダーデンは、医療法により、従業員を解雇したり、パートタイムに切り替えたり、雇用を凍結したりすると脅迫している企業の1つです。 Applebee&rsquosフランチャイズオーナーの1人、Papa John&rsquos PizzaのCEO、およびDenny&rsquosフランチャイズCEOも同様の脅威を与えています。

これらの企業に悪い報道を与える可能性があることに加えて、健康改革法に関する彼らの苦情は根拠がありません。実際には、オバマケアは時間の経過とともに医療費を削減します。それはまた、より満足のいく労働者、競争力のある雇用、そしてより高い従業員維持率につながる可能性があります。

アップデート:

APは、否定的な注目を食い止めるために、ダーデンは木曜日に、オバマケアのために労働者をパートタイムのスケジュールに移動しないことを発表すると報告しています。しかし、同社は将来、パートタイムの従業員にさらに大きく依存するという選択肢を残している。最終的に、ダーデンのスポークスマンは、パートタイムのスタッフへのシフトをテストし、満足度の低下を発見したと報告しています。

10月にダーデンのテストが報告された後、 同社は、ウェブサイト、Facebook、レストランを通じて、顧客から大量のフィードバックを受け取りました。 ダーデンの政府問題と地域社会関係を率いるボブ・マカダムは言った。さらに、内部調査では、テストが実施されたレストランでは従業員と顧客の両方の満足度が低下していることが示されたと彼は述べました。

&ldquo私たちに教えてくれたのは、フルタイムの1時間ごとの従業員が関与していると、レストランのパフォーマンスが向上するということです&rdquo 彼は、&hellip McAdamは内部調査の詳細を明らかにすることを拒否したが、その減少は &ldquo十分に決定を下す&rdquo


圧倒的な理由のレストランはあなたが注文する前にあなたにパンを与えます

あなたが岩の下に住んでいない限り、あなたはおそらく、すべてではないにしても、ほとんどの自尊心のある着席レストランが彼らの常連客に無料のパンのバスケットを提供していることに気づいたでしょう。 (熱いオリーブガーデンのブレッドスティック、チーズケーキファクトリーの有名な茶色のパン、レッドロブスターのチェダーベイビスケットを蒸すというビジョンは、今私たちの考えの中で踊っています。)しかし、座って、なぜそうなのか疑問に思ったことはありませんか?ビジネスの観点からは、それは意味がありません。顧客に、支払っていないパンをいっぱいにする機会を与えることです。 彼らは食事をしますか?

クレイジーに聞こえます。私たちはすべての無料のパンを愛していますが(食べ物が多ければ多いほど良いです!)、混乱しているのは私たちだけではありません。実際、多くの人々がこの質問に興味を持っており、いくつかの興味深い理論(多くはサービス業界で働いた人々からのもの)がオンラインチャットグループで提起されています。おもてなしは、&#8220No Stupid Questions&#8221サブRedditのスレッドで数人のRedditユーザーが最も人気のある回答の1つであり、パンを配ることは食事をする人の間で良い歓声を育むもう1つの方法であると主張しています。彼らは、人々と一緒に「パンを割る」という表現は、彼らを歓迎すること、場合によっては彼らを許すことを意味すると指摘しています。

しかし、他の人は、それらの一見寛大なパンバスケットは私たちをさらに空腹にするための単なるトリックであると言います。白パンは精製された炭水化物であるため、私たちの血糖値はそれを食べた直後に上昇します。 (その後、私たちの体はホルモンのインスリンを放出することで反応します。これにより、私たちは疲れて無気力になるだけでなく、以前よりも空腹になります。)さらに、最近は無料のパンが請求されれば、無料のパンが期待されていると主張する人もいます。戻ってくる可能性が低くなります。

それで、実際の答えは何ですか?まあ、それはあまりお世辞ではありませんが、それは最も理にかなっています:ウェイトレスのキンバリールイスによると、顧客は待っているときに苦痛であり、パンは本質的に彼らがテーブルで待っている間彼らを静かで忍耐強く保つのに役立ちます。そのパンのバスケット、またはレストランによってはチップス、またはブレッドスティックは、「ハングリネス」を防ぐのに役立ち、飢えているときに気性がどのように燃え上がるかは誰もが知っています。パンの無料バスケットは、幸せで怒っていない顧客に匹敵しますか?私たちにとってはお互いに有利なように聞こえます。

もちろん、パンは単にゲストを歓迎する方法であると主張するウェイターやレストランのオーナーがたくさんいることは間違いありません。これも私たちが考えたいことです。しかし、結局のところ、理由に関係なく、無料の炭水化物を食べられることを嬉しく思います。

このすべてのブレッドトークはあなたを空腹にしますか?この簡単なサワードウのレシピをチェックしてください:


反発の後、オリーブガーデンとレッドロブスターはフルタイムの従業員を削減しません

のように見えます オリーブガーデンレッドロブスター 結局のところ、医療費を節約するために従業員をパートタイムに削減することはありません。親会社 ダーデンレストランツ 10月に発表されました より多くのパートタイム労働者を雇うことを計画している 4つのテスト市場では、ヘルスケア改革の際にフルタイムの従業員に基本的な健康保険を提供する必要から会社を保護する動き—別名恐ろしい オバマケア —有効になります。この決定は必然的に、他のチェーンが反オバマケア声明に対して受けたのと同じ種類の国民の反発につながった。 APによると、「従業員と顧客満足度の両方が低下しました テストが実施されたレストランで」—そして今ダーデンはアップデートで急いでいます。

