新しいレシピ

ベンのチリボウルが新しいワシントンDCの場所をオープン

ベンのチリボウルが新しいワシントンDCの場所をオープン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

このD.C.のお気に入りのホットドッグ施設は、別の前哨基地を開設しています

ベンズチリボウルは、Hストリートに新しいワシントンDCの場所をオープンします。

ベンのチリボウル は7月8日に新しいワシントンD.C.の場所をオープンします。これは、Uストリートの元の場所に加えて、チェーンの2番目のフルレストランになります。

NS 新しい前哨基地 ワシントンD.C.北東部の10thストリートとHストリートの間の1001H Street NEにあります。グランドオープニングセレモニーは午前11時に行われる予定で、公式のリボンカットが行われます。

ハーフスモークやミルクセーキなどの定番商品が期待できますが、この場所にはソフトクリームマシンもあります。最終的には、屋外席と2階のバーのある歩道のパティオができます。

ベンのチリボウルの所有者は、元のチリハーフスモークの名前が付けられたビルコスビーと関係があることで知られていますが、この新しい場所は明らかに その距離を保つ 彼から。

コスビー、誰 女性への薬物投与と性的暴行を認めた、かつてはレストランのオープニングに出席していましたが、今回は彼がそこにいるかどうかについては言及されていませんでした。

ベンのチリボウルと夫のニザームの共同所有者であるソーニャアリは、ワシントンポスト紙に次のように語っています。あそこに行くことにとても興奮しています。」

ベンズチリボウルは、アーリントン、ナショナルズパーク、フェデックスフィールド、レーガンナショナル空港にも拠点を置いています。


ベンのチリボウル市場から一口食べる元従業員

ワシントン&#8211ベン&#8217sに気をつけてください。町に新しいチリボウルがあります。

Uストリートの脂っこいスプーンの元従業員は、ベンのチリボウルの創設者であるベンアリの緊密な一族が新しいフランチャイズを開くことを計画しているのと同じ近所の北東部のHストリートに競合するレストランを開くことを計画しています。

アンソニー・ユリシーズ・ホルモンは、彼が不可欠だと考えるメニューのいくつかのアイテムを通じて、リブにこだわる食品市場で優位に立つことを望んでおり、彼が以前の雇用主を説得することはできませんでした。採用する#8212。

&#8220ヘブライのホットドッグはよりおいしいビーフドッグであると信じています、そしてそれはコーシャ製品です&#8221ホルモンはWTOPに54歳のベン&#8217sチリボウルを置いたコーシャ以外のハーフスモークについて話します地図。 &#8220あなたはすべての国籍のすべての人に製品を提供したいと考えています。これにより、顧客の層がさらに追加されます。&#8221

ホルモンの代替品であるD.C.チリボウルは、揚げタマネギ、ザワークラウト、コーンブレッドなど、純粋なUストリートハブでは入手できないすべての材料を提供する予定です。彼らは恒久的な場所に定住している間、彼らはすでにダウンタウンのビジネスに食料調達しています。パートナーで元同僚のMenyanaWilliamsと一緒に、Ben&#8217sのビーフバージョンとは対照的に、ターキーチリとターキーソースも提供します。

故ベンアリの家族全員であるベンの所有者は、彼らの製品を支持しています。

&#8220私たちは1958年以来一貫しています&#8221は、所有者の1人である義理の娘VidaAliが言います。 &#8220だから、一貫性を保つために、揚げタマネギなどを変えることはありません。&#8221

ホルモンの管理スタイルは、ベンのスタイルとは「異なっていた」とアリは言います。 &#8220私たちは顧客の世話をしましたが、彼はそれとは少し異なっていました。&#8221

ベンの文化は顧客に適切にサービスを提供していない、とホルモンは言います、そして彼は彼の設立でそれを変えることを望んでいます。

&#8220彼らは50年間ビジネスを続けているので、他の誰かの意見を聞くことは彼らが選択することではありません&#8221と彼は言います。 &#8220顧客があなたの請求書の支払いをサポートし、あなたの視力を改善することを望んでいる場合、あなたは彼らのためにいくつかのことを微調整する必要があります。&#8221

ホルモンは、他の所有者である息子のニザームとカマルアリに提示するために、「ベン」のチリボウルフランチャイズ移行レポートに取り組んでおり、さまざまな顧客に合わせてビジネスを拡大する方法を概説していました。彼は、「和解できない違い」を理由に、探していた応答が得られなかったので、ドアから取り出しました。

