新しいレシピ

初期のBPA曝露は、子供のADHDにつながる可能性があります

初期のBPA曝露は、子供のADHDにつながる可能性があります



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

新しい研究では、プラスチックに含まれる化学物質が内分泌かく乱物質である可能性があることが示されています。

私たちが紹介する各製品は、編集チームによって個別に選択およびレビューされています。含まれているリンクを使用して購入すると、手数料が発生する場合があります。

ADHDは一般的な神経発達障害であり、通常は小児期に診断されます。 ADHDの子供は、注意を払ったり、衝動的な行動を制御したり、過度に活動的になったりするのに苦労するかもしれません。 ADHDは通常、薬物療法と行動療法の組み合わせで治療されます。

健康が今何を意味するかについて最新情報を入手してください。

より素晴らしい記事と美味しくて健康的なレシピのために私たちの毎日のニュースレターにサインアップしてください。

ADHDの正確な原因についてはまだ学習中ですが、最近の研究がジャーナルに掲載されています エンバイロメントインターナショナル 幼い頃にBPAにさらされた子供(およびラット)は、子供時代にADHDを発症するリスクが高いことを示しているようです。

研究によると、BPA(感熱紙のレシート、缶の裏地、ペットボトル、食品包装に一般的に添加される化学物質)は内分泌かく乱物質です。これはそれがホルモンの生産とバランスを妨げることを意味します。悪いニュース?アメリカのほとんどの缶詰食品にはまだBPAが含まれています。

この研究では、人間と齧歯類に関する30以上の研究を調査し、早期のBPA曝露が子供の多動性の原因である可能性があると判断しました。この研究はまた、BPAが「推定される人間の危険」であることを示しました。

これは、FDAの食品および獣医学の副コミッショナーであるStephen Ostroff M.D.が、BPAが「食品の容器および包装に安全に使用できる」と判断した声明を発表してからわずか2週間後のことです。

矛盾する証拠がありますが、明確なことが1つあります。 BPAとADHDに関する研究はまだ新しいものであり、超強固なリンクを確立するために人間に対して十分に行われていません。安全を期して過ちを犯したい場合は、特に妊婦や幼児の場合、BPA曝露を制限する簡単な方法がいくつかあります。BPAフリーの水筒と食品容器に切り替えて、自宅でより多くの生鮮食品を調理します。BPAはアルミ缶、ペットボトル、および包装済みの食品容器に含まれています。


ADHDに関連する低鉛曝露でさえ

ランシング地域の150人の子供を対象としたミシガン州立大学の研究によると、以前は安全であると信じられていた血中の鉛のレベルが非常に低いことが、注意欠陥多動性障害の一因となっている可能性があります。

研究結果は、血中に安全なレベルの鉛がないことを示唆する全国的な証拠の増加を支持していると、MSUの心理学教授で研究ディレクターのジョエル・ニグは述べた。他の研究では、低レベルの鉛曝露と低知能指数との関連性が示されています。

ニッグ氏によると、調査の高まりは、化粧品から掃除用品、電子製品に至るまで、子供たちの食料供給や地域環境に侵入する可能性のある鉛やその他の有害元素を含む品目に対する潜在的に厳しい規制の必要性にスポットライトを当てているという。過去1年間に、鉛塗料のために何百万もの中国製のおもちゃがリコールされました。

&ldquoWe&rsquoveは、カナダやスウェーデンなどの他の国々が始めた方法で、子供たちの環境に新しい素材をリリースするためのルールを再検討する必要がありました。

ADHDのある子供とない子供の両方を調べた研究によると、150人の子供全員が血中に少なくともいくらかの鉛を持っていましたが、疾病管理予防センターによって現在安全でないと見なされている1デシリットルあたり10マイクログラムを超えるレベルの子供はいませんでした。

ミシガン州地域保健局の支援を受けて実施された研究によると、ADHDの子供は障害のない子供よりも血中の鉛レベルが高かった。

Nigg&rsquos 2006の本、&ldquoWhat Causes ADHD?&rdquo Children 2以下によると、血中の鉛の神経毒性作用は、シナプス形成などの脳成長の段階を妨げる可能性があり、適切な自己調節制御の開発における重要な要素です。特に脆弱だと彼は言った。

血中鉛の&ldquosafe&rdquoレベルは1991年に25 mcg / dlから10mcg / ldに低下しましたが、一部の科学者は現在、レベルを5 mcg / dl以下に下げることを求めています。

Nigg&rsquosの研究は、正式な臨床基準の下でADHDと診断された子供たちのそのような低血中濃度を調べる最初の研究です。以前の研究では、古い基準または血中鉛のレベルがはるかに高い子供を使用していました。 MSU研究におけるADHDの子供たちの平均血中鉛レベルは1.3mcg / dl未満でした。

Bruce Lanphearは、シンシナティチルドレンズホスピタルメディカルセンターの医師兼小児科教授であり、子供における鉛曝露の影響についても研究しています。 MSUの研究に関与していなかったLanphearは、&ldquoこの研究は、厳格な診断基準を使用してADHDの関連を調べた最初の研究であり、低レベルの鉛曝露が子供のADHDの危険因子であるという説得力のある証拠を提供します。他の調査と合わせて、この調査は、空気、ハウスダスト、水および消費者製品の許容レベルをさらに削減するための取り組みを強化するための十分な証拠を提供します。&rdquo