担当者がパートタイム従業員への移行は単なるテストであると強調しているため、プレスリリースは次のように宣言しています。改革。"それはそれを説明し続けます 新規および既存のレストランには引き続きフルタイムの従業員がいます 「それが、ゲストが期待する体験を完全に提供するために必要なことだからです」—そしてこれらの従業員は「同じ保険プランの補償範囲にアクセスできます」ふぅ、今やオリーブガーデンのサーバーは、それらの無限のブレッドスティックを特徴的なタイムリーな方法で提供し続けることができるようになります。プレスリリースは次のとおりです。

ダーデンはヘルスケア改革の下でレストランの人員配置計画に関する最新情報を提供します会社は現在のフルタイムの時間給従業員へのコミットメントを発表します

オーランド、2012年12月6日-ダーデンレストランツは本日、ヘルスケア改革に関連して従業員の構成の潜在的な変化を徹底的にテストした後、2014年のフルタイムの人員配置計画に関する最新情報を提供しました。同社は次のように決定しました。ダーデンの現在のフルタイム従業員は、時間給または給与を問わず、ヘルスケア改革の結果としてフルタイムのステータスが変更されることはありません。

ダーデンの新規および既存の各レストランには、ゲストが期待する体験を完全に提供するために必要なものであるため、フルタイムの1時間ごとの従業員がいます。

2014年には、時間給、給与、幹部の従業員を含むダーデンのすべてのフルタイム従業員が同じ保険プランの補償範囲にアクセスできるようになります。

ダーデンの現在のフルタイム人口には、約45,000人の従業員が含まれています。

ダーデンの会長兼最高経営責任者であるクラレンス・オーティスは、次のようにコメントしています。満足度と従業員の関与はこれを強化するだけです。ヘルスケア改革について考えると、患者保護および手頃な価格のケア法の規則や規制の多くはまだ完成していませんが、この時点でしっかりと、できれば安心できることを十分に知っていることを嬉しく思います。フルタイムの従業員へのコミットメント。」


アメリカのメニューを作る

870億ドルのカジュアルダイニング部門は低迷しており、アナリストは今後数か月であまり改善が見られません。オリーブガーデン、レッドロブスター、その他のチェーン店のオーナーであるダーデンレストランツの会長兼最高経営責任者であるクラレンスオーティスジュニア(50歳)は、ガス価格と金利の上昇に端を発した消費者の不確実性が主な原因であると述べた。

ゼネラルミルズからスピンオフされたときに1995年に副社長兼財務担当としてダーデンに入社したオーティス氏は、最近の会話の中で、よりスパイシーなメインディッシュを提供し、有名シェフを連れてくるという業界の動きと、彼の会社の見通しについて話しました。以下は抜粋です。

NS。 カジュアルダイニング部門の不振はいつまで続くと思いますか?

NS。 すべてのレストランカテゴリが減少し、4月以降、クイックサービスも減少し、成長が少し遅くなっています。 2007年を見ると、おそらくこれ以上柔らかくなることはないだろうと人々は感じていると思います。この期間はどのくらい続きますか?知るか?

NS。 最高経営責任者は、このような環境でどのように事態を好転させることができますか?

NS。 人々が彼らの訪問を減らしているとき、あなたはお気に入りの1人になりたいです。彼らが3に戻ったとき、ローテーションで4位になるのは十分ではありません。彼らはそのドルをさらに評価しているので、あなたはトップ3になりたいと思っています。ですから、オリーブガーデンはかなり前から強力な運営であり、レッドロブスターは約3年前に新しい経営陣が就任したとき、より良い運営に真剣に取り組み始めたので、私たちは良い状態になっていると思います。それはおそらく、私たちが相対ベースでより良い結果を出した理由を説明しています。

NS。 UBSは最近、株式をニュートラルから購入にアップグレードしました。何がそれをもたらしたのですか?

NS。 アナリストコミュニティであるStreetの人々は、一貫性を重視し始めていると思います。

NS。 カジュアルダイニングレストランは、より高級な料理を提供することで、このセクターの不振に対応しています。それは違いをもたらしましたか?

NS。 それは違いを生みます。私たちの見解では、人々の食事の好みや習慣は非常にゆっくりと変化します。しかし、それらは変化し、絶えず進化しています。したがって、今日を見て10年前と比較すると、大きな違いがあります。

NS。 レストランチェーンは、価格を上げることなく、どのようにしてリーチを拡大することができますか?

NS。 ポーションサイズ、ステーキ、これ、それ以上の点で、プレートにもっと多くを置くことではありません。それは本当に味と調味料についてです。そして、味と準備スタイルはもう費用がかかりません。実際、フレーバーバーを十分に上げると、タンパク質を取り除くことができるかもしれません。より多くの労力がかかる可能性があるので、その結果として純利益率が上がることはないと思います。しかし、それがミックスを変える方法です。

NS。 あなたのスモーキーボーンチェーンは苦労していて、グリルハウスのコンセプトを含むフォーマットをいじくり回しています。チェーンで何が起こると思いますか?

NS。 それは私たちの他の小さなコンセプトであるバハマブリーズで起こったこととかなり似ています。どちらの場合も、私たちが開発したものは、私たちが望んでいたよりもニッチであることが判明しました。ですから、人々はそれを気に入っていますが、モデルを機能させるために必要な頻度ではありません。そのため、それを広げて頻度を増やすように努める必要がありました。

NS。 ダーデンレストランツは最近、レッドロブスターとオリーブガーデンのフライオイルからトランス脂肪を除去し始めると発表しました。あなたのレストランにとってそれの重要性は何ですか?