Vida Aliは、Holmonが新しいアイデアで彼らにアプローチしたことを確認しましたが、特定の変更については話し合いませんでした、と彼女は言います。

&#8220ほぼ過去4年間、間違いなく会費を支払いました&#8221ホルモンは言います。 &#8220私たちがそんなに長い間やっていて、Uストリートに変更を加えたり、まったく変更を加えたりできない場合は、私たちが持っている変更を取り入れて、私たちのために機能させてみませんか?&#8221

ベンのチリボウルは、昨年9月にフェデックスフィールドでレッドスキンズのファンにサービスを提供し、2008年にオープンしたナショナルズスタジアムに拡張することを発表しました。 8212だけでなく、ベンのアダムスモーガンデーへの参加など、市内の他のベンチャーもあります。

ヴィダ・アリは、ホルモンが「彼が手放されたと信じている」後、仕事を求めてUストリートのレストランに最初に来て、彼らが彼にチャンスを与えたと言います。

&#8220Mom and Popは53年前に事業を開始し、数千人の従業員を雇用し、コミュニティの多くの人々を支援してきました」と彼女は言います。 &#8221

彼は最終的に友好的に去った。 Vida Aliは、Ben&#8217sが彼をよく望んでおり、彼の最新の努力に惑わされていないと言います。

&#8220ママはそれを最もよく言いました:私たちは何も競争とは見なしません&#8221彼女は言います、D.C。チリボウルはベンのチリボウルとは提携関係がないことを強調します。 &#8220各人またはレストランは自立しています。&#8221

シティペーパーは、ベンの計画が昨年10月にHストリートに拡大することを発表しました。

ジョージタウン大学ローセンターでの食器洗い機としてのホルモンの謙虚な始まりは、最終的にはそこでの代理シェフとしての地位につながり、さらに下院と上院のオフィスビル、およびCIAでの料理の仕事につながります。彼はルースクリスステーキハウスで働き、オニオンリングのレシピを変更したと彼は言います。

しかし、彼はベンの特権的な情報を取得することはありません、と彼は言います。彼らの唐辛子のレシピは家族によって厳重に守られています。ホルモンはまた、ベンと直接競争しようとしているのではないと主張し、ベンが拡張する予定のHストリートコリドーの東端にあるショッピングコンプレックスのそばにスペースを見つけたのは偶然の一致です。彼は、完成したレストランスペースの事務処理を、オーナーと2〜3週間で完了することを望んでいます。

「私たちは食べ物に情熱を持っているだけの人々なので、決して彼らとの競争ではありません」と彼は言います。

自称「ライセンスを受けた季節学者」は、彼自身のソウルフードの経験と顧客へのサービスへのアプローチに頼ることを望んでいます。

&#8220私は食事を芸術作品と見なしています&#8221ホルモンは言います。 &#8220それは1つに移り、顧客はあなたが何をしているのかを気にします。2つは、あなたが高品質の製品を手に入れることを知っています。

レストランのスペースが完成するまで、D.C。ChiliBowlはオフィスで食事を試食するためにケータリングを行っています。 Twitterでレストランをチェックしてください。

ワシントンに移住してハワード大学で学んだトリニダードからの移民であるベン・アリは、1958年に妻のバージニアと一緒に古い映画館にレストランをオープンしました。

この地域は、黒人が所有するショップや劇場が盛んなことから、当時はアメリカの「ブラックブロードウェイ」として知られていました。ジャズの偉人デューク・エリントン、エラ・フィッツジェラルド、ナット・キング・コールがストリップに沿って演奏し、ベンの訪問で知られていました。

最近では、ビル・コスビーがお気に入りのゲストであり、1月にバラク・オバマ大統領と同様に、ダイナーの45周年を祝うためにアリに加わりました。 2008年の大統領選挙後、アリ一家は次のような看板を掲げました。「ベンで無料で食事をする人」:「ビル・コスビー」「オバマ一家」


著者のメモ:この記事の写真は、COVID-19パンデミックの前に撮影されたものです。ワシントンD.C.のレストランの営業時間と営業時間は、COVID-19パンデミックの際に変動することがよくあります。最新の情報については、レストランのWebサイトに電話または参照してください。.

ハーフスモークのホットドッグの本拠地、ワシントンD.C.のベンズチリボウルの内部。マックス・ハーツホーンの写真。

ニューヨーク市はピザで、シカゴはホットドッグで、オースティンはバーベキューで知られています。

しかし、米国の首都の本質的で代表的な食べ物は何ですか、 ワシントンDC。?

