新しいレシピ

ランチョペスカデロでの「ベストオブバハ」料理の週末

ランチョペスカデロでの「ベストオブバハ」料理の週末



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

先月、サンバレーハーベストフェスティバルに参加できたことを光栄に思います。特に美味しくて楽しいのは、シェフのロドリーゴブエノに会い、学び、彼の料理を試食することでした。ブエノがデモンストレーション 素晴らしいヤギのタコス 彼が敷地内の有機農場や地元の業者から高品質の食材を調達する方法について説明している間ずっと。それは「定性主義者」の夢でした!

これで、バハカリフォルニアへの訪問者は、初めての「ベストオブバハ」料理の週末に、シェフのブエノの料理などを試すチャンスがあります。バハ北部と南部の料理のダイナモが ランチョペスカデロ、カボサンルーカスから北へわずか1時間、11月14日から17日まで料理を共有します。ランチョペスカデロのシェフブエノは、グアダルーペバレーのディエゴエルナンデスバケダノとティファナシェフのハビエルプラセンシア、そして有名なワインメーカーの大静脈のフィルグレゴリーが週末の料理セミナー、シェフディナー、ワインテイスティングなどに参加します。その間に、ゲストはサーフィンをしたり、毎日無料のヨガクラスを受講したり、ほぼ空の白い砂浜を歩いたり、2つのプールまたは敷地内に点在する多数のハンモックやデイベッドでリラックスすることができます。

のハビエル・プラセンシアを知っている人もいるかもしれません ミシオン19Finca Altozano ティファナのダイニングシーンを独力で変えたシェフとして、 ニューヨーカーの物語 昨年の初め。シェフDiegoHernández-Baquedano’s コラソンデティエラ

Restaurant Magazineの世界のベストアワードでラテンアメリカのベストレストラントップ50の1つに選ばれ、 大静脈 昨年メキシコシティで開催されたG8サミットのメインコースで提供されたワインはワインだけでした。

この輝かしいグループのホスト役を務めるシェフのブエノは、約2年前にランチョペスカデロに来る前は、ワンアンドオンリーパルミラのエグゼクティブスーシェフでした。彼のメニューは農場と海から食卓までで、彼はリゾートの敷地内にあるオーガニックガーデンから農産物の大部分を手に入れています。彼はまた、毎日新鮮な魚を調達し、近くの山の農家からチーズや乳製品を入手しています。彼は地域のメキシコ料理を専門としていますが、ヨーロッパや海外での経験に基づいて、より洗練されたスペイン風のひねりを加えることがよくあります。たとえば、このシーフードツンバダライスディッシュは、次のようにして自宅で再現できます このレシピ —そのような創造物の1つです。パエリアのブロシーバージョンで、シェフのブイヨンは新鮮な地元の魚のほか、トマト、コリアンダー、ワヒーヨペッパーなどの伝統的なメキシコの食材、そしてもちろんテキーラを使用しています。

「ベストオブバハ」の料理の週末は、あなたの味覚を喜ばせるいくつかの機会と、メキシコの味を家に持ち帰る機会を提供します。すべての違いを生む高品質の食材で作られた、素晴らしいメキシコ料理を友人や家族に提供する方法を学びましょう。料金と追加情報については、RanchoPescaderoのWebサイトにアクセスしてください。


大人のための4つの素晴らしいカリフォルニアとカボのキャンプ&#8212

トドスサントスの近くにあるシックな大人専用リゾートのバハ&#039sランチョペスカデロを訪れてください。プライベートサーフィンレッスンを受けたり、乗馬をしたり、一流のシェフから料理を学んだりできます。 (写真:ランチョペスカデロ)

1908年に建てられた、ウィリッツ近くのこのメンドシノファームは、家族にプラグを抜く機会を提供します。トレイルをハイキングしたり、イール川を浮かせたり、ローストしたり、その他の昔ながらの楽しみを楽しんだりできます。 (写真提供:Amber Turpin)

エマンダルへのメンドシノの休暇は、プラグを抜く機会を提供します-そしていくつかの素晴らしい食べ物を楽しむことができます。 (写真提供:Amber Turpin)

1908年に建てられた、ウィリッツ近くのこのメンドシノファームは、家族にプラグを抜く機会を提供します。トレイルをハイキングしたり、イール川を浮かせたり、ローストしたり、その他の昔ながらの楽しみを楽しんだりできます。 (写真提供:Amber Turpin)

AlisalのBBQBootcampは、ゲストにサンタマリアスタイルのグリルスキルを磨く機会を提供します。 (写真提供:Amber Turpin)

ソルバングのアリソルゲストランチ&アンプリゾートで、大人の料理の雰囲気を味わえるサマーキャンプの雰囲気を取り戻してください。BBQブートキャンプでは、リゾートのシェフとオーナーによるグリルクラスとスパイスのヒントを提供しています。トリチップで知られるヒッチングポストIIの(アリソル)

AlisalのBBQBootcampは、ゲストにサンタマリアスタイルのグリルスキルを磨く機会を提供します。 (写真提供:Amber Turpin)

AlisalのBBQBootcampは、ゲストにサンタマリアスタイルのグリルスキルを磨き、その結果を楽しむ機会を提供します。 (写真提供:Amber Turpin)

ソルバングのアリソルゲストランチ&アンプリゾートで、大人の料理の雰囲気を味わえるサマーキャンプの気分を取り戻してください。ここでは、バーベキューブートキャンプでグリルクラスやスパイスのヒント、乗馬、ゴルフ、釣りの時間を楽しめます。もっと。 (アリソル)

ソノマのグレープキャンプでは、ワイン愛好家は3日間、ワインとブドウの木の世界に浸り、セミナー、試飲、ディナー、ブドウの収穫のチャンスもあります。 (写真:ソノマカウンティワイン生産者)

ソノマのグレープキャンプでは、ワイン愛好家は3日間、ワインとブドウの木の世界に浸り、セミナー、試飲、ディナー、ブドウの収穫のチャンスもあります。 (写真:ソノマカウンティワイン生産者)

ソノマのグレープキャンプでは、ワイン愛好家は3日間、ワインとブドウの木の世界に浸り、セミナー、試飲、ディナー、ブドウの収穫のチャンスもあります。 (写真:ソノマカウンティワイン生産者)

ソノマのグレープキャンプでは、ワイン愛好家は3日間、ワインとブドウの木の世界に浸り、セミナー、試飲、ディナー、ブドウの収穫のチャンスもあります。 (写真:ソノマカウンティワイン生産者)