NS。 フライ油はどちらにとっても重要なので、さまざまなメニュー項目の観点からは大きな問題です。これは素晴らしいステップですが、最初のステップです。次のステップ—私たちはそれに取り組んでおり、ベンダーもそれに取り組んでいます—は、オイルではなく製品に含まれるトランス脂肪です。そこでは成功するのに時間がかかりました。私たちは2年半にわたってオイルを使って多くのテストを行いました。重要なのは、味に悪影響を与えずに移行することです。私たちはそれを油で行いました。トランス脂肪を含むいくつかの製品でそれを行うのは遅くなっています。焼き菓子は、人々が期待する食感と風味を排除し、実際に維持するのが最も難しいでしょう。

NS。 あなたが食事のためにあなたのレストランの中から選ぶことを余儀なくされたならば、あなたはどこに行きますか?

NS。 ああ少年。全部好き。シーズン52から離れたレッドロブスターは、一般的な魚の健康上の利点を考えると、健康的な食事をするのに最も簡単な場所です。それはおそらく私がいるところです。


ステーキ&#39nシェイク

Steak'n Shakeは、1世紀の大部分にわたって存在していましたが、2021年に入ると、その日数は数えられているようです。

「ステーキバーガー」とミルクセーキで知られるレストランチェーンは、コロナウイルスの前に問題が始まったもう1つのアウトレットです。 Steak'nShakeは数年前に閉店を始めました。 2018年末以降、70か所以上が完全に閉鎖されました。によると レストランビジネスオンライン、チェーンの売上高は、2018年半ば以降、四半期ごとに少なくとも5%減少しました。

2018年5月の時点で、同社のローン残高は1億6000万ドル近くに上ります。ムーディーズインベスターズサービスとS&ampPグローバルは、信用格付けを格下げし、借り換えを試みるチェーンは「極端な課題に直面する」と予測しました。ブランドは、フランチャイズビジネスモデルへの切り替えなど、財務を改善するための新しい方法を模索してきました。しかし、その考えでさえ、せいぜい不安定なようです。

Steak'n Shakeの状況は正確にどれほど悪いですか?その親会社のCEOは、80年間チェーンのミルクセーキのトップを飾ってきた特製チェリーを切り取るというアイデアに頼ってきました。彼はそれが年間100万ドルを節約すると信じています。


パパ・ジョンズ、アップルビーズ、その他は反オバマケア政治に莫大な代償を払っている

ピザを売るには、地殻の薄さやチーズの品質と同じくらい、良き企業市民であることが重要であることがわかりました。

信じられない場合は、パパジョンのCEO、ジョンシュナッターに聞いてください。

このコラムで詳細に取り上げられ、批判されているように、シュナッター氏は、パパジョンの従業員を週30時間のしきい値未満にするために労働時間を削減することを提案したときに、彼の政治とペパロニを混ぜ合わせることにしました。そのためには、シュナッターが従業員に医療給付を提供する必要があります。

結局、ピザを食べる人々は承認しませんでした。

確かに、非常に深刻な反応だったので、シュナッターは論説記事を出版することを余儀なくされました。 本当 労働時間を削減することを意図していたが、法律に応じて彼が何をするかについて単に推測していた。

市場でのブランド認知度を測定する主要なマーケティング調査であるYouGovBrandIndex(「バズ」と呼ばれる)によると、ピザチェーンのブランドアイデンティティが選挙日の32の最高値から著しく急落したため、パパジョンズは懸念の正当な理由がありました。過去1か月間に因果関係のある飲食店で食事をした大人のスコアは4と低い。

パパジョンは彼の反オバマケアの惨めさの中で一人ではありません。

ファーストフードサーバーのApplebee'sは、同社最大のフランチャイズ加盟店の1人であるZane Terkelがテレビに出演し、法律について不満を述べ、レストランをこれ以上建設したり、労働者を雇用したりしないことを発表する前に、35の健全なバズスコアを獲得しました。オバマケアに対する彼の反対に応えて。

Applebeeの「Terkel以前」のバズスコア35は、今では哀れな5になっています。

ターケル氏が今年、他のアップルビーのフランチャイズオーナーからたくさんのクリスマスカードを受け取るとは思いません。

これらの企業の不満は、彼らが経験している打撃を一般の人々の認識の手で説明しようと努めてきましたが、そのような企業の1つは音楽に真っ向から直面しています。オリーブガーデン、レッドロブスター、ロングホーンステーキハウスのオーナーであるダーデンレストランツは、11月25日までの四半期の利益予測を引き下げました。 …より多くの労働者をパートタイムのスケジュールに入れることによって医療費を削減する計画をテストするという決定によって引き起こされた評判の悪さ。

これらのかなり壮大な衰退をチェックしてください:

うまくいけば、医療法の下での責任を回避しようとしている他の企業、たとえば、従業員の医療に責任を負うのではなく、労働者をメディケイドロールに押し込むために従業員の時間を削減しようとするウォルマートがメッセージを受け取るでしょう。


オリーブガーデン、その他オバマケアに先立って労働時間を削減する

ワシントンフリービーコンスタッフ•2012年10月9日14:04

オリーブガーデンとレッドロブスターの所有者は、手頃な価格のケア法によって課される新しい要件の影響を最小限に抑えるように設計された試験で、より多くの従業員をパートタイムのステータスにシフトします。