この研究では鉛曝露がどこで発生したかを調べていませんでしたが、ニッグはそれが古い家や学校の鉛粉塵から来たと推測しています。鉛塗料は1978年に禁止されましたが、多くの古い住宅ユニットにはまだある程度の鉛が含まれています。

&ldquo誰もそれらの家からすべてのほこりや鉛を完全に取り除くことはできません&rdquoニッグは言いました。 &ldquoこれを心配している古い家の幼児や幼児の親である場合、あなたの最善のアドバイスは、ほこりや汚れを一掃し、水道水をろ過し、欠けたペンキを取り除き、子供が口に入れるものを監視することについて慎重になることです。 &rdquo

CDCによると、老朽化し​​た鉛水道管も潜在的な原因です。ランシング水と光の委員会は、ランシング市で何千もの鉛水道管を交換する過程にあります。他の多くの米国の都市も、1800年代後半から1900年代初頭に設置された鉛水道管に取って代わりました。

MSUの調査は少なくともあと2年間続き、ニッグ氏は参加者数を3倍に増やしたいと述べました。ボランティアをするために、ADHDの有無にかかわらず8-16歳の子供の親は(517)432-4894に電話することができます。家族は、ADHDと学習の問題について少額の支払いと無料のスクリーニングを受けます。

彼のグループの最新の研究は、生物学的精神医学の2月15日号に掲載され、現在、ジャーナルのオンライン版に掲載されています。この研究は、国立精神衛生研究所と研究および大学院研究担当副学長のMSUオフィスによって資金提供されています。

ストーリーソース:

によって提供される資料 ミシガン州立大学. 注:コンテンツは、スタイルと長さを編集できます。


ビスフェノールA(BPA)への曝露の健康リスク

ビスフェノールA(BPA)は、世界中で大量に生産されている化学物質に属しています。ポリカーボネート合成のモノマー、エポキシ樹脂の製造における可塑剤、およびポリ塩化ビニル(PVC)製造中の塩酸の過剰除去のための添加剤として一般的に使用されます。 BPAは、プラスチック包装や台所用品など、食品と直接接触することを目的としたプラスチックの製造だけでなく、缶やジャーキャップの内部コーティングにも使用されます。経口、吸入、経皮など、この物質へのヒトの暴露にはさまざまな経路があります。 BPAへの主な暴露源には、食品包装やほこり、歯科材料、医療機器、感熱紙、おもちゃ、子供や幼児向けの物品が含まれます。 BPAは肝臓で代謝されてビスフェノールAグルクロニドを形成し、ほとんどこの形で尿とともに排泄されます。そのフェノール構造により、BPAはエストロゲン受容体と相互作用し、エストロゲン受容体(ER)依存性シグナル伝達経路を介してアゴニストまたはアンタゴニストとして作用することが示されています。したがって、BPAは、女性と男性の不妊症、思春期早発症、乳がんや前立腺がんなどのホルモン依存性腫瘍、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などのいくつかの代謝障害を含むいくつかの内分泌障害の病因に役割を果たすことが示されています。毎日の一定の曝露とその生体内蓄積の傾向のために、BPAは生体内モニタリングなどの特別な注意を必要とするようです。この観察には、尿中のBPA濃度の臨床試験を含める必要があります。これは、この化合物への曝露を評価する最良の方法の1つであるだけでなく、BPAの1日摂取量の依存性といくつかの内分泌障害のリスクも含みます。


子供の脳の発達に影響を与える11の有毒化学物質

子供の脳の発達に影響を与える可能性のある化学物質のリストが増えています。今日の研究で ランセット神経学、研究者は、彼らが「神経発達毒性の世界的で静かなパンデミック」と呼んでいるものに貢献しているかもしれない新しい化学物質を概説します。 2006年に、チームは認知障害から注意の問題まですべてに寄与する可能性のある5つの神経毒のリストを発表しました。現在、そのリストは、子供の発達障害に関連する化学物質について蓄積された新しい研究に基づいて拡張されています。今日、彼らはさらに6つの概要を説明します。

「最大の懸念は、正式な診断がない場合に脳の発達に対する毒性損傷の影響を受ける多数の子供たちです」と、ハーバード公衆衛生大学院の研究著者であるフィリップ・グランジャンは述べています。 「彼らは注意力の低下、発達の遅れ、学校の成績の悪さに苦しんでいます。工業用化学物質は現在、考えられる原因として浮上しています。」

自閉症、ADHD、失読症などの神経行動学的問題は、今日生まれた子供の約10〜15%に影響を与えると著者らは述べています。遺伝子はこれらの障害のいくつかで大きな役割を果たしますが、それほど大きくはありません。障害の症例の約30-40%だけが遺伝子だけで説明できるので、環境は他の部分を構成しなければなりません。これらの化合物の概要を説明するのは難しい場合がありますが、研究は増え続けており、避けるべき化学物質のリストが増えていることを示しています。

これらの化学物質が私たちの日常生活に存在する頻度(禁止されているものでさえ)と子供の発達障害の増加率のために、著者は緊急の変化が起こるべきであると言います:「新しい行動の枠組みが必要です。」

子供の神経発達障害との関連の強い証拠がある11の化学物質はここにあります:

リード-これは、神経発生の観点から最も広く研究されている化合物の1つであり、低IQを含む深刻な赤字に一貫して関連しています。その影響は永続的であるように思われ、安全なレベルの曝露はないという結論に至ります。

メチル水銀–世界保健機関とEPAによると、胎児の神経学的発達に影響を与える曝露は、高レベルの水銀を含む魚の母親の摂取から生じることがよくあります。

ポリ塩化ビフェニル(PCB)– この化学物質ファミリーは、乳児期および小児期の認知機能の低下と日常的に関連しています。食品、特に魚によく含まれ、母乳に含まれている可能性があります。

ヒ素– この化学物質は、飲料水から吸収されると、学童の認知機能の低下につながります。森永ヒ素ミルク中毒事件の追跡調査は、それを成人期の神経疾患に関連付けました。

トルエン– EPAとOSHAによると、溶剤として使用される母親の曝露は、子供の脳の発達の問題と注意欠陥に関連しています。

マンガン– たとえば、バングラデシュの飲料水では、この化学物質は数学のスコアの低下、知的機能の低下、ADHDに関連しています。

フッ化物– この化学物質のレベルが高いと、子供のIQが7ポイント低下します。

クロルピリホスとDDT(農薬) –脳の構造異常と7歳まで続く神経発達障害に関連しています。これらの農薬は世界の多くの地域(米国を含む)で禁止されていますが、それでも多くの低所得国で使用されています。それらは最近、アルツハイマー病にも関連しています。

テトラクロロエチレン(別名パークロロエチレン)–これらの溶媒は、多動性と攻撃的な行動、および精神医学的診断のリスクの増加に関連しています。看護師、化学者、掃除人、美容師、美容師などの特定の専門職の母親は、より高いレベルの曝露を受けていました。

ポリ臭素化ジフェニルエーテル– これらの難燃剤は現在禁止されていますが、神経毒であると考えられています。出生前の曝露は、子供の神経発達障害に関連しています。

さらに2つの懸念される化合物は ビスフェノールA (BPA)、一般的なプラスチック添加剤、および フタル酸エステル、多くの化粧品に見られます。 BPAは内分泌(ホルモン)破壊物質であり、子供の神経発達に影響を与えることが強く疑われており、哺乳瓶やシッピーカップでは禁止されています。マニキュアやヘアスプレーなどの身の回り品によく見られるフタル酸エステル類は、注意力の低下や子供の社会的相互作用の障害に日常的に関連しています。

発達中の人間の脳は、化学物質への暴露に対して非常に脆弱です。 子宮内 そして幼児期に、そしてこれらの変化は生涯続くことができます。 「これらの敏感なライフステージの間、化学物質は、成人にほとんどまたはまったく悪影響を及ぼさない低レベルの曝露で永続的な脳損傷を引き起こす可能性があります」と著者は述べています。

神経毒の「パンデミック」は十分に不安であるため、著者は化学物質の強制検査を行うことを強く推奨しています。これは多くの人が長年議論してきました。よくある不満の1つは、ある化合物が最終的に禁止されると、同じように毒性があり、テストされていない別の化学物質が代わりになる可能性があるというものです。より厳密なテストは、実行が複雑ですが、この主要な問題に対処する可能性があります。

「問題の範囲は国際的です。したがって、解決策も国際的でなければなりません。子供たちの脳の発達に対する有害な影響について工業用化学物質をテストする方法が整っています。今こそ、そのテストを義務化するときです。 「」

これらの化学物質は非常に普及しており、食品、化粧品、領収書、および容器に含まれているため、これらの化学物質を回避することは難しい場合があります。しかし、ラベルを読んで特定の製品を避けることは始まりです。これを行う方法の詳細については、環境ワーキンググループのWebサイトを参照してください。

フォローしてください @alicewalton または私を見つけて フェイスブック.


私たちの男の子

私は私たちの男の子に入ると言った、そしてこれが彼らにどのように影響を与えているか。これには本当に独自のセクションが必要だと感じました。避けるべきことはBPAだけではありません。フタル酸エステルと呼ばれるものがあり、それらは私をかなり心配させます。

フタル酸エステル類はより内分泌かく乱物質であり、事実上すべてのものに使用されています。弾力性に優れているため、PVC(ポリ塩化ビニル)パイプに使用されています。また、シャンプー、シャワージェル、メイクアップ、芳香剤、ドライヤーシート、医療用チューブ、フローリングなどにも含まれています。それで、彼らがどこにいるのかがわかったので、彼らが具体的に何をしているのかをお話ししましょう。

フタル酸エステル類は、妊娠初期の胎児の発育に重要なホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロポヒン)を標的とすることが知られています。 hCGの欠如と流産の間には相関関係があり、その数は男性の胎児ではるかに多いようです。 重要な第1トリメスターの間にフタル酸エステル類に暴露された男性の胎児は、後年、精子数が少なく不妊になるリスクがはるかに高いことが示されています。.