ソノマのグレープキャンプでは、ワイン愛好家は3日間、ワインとブドウの木の世界に浸り、セミナー、試飲、ディナー、ブドウの収穫のチャンスもあります。 (写真:ソノマカウンティワイン生産者)

夏が永遠に続くように見えたときを覚えていますか?節くれだった木の陰で午後をのんびりと過ごしたり、サマーキャンプで釣り、ホイットル、マクラメを学んだりするなど、数か月はきらめくアスファルトの道のように無限の可能性に広がりました。

大人として、私たちの時間はもうこのようには流れません。私たちには仕事、家族、ソーシャルカレンダーがあり、休暇をとっても、途切れることのない探索に没頭し、休暇中に新しいことを学ぶために、長い自由時間を取り戻すことはほとんどありません。しかし、それらのはるか昔の冒険の本質を捉えた旅行の機会がいくつかあります。ここに大人が元に戻るためのいくつかの素晴らしい場所があります。 &#8220サマーキャンプ&#8221すべてが成長したと考えてください。

バーベキューブートキャンプ

1946年に建てられた歴史的な観光牧場兼高級リゾートであるソルバングのアリソルゲストランチには、大好きなものがたくさんあります。町は、そのaebleskiversとデンマークの詰まりで知られているかもしれませんが、アリソルはこの地域の豊かな歴史と影響を呼び起こします。初期のスペイン人入植者、牧場の家族、ワイン生産者の

実際、食の歴史家なら誰でもわかるように、サンタマリアスタイルのバーベキューはこの近くで生まれました。スペインのランケロスが地元の香りのよいレッドオークの上で肉を焼く習慣は、この地域を有名にした、今では古典的で完全に魅力的なトリチップとピンキート豆の饗宴につながりました。

毎年5月と10月に開催される3日間のAlisalBBQ Bootcamp&#8212に参加すると、サンタマリアスタイルのグリルマスター、ヒッチングポストIIのレストラン経営者、ワインメーカーのフランクオスティーニジュニアから学ぶことができます(もしあなたが&#8220Sideways&#8221映画ファン、あなたはその名前をよく知っています。)あなたはグリルとスパイスブレンドの技術を学び、少しの時間でいっぱいを食べたり飲んだりします。乗馬、ゴルフ、スパでの贅沢も楽しめます。

詳細: 次のバーベキューブートキャンプは10月25日から27日です。料金(888ドル以上)には、宿泊、飲み物と食事、グリルマスターレッスン、乗馬、ゴルフグリーン料金が含まれます。 Alisal Guest Ranch&amp Resort、1054 Alisal Road、Solvang www.alisal.com

アンプラグドメンドシノの喜び

文明世界からの脱却を切望していますか?最近はプラグを抜くのが難しいですが、試すのに理想的な場所はウィリッツのメンドシノ郡道路の端にあります。 1908年に設立された素朴なエマンダル、川沿いの農場は、子供だけでなく大人にとっても魅力的です。イール川に浮かんだり、ラズベリーを選んだり、民謡を歌ったり、マシュマロを乾杯したり、小説を読んだりすることができます。夕食の鐘を鳴らしたり、ハンモックでスイングしたり、鶏に餌をやったり、牛を搾乳したり、ハイキングをしたりできます。そして、あなたはあなたの滞在の毎日、これらのことのどれでも、すべてまたはまったくすることができません。

ファームでは、6月から9月までの3〜6泊のオールインクルーシブのファミリーキャンプセッションを提供しており、アートステイやカウボーイの詩のイベントなど、今年の残りのテーマパッケージを提供しています。予約には、素朴で魅力的なレッドウッドのキャビン(電話、テレビ、メインオフィスでのインターネットアクセスが非常に限られている)での宿泊と、必要以上の食べ物が含まれます(ただし、とにかくすべて食べます)。自家製のシナモンロール、かき混ぜたてのアイスクリーム、薪で焼いたピザのためだけに、毎年多くのゲストが戻ってきます。

詳細: 3日間のパッケージの大人料金は545ドルから、子供料金は147ドルからです。エマンダル、16500ハーストポストオフィスロード、ウィリッツwww.emandal.com

バハ料理の週末

最も辛抱強い乗客でさえ、バハのランチョペスカデロに旅行するときに、「私たちはまだそこにいますか?」ロスカボス国際空港からは良い時間で、トドスサントスは恥ずかしがり屋です。最後にでこぼこの未舗装の道路を曲がり、バジルフィールズをゆっくりと通り抜け、ほこりっぽいブーゲンビリアを通り過ぎます。しかし、このシックな大人専用のリゾートに入ると、涼しいタイル張りの中庭での最初の一歩から、ヨガ小屋での最後の太陽礼拝まで、決して離れたくない居心地の良いオアシスが見つかります。

リゾートの広大な庭園に興味をそそられ、屋外のレストランとバーのプログラムに農産物を供給していますか?次に、料理やミクソロジーのクラスに行きましょう。シェフのセザールピタが活気のあるセビチェの作り方を紹介し、バーテンダーのダニーサンチェスがメスカルベースの完璧なピナパララニーナカクテルや地元のバハブリューイング社のビールを使ったトマトフェンネルミチェラーダの作り方を教えてくれます。

ランチョペスカデロの週末のゲストシェフプログラムで訪問の時間を計り、ロサンゼルスのジェシカコスロウやサンフランシスコのランチョミョウバンのジェイソンフォックスなどのシェフと一緒に料理のレッスンを受けることができます。 2017年のシーズンは、6月9〜10日にダラスのFT33のMatt McCallisterや、7月7〜8日にテキサス州サンアントニオのレストラン帝国にTreTrattoriaとTreEnotecaが含まれるJasonDadyなど、評価の高い南西部のシェフと料理をする機会をもたらします。 。

すべての料理の合間には、乗馬、サーフィンレッスン、ホエールウォッチング、イタチザメとの水泳など、他のリゾートサービスをぜひご利用ください。また、毎日無料のヨガクラスもご利用いただけます。

詳細: ホテルのコンシェルジュが、ミクソロジークラス($ 40)、農場から食卓までの料理教室、ランチ(料金は異なります)を手配できます。ゲストシェフの週末パッケージ(250ドルと宿泊費)には、料理のデモンストレーション、金曜日のランチ、テキーラとメスカルのテイスティング、バハワインのテイスティング、土曜日のテイスティングメニューディナーが含まれます。ランチョペスカデロ、カミノアラプラヤS / N、プエブロペスカデロ、23300トドスロスサントス、バハカリフォルニアスル、メキシコwww.ranchopescadero.com

