新しいレシピ

すべての食品愛好家のバケットリストの12の旅行先

すべての食品愛好家のバケットリストの12の旅行先



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

食べ物を愛する?旅行が好きですか?これはあなたのための究極のリストです

食品愛好家の旅行バケツリストにぴったりの12のエリアを切り上げました。こちらでチェックしてください。

世界の国々よりも多くの種類の料理があります(後者の数は200に近づいています)。それぞれの種類の食べ物は、歴史、文化、そしてそれとともに成長した個人にとっては、家族、友人、特定の出来事の思い出に染み込んでいます。

すべての世界の旅行者(および食品愛好家)は、たとえ書き留められたことがなくても、夢の目的地のリストを持っています。私たちは、食品愛好家の旅行にぴったりの12のエリアを切り上げました。 バケットリスト。私たちのグループは、ザグレブのサルマ、ひき肉で満たされたキャベツの葉、京都の懐石料理など、世界中の地域を強調しています。見て、これらの食品中心の都市と地域をあなたのメンタルバケットリストに追加し始めてください。

コールマンアンドリュースによる追加の報告。


すべての食品愛好家のバケツリストに載る必要がある10の美術館

ジョージ・バーナード・ショーは、「食べ物への愛よりも誠実な愛はありません」と正しく言っていました。スパイシーなチキンティッカから絶妙なスープアロワニョン、そして退廃的なチョコレートケーキまで、何が好きではありませんか?

そして、あなたが世界で最も人気のある食品の背後にある豊かな歴史を探求することを夢見ている人なら(おいしい食品のサンプルを食べながら)、食品博物館にほかなりません。

旅行に飢えているすべての食品愛好家にとって必見のこれらの人気のある美術館をチェックしてください:

1. Deutsches Currywurst Museum、ベルリン、ドイツ

カリーヴルストはドイツのファーストフードのお気に入りです。風変わりな博物館では、揚げソーセージ料理の興味深い歴史を垣間見ることができます。ソーセージの形をしたソファに座りながら、ソーセージの形をした電話でその起源の話を聞くことができます。さらに、カリーヴルストをテーマにしたビデオゲームをプレイしたり、インタラクティブな展示を使用して仮想ソーセージを準備したり、模擬カリーヴルストバーの後ろで自撮り写真を撮ったり、もちろん、いくつかのスパイシーなサンプルをスカーフで飾ったりすることができます。

2.新横浜ラーメン博物館、横浜、日本

博物館の1階は、人気の麺料理の歴史に捧げられています。地下階には東京の旧市街、下町の美しく詳細なレプリカが飾られています。また、17世紀に初めて食べられたラーメン料理の再現も含まれています。下の階には、日本のさまざまな地域のラーメン丼を提供する9つの異なるレストランもあります。博物館によると、日本には少なくとも30の異なる地域のラーメンがあります。また、美術館内の「マイラーメン」ブースでは、自分だけのラーメンを作ることもできます。日本語で「連れて行って」ってなんて言うの?

3.ピザブレイン、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

ピザ愛好家のブライアン・ドワイアーによってキュレーションされたこの風変わりな博物館には、世界最大のピザ用品のコレクションがあります。そして、ピザをテーマにした本、ビニールレコード、アクションフィギュアをすべて閲覧すると、少し厄介なことになります。付属のピザ屋に行って、いくつかのスライスを食べてみてください。

4.Lemuséeduchocolat、パリ、フランス

「必要なのは愛だけです。しかし、時々少しのチョコレートは傷つきません」と有名な​​アメリカの漫画家、チャールズM.シュルツは書いています。彼はこれ以上正確ではありませんでした!あなたが私のようなチョコレート愛好家なら、パリのチョコレート博物館は間違いなくあなたのバケツリストに載っている必要があります。チョコストーリーとしても知られるこの博物館には、カカオ豆の起源からチョコレート製造の商業化まで、1,000を超える展示があります。さらに、専門のショコラティエが作ったおいしいおやつを味わったり、ワークショップで自分で作ったりすることもできます。 Excusez-moi、s'il vous plait、チケットを予約する必要があります!

5.ベルギー、ブルージュのフリッツ博物館

ベルギー北西部に位置し、フライドポテトを専門とする世界で唯一の博物館です。 1階では、1万年以上前にペルーで生まれたジャガイモの興味深い歴史を知ることができます。 1階は、フライドポテトの歴史とベルギーに来た経緯を紹介しています。歴史家によると、ベルギー人は1600年代後半からフライドポテトを食べてきました。ツアーが終わったら、地下階にある中世の地下室に行って、無料サンプルを試してみることができます!

6.博物館キムチカン、ソウル、韓国

発酵野菜で作ったキムチは韓国料理の定番です。博物館の目的は、この伝統的なおかずの作り方について訪問者を教育することです。地域のさまざまなキムチに焦点を当てた特別展をチェックできます。それ以外にも、顕微鏡で漬け物の栄養価を高める乳酸菌を観察することができます。また、ユニークなテイスティングルームでキムチを幅広く味わうことができます。

7.ヘリング時代博物館、シグルフィヨルズル、アイスランド

アイスランド人は魚を非常に真剣に受け止めています。そして、ヘリング時代の博物館はまさにそれを証明しています。小さな漁村にあり、北欧最大の海事博物館です。これは、アイスランドのニシン産業の重要性と、アイスランドの歴史におけるその役割を示しています。 1930年代の大恐慌の間の良いニシンの季節は、「5世紀にわたるデンマークの支配の後、1944年に国が自由を達成できるようにする役割を果たしました」と博物館のウェブサイトは説明しています。博物館には、重機、ボート、モーター、錨、魚の釣りや加工に使用された小さな手工具など、数多くの工芸品があります。さらに、訪問者は、ヴィンテージの樽型ステンシルのように見える手作りの樽型浴槽やピンなど、土産物店から風変わりな商品を購入できます。

8.国立マスタード博物館、ミドルトン、アメリカ合衆国

マスタードの記念品の盛り合わせ、インタラクティブなフードクイズ、テイスティングバーを完備したこの場所は、マスタード愛好家のパラダイスです。スターアトラクションは、博物館の万里の長城です。これは、米国の50州すべてと70か国以上からの5,600種類以上のマスタードの豊富なコレクションです。そして、ああ、私はエントリーが無料だと言いましたか?

9.チーズ博物館、アルクマール、オランダ

アルクマールのチーズ計量ハウスの上層階にある博物館は、エダムとゴーダの2つの最も有名なオランダのチーズの歴史に焦点を当てています。チーズ関連のツールの膨大なコレクションと、子供向けのインタラクティブな展示やプレゼンテーションがあります。 4月から9月の間にアルクマールを訪れた場合は、世界的に有名なチーズ市場をチェックすることを忘れないでください。

10. Jell-O Gallery Museum、ニューヨーク、アメリカ合衆国

博物館は、ぐらついたゼラチンデザートであるジェロの発祥の地でもあるルロイの町にあります。レシピ本、ヴィンテージ広告、カビ、その他の記念品で飾られたこの魅力的な博物館への訪問は、あなたを空腹にすること間違いなしです。また、ジェロのぬいぐるみや鉛筆からナンバープレートや色が変わるカップまで、あらゆるものを販売している風変わりな土産物店をチェックすることを忘れないでください。

チケットを予約してバッグを詰めましょう。冒険の旅に出かけましょう。


すべての食品愛好家のバケツリストに載る必要がある10の美術館

ジョージ・バーナード・ショーは、「食べ物への愛よりも誠実な愛はありません」と正しく言っていました。スパイシーなチキンティッカから絶妙なスープアロワニョン、そして退廃的なチョコレートケーキまで、何が好きではありませんか?