AP通信によると、2つのチェーンを所有するダーデンレストランは約18万人を雇用しており、4つの市場でパートタイム戦略をテストする予定です。

ダーデンは、オバマケアのより高いコストと戦うために、多くの従業員にフルタイムのスケジュールを提供することをやめます。ダーデンは言った オーランドセンチネル スタッフの変更は、「ヘルスケア改革がビジネスに与えるコストの影響に対処するために評価している多くのことの1つにすぎません。ヘルスケア規制に関してはまだ多くの未回答の質問があり、十分な情報がありません。現時点で決定を下してください。」

オバマ大統領の署名立法上の成果に対する同社の現在のアプローチにもかかわらず、ダーデンは過去に政権と非常に友好的な関係を持っていました。

によると、同社は2010年に3万人以上の従業員に対してアフォーダブルケア法の免除を認められました。 ニューヨーク・タイムズ.

ダーデンレストランツの最高経営責任者であるクラレンスオーティスは、過去3サイクルの間に、ほぼ完全に民主党員に94,000ドル以上を連邦候補者に寄付しました。オーティスは2007年以来、少なくとも4,600ドルをオバマに、59,300ドルを民主党全国大会に寄付しています。2011年7月、オーティスはオバマと昼食をとり、仕事と経済について話し合いました。ホワイトハウスの訪問者ログによると、オーティスは、オバマケアが法に署名されるわずか1か月前のバレリー・ジャレットとの会談を含め、少なくとも3回オバマホワイトハウスを訪問しました。

ダーデンは、ミシェルオバマの非常に物議を醸している「Let’sMove」イニシアチブの熱心な支持者です。 2011年9月、ミシェルオバマはオリーブガーデンとレッドロブスターでのメニュー変更を承認しました。オリーブガーデンの「TourofItaly」には、印象的な1,450カロリー、74グラムの脂肪、3,830ミリグラムのナトリウムが含まれています。レッドロブスターの「提督の饗宴」は、わずか1,280カロリー、73グラムの脂肪、4,300ミリグラムのナトリウムで始まります。


共有 すべての共有オプション:エンドレスブレッドスティックの庭のキリスト

1889年の秋、 彼が41歳のとき、画家のポール・ゴーギャンは残酷に、猛烈に一人でした。彼がフランス領ポリネシアへの最初の訪問からまだ2年離れたブルターニュに住んでいたとき、タヒチでの彼の飽和した、ほとんど幻覚的な人生の絵で今有名です。彼は無一文で漂流し、死にゆく結婚の荒廃、パリの芸術施設の派閥による拒絶、そしてクリスマス直前に彼を襲ったヴィンセント・ヴァン・ゴッホとの友情の不安定さを乗り越えようとしました。かみそりと、その夜のゴーギャンの出発後、同じ刃を使って自分の耳を切り落としました。

ゴーギャンとゴッホには激動の知人がいて、直接会うよりも書面で両方の男性に役立った。彼らの広範な通信の中で、ゴーギャン(元々は株式仲買人)は芸術の目的についての彼の信念を洗練しました。印象派はサロンに雷鳴を上げ、古典的な形式を覆し、それによって絵画が成功と見なされる可能性のあるルーブリックが生まれました。美しさはもはや標準ではなく、芸術家自身が考慮の一部となった主題の忠実な表現でもありませんでした。彼の思考のニュアンスと芸術的喚起を伴う彼の施設によって判断されました。ゴーギャンは、感情の伝達手段、物や人ではなく、彼らの エッセンス.

宗教家である彼は、芸術の実践に深遠さを見出しました。ブラシと絵の具、帆布の形と色、そして彼自身の精神の蒸留と表現です。彼の孤独が芽生えたのはその最後の時点からでした。ゴッホを含むゴーギャンの同時代人たちは、それが不快ではなく、さらには有用であることに気づきました。 —モデルやオブジェクト、風景を参照しながら、人生から絵を描くこと。ゴーギャンにとって、直接観察は、絵画を価値あるものにする記憶や感情を上書きするためのツールであるアナテマでした。彼は彼らの弱さのために彼のコホートに激怒し、彼のビジョンの中で真実を見ることができないことを軽蔑した。彼はそれを描いた:曲がりくねった木の庭。背景には原始的な黒い服を着た人物がぼんやりと夕暮れの風景と融合している。前景を埋め尽くすのは、燃えるようなオレンジ色の髪とあごひげである人物です。彼の顔、つまりゴーギャンの顔は、無限の知恵と悲しみの表現で地面を見つめ、生命と暖かさに満ちた複雑なディテールでレンダリングされています。

「そこで私は自分の肖像画を描きました」と彼はその作品について書いています。 「しかし、それはまた、理想の崩壊、そして神と人間の両方の痛みを表しています。イエスは完全に見捨てられ、弟子たちは彼の魂と同じくらい悲しい状況で彼を去っています。」ゴーギャンはイエスの物語に大きな豊かさを見出し、しばしば自分を救い主として描いた。彼はこの絵を呼び、現在フロリダ州ウェストパームビーチのノートン美術館に飾られています。 Le Christ au Jardin des Oliviers、 また、 オリーブの園のキリスト.