ワイン愛好家のキャンプ

ワインの評価が強迫観念に近づいている場合は、物事を次のレベルに引き上げる時期かもしれません&#8212。ソノマカウンティグレープキャンプは、始めるのに最適な方法です。収穫期にソノマカウンティワイングレープ委員会によって上演されるこの毎年恒例の3日間のワイン浸漬は、ブドウからボトルへの移動に必要なことについて一般の人々を教育することを目的としています。 「キャンプ」の旅程の典型的なハイライトは、認定された持続可能なブドウ園でのブドウの収穫から、ブドウの木の間でのポップアップディナー、マスターソムリエが率いる品種、香り、味、ワインの地域に関するセミナーまで、すべてを含みます。ブドウの木とワインの世界をのぞいて、すべての魔法がどこで起こるかを見るチャンスだと考えてください。

ワイン生産者のコミュニケーションディレクターであるショーンキャロルは、通常は一般に公開されていない、ワインカントリーで高く評価されているブドウ園のいくつかの場所を訪れるユニークな機会であり、生産者がどのように生産者であるかを実践的に学ぶ機会でもあると述べています。ワインメーカーは、いつ収穫し、ブドウを収穫し、ワイナリーに持ち込んで粉砕と発酵を監視するかを決定します。&#8221


食用バハイベント:8月24日にランチョラプエルタで食事と料理を学ぶ特別な日(売り切れ-イベント日が過ぎました)

世界で最も有名で高級なウェルネススパの1つであるランチョラプエルタで、グルメダイニング、ワインテイスティング、特別に厳選された料理のワークショップを1日お楽しみください。 (このイベントは、La Cocina Que Canta料理センターと牧場の庭園で行われます)、共催の食用サンディエゴとバハテストキッチンで!この終日の特別イベントのチケット購入には、イーストミッションベイのサンディエゴビジターセンターからの往復送迎、ランチョラプエルタのスタッフによる国境通過の支援、ランチ到着時のコーヒーまたは紅茶付きのビュッフェ式朝食、オーガニックガーデンが含まれますツアー、教育ワークショップ、料理のデモンストレーション、ワインの試飲、メキシコの女性ワインメーカーとのワインメーカーの交流、シェフのデニスロアとラコチーナケカンタのスタッフがランチョラプエルタの敷地内でバハのワインペアリングを使って用意した着席のマルチコースグルメランチカリフォルニアの女性ワインメーカー。

249ドル-この料理体験を今すぐ予約

牧場でのグルメダイニングと料理教育活動の特別な日

8:00-8:15 am-イーストミッションベイのサンディエゴビジターセンターでバスに会う

8:15-9:30 am-TecateのBorder CrossingStationまで車で行く

9:30-10:00 am-Tecateで国境を越え、Rancho LaPuertaのLaCocina QueCantaレストランまで車で行く (交通機関に含まれる支援された国境通過)

10:00-10:30 am-La Cocina QueCantaでのウェルカムオリエンテーション

10:30-11:30 am-ジュース、コーヒー、紅茶を取り揃えた朝食ビュッフェ

11:30-1:30 pm-教育ワークショップ

シェフのデニスロアとのガーデンツアー-3つのR(削減、再利用、リサイクル)、生きている土壌の重要性、ミミズ堆肥の重要性について説明します

料理のデモンストレーション–トマト、きゅうり、スカッシュ、新鮮な季節のハーブを使った夏の料理+地元のファーマーズマーケットで見つけた奇妙な野菜の使い方!

1:30-3:30 pm-メキシコワインペアリング付きのマルチコースグルメランチ

3:30-4:00 pm-ランチョラプエルタを出発し、テカテで国境を越える

4:00-5:30 pm-イーストミッションベイのサンディエゴビジターセンターに戻る

249ドル-この料理体験を今すぐ予約

ランチョラプエルタウェルネスリゾート&スパについて

究極のウェルネス休暇に乗り出します。の読者から6年間、「世界最高のデスティネーションスパ」の1つに選ばれました。 旅行+レジャー 雑誌、Rancho La Puertaの4,000エーカーの敷地は、メキシコのバハカリフォルニアのテカテにあり、山腹でのハイキング体験、世界クラスのフィットネス、癒しのスパセラピー、エンターテイメントなどを提供しています。食通、フィットネス愛好家、スパファン、ハイカーのためのこの楽園は、自由と幸福の広大な感覚を提供します。

TheRanchの6エーカーの有機農場の中心部にあるLaCocinaQue Canta(「TheKitchen That Sings!」)は、選んだばかりの有機食材を使った料理の魔法の結果を祝います。ランチョラプエルタにご宿泊のお客様は、一年中採れたての果物や野菜の風味をお楽しみいただけます。シェフのデニス・ロアと他の著名な訪問シェフが、この太陽にキスされた料理を利用した農場から食卓までの料理教室を毎週教えています。

CHEF DENISEROAについて

エグゼクティブシェフのデニスロアの料理は、味、鮮やかな色、そして可能な限り新鮮な季節の食材の活気を称えています。彼女の農場から食卓までの食事は、通常、ドアのすぐ外にある6エーカーの有機農場を朝の散歩に触発され、慎重に準備された美的勝利です。同時に素朴でありながら複雑な味わいであり、非常に健康的で満足のいくものです。体、心、そして精神。シェフのデニスの料理のキャリアには、マイアミの世界的に有名なジョンソン&ウェールズ大学で料理芸術を学び、パシフィカデルマー、クレセントショアーズグリル、デルマー競馬場ターフクラブ、彼女自身のレストラン、ラ・トラットリア。彼女のレシピはで紹介されています People Magazine、Better Homes&Gardens Magazine、サンディエゴのテレビ局、およびその他のメディア。さらに、シェフのデニスはメキシコのティファナ料理芸術学校のインストラクターです。

249ドル-この料理体験を今すぐ予約

メキシコの注目の女性ワイン醸造業者

たまたま女性でもある、バハカリフォルニアのトップワインメーカーからのプレミアムワインを試飲してください!参加者は、メキシコで最高のブティックワイナリーのいくつかからのプレミアムワインテイスティングフライトをお楽しみいただけます…