フタル酸エステル類への曝露は、先天性欠損症、多嚢胞性卵巣疾患、思春期の早期または遅延、IQの低下、多動性障害に関連しています。 誰かがADHDを言うことができますか? 私は偶然の一致を信じていません。不妊症の増加、思春期の早期発症、ADHDに伴い、私たち自身、そしてさらに重要なことに、子供たちにさらされることに関しては、過度に注意する必要があると思います。


BPA:知っておくべきこと

プラスチック汚染が問題であり、BPAが大きな役割を果たしています。

耐久性のあるプラスチックによく見られる化学物質であるBPAは、私たちの健康に有害であり、現在も広く使用されています。

私たちは皆、BPAプラスチックの使用を防ぐための措置を講じることができます。簡単なガイドを使用してください。

なぜ人々はBPAを心配しているのですか?

BPAは、健康への影響と、BPAへの人間の曝露が非常に広範囲に及ぶため、多くの人に懸念を抱いています。

BPAは内分泌(ホルモン)破壊物質です。それは体の自然なホルモンを模倣し、それらの機能を妨げる可能性があります。 BPAは、ホルモンのエストロゲンの構造と機能を模倣しています。そのエストロゲンのような形のために、BPAはエストロゲン受容体に結合し、通常の身体のプロセスに影響を与えることができます。これらには、成長、細胞修復、胎児の発育、および生殖が含まれます。

研究によると、BPAにさらされた母親から生まれた乳児は 重量が最大0.5ポンド軽くなります、平均して、暴露されていない母親から生まれた乳児よりも。幼少期のBPA曝露も、子供のホルモンの発達と行動に影響を与える可能性があります。

BPA暴露は以下を引き起こすことが示されています:

  • 脳の発達障害
  • ADHDと不安関連障害
  • 子供の体重増加と肥満。

妊娠中の女性、乳児、幼児は最大のリスクに直面しています。

ビスフェノールAとは何ですか?どこにありますか?

BPAは、ポリカーボネートプラスチックの主要成分として機能する化学物質であり、プラスチックの耐久性と強度を大幅に向上させます。

これは1891年にロシアの化学者によって最初に発見されましたが、化学者が他の化合物と混合して強力で弾力性のあるプラスチックを製造できることに気付いた1950年代まで広く使用されていませんでした。 2015年には、推定400万トンのBPA由来の化学物質が生産され、 世界で最も生産量の多い化学物質の1つ.

今日、BPAプラスチックは一般的に、次のようなさまざまな人気のある消費者向けアイテムになっています。

  • 再利用可能なウォーターボトル
  • プラスチック製の食品容器
  • 哺乳瓶
  • スポーツ用品。

BPAは、エポキシ樹脂の作成にも使用され、内部の裏打ちに使用されます 缶詰食品容器 金属の腐食を防ぐため。そして、感熱紙をこするときに感じるそのざらざら感 領収書 あなたの指の間? それはBPAです.

ニュースのBPA科学

私たちの環境でBPAをより詳細にカバーしたいですか?私たちのジャーナリストは、最新の科学をカバーすることを彼らのビジネスにしています。

編集者が厳選した、環境と健康に関する最も重要なニュースを特集した無料の日刊ニュースレターにサインアップしてください。

BPAはどのように体内に入りますか?

BPA暴露の主な原因は食事療法、特に包装食品や缶詰食品です。

BPAコンテナは 化学物質を食品や飲料に浸出させ、 摂取する前に容器の内容物に浸透します。 BPAが食品に浸透する程度は、年齢よりも容器の温度に依存する可能性があります。熱によって容器が時間の経過とともに分解され、化学物質がより簡単に放出される可能性があります。

どのように行動できるか

個人レベル、あなたはいくつかの簡単な方法であなた自身とあなたの家族を守ることができます。

  1. 感熱紙の領収書を避ける
  2. ガラス、磁器、またはステンレス鋼の食品貯蔵容器に目を向け、プラスチックの使用を減らします。ラップよりもパラフィン紙を選択してください。電子レンジや食器洗い機で安全なプラスチックのようなものはありません。繰り返しの研究では、プラスチックからBPAが熱浸出することが示されています。
  3. BPAを含まない缶を探すか、より多くの生鮮食品を含むように食事を調整してください。
  4. 私たちの1つを購読する ニュースレター 最新の研究やニュースに関する情報を常に入手できます。ここで購読してください。

国家レベル、できない人々や将来の世代のために行動するために政府の代表者に手を差し伸べるために時間をかけてください。

これらの質問をしてください。

  1. なぜ、FDAが2012年に哺乳瓶でのBPAを禁止した場合、化学物質は今日非常に多くの製品に残っているのですか?
  2. ホルモンを妨害するBPAやその他の化学物質を適切にテストしないのはなぜですか?
  3. なぜほとんどのアメリカ人の血液が先天性欠損症、肥満、糖尿病、および生殖の問題に関連する化学物質で汚染されるのを許すのですか?

。これらの人々に:

  1. フランク・パロン議員、D-N.J。下院エネルギー・商業委員会委員長、frank.pallone @ mail.house.gov
  2. ラマーアレクサンダー上院議員、R-テネシー。そして、健康、教育、労働および年金に関する上院委員会の議長
  3. ブレット・P・ギロイル博士、米国食品医薬品局のコミッショナー代理、CommissionerFDA @ fda.hhs.gov
  4. 議会のあなたの代表

BPAについてもっと知りたいですか?