そして、あなたが世界で最も人気のある食品の背後にある豊かな歴史を探求することを夢見ている人なら(おいしい食品のサンプルを食べながら)、食品博物館にほかなりません。

旅行に飢えているすべての食品愛好家にとって必見のこれらの人気のある美術館をチェックしてください:

1. Deutsches Currywurst Museum、ベルリン、ドイツ

カリーヴルストはドイツのファーストフードのお気に入りです。風変わりな博物館では、揚げソーセージ料理の興味深い歴史を垣間見ることができます。ソーセージの形をしたソファに座りながら、ソーセージの形をした電話でその起源の話を聞くことができます。さらに、カリーヴルストをテーマにしたビデオゲームをプレイしたり、インタラクティブな展示を使用して仮想ソーセージを準備したり、模擬カリーヴルストバーの後ろで自撮り写真を撮ったり、もちろん、いくつかのスパイシーなサンプルをスカーフで飾ったりすることができます。

2.新横浜ラーメン博物館、横浜、日本

博物館の1階は、人気の麺料理の歴史に捧げられています。地下階には東京の旧市街、下町の美しく詳細なレプリカが飾られています。また、17世紀に初めて食べられたラーメン料理の再現も含まれています。下の階には、日本のさまざまな地域のラーメン丼を提供する9つの異なるレストランもあります。博物館によると、日本には少なくとも30の異なる地域のラーメンがあります。また、美術館のショップの「マイラーメン」ブースでは、自分だけのラーメンを作ることもできます。日本語で「連れて行って」ってなんて言うの?

3.ピザブレイン、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

ピザ愛好家のブライアン・ドワイアーによってキュレーションされたこの風変わりな博物館には、世界最大のピザ用品のコレクションがあります。そして、ピザをテーマにした本、ビニールレコード、アクションフィギュアをすべて閲覧すると、少し厄介なことになります。付属のピザ屋に行って、いくつかのスライスを食べてみてください。

4.Lemuséeduchocolat、パリ、フランス

「必要なのは愛だけです。しかし、時々少しのチョコレートは傷つきません」と有名な​​アメリカの漫画家、チャールズM.シュルツは書いています。彼はこれ以上正確ではありませんでした!あなたが私のようなチョコレート愛好家なら、パリのチョコレート博物館は間違いなくあなたのバケツリストに載っている必要があります。チョコストーリーとしても知られるこの博物館には、カカオ豆の起源からチョコレート製造の商業化まで、1,000を超える展示があります。さらに、専門のショコラティエが作ったおいしいおやつを味わったり、ワークショップで自分で作ったりすることもできます。 Excusez-moi、s'il vous plait、チケットを予約する必要があります!

5.ベルギー、ブルージュのフリッツ博物館

ベルギー北西部に位置し、フライドポテトを専門とする世界で唯一の博物館です。 1階では、1万年以上前にペルーで生まれたジャガイモの興味深い歴史を知ることができます。 1階は、フライドポテトの歴史とベルギーに来た経緯を紹介しています。歴史家によると、ベルギー人は1600年代後半からフライドポテトを食べてきました。ツアーが終わったら、地下階にある中世の地下室に行って、無料サンプルを試してみることができます!

6.博物館キムチカン、ソウル、韓国

発酵野菜で作ったキムチは韓国料理の定番です。博物館の目的は、この伝統的なおかずの作り方について訪問者を教育することです。地域のさまざまなキムチに焦点を当てた特別展をチェックできます。それ以外にも、顕微鏡で漬け物の栄養価を高める乳酸菌を観察することができます。また、ユニークなテイスティングルームでキムチを幅広く味わうことができます。

7.ヘリング時代博物館、シグルフィヨルズル、アイスランド

アイスランド人は魚を非常に真剣に受け止めています。そして、ヘリング時代の博物館はまさにそれを証明しています。小さな漁村にあり、北欧最大の海事博物館です。これは、アイスランドのニシン産業の重要性と、アイスランドの歴史におけるその役割を示しています。 1930年代の大恐慌の間の良いニシンの季節は、「5世紀にわたるデンマークの支配の後、1944年に国が自由を達成できるようにする役割を果たしました」と博物館のウェブサイトは説明しています。博物館には、重機、ボート、モーター、錨、魚の釣りや加工に使用された小さな手工具など、数多くの工芸品があります。さらに、訪問者は、ヴィンテージの樽型ステンシルのように見える手作りの樽型浴槽やピンなど、土産物店から風変わりな商品を購入できます。

8.国立マスタード博物館、ミドルトン、アメリカ合衆国

マスタードの記念品の盛り合わせ、インタラクティブなフードクイズ、テイスティングバーを完備したこの場所は、マスタード愛好家のパラダイスです。スターアトラクションは、博物館の万里の長城です。これは、米国の50州すべてと70か国以上からの5,600種類以上のマスタードの豊富なコレクションです。そして、ああ、私はエントリーが無料だと言いましたか?

9.チーズ博物館、アルクマール、オランダ

アルクマールのチーズ計量ハウスの上層階にある博物館は、エダムとゴーダの2つの最も有名なオランダのチーズの歴史に焦点を当てています。チーズ関連のツールの膨大なコレクションと、子供向けのインタラクティブな展示やプレゼンテーションがあります。 4月から9月の間にアルクマールを訪れた場合は、世界的に有名なチーズ市場をチェックすることを忘れないでください。

10. Jell-O Gallery Museum、ニューヨーク、アメリカ合衆国

博物館は、ぐらついたゼラチンデザートであるジェロの発祥の地でもあるルロイの町にあります。レシピ本、ヴィンテージ広告、カビ、その他の記念品で飾られたこの魅力的な博物館への訪問は、あなたを空腹にすること間違いなしです。また、ジェロのぬいぐるみや鉛筆からナンバープレートや色が変わるカップまで、あらゆるものを販売している風変わりな土産物店をチェックすることを忘れないでください。

チケットを予約してバッグを詰めましょう。冒険の旅に出かけましょう。


すべての食品愛好家のバケツリストに載る必要がある10の美術館

ジョージ・バーナード・ショーは、「食べ物への愛よりも誠実な愛はありません」と正しく言っていました。スパイシーなチキンティッカから絶妙なスープアロワニョン、そして退廃的なチョコレートケーキまで、何が好きではありませんか?