フランスのボルドーで10年以上のワイン製造の実地経験を持つ、ブルーマのワインメーカー、ルルド「ルル」マルティネスオヘダは2016年にバハカリフォルニアに帰国しました。エンセナダ出身のマルティネスは、ワイン業界の父親とともに育ちました。しかし、彼女はワイン造りについて学ぶためではなく、フランス語を勉強するという考えで、15年間フランスに向けてエンセナダを離れました。交換留学生として、彼女はボルドー大学で科学を勉強している友人と再会したブルターニュに行き着きました。その訪問中に、彼女は大学がワイン醸造学のプログラムも提供していることを発見し、ワイン醸造の研究を始めました。エンセナダに戻り、アンリ・ルルトンのヘッドワインメーカーを務める前、マルティネスはブルドゥで最も古く、最も有名なワインハウスの1つである有名なシャトーブレインカンテナックで働いていました。

マルティネスは、ボルドーでの長年の実践的なワイン造りから学んだ技術をメキシコに持ち帰りました。ブルーマでは、品種の典型性、自然な鮮度、バランスを備えた、芳香的に複雑なワインの製造に取り組んでいます。 「土地と果物を話させるために」と彼女は言います。

Ivette Vaillardは、ベラクルスからの4代目のフランス人入植者であるメキシコシティで生まれました。彼女はそこから農民のライフスタイルを理解することを学びました。イヴェットは1976年に海洋科学を研究するためにバハカリフォルニアのエンセナダに引っ越しました。 1982年、イヴェットはヴァッレデグアダルーペで牧場を始め、そこで陶器や陶器を作り始め、土地と調和した「神経質な」ライフスタイルを送ることを選びました。

地元の非営利ワイン製造学校「LaEscuelita」の最初の弟子の1人であるイヴェットは、メキシコのワイン製造の伝説であるHugo D’Acostaから工芸を教えられました。 2001年に彼女はヴァッレデグアダルーペの牧場に自分のワイナリー「3ムヘレス」をオープンし、現在もマイクロプロデューサーとして活動を続けています。イヴェットのワインは、彼女の自然への敬意を反映しています。誠実で、幸せで、果実味があり、おいしいです。彼女のワイン造りの実験のユニークな側面である彼女の「グアダルペアン」ワインは、ダコスタが率いるフランスとメキシコで働くメキシコのワインメーカーの集団である「トロポスフェラプロジェクト」の一環として、フランスのラングドックで作られたワインとブレンドされることがあります。

2001年の設立以来、3 Mujeresは、持続可能なワイン造りの実践、少量生産、細部へのこだわりでよく知られるようになりました。

映画制作で23年のキャリアを積んだ後、ヴィンタンゴワイナリーのオーナー兼ワインメーカーのジョアンノックスは1996年にバハカリフォルニアに移りました。彼女は映画の仕事のために何年もロサンゼルスに通い続け、2003年にノックスはアートギャラリーとワインをオープンしました。ロザリトのすぐ南にあるバハ海岸のバーで、2009年に自分のワインを作り始めました。同じ年、彼女はジンファンデルと一緒に16の小さなワイナリーの間でブラインドテイスティングコンテストに勝ちました。その時点で、ノックスはヴァッレデグアダルーペに移り、ブティックワイナリーヴィンタンゴを設立しました。最近では、ラ・カーサ・ヴィエハのヴァッレ・デ・グアダルーペで最も古い立ち家にテイスティングルームとアートギャラリーを開設し、余暇には時折映画プロジェクトに携わっています。ワイナリーは現在、ジンファンデル、カベルネ、ネッビオーロ、およびカベルネとネッビオーロのブレンドを含む4つのラベルを誇っています。

Kristin Magnussen Shuteは、Valle deGuadalupeワイナリーVinosLechuzaの受賞歴のあるワインメーカーです。 2010年に父親のレイマグヌッセンが趣味として始めたレチュザは、クラフトへの献身と旧世界と新世界のスタイルの融合により、この地域で最も人気のあるワイナリーの1つに成長しました。 Lechuzaは、世界中のソムリエやシェフを魅了し、カリフォルニア州ナパのフレンチランドリーのワインリストで切望されている場所を含む称賛を集めた、洗練されていながら親しみやすいワインで知られています。 (ミシュラン3つ星)。クリスティンは、世界中のメキシコのモダンなワイン運動の大使として「国境を越えて」働くという家族の取り組みを誇りに思っています。

249ドル-この料理体験を今すぐ予約

価格と予約情報

1人あたり249ドル-以下で今すぐ購入。スペースに限りがあります。 料金はお一人様です。参加を確認するために早めに予約してください-私たちのイベントは先払いで予約および確認され、多くの場合、かなり前に売り切れます。予約の競合が発生した場合、最初に支払う顧客が優先されます。この料理イベントは、事前の通知があれば菜食主義者やビーガンに対応できます。食用バハイベントは100%禁煙/禁煙です。参加するには18歳以上である必要があります-未成年者は参加できません。

含まれているもの

この終日の特別イベントのチケット購入には、イーストミッションベイのサンディエゴビジターセンターからの往復輸送(輸送は249ドルの価格で含まれています)、ランチョラプエルタのスタッフが促進する国境通過の支援、到着時のコーヒー付き朝食ビュッフェが含まれますLa Cocina Que Canta at the Ranch、オーガニックガーデンツアー、教育ワークショップ、料理のデモンストレーション、ワインの試飲とメキシコの女性ワインメーカーとのワインメーカーの交流、シェフのデニスロアとLa Cocina QueCantaのスタッフによる着席のマルチコースグルメランチバハカリフォルニアの女性ワインメーカーからのワインペアリングを備えたランチョラプエルタの所有物。チケットの購入には、ワインの試飲/ペアリングとサービスのチップが含まれています。 この料理イベントは、事前の通知で菜食主義者とビーガンに対応できます。特別な食事のリクエストを行うには、イベントの少なくとも3日前に[email protected]に電子メールを送信する必要があります。

購入する前に注意してください

すべての食用バハ参加者は18歳以上である必要があり、国境を越えるイベント/旅行には有効なパスポートが必要です。このイベントはメキシコのバハカリフォルニアのテカテで開催されます。往復の交通機関と国境通過の支援はチケット料金に含まれています。このイベントに参加するには、有効なパスポートが必要です。例外はありません。支払いが完了すると、このイベントの払い戻しはありません。時間通りにイベント会場に到着しなかった場合、返金、クレジット、またはスケジュール変更の手当なしでキャンセルされます。