以下に説明するのは、DCを味わうために食べるべき6つの食品とそれらを見つけることができる場所です。

DCは美術館、政治的建造物、大統領の記念碑の街であるため、DCの必需品には歴史の側面が伴うことが多いのは当然のことです。

ベンズチリボウルでのハーフスモーク

ハーフスモークは、ハーフポーク、ハーフビーフのソーセージで、燻製、グリル、お団子で提供されます。ソーセージはやや辛く、やや焦げ目があり、ややタフです。 DCの代表的な料理であり、市内とその周辺の大都市圏でのみ見られます。

ベンズチリボウル(地元では「ベンズ」として愛情を込めて知られています)は、ハーフスモークに最適な場所です。

ベンズは、マスタード、玉ねぎ、スパイシーな唐辛子をトッピングした蒸しパンの唐辛子ハーフスモークで有名です。熱い唐辛子を上から注ぎ、ハーフスモークとパンを窒息させます。

古典的なチリのハーフスモークは、飲み物やサイドの費用を除いて、7.00ドル未満の費用がかかります。

レストランは小さく、暖かく、家庭的です。通常、日中は観光客が、深夜は地元の人々が頻繁に訪れます。

バラクオバマ、ボノ、セリーナウィリアムズなど、多くの有名人や政治家が、この古典的なワシントンDCの食事のためにベンのドアに入ってきました。

ベンズにも歴史があります。 1958年にUストリートにオープンし、当時は「ブラックブロードウェイ」として知られていました。公民権運動のリーダーであるストークリーカーマイケルはベンズに頻繁に出入りし、マーティンルーサーキングジュニアはかつて訪問のために立ち寄りました。 1968年、Ben’sは、夜間外出禁止令後も食事を提供できる数少ないレストランの1つとして、ワシントンDCの暴動で中心的な役割を果たしました。

DCは、なんと32インチのパイから切り取った1フィートの長いピザのスライスで有名です。 StephLiquoriの写真。

今日、ベンのチリボウルの場所がいくつかあります。オリジナルの歴史的なレストランに行きたい場合は、1213 U StreetNWの場所に行ってください。早朝から深夜まで年中無休で営業しています。

ジャンボスライスピザ

1999年、D.C。ピザベンダーは、残った生地で巨大なピザパイを作り、大量のスライスを販売しました。

人々は巨大なスライスを愛し、DCのジャンボスライスピザがトレンドになりました。今日、ジャンボスライスは通常、 フィートの長さ からカット 32インチのパイ!

ワシントンのベンズチリボウルの外観。

ピザのレシピはニューヨーク風ですが、ジャンボサイズはD.C.風です。

これらの巨大なピザのスライスは、ワシントンD.C.のアダムズモーガン地区にあるピザショップのいくつかの場所で見つけることができます。アダムズモーガン地区は、はしご酒を楽しむ大学生に人気の場所であるため、ジャンボスライスは「夜の終わりの酔っぱらい」と見なされることがよくあります。

ジャンボスライスピザのベンダーは遅くまで営業しており、スライスを持ち帰りで販売しており、通常は現金のみです。プレーンチーズスライスは約$ 5.00で、トッピングを追加すると$ 6.00から$ 7.00の間です。

これらの特大のピザスライスを入手できる場所の1つは、適切な名前のジャンボスライスピザです。ジャンボスライスピザは234118th StreetNWにあります。夜と深夜に年中無休で営業しています。

D.C.中のエチオピア料理

エチオピアの学生と専門家は、教育と仕事のために1960年代と1970年代にD.C.に移住し始めました。 1980年代には、母国での政治的混乱と抑圧から逃れるために、より多くのエチオピア人がD.C.に移住しました。今日でも、ワシントンD.C.にはエチオピアの人口が多く、エチオピアのレストランがたくさんあります。

下にインジェラが入ったエチオピア料理。

エチオピア料理の主食は、「インジェラ」と呼ばれる円形のスポンジ状のピリッとしたパンです。インジェラには通常、黄色いエンドウ豆、レンズ豆、キトフォ(エチオピアの牛ひき肉)などのスパイス野菜と肉マッシュがトッピングされています。道具の代わりに、野菜と肉は、引き裂かれたインジェラの間に指で挟まれています。

DCにはいくつかのエチオピア料理店があります。最も人気のあるものには、Uストリートのデュークム、Hストリートのエチオピア、18番街のゼネベックなどがあります。時間と費用は異なります。

ワシントンD.C.のメインアベニューフィッシュマーケット

DCシーフード

ワシントンDCはチェサピーク湾地域の一部であるため、首都全体で新鮮な大西洋中部のシーフードを利用できます。

歴史のあるシーフード料理は、ディストリクトワーフのメインアベニューフィッシュマーケットに行ってください。

この野外魚市場は1800年代初頭から継続的に運営されており、米国で最も長く継続的に運営されている魚市場となっています。

ワシントンD.C.のメインアベニューフィッシュマーケットで生きているカニ

後で調理するために生の魚を購入したくない場合は、カニの売り手にその場でカニを蒸すように頼むことができます。そうすれば、地区埠頭にいる間にカニを食べることができます。

