新しいレシピ

生ハムで包んだTwixバーは多くの人を喜ばせ、一部の人を怒らせます

生ハムで包んだTwixバーは多くの人を喜ばせ、一部の人を怒らせます


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ニューヨークのパークスロープにあるUncleBarry’s Barは、物議を醸している甘くておいしいおやつを提供しています。

バーナッツとChexMixがスリルを失ったら、 バリーズおじさん ニューヨーク州パークスロープにあるバーで、生ハムで包んだTwixバーという究極の甘くておいしいおやつをお楽しみください。

このユニークなスナックは、より一般的なベーコン巻きのおやつ(これらのような)からのステップアップです チョコレートベーコン巻きのナツメヤシベーコン巻き梨)、しかし、組み立てるのははるかに簡単で、同じようにおいしいです。 Uncle Barry’sは、薄くスライスした生ハムをミニTwixバーに巻き付け、つまようじでポップしてすべてをまとめます。

オーナーのジェイク・トレバッハとジョシュ・エリスは、この新しく改良されたキャンディーバーの首謀者です。トレバッハは、スニッカーズバーを薄くスライスした生ハムで包むというアイデアを思いつきましたが、エリスは、その余分なクランチの代わりにTwixを使用することを主張しました。そして、ボイラ!一口で天国。

EllisはTheDaily Mealに、生ハムのTwixは常に1ポップ3ドルの人気メニューアイテムであると語っています(1年前からありますが、 ゴタミスト つい最近特集されました)。そして、豚肉のデザート愛好家にもかかわらず、批判のかなりの部分がありました。エリス氏によると、「オンラインのコメントの中には、ブルックリンの流行に敏感な料理の長い列の中で、さらに別の料理の嫌悪感があると言っているものがあります。おやつに取り掛かるのはかなりばかげているので、これは面白いと思います。」


企業が顧客をだました19の隠された方法

JulijaSvidraitėと
ルカス・ガルネリス

経済学では、シュリンクフレーションという用語は、製品の価格が同じままで、製品のサイズや数量が縮小したり、品質が低下したりするプロセスとして特徴付けることができます。つまり、実際の価格を変更せずに、特定の製品のコストを高くしているのです。不公平に聞こえますか?まあ、それは多くの人々のためになります。それにもかかわらず、さまざまな有名な食品および飲料会社がこの戦略を何年も使用しています。

この方法で最も注意が必要なのは、通常、変更がほとんど目立たないため、最も注意深い顧客だけが気付く傾向があることです。そして長期的には、わずかな変更でさえ、会社に数百万ドルを節約することになります。

難しい話は抜きにして、 退屈なパンダ ある時点でシュリンクフレーションの影響を受けた製品の例をいくつか見てみましょう。

昨年、Redditの誰かが、ドリトスの「より大きなバッグ、もっと共有する」パックが実際に通常のサイズのパックと同じ量のチップを持っていることに気づきました。 「共有する空気が増える」と誰かがコメントで冗談を言った。

彼らは私たちに財布を逆さまにさせようとしている会社

あなたは最初にそれを取り出さなければなりません

これは500グラム(f ***** gキロの半分)のf ***** gコーンチップです。いくらで十分ですか?だれも、0.5キロのf ***** gコーンチップのために財布を逆さまにすることはありません。自分の負荷を取得します。

彼らは嘘をついていません、それは文字通り「より大きなバッグ」と言います。

彼らは「もっと共有する」という言葉を使ってかなり具体的な主張をしたので、これは実際の虚偽広告です。

カントは、顧客にもっとお金を払わせたのなら、これらは2つの異なるフレーバーであると本当に言います。たぶん、緑色のバッグは黄色のバッグよりも少ないものを含むために使用します。はい、それは顧客を引き裂く可能性がありますが、この写真はそれを証明していません。

なぜ私はこれに反対票を投じたのですか?考えが違う場合はお知らせください。

小売業で働いていたときに私が覚えていることから、大きいとラベル付けされたものは、小さいシェアバッグ(

250g)。これらの2種類のバッグは、プラノグラムで隣り合わせに配置されることはなく、通常、ラベルが大きい方が、ラベルが付いていない大きいバッグよりも安価です。

スーパーマーケットで短所を見つけたら、みんなが違いを確認できるようにアイテムを並べて移動します。

「隣り合っていない」とは、スーパーマーケットの反対側で、1つは軽食と、もう1つは昼食と一緒だったことを意味します。拒否が後で戻されることを願っています。

ドリト​​スではそれほど大きくないのは私だけかもしれませんが、黄色と緑のバッグ?!私はそれらの色を見たことがありません。でもそれはおそらく私だけです

黄色は私のお気に入りです-ナチョチーズ!

もっと空気が必要です、ドリトスに感謝します!

500gドリトス。これは英国版ですか、それともオーストラリア版ですか?

ええと、彼らは「より多くのチップ」ではなく「より大きなバッグ」と言いました。

非常に注意深い!いい視点ね!

ポテトチップスバッグの空気は非常に理由があります。ポテトチップスがパン粉に砕かれるのを防ぎます。基本的なロジック。

彼らはあなたが知っている間違いではありません。彼らは文字通り、More Chipsではなく、BiggerBagと言っていました。

彼らはあなたが知っている間違いではありません、彼らは文字通り、より大きなチップではなく、より大きなバッグを言いました。

私はそれらを購入しませんが、それはより大きなバッグを言います..中のより多くの製品ではありません。

まあ彼らはそれがより大きな*バッグ*だと言った

「大きなバッグ」。まあ、彼らは嘘をついていません

それはめちゃくちゃな振る舞いですが、それは空気ではありません。チップを新鮮に保つのは窒素、不活性ガスです。

あなたはこのようないくつかの企業を見なければなりません。彼らはあなたのお金が欲しいので、それを手に入れるためにあらゆる手段を使います。

このマーケティングLIEのドリトスの購入を完全に停止しました。

彼らは私にとって本当に恐ろしいことをしなければならないでしょう、つまり。私のドリトス?