世界的に有名な2つがあります オリーブガーデン:ゲッセマネ、イエスと弟子たちが裏切りと十字架刑の前夜に祈った木立、ゴーギャンや他の何百人もの画家によって描かれた苦痛、そして巨大なレストランチェーンであるオリーブガーデンにその名前を与える架空のトスカーナの丘の中腹北米に800以上の場所があります。オリーブガーデンチェーンのオーナーであるダーデンレストランによると、このフレーズは、預言者の最後の苦悩の夜ではなく、オリーブの収穫とトスカーナの信憑性のアイデアを思い起こさせることを目的としています。祈り、怒り、そして沈黙。

名前の約束にもかかわらず、オリーブガーデンで実際のオリーブを見つけるのは難しいかもしれません。皮肉なことではありませんが、省略は意図的なものです。それはマーケティングの単純な問題です:人々はオリーブが好きではありません。彼らは彼らをどうするかを知りません。彼らは時折メニューに表示され、「地中海のフラットブレッド」での最新のエンゲージメントは利用できなくなったようです。ミートボール詰めピザフリッタのような脅迫的なオプション。

それでも、メニューコンサルタントが風が吹いていると宣言した方法に関係なく、オリーブガーデンには常にオリーブを見つける場所が2つあります。緑の回転楕円体がマティーニのサービスに押し込まれるのを待つバー。とサラダボウルに。インディアナ州ミシガンシティのオリーブガーデンにいたとき、私のサーバーは、彼女のテーブルの約半分がそれらを締め出すように求めていることを認めました。それらを横に置いておきます。

私がすべてのオリーブがどこにあるか尋ねたとき、彼女は少し驚いた—彼女は通常、彼女にその冗談を投げかけるのは中年の男性だと言った。彼女によると、彼らは全員、ラザニア、チキンパルミ、フェットチーネアルフレドの3ウェイサンプラーであるTour ofItalyを注文しています。誰も本当にオリーブを食べたがりません。彼女が通常同じ種類の男性から受けるもう1つのジョークは、「庭はどこですか?」です。誰も実際に庭を見たいとは思わない、彼らはただかわいいウェイトレスを赤面させたいだけだ。

これは私が2週間で行った3番目のオリーブガーデンであり、今後数週間でさらに半ダースで食事をしました。ニューヨークからカリフォルニアまで続くチェーンのチェーンであるイタリアツアーの壮大なツアーです。ブランドは大規模な再考の真っ只中にあり、何百もの店舗のオーバーホールが行われ、タイルとフェイクスタッコが不要になり、白い壁、ダークウッド、カラーブロッキング。これは大規模な事業であり、すべての場所が一度に変化しているわけではありません。そのため、私が行ったレストランの中には、チェーンの光沢のある未来に入ったものもありましたが、その多くは前の時代のオリーブガーデンでした。これらの中には、まだいくつかのオリーブを見つけることができます:洞窟のダイニングルームをセクションに刻む肩の高さの半分の壁に、偽のオリーブの木の鉢植えの列、ほこりっぽい緑の葉を発芽させるスリムなシュート、暗いプラスチック製のサッカーのクラスター。食べることはできませんが、どこかで本物が本物の木に生えていることを思い出させてくれます。

強い親和性を感じます メニューにオリーブがないように、オリーブガーデンは設計によるものです。レストランは親しみやすさのために建てられ、基礎から偽物の垂木まで構築され、漠然とした親しみやすさのつながりの感覚を作り出し、古い世界のシンプルさと使いやすさの半分失われた記憶を思い起こさせます。オリーブガーデンに行ったことがない場合でも、行ったことがあるように感じるはずです。次の曲が再生されます。あなたは椅子がカーペットに対してどのように転がるか知っています。あなたはバスルームがどこにあるか知っています。その製品は名目上パスタとワインですが、オリーブガーデンが実際に販売しているのは、快適で親しみやすい部屋であり、何度も何度も訪れる場所であるオリーブガーデンです。

そういう意味では、他のチェーンレストランと同じです。個々のミッドレンジレストランにとって、リピーターは常に顧客の大多数であり、チェーン全体では圧倒的にそうです。1つのオリーブガーデンに行ったことがある場合、2つに行ったことがある確率は非常に高いです。以上。しかし、レストランがそれを正しく行っている場合、あなたの人生のすべてのオリーブガーデンは、トスカーナライトで暖かく装飾された1つのオリーブガーデン、1つのホストスタンド、1つのバー、1つのダイニングアルコーブのカタコンベに一緒にぼやけます。それぞれのオリーブガーデンは少し異なりますが、彼らの魂はすべて同じです。

私自身の個人的なオリーブガーデンは、私の子供の頃の1つであり、その後すべてオリーブガーデンを訪れたオリーブガーデンは投影です。イリノイ州マッテソンの、すぐそばのクオリティインアンドスイーツの駐車場にある縁石のある島にあります。古いショッピングモールの殻から6車線の通りを渡ったI-57インターチェンジ。それは私が高校に通った場所の南5マイル、ゴルフと医者の郊外の5マイル先にあり、シカゴの郊外の無秩序な広がりの端を過ぎて、何百マイルもの平らで途切れのないトウモロコシと大豆を見下ろしています。 。

オリーブガーデンがミッドレンジホテルの軌道内の高速道路やショッピングモールの近くに出現する傾向があるのは偶然ではありません。チェーンはチェーンを生みます、あるいはチェーンは他のチェーンの中でより快適です—そして十分な集中でそれらは現実の心理空間に少ししゃっくりを引き起こし、場所や場所の感覚を消去し、それを消毒されたブランド主導の商業的ホスピタリティに置き換えます。ソルトレイクシティのダウンタウン、マサチューセッツ州西部、またはシカゴ郊外の南端にあるオリーブガーデンを見ると、近くにクオリティイン&スイートのようなものがあります。地理的または歴史的アイデンティティから剥奪されたこれらの商業活動の付加は、フランスの人類学者マルク・オジェが「非場所」として語っているものです。 (彼はまた、すべての場所の中で、タヒチに場所がないことを発見しました。特に旅行者の目を通して見た場合、彼を取り巻く光景よりも彼の自己概念の実現に興味を持っている人です。)それが意味すること非場所であるということは、それが連鎖であるということを意味するのと同じことです。複数の無、地球上の実際の場所へのアンカーのない物理的な空間、時間内、またはあらゆる種類の精神的な弧。その空白では、それは単に .