メインアベニューフィッシュマーケットは、メインアベニュー南西1100番地にあります。毎日営業しています。

オイスターバーもDCで普及しています。すでにメインアベニューフィッシュマーケットを訪れている場合は、ラッパハノックオイスターバーまたはハンクスオイスターバーがディストリクトワーフにあります。 (これらの丸呑み可能な貝は時々高価な市場コストを伴うことに注意してください。)

ラッパハノックオイスターバーは、メインアベニュー南西1150番地にあります。ハンクスオイスターバーは、南西の701 WharfStreetにあります。

鶏肉、豚肉、またはシーフード用のマンボソースはD.C.のものです。

マンボソースとソウルフード

マンボソースは、シカゴで発明されたソースのバージョンであると考えられていますが、DCの住民が情熱を注いでいる調味料です。

マンボソース(マンボソース)は赤みがかったオレンジ色のソースで、甘酸っぱい味がします。甘酸っぱい味は、ケチャップ、醤油、酢、ホットソース、柑橘類のジュースの混合物から来ています。揚げ物、特に手羽先の揚げ物に人気のトッパーです。

マンボソースは、テイクアウト(または持ち帰り)レストランの調味料として生まれました。 1960年代に「ウィングス・アンド・シングス」と呼ばれる現在閉鎖されているキャリーアウトで、DCで最初に販売されたと考えられています。

今日でも、DCのいくつかの持ち帰り場所で利用できます。 1413 14th Street NWにあるYum’s Carryoutと1704 U Street NWにあるHenry’s Soul Cafeは、これらの場所の2つです。

一部のDC着席レストランでは、テイクアウト調味料をメニューに移植しています。地ビール醸造所兼レストランのBluejacketでは、マンボソースチキンサンドイッチとマンボソースウィングを提供しています。ブルージャケットは、ナショナルズパーク野球場の近く、300 Tingey StSEにあります。

ジョージタウンカップケーキ。

キャリーアウトをつかんだり、昼食をとったりする機会がない場合は、ワシントンDCとその周辺の大都市圏の食料品店で「CapitalCityMamboSauce」のボトルを購入することもできます。 1本は通常約$ 7.00です。

ジョージタウンのカップケーキ

ワシントンDCのジョージタウン地区を定義する食べ物が1つあるとしたら、それはカップケーキになります。

ジョージタウンカップケーキは、パン屋が2010年と2011年に放映された「DCカップケーキ」という名前のケーブルテレビ番組のスターだったときに有名になりました。

ジョージタウンカップケーキのカップケーキはグルメで、かわいく装飾されていて、退廃的に甘いです。これらのカップケーキのラインがドアから流れ出ることがあります。

GeorgetownCupcakesは3301M StreetNWにあります。カップケーキはそれぞれ3.50ドル、半ダースで19.00ドル、ダースで36.00ドルです。

ジョージタウンカップケーキの行列が長すぎる場合は、ジョージタウンエリアにベイクド&ワイヤードと呼ばれる別のパン屋があり、おいしいデザイナーカップケーキもあります。焼きたての&amp Wiredのカップケーキは、Georgetown Cupcakesよりも高価です(1個あたり$ 4.40、1ダースあたり$ 52.80)が、比較的大きいです。ベイクド&ワイヤードは1052トーマスジェファーソンストリート北西に位置しています。


「それはD.C.のことです」が、ハーフスモークソーセージはボルチモアで発火しますか?

ワシントンD.C.で育ったアンドレ・マケインは、ハーフスモークソーセージは人生の一部でした。家族での料理や誕生日です。確かに、ハーフスモークは私たちの国の首都の代表的な料理になり、街角からスミソニアンカフェまで至る所で販売されています。

マケインは、ボルチモア人も故郷の好きな食べ物の味を開発するだろうと賭けています。今月、彼はCanton’s Can Companyにレストランをオープンし、市の会計監査人やボルチモア市長のBrandonScottなどの招待された政治家が出席したソフトローンで幕を開けました。

メニュー:ベーコン、オニオンポテトチップス、コールスローをトッピングしたハーフスモーク($ 12)。

ワシントンは、そのすべての力と富のために、「特製郷土料理」部門で長い間不足してきました。街のそのような食べ物の不足は、街のノックを反映している可能性があります。それは、一時的な場所であり、コアアイデンティティと信頼性を欠いているということです。

「正直なところ、典型的なワシントンD.C.のアイテムは、雄牛の別の部分から来たものだと思いました」と、木曜日に家族のために夕食の注文をするために来たボルチモアのコントローラー、ビル・ヘンリーは言いました。 (記録として、材料は牛肉と豚肉です。)

逆に、ボルチモアの郷土料理は、ちょっとした防御力が散りばめられた誇りの源です。他の都市では、より多くのお金、より良い公共交通機関、同期した信号機があるかもしれませんが、オールドベイ、レイクトラウト、そしてどこよりも優れたクラブケーキがあります。

ワシントンの代表的な商品を販売するレストランの到着は、2つの都市の間に料理の競争を引き起こす可能性がありますか?