プラスチックの無駄。ドリト​​スは買わない。

ええ、もっと役に立たないプラスチック廃棄物。私は企業が嫌いです。

より多くのお金が無駄になっている可能性があります

2016年、プリングルズのファンは、愛するチップがどのように小さくなったかに気づき始めました。さらに、チューブ自体も収縮し、一部の人が届きにくくなっていることに気付いた人もいました。それにもかかわらず、価格は同じままでした。 「このプリングルズは小さくなったり、腕が太くなったりする可能性がありますか?」消費者は彼らの懸念を表明するためにツイッターに行きました。同社は、これらの変更の背後にある理由は、製造が米国からマレーシアにシフトしたことであると説明した。 「マレーシアで使用している機器は、米国の姉妹工場とは少し異なります。チップと缶の両方が、生産施設に合うように少し小さいことに気付くでしょう」と同社は説明しました。

2016年に、トブラローネは、マウンド間に大きなギャップを追加することで、英国のバーの象徴的なデザインを変更すると発表しました。これは、バーのチョコレートが同じ価格で10%少なくなることを意味します。どうやら、不幸な変化は材料の価格の上昇によるものでした。控えめに言っても、人々はそれについてあまり満足していませんでした。

2年後、同社は元の形に戻すことを決定しました。悲しいことに、バーの価格も引き上げなければなりませんでした。

同じ価格で劣った製品を受け取るよりももっとお金を払うほうがいいと思います。価格が変わります。品質はそうする必要はありません。 (あなたがコストコのホットドッグでない限り、価格は何十年も同じままです。)

透明ガラス調理器具ブランドのパイレックスは、長い間、耐火ガラス器具の製造で知られていました。皮肉なことに、数年前、鍋が熱くなりすぎると爆発し始めました。どうやら、メーカーはガラスが落下しないように強化するが、熱衝撃に対してガラスを弱める安価な成分に切り替えました。


企業が顧客をだました19の隠された方法

JulijaSvidraitėと
ルカス・ガルネリス

経済学では、シュリンクフレーションという用語は、製品の価格が同じままで、製品のサイズや数量が縮小したり、品質が低下したりするプロセスとして特徴付けることができます。つまり、実際の価格を変更せずに、特定の製品のコストを高くしているのです。不公平に聞こえますか?まあ、それは多くの人々のためになります。それにもかかわらず、さまざまな有名な食品および飲料会社がこの戦略を何年も使用しています。

この方法で最も注意が必要なのは、通常、変更がほとんど目立たないため、最も注意深い顧客だけが気付く傾向があることです。そして長期的には、わずかな変更でさえ、会社に数百万ドルを節約することになります。

難しい話は抜きにして、 退屈なパンダ ある時点でシュリンクフレーションの影響を受けた製品の例をいくつか見てみましょう。

昨年、Redditの誰かが、ドリトスの「より大きなバッグ、もっと共有する」パックが実際に通常のサイズのパックと同じ量のチップを持っていることに気づきました。 「共有する空気が増える」と誰かがコメントで冗談を言った。

彼らは私たちに財布を逆さまにさせようとしている会社

あなたは最初にそれを取り出さなければなりません

これは500グラム(f ***** gキロの半分)のf ***** gコーンチップです。いくらで十分ですか?だれも、0.5キロのf ***** gコーンチップのために財布を逆さまにすることはありません。自分の負荷を取得します。

彼らは嘘をついていません、それは文字通り「より大きなバッグ」と言います。

彼らは「もっと共有する」という言葉を使ってかなり具体的な主張をしたので、これは実際の虚偽広告です。

カントは、顧客にもっとお金を払わせたのなら、これらは2つの異なるフレーバーであると本当に言います。たぶん、緑色のバッグは黄色のバッグよりも少ないものを含むために使用します。はい、それは顧客を引き裂く可能性がありますが、この写真はそれを証明していません。

なぜ私はこれに反対票を投じたのですか?考えが違う場合はお知らせください。

小売業で働いていたときに私が覚えていることから、大きいとラベル付けされたものは、小さいシェアバッグ(

250g)。これらの2種類のバッグは、プラノグラムで隣り合わせに配置されることはなく、通常、ラベルが大きい方が、ラベルが付いていない大きいバッグよりも安価です。

スーパーマーケットで短所を見つけたら、みんなが違いを確認できるようにアイテムを並べて移動します。

「隣り合っていない」とは、スーパーマーケットの反対側で、1つは軽食と、もう1つは昼食と一緒だったことを意味します。拒否が後で戻されることを願っています。

ドリト​​スではそれほど大きくないのは私だけかもしれませんが、黄色と緑のバッグ?!私はそれらの色を見たことがありません。でもそれはおそらく私だけです

黄色は私のお気に入りです-ナチョチーズ!

もっと空気が必要です、ドリトスに感謝します!

500gドリトス。これは英国版ですか、それともオーストラリア版ですか?

ええと、彼らは「より多くのチップ」ではなく「より大きなバッグ」と言いました。

非常に注意深い!いい視点ね!

ポテトチップスバッグの空気は非常に理由があります。ポテトチップスがパン粉に砕かれるのを防ぎます。基本的なロジック。

彼らはあなたが知っている間違いではありません。彼らは文字通り、More Chipsではなく、BiggerBagと言っていました。

彼らはあなたが知っている間違いではありません、彼らは文字通り、より大きなチップではなく、より大きなバッグを言いました。

私はそれらを購入しませんが、それはより大きなバッグを言います..中のより多くの製品ではありません。

まあ彼らはそれがより大きな*バッグ*だと言った

「大きなバッグ」。まあ、彼らは嘘をついていません

それはめちゃくちゃな振る舞いですが、それは空気ではありません。チップを新鮮に保つのは不活性ガスである窒素です。

あなたはこのようないくつかの企業を見なければなりません。彼らはあなたのお金が欲しいので、それを手に入れるためにあらゆる手段を使います。

このマーケティングLIEのドリトスの購入を完全に停止しました。

彼らは私にとって本当に恐ろしいことをしなければならないでしょう、つまり。私のドリトス?

プラスチックの無駄。ドリト​​スは買わない。

ええ、もっと役に立たないプラスチック廃棄物。私は企業が嫌いです。

より多くのお金が無駄になっている可能性があります

2016年、プリングルズのファンは、愛するチップがどのように小さくなったかに気づき始めました。さらに、チューブ自体も収縮し、一部の人が届きにくくなっていることに気付いた人もいました。それにもかかわらず、価格は同じままでした。 「このプリングルズは小さくなったり、腕が太くなったりする可能性がありますか?」消費者は彼らの懸念を表明するためにツイッターに行きました。同社は、これらの変更の背後にある理由は、製造が米国からマレーシアにシフトしたことであると説明した。 「私たちがマレーシアで使用している機器は、米国の姉妹工場とは少し異なります。チップと缶の両方が、生産施設に合うように少し小さいことに気付くでしょう」と同社は説明しました。

2016年に、トブラローネは、マウンド間に大きなギャップを追加することで、英国のバーの象徴的なデザインを変更すると発表しました。これは、バーのチョコレートが同じ価格で10%少なくなることを意味します。どうやら、不幸な変化は材料の価格の上昇によるものでした。控えめに言っても、人々はそれについてあまり満足していませんでした。

2年後、同社は元の形に戻すことを決定しました。悲しいことに、バーの価格も引き上げなければなりませんでした。

同じ価格で劣った製品を受け取るよりももっとお金を払うほうがいいと思います。価格が変わります。品質はそうする必要はありません。 (あなたがコストコのホットドッグでない限り、価格は何十年も同じままです。)

透明ガラス調理器具ブランドのパイレックスは、長い間、耐火ガラス器具の製造で知られていました。皮肉なことに、数年前、鍋が熱くなりすぎると爆発し始めました。どうやら、メーカーはガラスが落下しないように強化するが、熱衝撃に対してガラスを弱める安価な成分に切り替えました。