そして、あなたが世界で最も人気のある食品の背後にある豊かな歴史を探求することを夢見ている人なら(おいしい食品のサンプルを食べながら)、食品博物館にほかなりません。

旅行に飢えているすべての食品愛好家にとって必見のこれらの人気のある美術館をチェックしてください:

1. Deutsches Currywurst Museum、ベルリン、ドイツ

カリーヴルストはドイツのファーストフードのお気に入りです。風変わりな博物館では、揚げソーセージ料理の興味深い歴史を垣間見ることができます。ソーセージの形をしたソファに座りながら、ソーセージの形をした電話でその起源の話を聞くことができます。さらに、カリーヴルストをテーマにしたビデオゲームをプレイしたり、インタラクティブな展示を使用して仮想ソーセージを準備したり、模擬カリーヴルストバーの後ろで自撮り写真を撮ったり、もちろん、いくつかのスパイシーなサンプルをスカーフで飾ったりすることができます。

2.新横浜ラーメン博物館、横浜、日本

博物館の1階は、人気の麺料理の歴史に捧げられています。地下階には東京の旧市街、下町の美しく詳細なレプリカが飾られています。また、17世紀に初めて食べられたラーメン料理の再現も含まれています。下の階には、日本のさまざまな地域のラーメン丼を提供する9つの異なるレストランもあります。博物館によると、日本には少なくとも30の異なる地域のラーメンがあります。また、美術館のショップの「マイラーメン」ブースでは、自分だけのラーメンを作ることもできます。日本語で「連れて行って」ってなんて言うの?

3.ピザブレイン、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

ピザ愛好家のブライアン・ドワイアーによってキュレーションされたこの風変わりな博物館には、世界最大のピザ用品のコレクションがあります。そして、ピザをテーマにした本、ビニールレコード、アクションフィギュアをすべて閲覧すると、少し厄介なことになります。付属のピザ屋に行って、いくつかのスライスを食べてみてください。

4.Lemuséeduchocolat、パリ、フランス

「必要なのは愛だけです。しかし、時々少しのチョコレートは傷つきません」と有名な​​アメリカの漫画家、チャールズM.シュルツは書いています。彼はこれ以上正確ではありませんでした!あなたが私のようなチョコレート愛好家なら、パリのチョコレート博物館は間違いなくあなたのバケツリストに載っている必要があります。チョコストーリーとしても知られるこの博物館には、カカオ豆の起源からチョコレート製造の商業化まで、1,000を超える展示があります。さらに、専門のショコラティエが作ったおいしいおやつを味わったり、ワークショップで自分で作ったりすることもできます。 Excusez-moi、s'il vous plait、チケットを予約する必要があります!

5.ベルギー、ブルージュのフリッツ博物館

ベルギー北西部に位置し、フライドポテトを専門とする世界で唯一の博物館です。 1階では、1万年以上前にペルーで生まれたジャガイモの興味深い歴史を知ることができます。 1階は、フライドポテトの歴史とベルギーに来た経緯を紹介しています。歴史家によると、ベルギー人は1600年代後半からフライドポテトを食べてきました。ツアーが終わったら、地下階にある中世の地下室に行って、無料サンプルを試してみることができます!

6.博物館キムチカン、ソウル、韓国

発酵野菜で作ったキムチは韓国料理の定番です。博物館の目的は、この伝統的なおかずの作り方について訪問者を教育することです。地域のさまざまなキムチに焦点を当てた特別展をチェックできます。それ以外にも、顕微鏡で漬け物の栄養価を高める乳酸菌を観察することができます。また、ユニークなテイスティングルームでキムチを幅広く味わうことができます。

7.ヘリング時代博物館、シグルフィヨルズル、アイスランド

アイスランド人は魚を非常に真剣に受け止めています。そして、ヘリング時代の博物館はまさにそれを証明しています。小さな漁村にあり、北欧最大の海事博物館です。これは、アイスランドのニシン産業の重要性と、アイスランドの歴史におけるその役割を示しています。 1930年代の大恐慌の間の良いニシンの季節は、「5世紀にわたるデンマークの支配の後、1944年に国が自由を達成できるようにする役割を果たしました」と博物館のウェブサイトは説明しています。博物館には、重機、ボート、モーター、錨、魚の釣りや加工に使用された小さな手工具など、数多くの工芸品があります。さらに、訪問者は、ヴィンテージの樽型ステンシルのように見える手作りの樽型浴槽やピンなど、土産物店から風変わりな商品を購入できます。

8.国立マスタード博物館、ミドルトン、アメリカ合衆国

マスタードの記念品の盛り合わせ、インタラクティブなフードクイズ、テイスティングバーを完備したこの場所は、マスタード愛好家のパラダイスです。スターアトラクションは、博物館の万里の長城です。これは、米国の50州すべてと70か国以上からの5,600種類以上のマスタードの豊富なコレクションです。そして、ああ、私はエントリーが無料だと言いましたか?

9.チーズ博物館、アルクマール、オランダ

アルクマールのチーズ計量ハウスの上層階にある博物館は、エダムとゴーダの2つの最も有名なオランダのチーズの歴史に焦点を当てています。チーズ関連のツールの膨大なコレクションと、子供向けのインタラクティブな展示やプレゼンテーションがあります。 4月から9月の間にアルクマールを訪れた場合は、世界的に有名なチーズ市場をチェックすることを忘れないでください。

10. Jell-O Gallery Museum、ニューヨーク、アメリカ合衆国

博物館は、ぐらついたゼラチンデザートであるジェロの発祥の地でもあるルロイの町にあります。レシピ本、ヴィンテージ広告、カビ、その他の記念品で飾られたこの魅力的な博物館への訪問は、あなたを空腹にすること間違いなしです。また、ジェロのぬいぐるみや鉛筆からナンバープレートや色が変わるカップまで、あらゆるものを販売している風変わりな土産物店をチェックすることを忘れないでください。

チケットを予約してバッグを詰めましょう。冒険の旅に出かけましょう。


すべての食品愛好家のバケツリストに載る必要がある10の美術館

ジョージ・バーナード・ショーは、「食べ物への愛よりも誠実な愛はありません」と正しく言っていました。スパイシーなチキンティッカから絶妙なスープアロワニョン、そして退廃的なチョコレートケーキまで、何が好きではありませんか?

そして、あなたが世界で最も人気のある食品の背後にある豊かな歴史を探求することを夢見ている人なら(おいしい食品のサンプルを食べながら)、食品博物館にほかなりません。

旅行に飢えているすべての食品愛好家にとって必見のこれらの人気のある美術館をチェックしてください:

1. Deutsches Currywurst Museum、ベルリン、ドイツ

カリーヴルストはドイツのファーストフードのお気に入りです。風変わりな博物館では、揚げソーセージ料理の興味深い歴史を垣間見ることができます。ソーセージの形をしたソファに座りながら、ソーセージの形をした電話でその起源の話を聞くことができます。さらに、カリーヴルストをテーマにしたビデオゲームをプレイしたり、インタラクティブな展示を使用して仮想ソーセージを準備したり、模擬カリーヴルストバーの後ろで自撮り写真を撮ったり、もちろん、いくつかのスパイシーなサンプルをスカーフで飾ったりすることができます。

2.新横浜ラーメン博物館、横浜、日本

博物館の1階は、人気の麺料理の歴史に捧げられています。地下階には東京の旧市街、下町の美しく詳細なレプリカが飾られています。また、17世紀に初めて食べられたラーメン料理の再現も含まれています。下の階には、日本のさまざまな地域のラーメン丼を提供する9つの異なるレストランもあります。博物館によると、日本には少なくとも30の異なる地域のラーメンがあります。また、美術館のショップの「マイラーメン」ブースでは、自分だけのラーメンを作ることもできます。日本語で「連れて行って」ってなんて言うの?

