新しいレシピ

チョコレートミント&ココアダルスウィチ

チョコレートミント&ココアダルスウィチ



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

これらの小さなクッキーサンドイッチはどれほど愛らしいですか?

ミントチョコレートガナッシュまたはオレンジのいずれかで満たされたこれらの一口サイズのウィチ族と ココナッツ フレーバーのダルス、信じられないほど印象的なデザートになります。

このレシピは、尊敬されているパティシエ、カレン・デマスコの好意によるものです。

材料

ウィチ族のために

  • ネスレトールハウス冷蔵ミニチョコレートチップクッキーバー生地1パッケージ
  • NestléTollHouseなどの3/4カップのダークチョコレートモーゼル
  • 1/2カップの重いホイップクリーム
  • 1/4カップ無塩バター
  • ミントエキス小さじ1/2
  • 1/4カップのカカオニブまたはNestléTollHouseなどのセミスイートチョコレートミニモーゼル

オプションのトレスレチェケーキの詰め物

  • 1缶NestléLaLecheraDulceDe Leche
  • オレンジの皮大さじ2
  • コーシャソルト小さじ1/2
  • 細かく刻んだ1/4カップの甘くしたココナッツフレーク

ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。


ポークケーキとは?とてもシンプルで、穴が開いたケーキです。穴はプリンからゼリーゼラチン、練乳など、さまざまなもので埋め尽くされています。

それは何ヶ月も前にジェロによって発明され(正確には1969年)、それ以来進化してきました。

もともとは、フォークの穴が開いたバニラケーキで、ゼリーゼラチンを上から注いでセットしました。色と味はこの世のものではなく、ポークケーキは大流行しました。

それは今でも続いており、一度試してみると、その理由がわかります。

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらをご覧ください。