「ライバル関係はありません」とスコットは、かつてアルマコシナラティーナが住んでいたレストランの中に立って言いました。代わりに、彼はボルチモアが明らかに勝者であると考えています。 「D.C.のフードシーンはボルチモアと競合しません」とスコットは言いました。

元ボルチモアの住宅委員でハーバーイースト在住のダン・ヘンソン氏は、ビジネスでワシントンを訪れているときにハーフスモークの味を開発したと言います。地区で手頃な価格の住宅の建設に取り組んでいる間、彼は街で最も有名なカジュアルな出没地であるベンズチリボウルで待っていました。

「私のたまり場はUストリートのベンズでした」と彼は言いました。 「誰がドアの中を歩くのか、あなたは決して知りませんでした。」オープン以来、Uストリートのベンズはコメディアンのデイブシャペルからバラクオバマ大統領に訪問者を引き付けてきました。不名誉な芸能人ビル・コスビーも、2017年まで建物の側面を飾っていた彼の顔の定期的な壁画でした。

ベンは自分自身を元のハーフスモークの故郷と呼んでいます。

「私たちは間違いなくハーフスモークのワシントンの代表的な料理を作りました」と、1958年に夫のベンと一緒にUストリートに飲食店を開いたヴァージニアアリは言いました。ハーフスモークはもともと朝食用ソーセージでしたが、アリは「ベンはそれが素晴らしいと決めました…素敵でスパイシーな自家製チリソースを使って」と言いました。

ベンアリは2009年に亡くなりましたが、近年、彼の子供たちはビジネスを拡大し、ナショナルズパークのスタンドや、昨年はボルチモアのホースシューカジノ内の支店も含めました。

ホースシューカジノの場所が最初にオープンしたとき、「すべてがとても美しく進んでいました」とアリは言いました。 「パンデミックはしばらくの間それをシャットダウンしました。パンデミックはすべてをシャットダウンしました。」

ベンが直面した浮き沈みの中で、パンデミックは「最も困難でした」とアリは言いました。

スコットが金曜日の公式オープン前にHalfSmokeに行きたいと言った理由の一部は、レストラン、特に黒人経営の企業をサポートする必要性でした。 「私たちは、特にパンデミックの際に、事業を営むことがどれほど難しいかを知っています」と彼は言いました。マケインに、彼は言った:「あなたがボルチモアで繁栄するのを見るのを楽しみにしています。」

では、ハーフスモークをどのように正確に定義しますか?

「良い質問です」と、Manger PackingCorpのAlvinMangerは言います。

1860年代にフランクリンタウンロードにオープンしたウェストボルチモア工場は、ベンズチリボウルや国立アフリカ系アメリカ人歴史文化博物館のスイートホームカフェなどの有名な店にハーフスモークソーセージを販売しています。

D.C.の代表的な料理が本当にボルチモアから来ているという事実を楽しむことはささいなことと見なされますか?

多くの郷土料理(こんにちは、レイクトラウト)のように、名前の由来は曖昧です。 「多くの人は、半分が牛肉、半分が豚肉だと思っています」と飼い葉桶は言いました。彼はそれが正しいとは思いません。リンクは牛肉の一部であり、ほとんどが豚肉です。飼い葉桶の予感:ワシントンのブリッグスアンドカンパニーのミートパッカーによって開発された元のレシピは、途中でしか吸われなかった可能性があります。準備は変わりましたが、名前がつきました。


議論に満ちたワシントンDCのソース

ワシントンDCでは、都市が急速に変化している現在、「おいしい料理」は地元のアイデンティティの重要な部分になっています。そして、典型的なマンボソースが先導しています。

ワシントンDCについて部外者に言及すると、いくつかの予測可能なイメージが思い浮かびます。ホワイトハウスの記念碑や美術館、終わりのない官僚主義、そして終わりのないメロドラマである米国の政治です。

しかし、あまり出てこないのは食べ物です。フィラデルフィアにはチーズステーキがあります。ニューヨークにはベーグル、ピザ、パストラミがあります。近くのメリーランドにも有名なクラブケーキがあります。ほとんどの人の目には、米国の首都には、国内的または国際的に認められた料理の宝物がありませんでした。