3.ピザブレイン、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

ピザ愛好家のブライアン・ドワイアーによってキュレーションされたこの風変わりな博物館には、世界最大のピザ用品のコレクションがあります。そして、ピザをテーマにした本、ビニールレコード、アクションフィギュアをすべて閲覧すると、少し厄介なことになります。付属のピザ屋に行って、いくつかのスライスを食べてみてください。

4.Lemuséeduchocolat、パリ、フランス

「必要なのは愛だけです。しかし、時々少しのチョコレートは傷つきません」と有名な​​アメリカの漫画家、チャールズM.シュルツは書いています。彼はこれ以上正確ではありませんでした!あなたが私のようなチョコレート愛好家なら、パリのチョコレート博物館は間違いなくあなたのバケツリストに載っている必要があります。チョコストーリーとしても知られるこの博物館には、カカオ豆の起源からチョコレート製造の商業化まで、1,000を超える展示があります。さらに、専門のショコラティエが作ったおいしいおやつを味わったり、ワークショップで自分で作ったりすることもできます。 Excusez-moi、s'il vous plait、チケットを予約する必要があります!

5.ベルギー、ブルージュのフリッツ博物館

ベルギー北西部に位置し、フライドポテトを専門とする世界で唯一の博物館です。 1階では、1万年以上前にペルーで生まれたジャガイモの興味深い歴史を知ることができます。 1階は、フライドポテトの歴史とベルギーに来た経緯を紹介しています。歴史家によると、ベルギー人は1600年代後半からフライドポテトを食べてきました。ツアーが終わったら、地下階にある中世の地下室に行って、無料サンプルを試してみることができます!

6.博物館キムチカン、ソウル、韓国

発酵野菜で作ったキムチは韓国料理の定番です。博物館の目的は、この伝統的なおかずの作り方について訪問者を教育することです。地域のさまざまなキムチに焦点を当てた特別展をチェックできます。それ以外にも、顕微鏡で漬け物の栄養価を高める乳酸菌を観察することができます。また、ユニークなテイスティングルームでキムチを幅広く味わうことができます。

7.ヘリング時代博物館、シグルフィヨルズル、アイスランド

アイスランド人は魚を非常に真剣に受け止めています。そして、ヘリング時代の博物館はまさにそれを証明しています。小さな漁村にあり、北欧最大の海事博物館です。これは、アイスランドのニシン産業の重要性と、アイスランドの歴史におけるその役割を示しています。 1930年代の大恐慌の間の良いニシンの季節は、「5世紀にわたるデンマークの支配の後、1944年に国が自由を達成できるようにする役割を果たしました」と博物館のウェブサイトは説明しています。博物館には、重機、ボート、モーター、錨、魚の釣りや加工に使用された小さな手工具など、数多くの工芸品があります。さらに、訪問者は、ヴィンテージの樽型ステンシルのように見える手作りの樽型浴槽やピンなど、土産物店から風変わりな商品を購入できます。

8.国立マスタード博物館、ミドルトン、アメリカ合衆国

マスタードの記念品の盛り合わせ、インタラクティブなフードクイズ、テイスティングバーを完備したこの場所は、マスタード愛好家のパラダイスです。スターアトラクションは、博物館の万里の長城です。これは、米国の50州すべてと70か国以上からの5,600種類以上のマスタードの豊富なコレクションです。そして、ああ、私はエントリーが無料だと言いましたか?

9.チーズ博物館、アルクマール、オランダ

アルクマールのチーズ計量ハウスの上層階にある博物館は、エダムとゴーダの2つの最も有名なオランダのチーズの歴史に焦点を当てています。チーズ関連のツールの膨大なコレクションと、子供向けのインタラクティブな展示やプレゼンテーションがあります。 4月から9月の間にアルクマールを訪れた場合は、世界的に有名なチーズ市場をチェックすることを忘れないでください。

10. Jell-O Gallery Museum、ニューヨーク、アメリカ合衆国

博物館は、ぐらついたゼラチンデザートであるジェロの発祥の地でもあるルロイの町にあります。レシピ本、ヴィンテージ広告、カビ、その他の記念品で飾られたこの魅力的な博物館への訪問は、あなたを空腹にすること間違いなしです。また、ジェロのぬいぐるみや鉛筆からナンバープレートや色が変わるカップまで、あらゆるものを販売している風変わりな土産物店をチェックすることを忘れないでください。

チケットを予約してバッグを詰めましょう。冒険の旅に出かけましょう。


すべての食品愛好家のバケツリストに載る必要がある10の美術館

ジョージ・バーナード・ショーは、「食べ物への愛よりも誠実な愛はありません」と正しく言っていました。スパイシーなチキンティッカから絶妙なスープアロワニョン、そして退廃的なチョコレートケーキまで、何が好きではありませんか?

そして、あなたが世界で最も人気のある食品の背後にある豊かな歴史を探求することを夢見ている人なら(おいしい食品のサンプルを食べながら)、食品博物館にほかなりません。

旅行に飢えているすべての食品愛好家にとって必見のこれらの人気のある美術館をチェックしてください:

1. Deutsches Currywurst Museum、ベルリン、ドイツ

カリーヴルストはドイツのファーストフードのお気に入りです。風変わりな博物館では、揚げソーセージ料理の興味深い歴史を垣間見ることができます。ソーセージの形をしたソファに座りながら、ソーセージの形をした電話でその起源の話を聞くことができます。さらに、カリーヴルストをテーマにしたビデオゲームをプレイしたり、インタラクティブな展示を使用して仮想ソーセージを準備したり、模擬カリーヴルストバーの後ろで自撮り写真を撮ったり、もちろん、いくつかのスパイシーなサンプルをスカーフで飾ったりすることができます。

2.新横浜ラーメン博物館、横浜、日本

博物館の1階は、人気の麺料理の歴史に捧げられています。地下階には東京の旧市街、下町の美しく詳細なレプリカが飾られています。また、17世紀に初めて食べられたラーメン料理の再現も含まれています。下の階には、日本のさまざまな地域のラーメン丼を提供する9つの異なるレストランもあります。博物館によると、日本には少なくとも30の異なる地域のラーメンがあります。また、美術館のショップの「マイラーメン」ブースでは、自分だけのラーメンを作ることもできます。日本語で「連れて行って」ってなんて言うの?

3.ピザブレイン、フィラデルフィア、アメリカ合衆国

ピザ愛好家のブライアン・ドワイアーによってキュレーションされたこの風変わりな博物館には、世界最大のピザ用品のコレクションがあります。そして、ピザをテーマにした本、ビニールレコード、アクションフィギュアをすべて閲覧すると、少し厄介なことになります。付属のピザ屋に行って、いくつかのスライスを食べてみてください。

4.Lemuséeduchocolat、パリ、フランス

「必要なのは愛だけです。しかし、時々少しのチョコレートは傷つきません」と有名な​​アメリカの漫画家、チャールズM.シュルツは書いています。彼はこれ以上正確ではありませんでした!あなたが私のようなチョコレート愛好家なら、パリのチョコレート博物館は間違いなくあなたのバケツリストに載っている必要があります。チョコストーリーとしても知られるこの博物館には、カカオ豆の起源からチョコレート製造の商業化まで、1,000を超える展示があります。さらに、専門のショコラティエが作ったおいしいおやつを味わったり、ワークショップで自分で作ったりすることもできます。 Excusez-moi、s'il vous plait、チケットを予約する必要があります!