企業が顧客をだました19の隠された方法

JulijaSvidraitėと
ルカス・ガルネリス

経済学では、シュリンクフレーションという用語は、製品の価格が同じままで、製品のサイズや数量が縮小したり、品質が低下したりするプロセスとして特徴付けることができます。つまり、実際の価格を変更せずに、特定の製品のコストを高くしているのです。不公平に聞こえますか?まあ、それは多くの人々のためになります。それにもかかわらず、さまざまな有名な食品および飲料会社がこの戦略を何年も使用しています。

この方法で最も注意が必要なのは、通常、変更がほとんど目立たないため、最も注意深い顧客だけが気付く傾向があることです。そして長期的には、わずかな変更でさえ、会社に数百万ドルを節約することになります。

難しい話は抜きにして、 退屈なパンダ ある時点でシュリンクフレーションの影響を受けた製品の例をいくつか見てみましょう。

昨年、Redditの誰かが、ドリトスの「より大きなバッグ、もっと共有する」パックが実際に通常のサイズのパックと同じ量のチップを持っていることに気づきました。 「共有する空気が増える」と誰かがコメントで冗談を言った。

彼らは私たちに財布を逆さまにさせようとしている会社

あなたは最初にそれを取り出さなければなりません

これは500グラム(f ***** gキロの半分)のf ***** gコーンチップです。いくらで十分ですか?だれも、0.5キロのf ***** gコーンチップのために財布を逆さまにすることはありません。自分の負荷を取得します。

彼らは嘘をついていません、それは文字通り「より大きなバッグ」と言います。

彼らは「もっと共有する」という言葉を使ってかなり具体的な主張をしたので、これは実際の虚偽広告です。

カントは、顧客にもっとお金を払わせたのなら、これらは2つの異なるフレーバーであると本当に言います。たぶん、緑色のバッグは黄色のバッグよりも少ないものを含むために使用します。はい、それは顧客を引き裂く可能性がありますが、この写真はそれを証明していません。

なぜ私はこれに反対票を投じたのですか?考えが違う場合はお知らせください。

小売業で働いていたときに私が覚えていることから、大きいとラベル付けされたものは、小さいシェアバッグ(

250g)。これらの2種類のバッグは、プラノグラムで隣り合わせに配置されることはなく、通常、ラベルが大きい方が、ラベルが付いていない大きいバッグよりも安価です。

スーパーマーケットで短所を見つけたら、みんなが違いを確認できるようにアイテムを並べて移動します。

「隣り合っていない」とは、スーパーマーケットの反対側で、1つは軽食と、もう1つは昼食と一緒だったことを意味します。拒否が後で戻されることを願っています。

ドリト​​スではそれほど大きくないのは私だけかもしれませんが、黄色と緑のバッグ?!私はそれらの色を見たことがありません。でもそれはおそらく私だけです

黄色は私のお気に入りです-ナチョチーズ!

もっと空気が必要です、ドリトスに感謝します!

500gドリトス。これは英国版ですか、それともオーストラリア版ですか?

ええと、彼らは「より多くのチップ」ではなく「より大きなバッグ」と言いました。

非常に注意深い!いい視点ね!

ポテトチップスバッグの空気は非常に理由があります。ポテトチップスがパン粉に砕かれるのを防ぎます。基本的なロジック。

彼らはあなたが知っている間違いではありません。彼らは文字通り、More Chipsではなく、BiggerBagと言っていました。

彼らはあなたが知っている間違いではありません、彼らは文字通り、より大きなチップではなく、より大きなバッグを言いました。

私はそれらを購入しませんが、それはより大きなバッグを言います。

まあ彼らはそれがより大きな*バッグ*だと言った

「大きなバッグ」。まあ、彼らは嘘をついていません

それはめちゃくちゃな振る舞いですが、それは空気ではありません。チップを新鮮に保つのは不活性ガスである窒素です。

あなたはこのようないくつかの企業を見なければなりません。彼らはあなたのお金が欲しいので、それを手に入れるためにあらゆる手段を使います。

このマーケティングLIEのドリトスの購入を完全に停止しました。

彼らは私にとって本当に恐ろしいことをしなければならないでしょう、つまり。私のドリトス?

プラスチックの無駄。ドリト​​スは買わない。

ええ、もっと役に立たないプラスチック廃棄物。私は企業が嫌いです。

より多くのお金が無駄になっている可能性があります

2016年、プリングルズのファンは、愛するチップがどのように小さくなったかに気づき始めました。さらに、チューブ自体も収縮し、一部の人が届きにくくなっていることに気付いた人もいました。それにもかかわらず、価格は同じままでした。 「このプリングルズは小さくなったり、腕が太くなったりする可能性がありますか?」消費者は彼らの懸念を表明するためにツイッターに行きました。同社は、これらの変更の背後にある理由は、製造が米国からマレーシアにシフトしたことであると説明した。 「私たちがマレーシアで使用している機器は、米国の姉妹工場とは少し異なります。チップと缶の両方が、生産施設に合うように少し小さいことに気付くでしょう」と同社は説明しました。

2016年に、トブラローネは、マウンド間に大きなギャップを追加することで、英国のバーの象徴的なデザインを変更すると発表しました。これは、バーのチョコレートが同じ価格で10%少なくなることを意味します。どうやら、不幸な変化は材料の価格の上昇によるものでした。控えめに言っても、人々はそれについてあまり満足していませんでした。

2年後、同社は元の形に戻すことを決定しました。悲しいことに、バーの価格も引き上げなければなりませんでした。

同じ価格で劣った製品を受け取るよりももっとお金を払うほうがいいと思います。価格が変わります。品質はそうする必要はありません。 (あなたがコストコのホットドッグでない限り、価格は何十年も同じままです。)

透明ガラス調理器具ブランドのパイレックスは、長い間、耐火ガラス器具の製造で知られていました。皮肉なことに、数年前、鍋が熱くなりすぎると爆発し始めました。どうやら、メーカーはガラスが落下しないように強化するが、熱衝撃に対してガラスを弱める安価な成分に切り替えました。


企業が顧客をだました19の隠された方法

JulijaSvidraitėと
ルカス・ガルネリス

経済学では、シュリンクフレーションという用語は、製品の価格が同じままで、製品のサイズや数量が縮小したり、品質が低下したりするプロセスとして特徴付けることができます。つまり、実際の価格を変更せずに、特定の製品のコストを高くしているのです。不公平に聞こえますか?まあ、それは多くの人々のためになります。それにもかかわらず、さまざまな有名な食品および飲料会社がこの戦略を何年も使用しています。

この方法で最も注意が必要なのは、通常、変更がほとんど目立たないため、最も注意深い顧客だけが気付く傾向があることです。そして長期的には、わずかな変更でさえ、会社に数百万ドルを節約することになります。