あなたも好きかも

ホテルには2つのプール、伝統的なテマスカルサウナに加えて土着の食材を取り入れたトリートメントを備えたスパ、2,000平方フィートのヨガパビリオン、世界的な影響を受けた農場や海から食卓までのバハ料理を提供するガーデンレストランがあります。リゾートのオーガニックガーデンに囲まれた後者は、屋外キッチンと巨大なパラパの下での食事を備えています。

毎日の朝食バスケット、ヨガセッション、サーフィン、釣り、サイクリング用のギアなどの無料特典をご利用いただけます。オフサイトでのレクリエーションのために、ランチョペスカデロはビーチフロントでの乗馬、深海釣り、ハイキングを手配します。

リゾートでは、チケット、交通機関、年間を通じて予定されているトドスサントスフェスティバルへのアクセスの強化も手配します。

2017年のゲストシェフウィークエンドリターン

リゾートは、料理教室、料理のフィールドトリップ、ワインの試飲のフルメニューで料理に焦点を当てていますが、3月から7月まで毎月開催されるゲストシェフウィークエンドで、食通の間で本当に心を打たれます。

3年目には、この一連のおいしい料理イベントで、北米のトップシェフの何人かを紹介します。

ランチョペスカデロの5つの食通の週末には、コロラドとテキサスの両方からの2人のシェフと、ウィンディシティからの1人のシェフが登場します。

  • 3月9〜12日-マットオニール、アスペンキッチン(コロラド州アスペン)
  • 4月6〜9日-Alex Seidel、Fruition / Mercantile(コロラド州デンバー)
  • 5月4〜7日-C.J.ジェイコブソン、エマ(イリノイ州シカゴ)
  • 6月8〜11日-マットマッカリスター、FT33 /フィラメント(テキサス州ダラス)
  • 7月6〜9日-Jason Dady、Tre Trattoria / Two Bros. BBQ Market(テキサス州サンアントニオ)
  • ゲストシェフとの料理のデモとランチ
  • リゾートのバーマネージャー、ダニー・サンチェスとのテキーラとメスカルのテイスティング

1人あたり250ドル+税(宿泊を除く)の価格で、ゲストシェフウィークエンドパッケージには、すべてのイベントの食べ物と飲み物の提供に加えて、ランチョペスカデロエプロンが含まれています。これらの予約パッケージは、滞在中に宿泊施設が15%オフになります。

3月から7月にかけて行われるこの歯ごたえのある週末シリーズを除けば、RanchoPescaderoの頑固な草食動物にとって人生は素晴らしいものです。 Garden RestaurantとRanchCaféで調理され提示された料理は、敷地内の庭で育てられた食材と、宿泊施設の「すぐ前」の海で収穫されたシーフードを組み合わせたものです。

もう1つのオプションは、プライベートビーチベッドの横にあるキャンドル、松明、焚き火で照らされた砂浜でカップルが親密なディナーを共有できる、人里離れたビーチダイニングです。このゲストのお気に入りは、50ドルのセットアップ料金に加えて、飲食の費用で利用できます。ロマンスをさらに高めるために、プライベートギタリストが1時間50ドルでちょっとしたムード音楽を提供します。

リゾートは、オーガニック、フレッシュ、地元産のすべてのものに焦点を当てており、自分のキッチンで胃の達人になるのに役立つ新しいスキルを持ち帰りたい人のために、食品中心のオプションを備えています。

リゾートの気の合うエグゼクティブシェフの1人が、庭での農産物の収穫から屋外ランチの準備まで、最大6人のゲストと2時間過ごします。お一人様65ドル

最大6名のゲストが、近くの有機農場、山羊のチーズが生産されている地元の牧場、またはリゾートの食器やテラコッタの調理容器の多くを生産している陶器コミュニティへの遠足を楽しむことができます。お一人様65ドル

ワインのスペシャリストが、前菜と組み合わせたメキシコと南アメリカのワインを巡る1時間の教育旅行に沿ってグループを率いています。 1人あたり40ドル

リゾートのバーマネージャーがハーブやその他の食材を収穫して、ユニークな「Farm to Glass」の調合を作成しながら、敷地内のオーガニックガーデンを探索してください。 1人あたり40ドル

熱心な食通は、ガーデンティーチングキッチンでリゾートのエグゼクティブシェフが率いる5つの料理教室で6日間の滞在を楽しむことができます。シェフは毎日最大3時間かけて庭から農産物を選び、地元の釣りビーチに行って「まだ羽ばたく」シーフードを選んだり、地元の有機農場に遠足したりします。プログラムには、メキシコと南アメリカのワインに焦点を当てたワインテイスティングクラスも含まれています。

予約と情報については、Rancho PescaderoのWebサイトにアクセスするか、(910)300-8891に電話してください。


メキシコ、バハカリフォルニアのトップ6の目的地

何が好きか: メキシコのバハカリフォルニア半島にあるカボサンルーカスから北に45分のヒッピーで幸せなエコシックな町。この隠された宝物は、カボの喧騒から離れて静けさを求める旅行者、サーファー、アーティスト、ボヘミアンにとって長い間天国でした。プラヤセリトスビーチの悪名高いサーフブレイクは、セルリアンブルーの波に乗るのに最適な場所です。ボードをレンタルするか、マリオサーフスクールからのレッスンを手配してください。ペスカデロやプンタロボスも散歩に最適なビーチです。砂浜に傘をさして、ビタミンDをすぐに吸収させましょう。乾燥した土地を探索する人は、小さな職人のブティックの石畳の通りを歩いたり、プンタロボスの上のトレイルに行って息を呑むことができます。シーライオンのコロニーがある古い漁港の景色。素晴らしい魚のタコスとセビッシュ(現金のみ)があるトドスサントスの超カジュアルなコーナースポット、レストランバーバイアをお見逃しなく。

滞在場所: ホテルサンクリストバルは、テキサスのホテル経営者であるバンクハウスグループのリズランバートによるビーチサイドの砂漠のオアシスで、プールサイドでリラックスしたり、カラフルでシックな着物を着てメスカルを飲んだり、ただ寝たりするのに最適な場所です。ラボヘミアバハは、緑豊かなトロピカルガーデンに囲まれた8部屋のブティックB&Bの隠れ家で、町の中心部から歩いてすぐです。