ビスフェノールA曝露の連邦規制に関するEHN.orgの1年にわたる調査は、現代科学に対する故意の盲目を発見しました。

この無視された科学は、私たち全員が直面する可能性のある曝露での私たちの健康と生殖システムに対する深刻な懸念を示しています。

これを変更するための手順を実行する時が来ました。

ここで完全な調査を読んでください:www.ehn.org/exposed

ここでBPAニュースの継続的な報道をチェックしてください:https://www.ehn.org/bpa/

編集者が厳選した、環境と健康に関する最も重要なニュースを特集した無料の日刊ニュースレターにサインアップしてください。


BPAとは何ですか?

BPAは、ポリカーボネート(硬質)プラスチックやエポキシ樹脂(金属製品をコーティングして腐食を防ぐためのラッカーとして使用)で使用するために非常に大量に製造されています。そのため、BPAを含むアイテムには次のものが含まれます。

  • プラスチック製のコップ、皿、瓶、貯蔵容器、おもちゃ、および包装
  • 耐衝撃安全装置
  • 医療機器
  • 歯科用シーラントおよび複合材料
  • 缶詰(特に缶の内張り)

それだけではありません。一部の紙製品にも含まれています。粉末状のBPAは、領収書、チケット(宝くじ、映画、航空会社など)、出荷ラベルなどの感熱紙に追加されます。

基本的に、BPAから逃れることはできません…どこにでもあります。世界中で年間約60億ポンドのBPAが生産されています。 2002年に、研究者は、テストされた139の米国の小川の41%が測定可能なレベルの化学物質を持っていることを発見しました。 1

それは私たちの環境に蔓延していますが、人間の曝露は実際には主に化合物と接触した食べ物や飲み物を消費することによってもたらされます。研究によると、人口の93%が尿中に検出可能なレベルのBPAを持っています。 2

プラスチック容器またはBPAで裏打ちされた缶に保管されている食品が最大の原因です(そのため、私のVervana製品はすべてガラスの瓶または瓶に入っています)。プラスチック容器が加熱されたとき(電子レンジなど)、またはプラスチックに傷が付いた場合、より多くのBPAが食品に浸透します。 BPAは皮膚に簡単に移行し、そのように吸収されるため、領収書を入手するのと同じくらい重要ではないように見えることも問題です。

肝臓はBPAをすばやく代謝し、体は1日以内に尿からBPAを排泄します。これは、1回の露出で問題が発生することはないということを意味します。ただし、BPAは常に存在します。ペットボトルから飲むとき、プラスチックのまな板で農産物を切るとき、トマトの缶を開けるときなど、私たちの体は絶えずこの化学物質で爆破されています。

なぜ大多数の人々が定期的に測定可能なレベルのBPAを体内に持っているのか不思議はありませんか?


ADHDと自閉症に関連する10の一般的な毒素

マーケターや業界の専門家は、化学の世界の進歩により私たちの生活がより簡単で健康になったと言いたいのですが、それとは反対の証拠がたくさんあります。実際、これらの化学物質の多くは神経毒性を持ち、注意欠陥多動性障害(ADHD)や自閉症などの神経行動の発達上の問題に関連している可能性があるという証拠が増えています。これにはいくつかの種類の癌が含まれます。

ADHDと自閉症の症例数は過去数十年で爆発的に増加しました。実際、米国疾病予防管理センター(CDC)の自閉症に関する最新(2014年)の有病率データは、8歳の子供68人に1人(2012年の88人に1人のデータと比較して)が自閉症スペクトラム障害を持っていることを示しています。 CDCはまた、2003年から2011年の間にADHDの診断された症例数が着実に増加していることを報告しています(7.8%から11.0%)。

ADHDと自閉症の子供たちの増加の背後にあるものは何ですか?明確な答えはありませんが、専門家は一般に、それが遺伝的、環境的、および診断的要因の組み合わせであることに同意します(つまり、これらの状態の診断基準の拡大)。

最近では ランセット神経学 レポートでは、ハーバード公衆衛生大学院とニューヨークのシナイ山の研究者チームが、これらの神経発達障害を引き起こす化学物質の役割について議論しました。彼らは、神経毒に影響を与えることが知られている11の物質を特定し、「さらに多くの神経毒物質が未発見のままである」と述べました。

子供は、特に子宮内および乳児期および幼児期に、そのような化学物質の影響に対して特に脆弱です。この研究の著者は、「これらの敏感なライフステージの間、化学物質は、成人にほとんどまたはまったく悪影響を及ぼさない低レベルの曝露で永続的な脳損傷を引き起こす可能性がある」と説明しています。 ADHDと自閉症の兆候と症状に関連すると考えられている化学物質のいくつかは何ですか?