5.ベルギー、ブルージュのフリッツ博物館

ベルギー北西部に位置し、フライドポテトを専門とする世界で唯一の博物館です。 1階では、1万年以上前にペルーで生まれたジャガイモの興味深い歴史を知ることができます。 1階は、フライドポテトの歴史とベルギーに来た経緯を紹介しています。歴史家によると、ベルギー人は1600年代後半からフライドポテトを食べてきました。ツアーが終わったら、地下階にある中世の地下室に行って、無料サンプルを試してみることができます!

6.博物館キムチカン、ソウル、韓国

発酵野菜で作ったキムチは韓国料理の定番です。博物館の目的は、この伝統的なおかずの作り方について訪問者を教育することです。地域のさまざまなキムチに焦点を当てた特別展をチェックできます。それ以外にも、顕微鏡で漬け物の栄養価を高める乳酸菌を観察することができます。また、ユニークなテイスティングルームでキムチを幅広く味わうことができます。

7.ヘリング時代博物館、シグルフィヨルズル、アイスランド

アイスランド人は魚を非常に真剣に受け止めています。そして、ヘリング時代の博物館はまさにそれを証明しています。小さな漁村にあり、北欧最大の海事博物館です。これは、アイスランドのニシン産業の重要性と、アイスランドの歴史におけるその役割を示しています。 1930年代の大恐慌の間の良いニシンの季節は、「5世紀にわたるデンマークの支配の後、1944年に国が自由を達成できるようにする役割を果たしました」と博物館のウェブサイトは説明しています。博物館には、重機、ボート、モーター、錨、魚の釣りや加工に使用された小さな手工具など、数多くの工芸品があります。さらに、訪問者は、ヴィンテージの樽型ステンシルのように見える手作りの樽型浴槽やピンなど、土産物店から風変わりな商品を購入できます。

8.国立マスタード博物館、ミドルトン、アメリカ合衆国

マスタードの記念品の盛り合わせ、インタラクティブなフードクイズ、テイスティングバーを完備したこの場所は、マスタード愛好家のパラダイスです。スターアトラクションは、博物館の万里の長城です。これは、米国の50州すべてと70か国以上からの5,600種類以上のマスタードの豊富なコレクションです。そして、ああ、私はエントリーが無料だと言いましたか?

9.チーズ博物館、アルクマール、オランダ

アルクマールのチーズ計量ハウスの上層階にある博物館は、エダムとゴーダの2つの最も有名なオランダのチーズの歴史に焦点を当てています。 It houses a vast collection of cheese-related tools along with interactive exhibits and presentations for kids. If you happen to visit Alkmaar between April and September, don't forget to check out its world-famous cheese market.

10. Jell-O Gallery Museum, New York, United States

The museum is located in the town of LeRoy which is also the birthplace of Jell-O, the wobbly gelatin dessert. Decked with recipe books, vintage advertisements, molds and other memorabilia, a visit to this fascinating museum is bound to make you hungry. Also, don't forget to check out their quirky souvenir shop that sells everything from Jell-O plush toys and pencils to license plates and color changing cups.

Now book the tickets and pack your bags, it's time to take your taste buds on an adventurous journey!


10 Museums That Need To Be On Every Food Lover's Bucket List

George Bernard Shaw had rightly said, "there is no love sincerer than the love of food." From spicy Chicken Tikka to exquisite Soupe à L'oignon and decadent chocolate cakes, what's not to like?

And if you're someone who fancies exploring the rich history behind some of the world's most popular foods (while munching on delish food samples) then look no further than a food museum.

Check out these popular museums that are a must-visit for all food lovers who have a hunger for travel:

1. Deutsches Currywurst Museum, Berlin, Germany

Currywurst is a German fast-food favorite. The quirky museum offers a sneak-peek into the interesting history of the fried sausage dish. You can listen to the story of its origin on a sausage-shaped telephone while sitting on a sausage-shaped couch. What's more, you can play currywurst-themed video games, prepare a virtual sausage using interactive exhibits, take some selfies behind a mock-currywurst bar, and of course, scarf down a few spicy samples.

2. Shin-Yokohama Raumen Museum, Yokohama, Japan

The museum's first floor is dedicated to the history of the popular noodle dish. While the basement floors feature a beautiful, detailed replica of Tokyo's old town, Shitamachi. It also includes a recreation of the first ramen dish ever eaten back in the 17th century. The lower floor also houses nine different restaurants which serve ramen bowls from different regions of Japan. According to the museum, there are at least 30 distinct, regional varieties of ramen in Japan. Meanwhile, you can also create your own brand of ramen at the 'My Ramen' booth in the museum's shop. How do you say "take me there" in Japanese?

3. Pizza Brain, Philadelphia, United States

Curated by pizza aficionado Brian Dwyer, this quirky museum houses the world's largest collection of pizza paraphernalia. And if browsing through all those pizza-themed books, vinyl records and action figures makes you a little peckish, you can head over to the attached pizzeria to gorg on a few slices.

4. Le musée du chocolat, Paris, France

"All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt," wrote famous American cartoonist, Charles M. Schulz. He couldn't be more accurate! If you're a chocolate enthusiast like me, then the chocolate museum of Paris definitely needs to be on your bucket list. Also known as Choco-Story, the museum has over 1,000 exhibits that cover everything from the origin of cocoa beans to commercialization of chocolate-making. Moreover, you can also taste delicious treats made by expert chocolatiers or create one yourself at one of the workshops. Excusez-moi, s'il vous plait, need to book some tickets!

5. Frietmuseum, Bruges, Belgium

Located in northwest Belgium, it is the world's only museum dedicated to French fries. On its ground floor, visitors can learn about the interesting history of potatoes which originated in Peru over 10,000 years ago. The first floor is dedicated to the history of French fries and how they came to Belgium. According to historians, the Belgians have been eating fried potatoes since the late 1600s. Once the tour is over, you can head over to the medieval cellars located on the basement floor to chomp on some free samples!

6. Museum Kimchikan, Seoul, South Korea

Made with fermented vegetables, Kimchi is a staple in Korean cuisine. The museum's aim is to educate visitors about the making of this traditional side dish. You can check out a special exhibition that focuses on various regional varieties of kimchi. Other than that, visitors can use a microscope to observe the lactic acid bacteria that makes the pickled dish nutritious. Additionally, you can treat yourself to a wide range of Kimchi in a unique tasting room.

7. The Herring Era Museum, Siglufjörður, Iceland

Icelanders take their fish very seriously. And the Herring Era Museum proves just that. Located in a small fishing town, it's the largest maritime museum of the Nordic nation. It illustrates the importance of Iceland's herring industry and it's role in the country's history. Good herring seasons during the great depression of the 1930s, "played a role in enabling the country to achieve freedom in 1944, following five centuries of Danish domination," explains the museum website. The museum boasts of a great number of artifacts, including heavy machinery, boats, motors, anchors and smaller hand tools that were used in fishing and processing of the fish. In addition, visitors can buy quirky merch from its souvenir shop like handmade barrel tubs and pins that look like vintage barrel stencils.