難しい話は抜きにして、 退屈なパンダ ある時点でシュリンクフレーションの影響を受けた製品の例をいくつか見てみましょう。

昨年、Redditの誰かが、ドリトスの「より大きなバッグ、もっと共有する」パックが実際に通常のサイズのパックと同じ量のチップを持っていることに気づきました。 「共有する空気が増える」と誰かがコメントで冗談を言った。

彼らは私たちに財布を逆さまにさせようとしている会社

あなたは最初にそれを取り出さなければなりません

これは500グラム(f ***** gキロの半分)のf ***** gコーンチップです。いくらで十分ですか?だれも、0.5キロのf ***** gコーンチップのために財布を逆さまにすることはありません。自分の負荷を取得します。

彼らは嘘をついていません、それは文字通り「より大きなバッグ」と言います。

彼らは「もっと共有する」という言葉を使ってかなり具体的な主張をしたので、これは実際の虚偽広告です。

カントは、顧客にもっとお金を払わせたのなら、これらは2つの異なるフレーバーであると本当に言います。たぶん、緑色のバッグは黄色のバッグよりも少ないものを含むために使用します。はい、それは顧客を引き裂く可能性がありますが、この写真はそれを証明していません。

なぜ私はこれに反対票を投じたのですか?考えが違う場合はお知らせください。

小売業で働いていたときに私が覚えていることから、大きいとラベル付けされたものは、小さいシェアバッグ(

250g)。これらの2種類のバッグは、プラノグラムで隣り合わせに配置されることはなく、通常、ラベルが大きい方が、ラベルが付いていない大きいバッグよりも安価です。

スーパーマーケットで短所を見つけたら、みんなが違いを確認できるようにアイテムを並べて移動します。

「隣り合っていない」とは、スーパーマーケットの反対側で、1つは軽食と、もう1つは昼食と一緒だったことを意味します。拒否が後で戻されることを願っています。

ドリト​​スではそれほど大きくないのは私だけかもしれませんが、黄色と緑のバッグ?!私はそれらの色を見たことがありません。でもそれはおそらく私だけです

黄色は私のお気に入りです-ナチョチーズ!

もっと空気が必要です、ドリトスに感謝します!

500gドリトス。これは英国版ですか、それともオーストラリア版ですか?

ええと、彼らは「より多くのチップ」ではなく「より大きなバッグ」と言いました。

非常に注意深い!いい視点ね!

ポテトチップスバッグの空気は非常に理由があります。ポテトチップスがパン粉に砕かれるのを防ぎます。基本的なロジック。

彼らはあなたが知っている間違いではありません。彼らは文字通り、More Chipsではなく、BiggerBagと言っていました。

彼らはあなたが知っている間違いではありません、彼らは文字通り、より大きなチップではなく、より大きなバッグを言いました。

私はそれらを購入しませんが、それはより大きなバッグを言います..中のより多くの製品ではありません。

まあ彼らはそれがより大きな*バッグ*だと言った

「大きなバッグ」。まあ、彼らは嘘をついていません

それはめちゃくちゃな振る舞いですが、それは空気ではありません。チップを新鮮に保つのは不活性ガスである窒素です。

あなたはこのようないくつかの企業を見なければなりません。彼らはあなたのお金が欲しいので、それを手に入れるためにあらゆる手段を使います。

このマーケティングLIEのドリトスの購入を完全に停止しました。

彼らは私にとって本当に恐ろしいことをしなければならないでしょう、つまり。私のドリトス?

プラスチックの無駄。ドリト​​スは買わない。

ええ、もっと役に立たないプラスチック廃棄物。私は企業が嫌いです。

より多くのお金が無駄になっている可能性があります

2016年、プリングルズのファンは、愛するチップがどのように小さくなったかに気づき始めました。さらに、チューブ自体も収縮し、一部の人が届きにくくなっていることに気付いた人もいました。それにもかかわらず、価格は同じままでした。 「このプリングルズは小さくなったり、腕が太くなったりする可能性がありますか?」消費者は彼らの懸念を表明するためにツイッターに行きました。同社は、これらの変更の背後にある理由は、製造が米国からマレーシアにシフトしたことであると説明した。 「マレーシアで使用している機器は、米国の姉妹工場とは少し異なります。チップと缶の両方が、生産施設に合うように少し小さいことに気付くでしょう」と同社は説明しました。

2016年に、トブラローネは、マウンド間に大きなギャップを追加することで、英国のバーの象徴的なデザインを変更すると発表しました。これは、バーのチョコレートが同じ価格で10%少なくなることを意味します。どうやら、不幸な変化は材料の価格の上昇によるものでした。控えめに言っても、人々はそれについてあまり満足していませんでした。

2年後、同社は元の形に戻すことを決定しました。悲しいことに、バーの価格も引き上げなければなりませんでした。

同じ価格で劣った製品を受け取るよりももっとお金を払うほうがいいと思います。価格が変わります。品質はそうする必要はありません。 (あなたがコストコのホットドッグでない限り、価格は何十年も同じままです。)

透明ガラス調理器具ブランドのパイレックスは、長い間、耐火ガラス器具の製造で知られていました。皮肉なことに、数年前、鍋が熱くなりすぎると爆発し始めました。どうやら、メーカーはガラスが落下しないように強化するが、熱衝撃に対してガラスを弱める安価な成分に切り替えました。


企業が顧客をだました19の隠された方法

JulijaSvidraitėと
ルカス・ガルネリス

経済学では、シュリンクフレーションという用語は、製品の価格が同じままで、製品のサイズや数量が縮小したり、品質が低下したりするプロセスとして特徴付けることができます。つまり、実際の価格を変更せずに、特定の製品のコストを高くしているのです。不公平に聞こえますか?まあ、それは多くの人々のためになります。それにもかかわらず、さまざまな有名な食品および飲料会社がこの戦略を何年も使用しています。

この方法で最も注意が必要なのは、通常、変更がほとんど目立たないため、最も注意深い顧客だけが気付く傾向があることです。そして長期的には、わずかな変更でさえ、会社に数百万ドルを節約することになります。

難しい話は抜きにして、 退屈なパンダ ある時点でシュリンクフレーションの影響を受けた製品の例をいくつか見てみましょう。

昨年、Redditの誰かが、ドリトスの「より大きなバッグ、もっと共有する」パックが実際に通常のサイズのパックと同じ量のチップを持っていることに気づきました。 「共有する空気が増える」と誰かがコメントで冗談を言った。

彼らは私たちに財布を逆さまにさせようとしている会社

あなたは最初にそれを取り出さなければなりません

これは500グラム(f ***** gキロの半分)のf ***** gコーンチップです。いくらで十分ですか?だれも、0.5キロのf ***** gコーンチップのために財布を逆さまにすることはありません。自分の負荷を取得します。