何が好きですか:姉妹都市トドスサントスの南数マイルにあるペスカデロは、乾燥したバハ砂漠にある豊かで衝撃的な緑のオアシスであり、その道路は果てしなく続く黄金のビーチにつながるヤシの木立でいっぱいです。主要道路のすぐそばにはバハビーンズがあり、町で最高のコーヒーとコミュニティを提供しています。地元の人と交流したり、メールをチェックしたり(必要な場合)、日曜日に農産物や芸術品、工芸品を扱うファーマーズマーケットを開催するライブミュージックを楽しむチャンスです。 (上級者向けのヒント:チョコレートケーキをお試しください。)農地に囲まれた庭園の真ん中にあるヒエルバブエナで食事をお楽しみください。これは、トドス/ペスカデロ地域で最も人気のあるレストランです。

滞在場所:Rancho Pescaderoは、リラックスした雰囲気と最高のメキシコのおもてなしを提供する大人専用のホテルです。朝、淹れたてのコーヒーとペストリーがドアに運ばれることを期待してください。 (ただし、ウェボスランチェロスは見逃せません。)ホテルプンタペスカデロパラダイスは、イーストケープ沿いの釣り、ダイビング、​​冒険的な休暇に最適なスポットです。

カボサンルーカス

何が好きですか:一般にロスカボスとして知られるバハカリフォルニア半島の南端は、太平洋のカボサンルーカスとコルテス海のサンホセデルカボ(国際空港がある場所)の隣接する町を指します。悪名高いZonaHotelera(ホテルゾーン)が大学の春休みシーンを支配していた一方で、Cabo San Lucasは正式に卒業し、新しいハイデザインのブティックホテル、ロマンチックな海辺のヴィラ、HakkasanグループレストランのCasaCalaveraとHerringboneLos Cabos、そしてnary aテキーラが見えてきた。知っておきたいこと:カボはプールラウンジャーに最適です。強い海が引き寄せられるため、ほとんどのビーチで水泳が禁止されています。

滞在場所:サンノゼとカボの中間にある素晴らしいローズウッドリゾート、ラスベンタナスアルパライソは、サービスと贅沢を専門としています。 (事例:彼らには、ゲストのためにロマンチックな体験を作り出すことに専念する部門全体があります。)Viceroy Los Cabosに足を踏み入れると、別世界の脱出に迷うことになります。メキシコの著名な建築家ミゲルアンゲルアラゴンによる建築の傑作は、その基盤に水、砂、潮風を取り入れています。ニドでのダイニング体験は見逃せません。これまでで最もクールなハイブの中で、インスピレーションを得たセビチェ、クリエイティブなカクテル、ライブミュージックを考えてみてください。 (ここでFathomのレビュー全体を読んでください。)

モンタージュロスカボスの写真提供。

サンホセデルカボ

何が好きですか:カボサンルーカスほどパーティータウンではなく、ゆったりとした小さな町のライフスタイルがあります。 It’s best for artists, foodies, and travelers looking for a little more culture and authenticity than the all-inclusive resorts that Cabo is known for. Take a stroll to the quaint center square, where colorful shops, galleries, and restaurants populate the streets.

Where to Stay: Montage Los Cabos, a relaxation haven located in a quiet cove on one of the only swimmable beaches in the area (read the full Fathom review here). Los Cabos newcomer Solaz Los Cabos is the ultimate tranquil winter escape on the tip of the peninsula. One&Only Palmilla, a 1950s beachfront Spanish-style landmark, offers a private yacht for sunset cruises and guided fishing adventures. Drift San Jose is a little urban oasis in the center of San Jose and perfect for independent travelers seeking peace, quiet, and comfort in a tranquil and private setting.

Photo by Matthew Rader/Unsplash.

What’s to Love: A chance to swim with whale sharks, as Fun Baja's crew are experts in spotting the wild creatures. Take a day trip to the natural sanctuary of Isla Espíritu Santo and snorkel or scuba dive with the sea lions of Los Islotes. Those interested in whale watching should travel to Baja between December and April.

Where to Stay: CostaBaja Resort & Spa is La Paz’s original five-star resort surrounded by a private marina — a complete oasis where the desert meets the sea. Sleep under the stars at the luxury glamping site Camp Cecil in beautiful and ultra-chic safari tents overlooking the Sea of Cortez on Espíritu Santo Island.

Photo courtesy of Vena Cava.

Valle de Guadalupe

What’s to Love: Drive two hours south of San Diego, and you'll discover one of the world's most interesting and up-and-coming wine regions. Yes, in Mexico. Valle de Guadalupe is special and limited, as most wineries are small in production and have very little distribution outside the country. Tres Mujeres is an all-female collective of wine producers where you’re likely to hear their stories and meet one of the owners as she pours your flight. If you only do one thing, drink three kinds of Mexican bubbly and eat everything at Conchas de Piedra, where everything is prepared on a wood fire in the outdoor kitchen.

Where to Stay: There are no chain hotels in the Valle de Guadalupe. (Yet.) Of the luxurious, modern boutique hotels, Encuentro Guadaloupe has stunning views and individual, modern cabins hanging off the cliffs. La Villa del Valle is a pretty Tuscan-style country retreat by the Vena Cava group. Finca la Divina is a four-bedroom inn run by beloved local chef Javier Plascencia near his restaurant, Finca Altozano. Villas El Cielo is a lovely and modern option on the El Cielo winery. Hacienda Guadalupe is a nice mid-range option.


Glam Surfing at Rancho Pescadero

Sitting in the raised hot tub overlooking the stunning pool and bar area of the elegant boutique resort, Rancho Pescadero, guests congregate in the hot, bubbly water. Many are here to surf during the day, while their spouses take a yoga class or sit in one of the “floating” chaise lounges in the pool with a cool hibiscus margarita.

You don’t have to be a surfer to stay at this luxury boutique resort. Guests range in their mid-40s to -60s. No party animals allowed here. Just well-off people, ready to relax, eat great organic food, take long walks along the beach and surf.

If you don’t bring your own board, the resort has a few to borrow. One of the staff members or guests will happily teach you a few of the basic skills to get started.

Rancho Pescadero is located about 90 minutes from the Los Cabo International Airport.

Guests can either rent a car at the airport or take a shuttle to the property for about $200 for up to six passengers. It’s located just south of the charming, artist colony/surfer town Todos Santos. Turn off the smooth Highway 19 onto a dirt road leading to the Pacific Ocean. There are 15 acres of organic gardens and sandy beach.