どうやって食べ始めたのかわかりません。それは文化のほんの一部です

しかし、多くの真のワシントン市民にとって、政治のために町に移植するのではなく、1つの注目すべき例外があります。それは、フライドチキンや翼からエビやチャーハンまであらゆるものによく使用される独特の赤オレンジ色の甘くてピリッとした調味料です。 「マンボ」という言葉の由来は時代遅れですが、主な材料には通常、ケチャップ、醤油、酢、ホットソース、トマトソース、砂糖が含まれ、一部のバージョンにはパイナップルジュースも含まれています。

地元の食通は、ソースと地元の文化におけるその役割を信じられないほど保護しています。たとえば、2018年、ミュリエルバウザー市長は、ワシントンポスト紙でさえ「軽微な失敗ではない」と特徴づけた声明であるDCとのソースの関連付けに「腹を立てた」と述べ、多くの構成員の怒りを引き出しました。彼女の個人的なFacebookページで、2015年に就任したBowserは、調味料が「典型的な」DC食品になった理由と方法について質問しました。批判の猛攻撃に直面し、気さくな人もいれば、そうでない人もいる。市長のスポークスマンは、クッパは「DCの住民に感謝祭について話し合う何かを提供したかった」と述べた。

「どうやって食べ始めたのかわかりません。これは文化の一部にすぎません」と、地元のブランドや文化を宣伝することを目的としたシンクタンクであるMadeInTheDMVを設立したDC出身のAngelaByrd氏は説明します。 「誰もがそれを食べます。人々が食べないとき、それは奇妙です。」

マンボソースの起源はいくつかの論争の問題です。ダイハードマンボ愛好家は、2013年に裁判官が「マンボ」&ndash代替スペル&ndashがシカゴで合法的に商標登録されていると判断したとしても、ソースは黒人が所有し、現在は機能していないワシントンウィングスレストランであるWings N'Thingsで生まれたと主張しています。ソースは、1950年代に彼が運営するバーベキュー会場でArgia BCollinsという名前のアフリカ系アメリカ人のレストラン経営者によって最初に作成されたと主張する人もいます。 DCマンボソース愛好家の間で非常に人気がないこの理論の支持者は、ソースが米国の黒人文化とビジネスの2つの主要なハブの間を移動する人々によって地区にもたらされたと信じています。

しかし、時が経つにつれて、ソースはDCの定番となり、地元の誇りの源となりました。DCでは、特にショーやアナコスティアなど、歴史的にアフリカ系アメリカ人の町の多くのテイクアウト会場と伝統的に関連付けられてきました。 DCでのソースの人気の高まりは、DCの自家製のファンクであるゴーゴー音楽とのつながり、および過去数十年にわたるポピュラー音楽会場やナイトクラブの近くでの入手可能性に部分的に起因している可能性があります。

さらに、街の人口統計が何年にもわたってゆっくりと変化するにつれて、ソースはホワイトハウス近くのハミルトンレストランなどの高級レストランでますますピックアップされて提供され、地元の持ち帰り(地元では「キャリーアウト」として知られています)&ndashからマンボへ。

バード氏によると、マンボソースの人気は、主にその有用性の結果です。食感、色、味は場所によって異なりますが、よくあることですが、いつでも、ほとんど何でも食べることができます。 「赤いほど良い」と彼女は笑いながら言った。 「まるでワインのようです。味が違います。鶏肉が悪くても美味しくなります。鶏肉やフライドポテトにも使えますが、他の美味しい料理を上手く使う人もいます。行きます。私と一緒にマンボソースを運ぶために、そしてそれはそれが行く方法です。」

最近はマンボソースが主流になっています。かつては持ち帰り用のキッチンで静かに作られていましたが、今では食料品店やデパートの棚、さらにはよりフォーマルなレストランでも利用できます。

マンボソースの人気を高める地元の声の中には、キャピタルシティマンボソースのCEO兼共同創設者であるArshaJonesがいます。

DC出身のジョーンズは、近くの郊外に向けて街を出て、去ったワシントン州民にマンボを売り込むニッチを見た後、亡くなった夫とビジネスを始めました。最近、彼女のソースは街中で入手可能であり、かつての街の住民や町外の愛好家にもオンラインで入手できます。

それは必ずしも簡単な乗り心地ではありませんでした。一つには、シカゴでのライバルとの「マンボ対マンボ」法廷闘争に巻き込まれたのはジョーンズと彼女の会社でした。

さらに、ジョーンズは、ソースを大量生産したり、町外の人と共有したりするべきではないと信じている少数のマンボ「純粋主義者」からの反対に直面することがあると言います。 「人々は、より本物のバージョンは持ち帰りに行くことだと言った。しかし、私たちのレシピはそれらの持ち帰りで売られたものに基づいている」と彼女は討論について言った。 「目標は、有名な製品を商品化することであり、それを変更したり、その歴史、起源、または文化を奪ったりすることではありません。」