空中のヒ素への曝露は、自閉症のリスクの増加と関連しています。 2015年のレポートでは 総合環境の科学、研究者は、大気汚染物質(すなわち、ヒ素、鉛、水銀)への出生前および周産期の曝露と自閉症スペクトラム障害の有病率を調べました。彼らは、自閉症の有病率は、問題のある産業に最も近い地域の方が、最も遠い地域よりも高いことを発見しました。別の研究では、国際チームが、工業地帯や鉱業地帯に住む261人の子供たちの尿中ヒ素レベルを調べました。彼らは、尿中のヒ素レベルが「安全であると考えられるレベルでさえ、注意/認知機能の障害と関連していた」ことを発見しました。

2.クロルピリホスとDDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)

Lancet Neurologyレポートの著者によると、農薬のクロルピリホスとDDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)は、ADHDや学習障害などの脳の異常や神経発達の問題に関連しているとのことです。これらの農薬は米国や他の多くの国で禁止されていますが、それでも環境に残り、一部の発展途上国で使用されています。曝露の主な原因は果物と野菜です。

飲料水へのフッ化物の添加は、多くの理由で物議を醸しています。特に、神経発達の問題との関連の可能性があります。フッ化物は興奮毒性であり、特定のグルタミン酸受容体に結合して神経細胞死を引き起こす可能性のある物質です。研究によると、フッ化物(および鉛)などの神経毒は、自閉症で見られるような発達中の脳に生化学的変化を引き起こす可能性があります。

メタアナリシスは、水中のフッ化物にさらされた子供たちの27の研究を調べました。調査結果は、高レベルのフッ化物にさらされた子供たちの間で7ポイントのIQの平均低下を示唆しました。

特に子供における鉛曝露の健康への影響について広範な研究が行われてきました。米国環境保護庁には、1978年以来塗料への使用を禁止する規制を含め、鉛に関する多くの規制がありますが、鉛は依然として環境や日用品に含まれています。子供たちは、1978年以前の塗料や鉛を含む海外で作られたアイテムにさらされる可能性があります。重金属はまだ飲料水(自然にまたは配管パイプから)と土壌に含まれています。低いIQレベルに加えて、鉛曝露は注意と行動の問題、攻撃性、聴覚障害、神経過敏、感覚の低下、および習得した発達スキルの喪失に関連しています。

に登場する最近の研究では 衛生と環境衛生の国際ジャーナル、専門家は妊娠中の母親の鉛やその他の汚染物質の血中濃度を調べました。彼らは、鉛への曝露が増加するにつれて、ADHD関連の行動が増加することを発見しました。

5.マンガン

いくつかの研究は、ミネラルマンガンへの曝露が子供に悪影響を与える可能性があることを示しています。たとえば、飲料水中のマンガンは、学童の数学の成績の低下と関連していましたが、子供の毛髪サンプル中の高濃度のミネラルは、多動性と相関していました。空中マンガンに暴露された子供たちは、知的能力の低下と運動能力の低下を示しました。のレビュー 産業医学と環境衛生の国際ジャーナル (2013)2つの研究がマンガンへの暴露がADHDに関連していることを発見したことに注目した。

6.メチル水銀

メチル水銀は、主に魚介類に含まれる有機水銀です。環境保護庁は、胎児、乳児、および子供の間のメチル水銀の主な健康への影響は、記憶、細かい運動能力、注意、言語、認知的思考、および視覚空間能力の問題を含む神経発達障害であると説明しています。この損傷は、妊娠中の女性がメチル水銀を含む魚介類を摂取したときに子宮内で始まる可能性があります。

7.ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)は、難燃剤としてよく知られています。それらは、電子機器から家具、建材、自動車、衣類、プラスチック、ポリウレタンフォームに至るまでの製品に使用されています。人々は、これらのアイテムからのPBDEに加えて、いくつかの食品や吸入によってPBDEにさらされます。 PBDEは、母乳、脂肪組織、および血液に蓄積する可能性があります。研究によると、PBDEは不妊症、ホルモンかく乱(エストロゲン、甲状腺ホルモンなど)、および子供の発達上の問題に関連していることが示されています。

たとえば、カリフォルニア大学バークレー校の最近(2015年8月)の研究では、出生前と子供(9歳)のPBDEが測定され、「注意力と実行機能が低いPBDEへの出生前曝露の一貫した関連性」が発見されました。著者らは、彼らの発見は「これらの遍在する毒物が神経発達に悪影響を与える可能性があることを示す、増え続ける文献に追加される」と結論付けました。カリフォルニア州、メイン州、ワシントン州を含むいくつかの州では、欧州連合と同様にPBDEの使用を禁止しています(制限付き禁止)。

8.ポリ塩化ビフェニル(PCB)

1978年に米国議会によってポリ塩化ビフェニル(PCB)が禁止されたにもかかわらず、この発がん性物質は空気、土壌、水に残っており、その多くは埋め立て地での不適切な処分と焼却によるものです。つまり、母乳を含む私たちの食料や水供給を汚染し続ける可能性があるということです。 PCBへの暴露は、乳幼児の認知機能の低下と関連しています。

実際、最近の(2013)レポート 産業医学と環境衛生の国際ジャーナル PCBおよびその他の物質(マンガン、水銀、鉛など)への出生前および出生後の曝露が子供のADHDに及ぼす影響に関する証拠をレビューした。著者らは、PCBへの暴露は、「覚醒、覚醒反応の質、注意力のコストなどのADHDのような行動に関連していた」と報告しました。

9.テトラクロロエチレン

この溶剤は、ドライクリーニング液とも呼ばれ、ドライクリーニング業界や金属脱脂剤として広く使用されています。国際がん研究機関によると、テトラクロロエチレンはヒトの発がん性物質であり、土壌汚染物質である可能性が高いとのことです。テトラクロロエチレンへの暴露は、攻撃的な行動と多動性に関連しています。

この溶剤は、接着剤(子供が使用する)から塗料、接着剤、マニキュア、自動車の排出物、合成香料、タバコの煙に至るまでの一般的なアイテムに含まれています。 According to the authors of the recent ランセット神経学 report, “maternal exposure [to toluene] has been linked to brain development problems and attention deficit in the child, according to the EPA and OSHA.”