Rancho Pescadero has 28 unique guest rooms, two pools, a bar, Yoga studio and gourmet restaurant. Everywhere you walk, you’ll find beautiful views and hear the sound of the waves crashing onto the shore.

Rancho Pescadero guest room

Staying in the spacious room #14 for one night, I thought the designer kitchen was prettier than most homes. There was a grand living and dining room that could have entertained all the guests in the resort.

This used to be the owner Lisa Harper’s unit. She left her corporate life as a CEO of children’s apparel company, Gymboree, and moved to Baja California. She purchased the land and soon built 12 luxurious suites. Later, she built 16 more to keep up with the demand of guests searching for a boutique resort near the waves.

Most of the suites have king-size beds, with mosquito netting creating a romantic vibe. The bathrooms have huge concrete soaking tubes and an open shower with his-and-her shower heads. Out on the palapa-covered patio are two comfy lounge chairs, a day bed and dining room table for eating al fresco. Best of all, there are no televisions or telephones.

Guests receive a complimentary welcome margarita by the friendly bartenders. Afterwards, guests don bathing suits and swim before sunset. Before nightfall couples take long walks on the beach to collect shells and admire the driftwood, while the sun sets into the Pacific.

The resort has an open-air Garden Restaurant built near the organic garden. Many of the ingredients on the modern Mexican menu are harvested from here.

The selective wine menu offers glasses and bottles of wonderful Mexican white, red and rosé wines.

While enjoying pork cochinita filled in housemade corn tortillas with pickled onions and a chile puree, we learned that a culinary duo, Jeff and Susan Mall from Zin Restaurant, are due to arrive next week to take over the kitchen to continue the farm-to-table philosophy.

In the evening, guests point out the Big and Little Dipper, Orion’s Belt and shooting stars, while sitting near the roaring fire-pit.

By 9 p.m. the on-site Garden restaurant closes, and 9:30 p.m. the bar by the pool shuts down. This is not a Spring Break surfer destination with loud music, lots of beer and skinny dipping at midnight. In fact, children under 18 years are not allowed.

Staff members deliver baskets filled with fresh fruit, sprinkled rolls and coffee to the front door of each suite. Later, guests gather near the lobby for healthy breakfast plates of eggs and roasted vegetables on curry toast, before attending the complimentary 10 a.m. yoga class in the nearby yoga pavilion.

Before check-out, couples take one last dip in the pool, before driving back to the airport. The resort provides magazines, sun hats and a variety of sunscreens at the poolside bar.

Rancho Pescadero is a luxury, chic vacation destination that leaves guests with a new appreciation of Baja California Sur.


Do Seeing the Baja Through the Eyes of a Top Danish Chef

I’ve worked at some incredible places throughout my career, but one reason I love being a part of the Auberge family is their brilliant programming. I’m especially looking forward to hosting Chef Mads Refslund for a special culinary weekend on March 13 to 15, 2020. Chef Mads is best known as a co-founder of the groundbreaking Danish restaurant Noma , which went on to receive two Michelin Stars and become ranked best restaurant in the world by Restaurant Magazine four times.

Chef Mads has a fanatic dedication to terroir-based foods, and first learned how to forage in Danish forests (with its hundreds of edible varieties of mushrooms) and along its beaches, with its thickets of rose-hip bushes, sea lettuce, and sea arrow grass, which tastes very similar to cilantro, used liberally in Mexican cooking. Denmark’s miles of coastline also mean that Nordic cuisine is quite seafood-focused, much like our own cooking at COMAL . But while a New Nordic menu might feature plenty of sea urchin, langoustines and fatty fish like herring and mackerel, we use the incredible catch we find along the Baja coastline, including giant totoaba and sea bass. I’m looking forward to introducing Chef Mads to our superb Baja ingredients, and I’m excited to see how he interprets them with his unique style of cooking.

We’ve been on the phone a lot, discussing, planning, and devising every moment of what will surely be a phenomenal weekend. I don’t want to give too much away, but here are a few of the highlights you can look forward to:

Tour an organic farm and picnic on the beach We’ll visit an organic farm in Pescadero to discover just how flavorful produce plucked straight from the ground can be. I’ll take you on a tour of what’s in season and discuss practices like crop rotation, and you’ll get a chance to get your hands dirty as you harvest ingredients for lunch. Afterwards, we’ll head to the nearby beach where local fishermen will join us with the morning’s catch and my culinary team and I will craft an open-air feast for you to enjoy steps from the water.

Mingle with Chef Mads at a reception-style gathering Enjoy passed appetizers and Bruma Wines as you chat with Chef Mads over his Cabo adventures at El Molino. Pick up a signed copy of his cookbook, Scraps, Wilt + Weeds: Turning Wasted Food into Plenty and learn the backstories behind Chef Mads’s favorite recipes.

Dine on a collaborative five-course menu Chef Mads and I will combine our talents on this set menu that will showcase the Danish chef’s no-waste approach and inventive techniques along with his favorite local ingredients. Chef Mads is a strict conservationist, so expect an eco-conscious, sustainable bent—perhaps even an invasive species or two.


LORETO

Loreto is the oldest settlement in Baja. It is home to the first mission of all of California, which was established in 1697. With the quaint little town, the beautiful waters of the Sea of Cortez, and the Coronado islands right off shore, Loreto draws tourists who come to fish, dive, snorkel and relax.

何をすべきか

-Loreto is a great spot for fishing. Yellowtail, sailfish, marlin and dorado are just some of the catches you’ll find.

-The Coronado Islands, right off the coast of Loreto are a part of the largest marine natural reserve in Mexico. They’re a wonderful spot to take a boat out for the day to enjoy snorkeling or diving as sea life abounds and the waters are clear and beautiful.

-Catch up on your history and visit the Loreto mission, the oldest mission in all of California, established in 1697.

Where to Stay

-With a great location, wi-fi and poolside hammocks, you can’t go wrong staying at Cabanas de Loreto. www.lascabanasdeloreto.com

-Villa del Palmar is another option if you’re looking for a resort experience. Outside of town and right on the Sea of Cortez, the service and luxury rooms are worth the splurge. www.villadelpalmarloreto.com

何を食べれば良いか

-Orlando’s Mexican Cocina is a great place for breakfast, lunch or dinner. With the casual atmosphere and great Mexican food, this is true Baja dining.