「私たちは実際にそれらのことを強調し、人々がそれがどこから始まったのかを理解できるようにしたい」とジョーンズは付け加えた。 「私たちは皆にそれが何であるかを示したい ワシントンDC出身で、私たちが好きなものです。」

その体験を味わいたい訪問者は選択肢が不足していません。その多くは、ワシントンDCのにぎやかな14番街またはUストリートの廊下またはその周辺にあります。

現在、エチオピアや西アフリカの傑出したバーやレストランが目もくらむほどに並んでいるこのエリアは、アフリカ系アメリカ人の豊かな歴史の中で特別な場所を占めています。有名なハワード大学によって固定されたこの地域は、20世紀の前半に、国中の人種的および政治的緊張の特定の時期における音楽と文化のハブである「ブラックブロードウェイ」として知られていました。

「1900年から1920年の間、それは NS あるべき場所。 1930年代と40年代には、統合できるという点でもユニークでした。黒い音楽を楽しみに来たいと思っている白人もいるだろう」と語ったのは、DCメトロフードツアーのツアーガイドであるリンオコンネル氏。

「ハワード大学が開校した後、知識人が詩人、作家、そしてもちろんミュージシャンの中にやってくるのを見始めました。この地域には多くの黒人ミュージシャンが花を咲かせていました。」

Uストリートには、間違いなくDCで最も有名なレストランであるBen's Chili Bowlがあります。これは、トリニダード生まれの移民であるBenAliと彼の妻Virginiaによって1958年に設立されました。

「私はDCがまだ隔離された都市だった1952年に来ました。1957年に会ったとき、私たちは恋に落ち、結婚したいと思いました。彼の夢は小さなレストランを開くことでした」と現在87歳のヴァージニアアリ思い出した。 「彼はレストランビジネスの何かを知っていました、そして彼はこの小さな秘密の唐辛子レシピを持っていました。」

「それが私たちがアイデアを思いついた方法です」と彼女は付け加えました。 「私たちはその理想的な場所を見つけなければなりませんでした。」

63年後、ベンズはDCの住民が自分たちのものと主張する唯一の他の食べ物の精神的な家と広く見なされています:ハーフスモーク、ホットドッグ風のグリルソーセージ&ndash時々半分の牛肉、半分の豚肉&ndashマスタード、玉ねぎ、そして多くの場合、ベンの特製自家製チリソースを添えた温かい蒸しパン(ただし、マンボソースはリクエストに応じて簡単に入手できます)。

ハーフスモークはマンボソースと同じくらい重要であると広く考えられています

DCの先住民の料理の選択肢に関しては、ハーフスモークはマンボソースと同じくらい重要であると広く考えられています。この2つは、DCの料理の歴史と文化の代名詞であり、特に都市のアフリカ系アメリカ人コミュニティに関係しているためです。 2つの補数を教えてください。

60年以上にわたって、この会場は、街を訪れるあらゆる種類の有名人や著名な訪問者にとって、ほぼ義務的な立ち寄り場所になっています。アンソニー・ボーディンやU2のボノからバラク・オバマまで、多くは建物の外壁画や額縁の内側に描かれています。

1960年代には、「貧者の行進」の近くに事務所があった有名なアメリカの公民権指導者マーティンルーサーキングジュニアが定期的に訪れていました。彼が1968年に暗殺されたとき、壊滅的な不安が地域の多くを廃墟に残したとしても、ベンは「安全な場所」として活動し続けたことで有名です。

「私たちは常にコミュニティベースの場所、人々の家から離れた家、そして集いの場になりたいと思っていました。大統領であろうと男であろうと、すべてのゲストをドアを通り抜ける家族の一員として扱うように最善を尽くします。角にあります。私たちは皆ただの人です」とアリは言いました。 「しかし、もっと重要なことは、私たちは素晴らしい料理を持っていると思います。」

ワシントンDCの住民は、都市が急速に変化している現在、「おいしい料理」が地域のアイデンティティの重要な部分になりつつあることにすぐに気づきます。

1つは、人口統計が変化していることです。DCのかなりの黒人の過半数が45%に減少しています。第二に、州としての地位を求める声が高まっており、圧倒的多数の住民が連邦直轄地としての現在の状態からのアップグレードを支持しています。

このような環境の中で、多くの住民は、DCが「独自の」食品や地元のレストランを特定することがますます重要になっていると述べています。しかし、その食べ物がマンボソースなのか、ハーフスモークなのか、あるいはその両方なのかは、議論の余地があります。

「私たちが見つけたのは、黒と白、特に黒人の地元の人々が本当に地元の機関の周りに集まっているということです」と、ベンズチリボウルの教授兼官邸歴史家であるバーナードデムチュク博士は説明しました。レストランで予約。

「ニューヨークにはピザがあります。ニューオーリンズにはガンボがあります」と彼は付け加えました。 「うまくいけば、私たちの州の料理はハーフスモークになるでしょう。

Dr Demczuk's comments beg a question that is sure to start a heated debate among DC food and culture connoisseurs: what is more DC, mambo sauce or a half-smoke?