8. The National Mustard Museum, Middleton, United States

Complete with assorted mustard memorabilia, interactive food quizzes and a tasting bar, this place is every mustard enthusiast's paradise. The star attraction is the museum's Great Wall of Mustard – an extensive collection of over 5,600 types of prepared mustard from all 50 U.S states and more than 70 countries. And oh, did I mention that the entry is free?

9. The Cheese Museum, Alkmaar, Netherlands

Located on the upper floors of Alkmaar's Cheese Weigh House, the museum focuses on the history of two most famous Dutch cheeses: Edam and Gouda. It houses a vast collection of cheese-related tools along with interactive exhibits and presentations for kids. If you happen to visit Alkmaar between April and September, don't forget to check out its world-famous cheese market.

10. Jell-O Gallery Museum, New York, United States

The museum is located in the town of LeRoy which is also the birthplace of Jell-O, the wobbly gelatin dessert. Decked with recipe books, vintage advertisements, molds and other memorabilia, a visit to this fascinating museum is bound to make you hungry. Also, don't forget to check out their quirky souvenir shop that sells everything from Jell-O plush toys and pencils to license plates and color changing cups.

Now book the tickets and pack your bags, it's time to take your taste buds on an adventurous journey!


10 Museums That Need To Be On Every Food Lover's Bucket List

George Bernard Shaw had rightly said, "there is no love sincerer than the love of food." From spicy Chicken Tikka to exquisite Soupe à L'oignon and decadent chocolate cakes, what's not to like?

And if you're someone who fancies exploring the rich history behind some of the world's most popular foods (while munching on delish food samples) then look no further than a food museum.

Check out these popular museums that are a must-visit for all food lovers who have a hunger for travel:

1. Deutsches Currywurst Museum, Berlin, Germany

Currywurst is a German fast-food favorite. The quirky museum offers a sneak-peek into the interesting history of the fried sausage dish. You can listen to the story of its origin on a sausage-shaped telephone while sitting on a sausage-shaped couch. What's more, you can play currywurst-themed video games, prepare a virtual sausage using interactive exhibits, take some selfies behind a mock-currywurst bar, and of course, scarf down a few spicy samples.

2. Shin-Yokohama Raumen Museum, Yokohama, Japan

The museum's first floor is dedicated to the history of the popular noodle dish. While the basement floors feature a beautiful, detailed replica of Tokyo's old town, Shitamachi. It also includes a recreation of the first ramen dish ever eaten back in the 17th century. The lower floor also houses nine different restaurants which serve ramen bowls from different regions of Japan. According to the museum, there are at least 30 distinct, regional varieties of ramen in Japan. Meanwhile, you can also create your own brand of ramen at the 'My Ramen' booth in the museum's shop. How do you say "take me there" in Japanese?

3. Pizza Brain, Philadelphia, United States

Curated by pizza aficionado Brian Dwyer, this quirky museum houses the world's largest collection of pizza paraphernalia. And if browsing through all those pizza-themed books, vinyl records and action figures makes you a little peckish, you can head over to the attached pizzeria to gorg on a few slices.

4. Le musée du chocolat, Paris, France

"All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt," wrote famous American cartoonist, Charles M. Schulz. He couldn't be more accurate! If you're a chocolate enthusiast like me, then the chocolate museum of Paris definitely needs to be on your bucket list. Also known as Choco-Story, the museum has over 1,000 exhibits that cover everything from the origin of cocoa beans to commercialization of chocolate-making. Moreover, you can also taste delicious treats made by expert chocolatiers or create one yourself at one of the workshops. Excusez-moi, s'il vous plait, need to book some tickets!

5. Frietmuseum, Bruges, Belgium

Located in northwest Belgium, it is the world's only museum dedicated to French fries. On its ground floor, visitors can learn about the interesting history of potatoes which originated in Peru over 10,000 years ago. The first floor is dedicated to the history of French fries and how they came to Belgium. According to historians, the Belgians have been eating fried potatoes since the late 1600s. Once the tour is over, you can head over to the medieval cellars located on the basement floor to chomp on some free samples!

6. Museum Kimchikan, Seoul, South Korea

Made with fermented vegetables, Kimchi is a staple in Korean cuisine. The museum's aim is to educate visitors about the making of this traditional side dish. You can check out a special exhibition that focuses on various regional varieties of kimchi. Other than that, visitors can use a microscope to observe the lactic acid bacteria that makes the pickled dish nutritious. Additionally, you can treat yourself to a wide range of Kimchi in a unique tasting room.

7. The Herring Era Museum, Siglufjörður, Iceland

Icelanders take their fish very seriously. And the Herring Era Museum proves just that. Located in a small fishing town, it's the largest maritime museum of the Nordic nation. It illustrates the importance of Iceland's herring industry and it's role in the country's history. Good herring seasons during the great depression of the 1930s, "played a role in enabling the country to achieve freedom in 1944, following five centuries of Danish domination," explains the museum website. The museum boasts of a great number of artifacts, including heavy machinery, boats, motors, anchors and smaller hand tools that were used in fishing and processing of the fish. In addition, visitors can buy quirky merch from its souvenir shop like handmade barrel tubs and pins that look like vintage barrel stencils.

8. The National Mustard Museum, Middleton, United States

Complete with assorted mustard memorabilia, interactive food quizzes and a tasting bar, this place is every mustard enthusiast's paradise. The star attraction is the museum's Great Wall of Mustard – an extensive collection of over 5,600 types of prepared mustard from all 50 U.S states and more than 70 countries. And oh, did I mention that the entry is free?

9. The Cheese Museum, Alkmaar, Netherlands

Located on the upper floors of Alkmaar's Cheese Weigh House, the museum focuses on the history of two most famous Dutch cheeses: Edam and Gouda. It houses a vast collection of cheese-related tools along with interactive exhibits and presentations for kids. If you happen to visit Alkmaar between April and September, don't forget to check out its world-famous cheese market.

10. Jell-O Gallery Museum, New York, United States

The museum is located in the town of LeRoy which is also the birthplace of Jell-O, the wobbly gelatin dessert. Decked with recipe books, vintage advertisements, molds and other memorabilia, a visit to this fascinating museum is bound to make you hungry. Also, don't forget to check out their quirky souvenir shop that sells everything from Jell-O plush toys and pencils to license plates and color changing cups.

Now book the tickets and pack your bags, it's time to take your taste buds on an adventurous journey!


10 Museums That Need To Be On Every Food Lover's Bucket List

George Bernard Shaw had rightly said, "there is no love sincerer than the love of food." From spicy Chicken Tikka to exquisite Soupe à L'oignon and decadent chocolate cakes, what's not to like?

And if you're someone who fancies exploring the rich history behind some of the world's most popular foods (while munching on delish food samples) then look no further than a food museum.

Check out these popular museums that are a must-visit for all food lovers who have a hunger for travel:

1. Deutsches Currywurst Museum, Berlin, Germany

Currywurst is a German fast-food favorite. The quirky museum offers a sneak-peek into the interesting history of the fried sausage dish. You can listen to the story of its origin on a sausage-shaped telephone while sitting on a sausage-shaped couch. What's more, you can play currywurst-themed video games, prepare a virtual sausage using interactive exhibits, take some selfies behind a mock-currywurst bar, and of course, scarf down a few spicy samples.