-Mita Gourmet is a little bar & grill right on the plaza with a variety of options and a friendly and accommodating staff. Chef Juan Carlos is happy to make custom dishes based on your preferences and requests. www.mitagourmet.com


Buen Provecho: Hortaliza Hierbabuena, El Pescadero

Just south of Todos Santos, the town of El Pescadero has grown in recent years from a small fishing village to a destination in its own right. Mini resorts, beautiful beaches, and a new dining scene attract travelers and ex-pats to the area. Off of a dirt road on the way out to the famous Rancho Pescadero resort, you’ll see the modest signs and gate for Hortaliza Hierbabuena, a restaurant that exhibits farm-to-table dining at its finest.

Pass through the gates to Hierbabuena and you’ll walk right into the gardens, which provide not only the ingredients for the food, but also a beautiful backdrop for the restaurant. The whole restaurant is completely open air —just a corrugated metal roof covering with simple and minimal décor. The focus here is on the beautiful gardens and the fresh food.

The garden-inspired menu changes with what’s in season and growing in the gardens. They’re known for their wood fire pizzas, which feature fresh ingredients from the gardens that are mixed to create unique flavors. Other entrees like flank steak, fresh fish of the day, and baked eggplant, are all made from ingredients grown there on the property and locally sourced.

There’s a separate bar area where they serving up drinks like the “Sandiatini” (vodka, watermelon juice and mint) and the “Baja Surprise” (hibiscus liqueur, citrus juices, tequila) as well as a wide variety of fresh squeezed juices.

They also sell vegetables and herbs that have been picked from the gardens so you can take a little bit of the fresh flavors with you.

Hortaliza Hierbabuena
www.hierbabuenarestaurante.com
011-52-612-149-2568
地図
GPS: 23.36337, -110.18168
Open 12-9 Thur.-Mon., Closed Tues. &amp Wed.
現金のみ


Once You're There

Must-Eat Baja California Sur Food

Yes, there isn't the same long culinary history in Baja California Sur that you have in other parts of Mexico, but you'd be missing out if you think that means there isn't any food culture. A mix of Mediterranean climate that makes for an A-plus growing region and some of the freshest seafood in the country, the whole peninsula has a lot of fresh, inspired food. Add to that the influence of the food culture in the North (in Baja California) and this region has come into its own. Here is a list of what to eat in Baja California and its a list that is just as valid down in Baja California Sur.

Where to Breakfast and Coffee

Pastries and Lattes: Taller 17

By far our favorite coffee shop in Todos Santos is the modern spot, Taller 17. It’s hard to decide between the chocolate or the espresso drinks but one things is for sure: do not pass up the homemade pastries!

Expat Coffee Spot: Baja Beans

The hippy expat vibes that put Todos Santos on the map for many Americans are alive and well at Baja Beans. Located south of Todos Santos in Pescadero (just down the road from Rancho Pescadero and Hierbabuena), this café has every sort of coffee drink from cold brew to almond milk lattes and plenty of savory and sweet pastries.

Frappes and Breakfast: Cafelix

This simple, small café in the heart of town has everything you need: well-made coffee, outdoor seating, and a solid breakfast.

Where to Casual Lunch

Baja Fish Tacos: Taqueria El Parguito

Considered the best fish tacos in the area, El Paraguito makes legit tacos with great tortillas, freshly-battered fish and all the fixins. They’re only open until 3PM so be sure to plan accordingly.

Cevecheria: El Compa Chava

Locals are often divided as to whether their favorite cevecheria in Todos Santos is El Compa Chava or Bahia. We suggest you go to both and decide for yourself however, we’re partial to El Compa Chava because of its ceviche tostadas (order the crab, if they have it) and the “descondido” ceviche, which is made with the fresh catch of the day.

Where to Sitdown Lunch or Dinner

Celebrity Chef Joint: Jazamango

This recently opened restaurant is owned and run by esteemed Baja California (as in Tijuana) chef, Javier Plascencia. Rooted firmly in campestre (countryside)-style cooking, the food is farm-to-table, rustic, and yet well throughout and delicious. Don’t skip on the cocktails which are just as interesting as the food.

Farm-To-Table Chic: Hierbabuena

Located just down the road from Rancho Pescadero, this cafe represents the best of farm-to-table in the region, which is why it's a favorite with visitors and locals alike. When the weather is good (pretty much everyday), it’s a great spot to sit outside for a leisurely meal.

Baja California is a region known for its fresh seafood (often eat raw as ceviches or aguachiles), it’s no wonder that seemingly every third restaurant is a sushi joint. This place serves creative rolls but really it’s the freshness of the fish that stands out.

Where to Shop

Boho Vibes: Nomad Chic

Yes, this is the same shop that we gushed on about in our Sonoma story and we like the Todos Santos outpost just as much. If you want some chic beach wear, this is where to head.

Handmade Mexican: Etnica

Some of the best handmade Mexican clothing we’ve seen in the region, Etnica carries clothing and leather goods that are made using traditional techniques yet are modern enough to feel fresh.

Baja Wine Shop: La Bodega

You know we love the emerging wine scene in Mexico but it’s not always easy to make it all the way to the Valle de Guadalupe wine region. If you’re in Todos Santos, you can stop in here to get a taste of Baja wines (oh, and they do tastings most Mondays and Wednesdays from 5-8PM).

Family-Run Business: Blankets Factory Justina

Not technically in Todos Santos but south of town a few miles on the ocean side of Highway 19, many of the blankets in this family-run spot are made on site. There are all sorts of tchotchkes you can buy here but we’re all about the thin woven blankets that put the give the best Turkish towels a run for their money.

Make Sure To.

Day Trip To Los Cabos

You could easily head south to Los Cabos for a day trip but we think the ideal trip is to do a few days in Todos Santos and then a few more down south in Los Cabos.

Whale Watching

During the winter, Todos Santos is prime location for watching the migrating humpback whales. Speaking of you could also head to La Paz for the day to dive with Whale Sharks (which, to be clear, are sharks not whales) if you want a more adventurous experience.

Todos Santos first got on the map for Americans when people discovered the variety of breaks up and down the area. Los Cerritos beach is known for its waves but you can find a break for almost any level surfer up and down the coast.

The yoga scene is Todos Santos is serious and you can find classes everywhere from Rancho Pescadero to open classes beachside. We’re partial to Baja Zen yoga. Write them at [email protected] for class schedules.

Have you been to Todos Santos? Let us know your tips in the comments below!


ビデオを見る: המסע הקולינרי ניב גלבוע במערב ירושלים (八月 2022).