It isn’t always possible to avoid exposure to these toxins in our environment, but knowing which ones pose a health hazard may help alleviate their impact. Parents, researchers, and other concerned individuals need to be persistent in convincing industry leaders and government officials to take the proper steps to eliminate these toxins.


Chemicals and the brain

Some chemicals—lead, mercury and organophosphate pesticides, for example—have long been recognized as toxic substances that can have lasting effects on children’s neurological health, says Bruce Lanphear, health sciences professor at Simon Fraser University. While leaded paint is now banned in the US, it is still present in many homes and remains in use elsewhere around the world. Children can also be exposed to lead from paints, colorings and metals used in toys, even though these uses are prohibited by US law (remember Thomas the Tank Engine), and through contaminated soil or other environmental exposure as well as from plastics in which lead is used as a softener. Mercury exposure sources include some fish, air pollution and old mercury-containing thermometers and thermostats. While a great many efforts have gone into reducing and eliminating these exposures, concerns continue, particularly because we now recognize that adverse effects can occur at exceptionally low levels.

But scientists are also now discovering that chemical compounds common in outdoor air—including components of vehicle exhaust and fine particulate matter—as well as in indoor air and consumer products can also adversely affect brain development, including prenatally.

Chemicals in flame retardants, plastics, and personal care and other household products are among those Lanphear lists as targets of concern for their neurodevelopment effects.

Chemicals that prompt hormonal changes are increasingly suspected to have neurological effects, says Linda Birnbaum, director of the National Institute of Environmental Health Sciences and National Toxicology Program. Among the chemicals now being examined for neurological impacts that occur early in life are flame retardants known as PBDEs that have been used extensively in upholstery foams, electronics and other products phthalates, widely used as plasticizers and in synthetic fragrances the polycarbonate plastic ingredient bisphenol A, known commonly as BPA perfluorinated compounds, whose applications include stain-, water- and grease-resistant coatings and various pesticides.


Abstract

Endocrine-disrupting chemicals (EDCs) might increase the risk of childhood diseases by disrupting hormone-mediated processes that are critical for growth and development during gestation, infancy and childhood. The fetus, infant and child might have enhanced sensitivity to environmental stressors such as EDCs due to their rapid development and increased exposure to some EDCs as a consequence of development-specific behaviour, anatomy and physiology. In this Review, I discuss epidemiological studies examining the relationship between early-life exposure to bisphenol A (BPA), phthalates, triclosan and perfluoroalkyl substances (PFAS) with childhood neurobehavioural disorders and obesity. The available epidemiological evidence suggest that prenatal exposure to several of these ubiquitous EDCs is associated with adverse neurobehaviour (BPA and phthalates) and excess adiposity or increased risk of obesity and/or overweight (PFAS). Quantifying the effects of EDC mixtures, improving EDC exposure assessment, reducing bias from confounding, identifying periods of heightened vulnerability and elucidating the presence and nature of sexually dimorphic EDC effects would enable stronger inferences to be made from epidemiological studies than currently possible. Ultimately, improved estimates of the causal effects of EDC exposures on child health could help identify susceptible subpopulations and lead to public health interventions to reduce these exposures.


Causes Of Autism, ADHD

The Centers for Disease Control and Prevention reports that the rate of autism in the US has increased 30% from 1 in 88 just two years ago to 1 in 68. With increased public focus on this disease and other behavioral disorders, researchers are seeking answers for the escalation in rates that range from improved diagnosis by health care professionals to over diagnosis and perhaps most fascinating the link that exposure to chemical toxins plays in its onset, particularly during pregnancy when the fetus's brain development is adversely impacted.

Autism and attention deficit-hyperactivity disorder (ADHD) are not simple diseases for which cures are readily available nor are they simply caused by genetics even though researchers have identified several genes associated with both&mdash this according to recent studies attempting to pinpoint the influence of environment on genetic susceptibilities. This new science in which our surroundings are thought to influence genetic expression is called epigenetics, and if the findings detailed in this report pan out over time, as they appear to, it suggests that parents and caregivers of children with autism, ADHD and other behavioral disorders might have an option to prevent or reduce symptoms of these diseases.

Genetics or endocrine disruptors?

If genetics were the overriding determinant of autism, then one would expect that identical twins would have a higher rate of autism among both pairs than fraternal siblings. After all, identical twins share nearly identical genes compared with those fraternally born whose inheritance is more differentiated.

A July 2011 study from Archives of General Psychiatry looked at 192 sets of twins in California to test this theory. In each pair one twin was autistic. The study compared rates between identical and fraternal twins. The researchers reported fraternal pairs were just as likely to be autistic. Gestation and early childhood environmental influences appeared to be as influential as genetic makeup, the report said, although it did not pinpoint what those early influences might be.

However, other researchers appear to be closing some of the gaps of our understanding of the ecology of autism and ADHD.