実存的な深淵との浮気にもかかわらず、場所がないことは場所にとって必ずしも悪いことではありません。時々、あるいは頻繁に悪いかもしれませんが、そうではありません いつも。オリーブガーデンについて私が気に入っていることの1つは、その粘着性のあるパスタと、現代の食文化に対する不適応でケールフォワードな反応にもかかわらず、私がオリーブガーデンを愛し続けている理由です。インディアナ州ミシガンシティのオリーブガーデンのドアを歩いて、クイーンズやロードアイランド、ロサンゼルスの真ん中にあるオリーブガーデンに足を踏み入れたときと同じ部屋にいるような気分になるのが大好きです。 There is only one Olive Garden, but it has a thousand doors.

I haven’t been to the Matteson Olive Garden in nearly two decades, though I may have eaten there more than at any other restaurant in the world. Still, I have only fragmented, sensory memories. The symmetrical architecture, a centered door opening onto a red-lit bar, and carpeted archways leading off to a smoking section to the left and nonsmoking to the right. I couldn’t tell you what the plush dining chairs looked like, but I can still feel how their wheels defied the physics of friction with the smoothest, most silken bearings. The hazy dimness of the wood-framed booth my parents particularly loved, in the very middle of the middle section. The plasticky sheen of a square of tiramisu, formally presented on a dessert tray meant to entice us into a final course, and the small, circular perfection of the chocolate cake we ordered, an off-menu “special occasion cake,” which provided dessert for our family of five for the low cost of $8, a birthday lie, and the indignity of a staff serenade.

I was an inveterate orderer of the fettuccine alfredo, a habit I kicked once I got old enough to internalize the unseemliness of an oversized female body. Despite roughly annual visits to Olive Garden in the intervening years, I didn’t order the dish again for decades — not until a few weeks ago, at an Olive Garden in Glendale, California. I don’t walk around feeling like I’m old, but when I ordered the fettuccine alfredo, maybe I gave away a hint, and my friend asked how long it had been since I’d last had it. I said the words “20 years” out loud, and almost choked on how far away the present turns out to be from the past.

In the infinity of Olive Garden meals that make up my life, one stands out from the great glutinous mass of memory. It took place outside of Madison, Wisconsin, off a commercial strip that I vaguely remember abutting a retaining pond that was home to an extremely aggressive paddling of ducks. At this meal, two great things happened.

The first is that my boyfriend introduced me to toasted ravioli. This was — and remains — the single greatest thing Olive Garden has ever sold. “Toasted” is a euphemism for fried: The breadcrumb-coated squares of pasta are simultaneously crispy and chewy, filled with a savory meat paste that’s not dissimilar to the inside of a mild Jamaican beef patty. You dip them in warm marinara sauce, which comes in a ramekin on the side.

My boyfriend and I broke up a few weeks after we shared that meal, and when I next entered one of the many doors of the infinite and singular Olive Garden, I wanted the toasted ravioli appetizer, but I couldn’t find it on the menu. The toasted ravioli turned out to be a parable: I scanned the name of every dish on the menu, hoping the next and the next and the next would turn out to be the one I was looking for, and came up with nothing. Here’s the secret: They were right at the beginning all along. Tell your server you want to Create A Sampler Italiano, the very first thing listed on the menu, which involves selecting two or three items from a set of options, toasted ravioli among them, listed in the description in quotidian roman type. Then make every single choice the toasted ravioli.

The second great thing that happened is that as we were leaving, my boyfriend stopped at the host stand and asked for a bottle of salad dressing. The only thing at Olive Garden that comes close to the greatness of the toasted ravioli is the salad: hunks of iceberg and half-moons of red onion and the crumbly croutons and that shriveled little insouciant pepperoncini and those two contractually obligated olives, all drenched in some kind of mysteriously exquisite dressing, the only thing at the whole restaurant, including the wine list, that seems to have any interest in brightness or acidity. And it turns out that you can just buy bottles of it! To have in your home! What did we ever do to deserve such blessings?

I don’t remember what we ate, besides the toasted ravioli it didn’t register as particularly wonderful or particularly awful. This is how it should be. This is what chains are: a well-paved path down the middle, a place where convenience for the consumer is surpassed only by convenience for the seller. Be wary of chain restaurants that promise exceptionalism, be wary of promises of freshness or subtlety or sophistication. Food at an Olive Garden scale becomes a commodity the point of a commodity is that it is infinitely interchangeable.

It had been 20 years since I’d last had that fettuccine alfredo, which at the time was my very favorite food. I’m four inches taller now than I was when I was 15 I live in a louder, dirtier city I’ve been to Italy I’ve spent uncountable thousands of hours eating in and thinking about restaurants. I’ve changed, is what I’m saying, so maybe it’s me: The fettuccine alfredo I had in Glendale two weeks ago was awful.