彼らは嘘をついていません、それは文字通り「より大きなバッグ」と言います。

彼らは「もっと共有する」という言葉を使ってかなり具体的な主張をしたので、これは実際の虚偽広告です。

カントは、顧客にもっとお金を払わせたのなら、これらは2つの異なるフレーバーであると本当に言います。たぶん、緑色のバッグは黄色のバッグよりも少ないものを含むために使用します。はい、それは顧客を引き裂く可能性がありますが、この写真はそれを証明していません。

なぜ私はこれに反対票を投じたのですか?考えが違う場合はお知らせください。

小売業で働いていたときに私が覚えていることから、大きいとラベル付けされたものは、小さいシェアバッグ(

250g)。これらの2種類のバッグは、プラノグラムで隣り合わせに配置されることはなく、通常、ラベルが大きい方が、ラベルが付いていない大きいバッグよりも安価です。

スーパーマーケットで短所を見つけたら、みんなが違いを確認できるようにアイテムを並べて移動します。

「隣り合っていない」とは、スーパーマーケットの反対側で、1つは軽食と、もう1つは昼食と一緒だったことを意味します。拒否が後で戻されることを願っています。

ドリト​​スではそれほど大きくないのは私だけかもしれませんが、黄色と緑のバッグ?!私はそれらの色を見たことがありません。でもそれはおそらく私だけです

黄色は私のお気に入りです-ナチョチーズ!

もっと空気が必要です、ドリトスに感謝します!

500gドリトス。これは英国版ですか、それともオーストラリア版ですか?

ええと、彼らは「より多くのチップ」ではなく「より大きなバッグ」と言いました。

非常に注意深い!いい視点ね!

ポテトチップスバッグの空気は非常に理由があります。ポテトチップスがパン粉に砕かれるのを防ぎます。基本的なロジック。

彼らはあなたが知っている間違いではありません。彼らは文字通り、More Chipsではなく、BiggerBagと言っていました。

彼らはあなたが知っている間違いではありません、彼らは文字通り、より大きなチップではなく、より大きなバッグを言いました。

私はそれらを購入しませんが、それはより大きなバッグを言います..中のより多くの製品ではありません。

まあ彼らはそれがより大きな*バッグ*だと言った

「大きなバッグ」。まあ、彼らは嘘をついていません

それはめちゃくちゃな振る舞いですが、それは空気ではありません。チップを新鮮に保つのは窒素、不活性ガスです。

あなたはこのようないくつかの企業を見なければなりません。彼らはあなたのお金が欲しいので、それを手に入れるためにあらゆる手段を使います。

このマーケティングLIEのドリトスの購入を完全に停止しました。

彼らは私にとって本当に恐ろしいことをしなければならないでしょう、つまり。私のドリトス?

プラスチックの無駄。ドリト​​スは買わない。

ええ、もっと役に立たないプラスチック廃棄物。私は企業が嫌いです。

より多くのお金が無駄になっている可能性があります

2016年、プリングルズのファンは、愛するチップがどのように小さくなったかに気づき始めました。さらに、チューブ自体も収縮し、一部の人が届きにくくなっていることに気付いた人もいました。それにもかかわらず、価格は同じままでした。 「このプリングルズは小さくなったり、腕が太くなったりする可能性がありますか?」消費者は彼らの懸念を表明するためにツイッターに行きました。同社は、これらの変更の背後にある理由は、製造が米国からマレーシアにシフトしたことであると説明した。 「マレーシアで使用している機器は、米国の姉妹工場とは少し異なります。チップと缶の両方が、生産施設に合うように少し小さいことに気付くでしょう」と同社は説明しました。

2016年に、トブラローネは、マウンド間に大きなギャップを追加することで、英国のバーの象徴的なデザインを変更すると発表しました。これは、バーのチョコレートが同じ価格で10%少なくなることを意味します。どうやら、不幸な変化は材料の価格の上昇によるものでした。控えめに言っても、人々はそれについてあまり満足していませんでした。

2年後、同社は元の形に戻すことを決定しました。悲しいことに、バーの価格も引き上げなければなりませんでした。

同じ価格で劣った製品を受け取るよりももっとお金を払うほうがいいと思います。価格が変わります。品質はそうする必要はありません。 (あなたがコストコのホットドッグでない限り、価格は何十年も同じままです。)

透明ガラス調理器具ブランドのパイレックスは、長い間、耐火ガラス器具の製造で知られていました。皮肉なことに、数年前、鍋が熱くなりすぎると爆発し始めました。どうやら、メーカーはガラスが落下しないように強化するが、熱衝撃に対してガラスを弱める安価な成分に切り替えました。


企業が顧客をだました19の隠された方法

JulijaSvidraitėと
ルカス・ガルネリス

経済学では、シュリンクフレーションという用語は、製品の価格が同じままで、製品のサイズや数量が縮小したり、品質が低下したりするプロセスとして特徴付けることができます。つまり、実際の価格を変更せずに、特定の製品のコストを高くしているのです。不公平に聞こえますか?まあ、それは多くの人々のためになります。それにもかかわらず、さまざまな有名な食品および飲料会社がこの戦略を何年も使用しています。

この方法で最も注意が必要なのは、通常、変更がほとんど目立たないため、最も注意深い顧客だけが気付く傾向があることです。そして長期的には、わずかな変更でさえ、会社に数百万ドルを節約することになります。

難しい話は抜きにして、 退屈なパンダ ある時点でシュリンクフレーションの影響を受けた製品の例をいくつか見てみましょう。

昨年、Redditの誰かが、ドリトスの「より大きなバッグ、もっと共有する」パックが実際に通常のサイズのパックと同じ量のチップを持っていることに気づきました。 「共有する空気が増える」と誰かがコメントで冗談を言った。

彼らは私たちに財布を逆さまにさせようとしている会社

あなたは最初にそれを取り出さなければなりません

これは500グラム(f ***** gキロの半分)のf ***** gコーンチップです。いくらで十分ですか?だれも、0.5キロのf ***** gコーンチップのために財布を逆さまにすることはありません。自分の負荷を取得します。

彼らは嘘をついていません、それは文字通り「より大きなバッグ」と言います。

彼らは「もっと共有する」という言葉を使ってかなり具体的な主張をしたので、これは実際の虚偽広告です。

カントは、顧客にもっとお金を払わせたのなら、これらは2つの異なるフレーバーであると本当に言います。たぶん、緑色のバッグは黄色のバッグよりも少ないものを含むために使用します。はい、それは顧客を引き裂く可能性がありますが、この写真はそれを証明していません。

なぜ私はこれに反対票を投じたのですか?考えが違う場合はお知らせください。

小売業で働いていたときに私が覚えていることから、大きいとラベル付けされたものは、小さいシェアバッグ(

250g)。これらの2種類のバッグは、プラノグラムで隣り合わせに配置されることはなく、通常、ラベルが大きい方が、ラベルが付いていない大きいバッグよりも安価です。

スーパーマーケットで短所を見つけたら、みんなが違いを確認できるようにアイテムを並べて移動します。

「隣り合っていない」とは、スーパーマーケットの反対側で、1つは軽食を、もう1つは昼食をとっていたことを意味します。拒否が後で戻されることを願っています。

ドリト​​スではそれほど大きくないのは私だけかもしれませんが、黄色と緑のバッグ?!私はそれらの色を見たことがありません。でもそれはおそらく私だけです

黄色は私のお気に入りです-ナチョチーズ!