2. Shin-Yokohama Raumen Museum, Yokohama, Japan

The museum's first floor is dedicated to the history of the popular noodle dish. While the basement floors feature a beautiful, detailed replica of Tokyo's old town, Shitamachi. It also includes a recreation of the first ramen dish ever eaten back in the 17th century. The lower floor also houses nine different restaurants which serve ramen bowls from different regions of Japan. According to the museum, there are at least 30 distinct, regional varieties of ramen in Japan. Meanwhile, you can also create your own brand of ramen at the 'My Ramen' booth in the museum's shop. How do you say "take me there" in Japanese?

3. Pizza Brain, Philadelphia, United States

Curated by pizza aficionado Brian Dwyer, this quirky museum houses the world's largest collection of pizza paraphernalia. And if browsing through all those pizza-themed books, vinyl records and action figures makes you a little peckish, you can head over to the attached pizzeria to gorg on a few slices.

4. Le musée du chocolat, Paris, France

"All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt," wrote famous American cartoonist, Charles M. Schulz. He couldn't be more accurate! If you're a chocolate enthusiast like me, then the chocolate museum of Paris definitely needs to be on your bucket list. Also known as Choco-Story, the museum has over 1,000 exhibits that cover everything from the origin of cocoa beans to commercialization of chocolate-making. Moreover, you can also taste delicious treats made by expert chocolatiers or create one yourself at one of the workshops. Excusez-moi, s'il vous plait, need to book some tickets!

5. Frietmuseum, Bruges, Belgium

Located in northwest Belgium, it is the world's only museum dedicated to French fries. On its ground floor, visitors can learn about the interesting history of potatoes which originated in Peru over 10,000 years ago. The first floor is dedicated to the history of French fries and how they came to Belgium. According to historians, the Belgians have been eating fried potatoes since the late 1600s. Once the tour is over, you can head over to the medieval cellars located on the basement floor to chomp on some free samples!

6. Museum Kimchikan, Seoul, South Korea

Made with fermented vegetables, Kimchi is a staple in Korean cuisine. The museum's aim is to educate visitors about the making of this traditional side dish. You can check out a special exhibition that focuses on various regional varieties of kimchi. Other than that, visitors can use a microscope to observe the lactic acid bacteria that makes the pickled dish nutritious. Additionally, you can treat yourself to a wide range of Kimchi in a unique tasting room.

7. The Herring Era Museum, Siglufjörður, Iceland

Icelanders take their fish very seriously. And the Herring Era Museum proves just that. Located in a small fishing town, it's the largest maritime museum of the Nordic nation. It illustrates the importance of Iceland's herring industry and it's role in the country's history. Good herring seasons during the great depression of the 1930s, "played a role in enabling the country to achieve freedom in 1944, following five centuries of Danish domination," explains the museum website. The museum boasts of a great number of artifacts, including heavy machinery, boats, motors, anchors and smaller hand tools that were used in fishing and processing of the fish. In addition, visitors can buy quirky merch from its souvenir shop like handmade barrel tubs and pins that look like vintage barrel stencils.

8. The National Mustard Museum, Middleton, United States

Complete with assorted mustard memorabilia, interactive food quizzes and a tasting bar, this place is every mustard enthusiast's paradise. The star attraction is the museum's Great Wall of Mustard – an extensive collection of over 5,600 types of prepared mustard from all 50 U.S states and more than 70 countries. And oh, did I mention that the entry is free?

9. The Cheese Museum, Alkmaar, Netherlands

Located on the upper floors of Alkmaar's Cheese Weigh House, the museum focuses on the history of two most famous Dutch cheeses: Edam and Gouda. It houses a vast collection of cheese-related tools along with interactive exhibits and presentations for kids. If you happen to visit Alkmaar between April and September, don't forget to check out its world-famous cheese market.

10. Jell-O Gallery Museum, New York, United States

The museum is located in the town of LeRoy which is also the birthplace of Jell-O, the wobbly gelatin dessert. Decked with recipe books, vintage advertisements, molds and other memorabilia, a visit to this fascinating museum is bound to make you hungry. Also, don't forget to check out their quirky souvenir shop that sells everything from Jell-O plush toys and pencils to license plates and color changing cups.

Now book the tickets and pack your bags, it's time to take your taste buds on an adventurous journey!


10 Museums That Need To Be On Every Food Lover's Bucket List

George Bernard Shaw had rightly said, "there is no love sincerer than the love of food." From spicy Chicken Tikka to exquisite Soupe à L'oignon and decadent chocolate cakes, what's not to like?

And if you're someone who fancies exploring the rich history behind some of the world's most popular foods (while munching on delish food samples) then look no further than a food museum.

Check out these popular museums that are a must-visit for all food lovers who have a hunger for travel:

1. Deutsches Currywurst Museum, Berlin, Germany

Currywurst is a German fast-food favorite. The quirky museum offers a sneak-peek into the interesting history of the fried sausage dish. You can listen to the story of its origin on a sausage-shaped telephone while sitting on a sausage-shaped couch. What's more, you can play currywurst-themed video games, prepare a virtual sausage using interactive exhibits, take some selfies behind a mock-currywurst bar, and of course, scarf down a few spicy samples.

2. Shin-Yokohama Raumen Museum, Yokohama, Japan

The museum's first floor is dedicated to the history of the popular noodle dish. While the basement floors feature a beautiful, detailed replica of Tokyo's old town, Shitamachi. It also includes a recreation of the first ramen dish ever eaten back in the 17th century. The lower floor also houses nine different restaurants which serve ramen bowls from different regions of Japan. According to the museum, there are at least 30 distinct, regional varieties of ramen in Japan. Meanwhile, you can also create your own brand of ramen at the 'My Ramen' booth in the museum's shop. How do you say "take me there" in Japanese?

3. Pizza Brain, Philadelphia, United States

Curated by pizza aficionado Brian Dwyer, this quirky museum houses the world's largest collection of pizza paraphernalia. And if browsing through all those pizza-themed books, vinyl records and action figures makes you a little peckish, you can head over to the attached pizzeria to gorg on a few slices.

4. Le musée du chocolat, Paris, France

"All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt," wrote famous American cartoonist, Charles M. Schulz. He couldn't be more accurate! If you're a chocolate enthusiast like me, then the chocolate museum of Paris definitely needs to be on your bucket list. Also known as Choco-Story, the museum has over 1,000 exhibits that cover everything from the origin of cocoa beans to commercialization of chocolate-making. Moreover, you can also taste delicious treats made by expert chocolatiers or create one yourself at one of the workshops. Excusez-moi, s'il vous plait, need to book some tickets!

5. Frietmuseum, Bruges, Belgium

Located in northwest Belgium, it is the world's only museum dedicated to French fries. On its ground floor, visitors can learn about the interesting history of potatoes which originated in Peru over 10,000 years ago. The first floor is dedicated to the history of French fries and how they came to Belgium. According to historians, the Belgians have been eating fried potatoes since the late 1600s. Once the tour is over, you can head over to the medieval cellars located on the basement floor to chomp on some free samples!

6. Museum Kimchikan, Seoul, South Korea

Made with fermented vegetables, Kimchi is a staple in Korean cuisine. The museum's aim is to educate visitors about the making of this traditional side dish. You can check out a special exhibition that focuses on various regional varieties of kimchi. Other than that, visitors can use a microscope to observe the lactic acid bacteria that makes the pickled dish nutritious. Additionally, you can treat yourself to a wide range of Kimchi in a unique tasting room.