Like so many foods that have been adopted into the American culinary pantheon, alfredo sauce has two simultaneous forms. There’s the version we’re used to eating, sold in heavy glass jars or ladled across chicken cutlets, a viscous concoction of garlic, milk, heavy cream, and the natural MSG of aged hard cheese. It can be magnificent, the particular magnificence of gastronomic absurdity: It seems almost biologically impossible to encounter such a dense concentration of fats and salts and glutamates and not respond with raptures.

Then, there is the real thing, an original recipe complete with cinematic origin story: a turn-of-the-century Roman restaurateur named Alfredo, a beautiful wife with a vanishing hunger, a plate of fettuccine drowning in butter and parmigiano, tossed and tossed and tossed until butter and cheese and water and air marry in a satiny emulsion, not adulterated by even a pinch of salt, until her appetites returned. It’s the sniffing refrain of a certain breed of culinary wiseass: “A real alfredo doesn’t have cream.”

I’m an alfredo opportunist, a willing advocate for whichever version of the sauce is in front of me. (Next time someone tells you all that cream is an abomination, ask them what they think butter is made from.) But what I was served at Olive Garden defies both my defense and my memories. On the Olive Garden menu, alfredo sauce is both weapon and balm. It comes over pasta, over chicken, over shrimp, over steak, in a standalone ramekin as a dipping sauce, spiked with hot sauce and declared to be “angry.” It’s the reason to order a dish, or it’s the thing that keeps you from hating it.

At least, it’s supposed to be. The pasta itself had no faults — it was competent, a nothingness, a minimum-viable-product that may or may not have been cooked in salted water — but the viscous whiteness puddled around it was pasty and gloppy, thick without being rich, a faintly savory nothingness. You could have used it as a binder for potato salad. You could have poured it over biscuits and called it gravy. You could have patched a hole in your wall.

The lobster ravioli was even worse, fishy how lobster should never be fishy, in an intensely concentrated way that didn’t remotely square up with the relatively small amount of seafood each raviolo contained — but it didn’t matter, because the mistake there belongs to the person ordering lobster ravioli at the Olive Garden. By the same principle, it’s no great achievement that the chicken parmigiana was good. It had also been good at Olive Gardens in Indiana and Times Square.それ しなければならない be good. The whole thing falls apart if it’s not good. You can’t really go wrong with any of their permutations on the holy trinity of carbohydrate, tomato sauce, and cheese, which are all fundamentally the same. The cheese ravioli is the lasagna classico is the fried mozzarella is the eggplant parm is the (conceptually ludicrous) lasagna fritta. These are the backbones of the menu, the sun around which all other dishes orbit.

When the painting was finished, Gauguin considered Christ in the Garden of Olives to be the best work he had ever created, a vivid and intimate expression of the truth of his heart. To a friend, he wrote “It is a sad abstraction, but God knows that sadness is my cord.” To another friend, in a note sent with a sketch of the painting, he wrote “I keep the item at home,” explaining that he had no intention of ever sending it to be shown and sold. “The canvas is not meant to be understood.”

Gaugin did part with the work eventually, in an 1891 sale that funded his first visit to Tahiti, where he would later move and remain until his death. The serpentine olive trees that make up the painting’s background — which, because of his principled refusal to paint from life, were Gauguin’s own expression of olive trees, an abstracted imagining of them, intentionally filtered through his memories and miseries and anger — appeared again in works made during his time in Tahiti, their curvilinear forms repurposed as swooping palms and vines. The resemblance is particularly uncanny in Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going?, a monumental canvas painted over 1897 and 1898 that, like Christ in the Garden of Olives before it, Gauguin considered to be both an allegory for his philosophical devastation, and the pinnacle of his artistic achievements he meant to kill himself when the painting was done, but miscalculated the dose of arsenic.

The echoing forms of the olive trees may be why in 1908, five years after Gauguin’s eventual death in a Tahitian prison, an art adviser confidently (if erroneously) identified Christ in the Garden of Olives as painted in — and a depiction of — Gauguin’s tropical refuge, and urged a wealthy client from Bordeaux to buy it. It’s unclear whether Gauguin’s abstracted Mediterranean olive garden was a premonition of Tahiti, or if his interpretation of Tahiti was colored by the long shadows of his past. What’s clear is that the trees are not really olive trees, and they’re not really palm trees. They’re something else entirely and they both transcend and undermine the things they claim to be.

The well-paid suits who run Olive Garden have tried, many times, to breathe new life into their chain, and it always backfires spectacularly. They’ve flirted with small plates, they put kale and polenta on the menu, they recently started slicing the breadsticks down the middle and making sandwiches out of them. Most tables and bar seats have little unobtrusive video screens on which customers can hail their server for a refill, or pay $1.99 to test their trivia knowledge against other players who allegedly are real, but almost certainly are not. At most locations, the fake olive plants with their twisty branches have already been chucked in the trash, the walls have been un-stuccoed, and the chairs have been stripped of their exquisitely smooth-rolling wheels. By next year, they’ll all be gone.