もっと空気が必要です、ドリトスに感謝します!

500gドリトス。 is this UK or Australian version?

Well, they did say “bigger bag” not “more chips”.

Very observent! Good point!

The air in crisps bags is for a very good reason. It stops the crisps being crushed into crumbs. Basic logic.

They are not wrong you know. They literally said Bigger Bag, not More Chips.

They are not wrong you know, They literally said Bigger Bag, not More Chips.

I do not buy them but it says bigger bag.. not more product inside.

Well they did say it's a bigger *bag*

"Bigger bag". well, they aren't lying

It's a messed up behavior, but it's not air. It's nitrogen, an inert gas that keeps the chips fresh.

you have to watch some corporations like this. they want your money and will use all means to get it.

Stopped buying Doritos altogether bcz of this marketing LIE.

They would have to do some thing REALLY horrible to me personally , I mean . my doritos?

Waste of plastic. Won't buy Doritos.

Yea, more useless plastic waste. I hate corporations.

probs more money gone to waste too

In 2016, fans of Pringles started noticing how their beloved chips are now smaller. In addition, some noticed that the tube itself also shrunk, making it harder for some people to reach in. Despite that, the price stayed the same. “Is this Pringles can getting smaller or my arm getting fatter?” a consumer went on Twitter to express their concern. The company explained that the reason behind these changes was that manufacturing shifted from the USA to Malaysia. “The equipment we use in Malaysia is a bit different to our sister factory in the US … you’ll notice that both the chip and the can are a little smaller to fit with the production facility,” the company explained.

Back in 2016, Toblerone announced they were altering the iconic design of their UK bars by adding bigger gaps between the mounds, which meant that the bars were about to have 10% less chocolate for the same price. Apparently, the unfortunate change was due to an increase in the price of the ingredients. People weren't too happy about it, to say the least.

Two years later, the company decided to bring back the original shape. Sadly, the price of the bar had to be raised as well.

I think I'd rather pay more than receive an inferior product for the same price. Prices change. Quality doesn't have to. (Unless you are Costco's hot dog -price has stayed the same for decades.)

For a long time, the clear glass cookware brand Pyrex was known for making fireproof glassware. Ironically, a few years ago, the pans started exploding when they got too hot. Apparently, the manufacturer switched to a cheaper ingredient that strengthened the glass against being dropped but weakened it against thermal shock.


19 Hidden Ways Companies Tricked Their Customers

Julija Svidraitė and
Lukas Garnelis

In economics, the term shrinkflation could be characterized as a process in which a product shrinks in size or quantity or even gets its quality lowered, while the price of that product remains the same. In other words, it's making a certain product cost more without changing its actual price. Sounds unfair? Well, it does for a lot of people. Despite that, various well-known food and beverage companies have been using this strategy for years.

The trickiest thing about this practice is that the change is usually barely noticeable, so only the most attentive customers tend to notice it. And in the long run, even the smallest change ends up saving the company millions of dollars.

Without further ado, 退屈なパンダ invites you to look through a few examples of products that at some point were affected by shrinkflation.

Last year, someone on Reddit noticed how a "Bigger Bag, More To Share" pack of Doritos actually had the same amount of chips as the regular size pack. "More air to share," someone joked in the comments.

them companies trying to make us turn our wallets upside down

you have to get it out first

It's five hundred grams - half a f*****g kilo - of f*****g corn chips. How much is enough? No one's making anyone turn their wallets upside for half a kilo of f*****g corn chips. Get a load of yourself.

They're not lying, it literally says "bigger bag".

This is actual false advertising because they made a pretty concrete claim by using the words "more to share".

Cant really say if they did make customers pay more cause these are two different flavors. Maybe the green bag use to contain less than the yellow one. Yes it could be ripping customers off, but this photo does not prove it.

Why am I downvoted for this? If you think differently, please inform me.

From what I remember of these when working in retail - the ones labelled as bigger were labelled as bigger than the smaller share bags (which are

250g). These two types of bags are not ever placed next to each other in planograms, and the one labelled bigger is usually cheaper than the non labelled larger bag.

when I see cons in the supermarket I move the items next to each other for everyone to see the difference.

By "not next to each other", I mean that one was with the snacks and one was with the lunch - opposite ends of the supermarket. Hope the rejects were put back afterwards.

It may just be me, who isn’t super big on Doritos, but YELLOW AND GREEN BAGS?! I’ve never seen those colors before. but it’s probably just me.

Yellow is my favourite - nacho cheese!

I need more air, thanks Doritos!

500g Doritos. is this UK or Australian version?

Well, they did say “bigger bag” not “more chips”.

Very observent! Good point!

The air in crisps bags is for a very good reason. It stops the crisps being crushed into crumbs. Basic logic.

They are not wrong you know. They literally said Bigger Bag, not More Chips.

They are not wrong you know, They literally said Bigger Bag, not More Chips.

I do not buy them but it says bigger bag.. not more product inside.

Well they did say it's a bigger *bag*

"Bigger bag". well, they aren't lying

It's a messed up behavior, but it's not air. It's nitrogen, an inert gas that keeps the chips fresh.

you have to watch some corporations like this. they want your money and will use all means to get it.

Stopped buying Doritos altogether bcz of this marketing LIE.

They would have to do some thing REALLY horrible to me personally , I mean . my doritos?

Waste of plastic. Won't buy Doritos.

Yea, more useless plastic waste. I hate corporations.

probs more money gone to waste too

In 2016, fans of Pringles started noticing how their beloved chips are now smaller. In addition, some noticed that the tube itself also shrunk, making it harder for some people to reach in. Despite that, the price stayed the same. “Is this Pringles can getting smaller or my arm getting fatter?” a consumer went on Twitter to express their concern. The company explained that the reason behind these changes was that manufacturing shifted from the USA to Malaysia. “The equipment we use in Malaysia is a bit different to our sister factory in the US … you’ll notice that both the chip and the can are a little smaller to fit with the production facility,” the company explained.

Back in 2016, Toblerone announced they were altering the iconic design of their UK bars by adding bigger gaps between the mounds, which meant that the bars were about to have 10% less chocolate for the same price. Apparently, the unfortunate change was due to an increase in the price of the ingredients. People weren't too happy about it, to say the least.

Two years later, the company decided to bring back the original shape. Sadly, the price of the bar had to be raised as well.

I think I'd rather pay more than receive an inferior product for the same price. Prices change. Quality doesn't have to. (Unless you are Costco's hot dog -price has stayed the same for decades.)