A March 2011 study from NeuroToxicology provides evidence of a chemical poisoning link to autism and ADHD. Dr Amir Miodovnik at the Mount Sinai School of Medicine in New York City, and colleagues showed children who had been exposed to high levels of phthalates and bisphenol A (BPA) prenatally were more likely to show social impairment at seven to nine years of age&mdash displaying the kinds of functioning seen in these as well as other conditions. Both of these chemicals are ubiquitous in the environment, found in many products, and both are endocrine disruptors that affect brain activity in this study, the phthalate esters adversely impacted social behavior in adolescent inner-city children. &ldquoPrenatal exposure to endocrine disruptors has the potential to impact early brain development. Neurodevelopmental toxicity in utero may manifest as psychosocial deficits later in childhood. Prenatal phthalate exposure was associated with childhood social impairment in a multi-ethni urban population. Even mild degrees of impaired social functioning in otherwise healthy individuals can have very important adverse effects over a child&rsquos lifetime. These results extend our previous finding of atypical neonatal and early childhood behaviors in relation to prenatal phthalate exposure.&rdquo

Common Pesticides And Neurological Miswiring

In other words, chemicals to which the unborn child was exposed could have been causing neurological miswiring. But the linkages don&rsquot stop with this study. In the journal Pediatrics, Harvard University researchers found a link between commonly observed levels of chemical pesticides and ADHD in children 8 to 15 years of age. &ldquoThese findings support the hypothesis that organophosphate exposure, at levels common among US children, may contribute to ADHD prevalence.&rdquo

Getting Out Pesticides

According to the National Autism Association, 190 publications examined environmental toxicant exposures in autism and 170, or 89% found an association. Most doctors dealing with children or adults with ADHD or autism would not think of measuring for organophosphate pesticides or heavy metals or know what to do if the levels were high, notes detoxification researcher Michael Wisner whose work with Megan Shields, MD, led to published studies on release of chemical toxins in occupationally exposed workers using therapeutic sauna. Their work showed neurological symptoms declined with lessening the poisons in workers. Wisner, a member of the HealthyLivinG magazine advisory board, recommends saunas as a part of therapy for children or adults dealing with neurotoxicity. His views are shared by other experts

His views are shared by other experts. Autism, ADHD and Asperger&rsquos syndrome are conditions that respond to infrared sauna therapy, according to Rachel West, DO, of Los Angeles, California. Dr West combines therapies and modalities with diet and nutrition, and uses infrared sauna with children and adults.

Sweat Out Poisons

&ldquoWe do the same kind of detox for kids as we do for adults,&rdquo Dr West told HealthyLivinG. &ldquoMany chemical toxins are secreted via the skin and perspiration. Our skin is our largest detoxification organ, after all. Detoxification, in this sense, is perfect for special needs kids. The nice thing is that far infrared actually penetrates at cellular levels so it will help clean out organ tissues and disconnect cells from toxins that may be blocking pathways and at very low heat, which is safe for children.&rdquo

Sauna For Repetitive Movement

Some conditions set in as early as three years of age and she works with parents to teach them how to be with their child in the sauna. For example, she recommends reading them a story. Many kids&rsquo bodies are so toxic they are building up lactic acid, which can cause them to engage in repetitive movement, often associated with autism. &ldquoThe lactic acid makes kids feel like they want a massage and the saunas feel great on their joints and muscles,&rdquo she says. &ldquoAnd keep in mind it isn&rsquot the heat that counts, but the penetration that can occur at low heat. We see oxygenation of cells and better sleep. Since sauna restores and calms the nervous system and heat is nurturing, many parents have their kids take a sauna in preparation for bedtime or before their evening bath or shower.&rdquo

A recent report says infrared sauna &ldquoincreased excretion with sweat fluid of toxic substances (lead, thiuram, captax, sulphenamide C) that penetrated the body during work. Sauna is recommended as an effective procedure in conditions where chemical and physical factors are the leading professional noxae.&rdquo

Infrared is cited frequently as the preferred sauna in most recent studies. Innovative full spectrum infrared technology allows users to program for specific benefits including lower blood pressure, detoxification, weight loss, pain relief and more. Saunas with LED screens allow the user to choose detoxification, heart, weight loss and other programs as well as monitor themselves with an online site. In a 2005 clinical study by the University of Missouri, Kansas City, Solocarbon heaters were shown to lower blood pressure through a program of 30 minute infrared sauna sessions three times per week. The study concluded that infrared sauna therapy with Solocarbon technology dilated blood vessels and reduced the volume of their inner lining, thus increasing circulation.

The heat generated by an infrared sauna produces sweat that contains more toxins per unit, which is why experts say its use can be more effective. In a clinical study Solocarbon was shown to raise the core body temperature to over 100 °F.

As a result regular usage can surface a deeply detoxifying sweat where some of the hidden poisons reside. (However, sauna should never be used during pregnancy or without consulting a doctor.)

Take Action Before Conception

The jury is still out as to how influential environment is upon the genetics of such sufferers. But putting together the pieces suggests that parents can actually do something about preventing these conditions in their offspring. For those men and women who expect to have children, doing a preconception detox with infrared sauna makes sense, says Wisner who has overseen hundreds of couples who&rsquove become infrared sauna users just for this purpose. As for children and adults already afflicted with conditions, one can see effects lessened with detoxification of chemicals, he adds.


ビデオを見る: 世界初子どものADHDに治療効果のあるゲームEndeavorRXとは発達障害 (八月 2022).