Every time Olive Garden tries to freshen its image, to move away from its cultural role as a punchline for faux authenticity and mediocre mall food, everything collapses. Nobody wants to eat kale at Olive Garden. Nobody wants garlic hummus. We want soup and salad and unlimited breadsticks, we want never-ending bowls of pasta with a variety of sauces, we want giant glasses full of Coke and tiny wine glasses full of plonky reds and fruity whites. Just about the only stunt Olive Garden has ever pulled that’s been successful — and it’s been a raging success, an astounding, nearly unbelievable one — has been the Pasta Pass. For $100, you can buy a card that entitles you to seven weeks of 無制限 unlimited soup, salad, and breadsticks, and 無制限 never-ending pasta bowls.もしくは、あなた たぶん......だろう buy it, if you were one of the 22,000 people who managed to snatch them up before they sold out in one second。 One. Second. That’s how much no one cares if Olive Garden serves kale.

Darden, the company that owns Olive Garden, is publicly traded, and in the last two years, the stock has been steadily on the rise. This may be because in 2014, a hedge fund with a significant stake in the company delivered a 294-page treatise outlining all the ways Olive Garden was getting in the way of its own success, including giving away too much bread, not pushing enough alcohol, and overly dressing the salads. But I think the real lesson isn’t buried in a PowerPoint deck, it’s right there in the wild success of the Pasta Pass: Olive Garden’s biggest asset is, in fact, that none of the attempts to make it better are working. All the stunts and menu revamps and dining room redesigns are met by diners with indifference at best, and outright hostility at worst. Inevitably Darden retreats and regroups, falling back on the only thing that ever reliably gets people in the door: pasta, a lot of it, cheaply, with soup and salad and breadsticks, and a vague veneer of Italy.

Olive Garden has always gone to great lengths to claim its authentic Italianness, even in the face of overwhelming proof otherwise. This may have been different in the early ’80s, when the chain launched, and America was only beginning to shake off our understanding of the cuisine as a monolith of red sauce, red gingham tablecloths, and candles wedged into wicker chianti bottles. Relaxed trade agreements meant that Americans had easier access to real-deal products like extra-virgin olive oil, balsamic vinegar, prosciutto di Parma, and serious Italian cheeses. Marcella Hazan had exploded onto the scene in the mid-1970s, with cookbooks that refused to Americanize recipes, techniques, or ingredients by the time the first Olive Garden opened in December 1982, Sheila Lukins and Julee Rosso’s The Silver Palate Cookbook had been a runaway bestseller for nearly a year, inculcating home cooks in the novel wonders of pancetta and pesto.

The rejection of red-sauce Italian-American is right there in the name, once you get past all the jokes about the lack of olives on the menu. A garden of olives! It’s lush, sun-drenched, exquisitely Mediterranean, with whispers of both the exotic and the old-world. “Olive Garden,” as a phrase, only implies Italian food — or Italian caricature, black-dressed nonnas and loud family gatherings and the indefinable absurdity of “hospitaliano” — because it asserts the validity of its connection so loudly that it can’t be ignored. Even in 1986, the chain’s advertising budget was in the millions.

Olive Garden’s authenticity hard-sell is less exciting now, in the age of ubiquitous, regionally genuine Italian food. For every mention of their “culinary institute” in Tuscany, there’s a Reddit AMA from an employee actually sent there, happy to debunk the fairy tale with tales of an off-season hotel and a couple of half-hour cooking demos. We can get pesto anywhere now, even at Subway, and balsamic vinegar is so uncool that it’s almost cool again. Some 35 years later, in a world bestrode by Mario Batali and Lidia Bastianich, a hint of rosemary or a red wine braise doesn’t go quite as far as it used to. But Olive Garden has transcended Olive Garden, the way Gauguin’s olive trees transcended olive trees. It’s the ur-chain, a restaurant whose exquisite mediocrity — heightened, not undermined, by the flashes of greatness in the toasted ravioli, the salad, the shockingly delicious soups — is the very fabric of its appeal. It’s the subject of parody, like the MadTV sketch of a racist, vituperative Italian-American family gathered to eat horrifying food, and it’s immortalized in fine art — Chloe Wise’s installation Olive Garden of Eden is a marble block draped in romaine and croutons, lashed with oozy, willfully sexual splatters of Caesar dressing. Olive Garden doesn’t even serve Caesar salad. But it doesn’t matter.

What matters is this: Olive Garden is a machine of memory. You go to Olive Garden because you’ve always gone there. You bring your children there, and they grow up having always gone there. It is a restaurant that’s good at some things, a few of them on the menu, more of them about price and convenience and a general exhausted tolerance for unruly children and arguing couples. It is extraordinarily good at being a non-place. It’s uncannily good at being itself: A restaurant that calls on Italy without ever looking at Italy, that promises family without community, that is — in its ubiquity — nowhere, and is better for it. Every time it strays from itself, the collective force of memory intervenes, and it returns.


Healthy Recipe: Fettucini Alfredo

The dinner portion of fettucini Alfredo at Olive Garden has 1220 calories. My healthier version has 550 calories and tastes fantastic.

1 TBS Unsalted Butter (100 calories)
にんにくみじん切り
1/4 Cup Greek Yogurt (40 calories)
3 TBS Reduced fat cream cheese (100 calories)
1/4 Cup Shredded Parmesan Cheese (100 calories)
1 Cup Fettucini Noodles (200 calories)

Sautee minced garlic in butter. Add yogurt, cream cheese, and Parmesan cheese. Mix with a whisk until it slightly thickens. Toss with cooked fettucini noodles and serve.


ビデオを見る: 夫婦の休日人気のバーガー激安古着屋大好きなアジア系スーパーご紹介ENG SUB (八月 2022).