For a long time, the clear glass cookware brand Pyrex was known for making fireproof glassware. Ironically, a few years ago, the pans started exploding when they got too hot. Apparently, the manufacturer switched to a cheaper ingredient that strengthened the glass against being dropped but weakened it against thermal shock.


19 Hidden Ways Companies Tricked Their Customers

Julija Svidraitė and
Lukas Garnelis

In economics, the term shrinkflation could be characterized as a process in which a product shrinks in size or quantity or even gets its quality lowered, while the price of that product remains the same. In other words, it's making a certain product cost more without changing its actual price. Sounds unfair? Well, it does for a lot of people. Despite that, various well-known food and beverage companies have been using this strategy for years.

The trickiest thing about this practice is that the change is usually barely noticeable, so only the most attentive customers tend to notice it. And in the long run, even the smallest change ends up saving the company millions of dollars.

Without further ado, 退屈なパンダ invites you to look through a few examples of products that at some point were affected by shrinkflation.

Last year, someone on Reddit noticed how a "Bigger Bag, More To Share" pack of Doritos actually had the same amount of chips as the regular size pack. "More air to share," someone joked in the comments.

them companies trying to make us turn our wallets upside down

you have to get it out first

It's five hundred grams - half a f*****g kilo - of f*****g corn chips. How much is enough? No one's making anyone turn their wallets upside for half a kilo of f*****g corn chips. Get a load of yourself.

They're not lying, it literally says "bigger bag".

This is actual false advertising because they made a pretty concrete claim by using the words "more to share".

Cant really say if they did make customers pay more cause these are two different flavors. Maybe the green bag use to contain less than the yellow one. Yes it could be ripping customers off, but this photo does not prove it.

Why am I downvoted for this? If you think differently, please inform me.

From what I remember of these when working in retail - the ones labelled as bigger were labelled as bigger than the smaller share bags (which are

250g). These two types of bags are not ever placed next to each other in planograms, and the one labelled bigger is usually cheaper than the non labelled larger bag.

when I see cons in the supermarket I move the items next to each other for everyone to see the difference.

By "not next to each other", I mean that one was with the snacks and one was with the lunch - opposite ends of the supermarket. Hope the rejects were put back afterwards.

It may just be me, who isn’t super big on Doritos, but YELLOW AND GREEN BAGS?! I’ve never seen those colors before. but it’s probably just me.

Yellow is my favourite - nacho cheese!

I need more air, thanks Doritos!

500g Doritos. is this UK or Australian version?

Well, they did say “bigger bag” not “more chips”.

Very observent! Good point!

The air in crisps bags is for a very good reason. It stops the crisps being crushed into crumbs. Basic logic.

They are not wrong you know. They literally said Bigger Bag, not More Chips.

They are not wrong you know, They literally said Bigger Bag, not More Chips.

I do not buy them but it says bigger bag.. not more product inside.

Well they did say it's a bigger *bag*

"Bigger bag". well, they aren't lying

It's a messed up behavior, but it's not air. It's nitrogen, an inert gas that keeps the chips fresh.

you have to watch some corporations like this. they want your money and will use all means to get it.

Stopped buying Doritos altogether bcz of this marketing LIE.

They would have to do some thing REALLY horrible to me personally , I mean . my doritos?

Waste of plastic. Won't buy Doritos.

Yea, more useless plastic waste. I hate corporations.

probs more money gone to waste too

In 2016, fans of Pringles started noticing how their beloved chips are now smaller. In addition, some noticed that the tube itself also shrunk, making it harder for some people to reach in. Despite that, the price stayed the same. “Is this Pringles can getting smaller or my arm getting fatter?” a consumer went on Twitter to express their concern. The company explained that the reason behind these changes was that manufacturing shifted from the USA to Malaysia. “The equipment we use in Malaysia is a bit different to our sister factory in the US … you’ll notice that both the chip and the can are a little smaller to fit with the production facility,” the company explained.

Back in 2016, Toblerone announced they were altering the iconic design of their UK bars by adding bigger gaps between the mounds, which meant that the bars were about to have 10% less chocolate for the same price. Apparently, the unfortunate change was due to an increase in the price of the ingredients. People weren't too happy about it, to say the least.

Two years later, the company decided to bring back the original shape. Sadly, the price of the bar had to be raised as well.

I think I'd rather pay more than receive an inferior product for the same price. Prices change. Quality doesn't have to. (Unless you are Costco's hot dog -price has stayed the same for decades.)

For a long time, the clear glass cookware brand Pyrex was known for making fireproof glassware. Ironically, a few years ago, the pans started exploding when they got too hot. Apparently, the manufacturer switched to a cheaper ingredient that strengthened the glass against being dropped but weakened it against thermal shock.


19 Hidden Ways Companies Tricked Their Customers

Julija Svidraitė and
Lukas Garnelis

In economics, the term shrinkflation could be characterized as a process in which a product shrinks in size or quantity or even gets its quality lowered, while the price of that product remains the same. In other words, it's making a certain product cost more without changing its actual price. Sounds unfair? Well, it does for a lot of people. Despite that, various well-known food and beverage companies have been using this strategy for years.

The trickiest thing about this practice is that the change is usually barely noticeable, so only the most attentive customers tend to notice it. And in the long run, even the smallest change ends up saving the company millions of dollars.

Without further ado, 退屈なパンダ invites you to look through a few examples of products that at some point were affected by shrinkflation.

Last year, someone on Reddit noticed how a "Bigger Bag, More To Share" pack of Doritos actually had the same amount of chips as the regular size pack. "More air to share," someone joked in the comments.

them companies trying to make us turn our wallets upside down

you have to get it out first

It's five hundred grams - half a f*****g kilo - of f*****g corn chips. How much is enough? No one's making anyone turn their wallets upside for half a kilo of f*****g corn chips. Get a load of yourself.

They're not lying, it literally says "bigger bag".

This is actual false advertising because they made a pretty concrete claim by using the words "more to share".

Cant really say if they did make customers pay more cause these are two different flavors. Maybe the green bag use to contain less than the yellow one. Yes it could be ripping customers off, but this photo does not prove it.

Why am I downvoted for this? If you think differently, please inform me.

From what I remember of these when working in retail - the ones labelled as bigger were labelled as bigger than the smaller share bags (which are

250g). These two types of bags are not ever placed next to each other in planograms, and the one labelled bigger is usually cheaper than the non labelled larger bag.

when I see cons in the supermarket I move the items next to each other for everyone to see the difference.

By "not next to each other", I mean that one was with the snacks and one was with the lunch - opposite ends of the supermarket. Hope the rejects were put back afterwards.

It may just be me, who isn’t super big on Doritos, but YELLOW AND GREEN BAGS?! I’ve never seen those colors before. but it’s probably just me.

Yellow is my favourite - nacho cheese!

I need more air, thanks Doritos!

500g Doritos. is this UK or Australian version?

Well, they did say “bigger bag” not “more chips”.

Very observent! Good point!