7. The Herring Era Museum, Siglufjörður, Iceland

Icelanders take their fish very seriously. And the Herring Era Museum proves just that. Located in a small fishing town, it's the largest maritime museum of the Nordic nation. It illustrates the importance of Iceland's herring industry and it's role in the country's history. Good herring seasons during the great depression of the 1930s, "played a role in enabling the country to achieve freedom in 1944, following five centuries of Danish domination," explains the museum website. The museum boasts of a great number of artifacts, including heavy machinery, boats, motors, anchors and smaller hand tools that were used in fishing and processing of the fish. In addition, visitors can buy quirky merch from its souvenir shop like handmade barrel tubs and pins that look like vintage barrel stencils.

8. The National Mustard Museum, Middleton, United States

Complete with assorted mustard memorabilia, interactive food quizzes and a tasting bar, this place is every mustard enthusiast's paradise. The star attraction is the museum's Great Wall of Mustard – an extensive collection of over 5,600 types of prepared mustard from all 50 U.S states and more than 70 countries. And oh, did I mention that the entry is free?

9. The Cheese Museum, Alkmaar, Netherlands

Located on the upper floors of Alkmaar's Cheese Weigh House, the museum focuses on the history of two most famous Dutch cheeses: Edam and Gouda. It houses a vast collection of cheese-related tools along with interactive exhibits and presentations for kids. If you happen to visit Alkmaar between April and September, don't forget to check out its world-famous cheese market.

10. Jell-O Gallery Museum, New York, United States

The museum is located in the town of LeRoy which is also the birthplace of Jell-O, the wobbly gelatin dessert. Decked with recipe books, vintage advertisements, molds and other memorabilia, a visit to this fascinating museum is bound to make you hungry. Also, don't forget to check out their quirky souvenir shop that sells everything from Jell-O plush toys and pencils to license plates and color changing cups.

Now book the tickets and pack your bags, it's time to take your taste buds on an adventurous journey!


10 Museums That Need To Be On Every Food Lover's Bucket List

George Bernard Shaw had rightly said, "there is no love sincerer than the love of food." From spicy Chicken Tikka to exquisite Soupe à L'oignon and decadent chocolate cakes, what's not to like?

And if you're someone who fancies exploring the rich history behind some of the world's most popular foods (while munching on delish food samples) then look no further than a food museum.

Check out these popular museums that are a must-visit for all food lovers who have a hunger for travel:

1. Deutsches Currywurst Museum, Berlin, Germany

Currywurst is a German fast-food favorite. The quirky museum offers a sneak-peek into the interesting history of the fried sausage dish. You can listen to the story of its origin on a sausage-shaped telephone while sitting on a sausage-shaped couch. What's more, you can play currywurst-themed video games, prepare a virtual sausage using interactive exhibits, take some selfies behind a mock-currywurst bar, and of course, scarf down a few spicy samples.

2. Shin-Yokohama Raumen Museum, Yokohama, Japan

The museum's first floor is dedicated to the history of the popular noodle dish. While the basement floors feature a beautiful, detailed replica of Tokyo's old town, Shitamachi. It also includes a recreation of the first ramen dish ever eaten back in the 17th century. The lower floor also houses nine different restaurants which serve ramen bowls from different regions of Japan. According to the museum, there are at least 30 distinct, regional varieties of ramen in Japan. Meanwhile, you can also create your own brand of ramen at the 'My Ramen' booth in the museum's shop. How do you say "take me there" in Japanese?

3. Pizza Brain, Philadelphia, United States

Curated by pizza aficionado Brian Dwyer, this quirky museum houses the world's largest collection of pizza paraphernalia. And if browsing through all those pizza-themed books, vinyl records and action figures makes you a little peckish, you can head over to the attached pizzeria to gorg on a few slices.

4. Le musée du chocolat, Paris, France

"All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt," wrote famous American cartoonist, Charles M. Schulz. He couldn't be more accurate! If you're a chocolate enthusiast like me, then the chocolate museum of Paris definitely needs to be on your bucket list. Also known as Choco-Story, the museum has over 1,000 exhibits that cover everything from the origin of cocoa beans to commercialization of chocolate-making. Moreover, you can also taste delicious treats made by expert chocolatiers or create one yourself at one of the workshops. Excusez-moi, s'il vous plait, need to book some tickets!

5. Frietmuseum, Bruges, Belgium

Located in northwest Belgium, it is the world's only museum dedicated to French fries. On its ground floor, visitors can learn about the interesting history of potatoes which originated in Peru over 10,000 years ago. The first floor is dedicated to the history of French fries and how they came to Belgium. According to historians, the Belgians have been eating fried potatoes since the late 1600s. Once the tour is over, you can head over to the medieval cellars located on the basement floor to chomp on some free samples!

6. Museum Kimchikan, Seoul, South Korea

Made with fermented vegetables, Kimchi is a staple in Korean cuisine. The museum's aim is to educate visitors about the making of this traditional side dish. You can check out a special exhibition that focuses on various regional varieties of kimchi. Other than that, visitors can use a microscope to observe the lactic acid bacteria that makes the pickled dish nutritious. Additionally, you can treat yourself to a wide range of Kimchi in a unique tasting room.

7. The Herring Era Museum, Siglufjörður, Iceland

Icelanders take their fish very seriously. And the Herring Era Museum proves just that. Located in a small fishing town, it's the largest maritime museum of the Nordic nation. It illustrates the importance of Iceland's herring industry and it's role in the country's history. Good herring seasons during the great depression of the 1930s, "played a role in enabling the country to achieve freedom in 1944, following five centuries of Danish domination," explains the museum website. The museum boasts of a great number of artifacts, including heavy machinery, boats, motors, anchors and smaller hand tools that were used in fishing and processing of the fish. In addition, visitors can buy quirky merch from its souvenir shop like handmade barrel tubs and pins that look like vintage barrel stencils.

8. The National Mustard Museum, Middleton, United States

Complete with assorted mustard memorabilia, interactive food quizzes and a tasting bar, this place is every mustard enthusiast's paradise. The star attraction is the museum's Great Wall of Mustard – an extensive collection of over 5,600 types of prepared mustard from all 50 U.S states and more than 70 countries. And oh, did I mention that the entry is free?

9. The Cheese Museum, Alkmaar, Netherlands

Located on the upper floors of Alkmaar's Cheese Weigh House, the museum focuses on the history of two most famous Dutch cheeses: Edam and Gouda. It houses a vast collection of cheese-related tools along with interactive exhibits and presentations for kids. If you happen to visit Alkmaar between April and September, don't forget to check out its world-famous cheese market.

10. Jell-O Gallery Museum, New York, United States

The museum is located in the town of LeRoy which is also the birthplace of Jell-O, the wobbly gelatin dessert. Decked with recipe books, vintage advertisements, molds and other memorabilia, a visit to this fascinating museum is bound to make you hungry. Also, don't forget to check out their quirky souvenir shop that sells everything from Jell-O plush toys and pencils to license plates and color changing cups.

Now book the tickets and pack your bags, it's time to take your taste buds on an adventurous journey!


ビデオを見る: 12万円以下の世界一周を元旅行会社の31歳が本気で解説LCC世界一周#0 (八月 2022).