The air in crisps bags is for a very good reason. It stops the crisps being crushed into crumbs. Basic logic.

They are not wrong you know. They literally said Bigger Bag, not More Chips.

They are not wrong you know, They literally said Bigger Bag, not More Chips.

I do not buy them but it says bigger bag.. not more product inside.

Well they did say it's a bigger *bag*

"Bigger bag". well, they aren't lying

It's a messed up behavior, but it's not air. It's nitrogen, an inert gas that keeps the chips fresh.

you have to watch some corporations like this. they want your money and will use all means to get it.

Stopped buying Doritos altogether bcz of this marketing LIE.

They would have to do some thing REALLY horrible to me personally , I mean . my doritos?

Waste of plastic. Won't buy Doritos.

Yea, more useless plastic waste. I hate corporations.

probs more money gone to waste too

In 2016, fans of Pringles started noticing how their beloved chips are now smaller. In addition, some noticed that the tube itself also shrunk, making it harder for some people to reach in. Despite that, the price stayed the same. “Is this Pringles can getting smaller or my arm getting fatter?” a consumer went on Twitter to express their concern. The company explained that the reason behind these changes was that manufacturing shifted from the USA to Malaysia. “The equipment we use in Malaysia is a bit different to our sister factory in the US … you’ll notice that both the chip and the can are a little smaller to fit with the production facility,” the company explained.

Back in 2016, Toblerone announced they were altering the iconic design of their UK bars by adding bigger gaps between the mounds, which meant that the bars were about to have 10% less chocolate for the same price. Apparently, the unfortunate change was due to an increase in the price of the ingredients. People weren't too happy about it, to say the least.

Two years later, the company decided to bring back the original shape. Sadly, the price of the bar had to be raised as well.

I think I'd rather pay more than receive an inferior product for the same price. Prices change. Quality doesn't have to. (Unless you are Costco's hot dog -price has stayed the same for decades.)

For a long time, the clear glass cookware brand Pyrex was known for making fireproof glassware. Ironically, a few years ago, the pans started exploding when they got too hot. Apparently, the manufacturer switched to a cheaper ingredient that strengthened the glass against being dropped but weakened it against thermal shock.


19 Hidden Ways Companies Tricked Their Customers

Julija Svidraitė and
Lukas Garnelis

In economics, the term shrinkflation could be characterized as a process in which a product shrinks in size or quantity or even gets its quality lowered, while the price of that product remains the same. In other words, it's making a certain product cost more without changing its actual price. Sounds unfair? Well, it does for a lot of people. Despite that, various well-known food and beverage companies have been using this strategy for years.

The trickiest thing about this practice is that the change is usually barely noticeable, so only the most attentive customers tend to notice it. And in the long run, even the smallest change ends up saving the company millions of dollars.

Without further ado, 退屈なパンダ invites you to look through a few examples of products that at some point were affected by shrinkflation.

Last year, someone on Reddit noticed how a "Bigger Bag, More To Share" pack of Doritos actually had the same amount of chips as the regular size pack. "More air to share," someone joked in the comments.

them companies trying to make us turn our wallets upside down

you have to get it out first

It's five hundred grams - half a f*****g kilo - of f*****g corn chips. How much is enough? No one's making anyone turn their wallets upside for half a kilo of f*****g corn chips. Get a load of yourself.

They're not lying, it literally says "bigger bag".

This is actual false advertising because they made a pretty concrete claim by using the words "more to share".

Cant really say if they did make customers pay more cause these are two different flavors. Maybe the green bag use to contain less than the yellow one. Yes it could be ripping customers off, but this photo does not prove it.

Why am I downvoted for this? If you think differently, please inform me.

From what I remember of these when working in retail - the ones labelled as bigger were labelled as bigger than the smaller share bags (which are

250g). These two types of bags are not ever placed next to each other in planograms, and the one labelled bigger is usually cheaper than the non labelled larger bag.

when I see cons in the supermarket I move the items next to each other for everyone to see the difference.

By "not next to each other", I mean that one was with the snacks and one was with the lunch - opposite ends of the supermarket. Hope the rejects were put back afterwards.

It may just be me, who isn’t super big on Doritos, but YELLOW AND GREEN BAGS?! I’ve never seen those colors before. but it’s probably just me.

Yellow is my favourite - nacho cheese!

I need more air, thanks Doritos!

500g Doritos. is this UK or Australian version?

Well, they did say “bigger bag” not “more chips”.

Very observent! Good point!

The air in crisps bags is for a very good reason. It stops the crisps being crushed into crumbs. Basic logic.

They are not wrong you know. They literally said Bigger Bag, not More Chips.

They are not wrong you know, They literally said Bigger Bag, not More Chips.

I do not buy them but it says bigger bag.. not more product inside.

Well they did say it's a bigger *bag*

"Bigger bag". well, they aren't lying

It's a messed up behavior, but it's not air. It's nitrogen, an inert gas that keeps the chips fresh.

you have to watch some corporations like this. they want your money and will use all means to get it.

Stopped buying Doritos altogether bcz of this marketing LIE.

They would have to do some thing REALLY horrible to me personally , I mean . my doritos?

Waste of plastic. Won't buy Doritos.

Yea, more useless plastic waste. I hate corporations.

probs more money gone to waste too

In 2016, fans of Pringles started noticing how their beloved chips are now smaller. In addition, some noticed that the tube itself also shrunk, making it harder for some people to reach in. Despite that, the price stayed the same. “Is this Pringles can getting smaller or my arm getting fatter?” a consumer went on Twitter to express their concern. The company explained that the reason behind these changes was that manufacturing shifted from the USA to Malaysia. “The equipment we use in Malaysia is a bit different to our sister factory in the US … you’ll notice that both the chip and the can are a little smaller to fit with the production facility,” the company explained.

Back in 2016, Toblerone announced they were altering the iconic design of their UK bars by adding bigger gaps between the mounds, which meant that the bars were about to have 10% less chocolate for the same price. Apparently, the unfortunate change was due to an increase in the price of the ingredients. People weren't too happy about it, to say the least.

Two years later, the company decided to bring back the original shape. Sadly, the price of the bar had to be raised as well.

I think I'd rather pay more than receive an inferior product for the same price. Prices change. Quality doesn't have to. (Unless you are Costco's hot dog -price has stayed the same for decades.)

For a long time, the clear glass cookware brand Pyrex was known for making fireproof glassware. Ironically, a few years ago, the pans started exploding when they got too hot. Apparently, the manufacturer switched to a cheaper ingredient that strengthened the glass against being dropped but weakened it against thermal shock.


ビデオを見る: 唯一出したことなかったレアモーションを出しました apex (七月 2022).


コメント:

  1. Ulfred

    よくやった、なんて素晴らしいメッセージでしょう

  2. John-Paul

    知るか

  3. Fitz Gibbon

    とてもかわいい))

  4. Colton

    おめでとうございます、あなたの考えはとても良いです



メッセージを書く