"Oh, that's a tough one. A good question. A really good question," Angela Byrd said with a chuckle. "I think mambo sauce. You could always put mambo sauce on a half-smoke. For me, mambo sauce just gets more play."

Quintessential City is a BBC Travel series that examines some of the world&rsquos greatest cultural experiences, and then offers our take on the single-most memorable and true-to-the-local-spirit one you can have.

Join more than three million BBC Travel fans by liking us on フェイスブック, or follow us on ツイッター インスタグラム.


One of the D.C. area’s most iconic Black-owned businesses has closed its Arlington outpost, seemingly for good.

The Ben’s Chili Bowl location at 1725 Wilson Blvd in Rosslyn has closed. Its signs and much of its interior have been removed, and the phone line has been disconnected.

Ben’s has struggled amid the pandemic, though its D.C. locations — the original on U Street NW and, as of a few weeks ago, the newer H Street NE location — have been open for takeout and delivery.

No signs or social media posts about the Rosslyn location’s closure could be found. Attempts to reach a member of the Ali family, which has owned Ben’s since its founding in 1958, were unsuccessful.

The Rosslyn location was the first Ben’s Chili Bowl outside of D.C. not located in a sports stadium. It opened in 2014 amid much fanfare, including a ribbon cutting with Arlington County officials and the since-imprisoned Bill Cosby.

The closure — and removal of the restaurant’s panda statue — was noted on social media late last week.

The Arlington location of Ben’s Chili Bowl will not re-open. They took down the sign and took away the giant painted panda pic.twitter.com/gVvVD8SsMX

&mdash Steve Chenevey FOX5 (@stevechenevey) June 7, 2020

Another Ben’s Chili Bowl location in Reagan National Airport closed during the pandemic, according to the airport website, though there is no indication that the closure is permanent.


D.C.’s signature half-smoke sausage is made by a West Baltimore meat processor

Marylanders are well represented at the new National Museum of African American History and Culture in Washington, from scientist Benjamin Banneker to abolitionist Harriet Tubman.

But there's a Baltimore connection you may never have heard of — half-smoke sausages. The spicy links served at the museum's Sweet Home Cafe are made by Manger's in West Baltimore.

The family operation, officially called Manger Packing Corp., turns out about 20,000 pounds of sausages a week, with half-smokes making up about 9,000 pounds. Considered a signature food of the nation's capital, most of the half-smokes are destined for Washington and one of its most beloved restaurants — Ben's Chili Bowl.

Alvin Manger, 81, is the fourth generation to run the meat processing company founded by his great-grandfather, George Manger, a German immigrant, in the 1860s.

As the guardian of his half-smoke recipe, Manger vaguely describes the sausages as a blend of pork and beef combined with spices mixed on the premises — he doesn't trust outsiders to do it — and stuffed into natural casings.

"They are cured the old-fashioned way, overnight," he said.

The definition of the half-smoke is mysterious, since no one has revealed the exact recipe for the links introduced to D.C. in the 1950s. Many food aficionados have concluded it's a smoked sausage that's half pork and half beef.

Manger will only say, "It's similar to a smoked sausage. No one really knows."

Regardless, it's become a ubiquitous Washington street food.

"Half-smokes seem to truly be a D.C. thing connected to a number of spots, most notably Ben's Chili Bowl," culinary historian Jessica B. Harris, a consultant for Sweet Home Cafe, said in an email. "They are also connected to a variety of African-American notables, including President Obama."

The president discovered it at Ben's during a visit before he was inaugurated in 2009. He got his half-smoke smothered in chili.

Asked for his thoughts on Obama sampling a Manger's half-smoke, Alvin Manger said diplomatically: "I'm a dyed-in-the-wool Republican."

But Manger started making half-smokes long before Obama chowed down on them. Ben's Chili Bowl, which opened in 1958, originally used another brand of half-smoke. About 25 years ago, they were in the market for a new purveyor.

"They were looking for a different half-smoke," Manger said. "They wanted to add a few items. I said, 'I can fix that.'"

To this day, Manger makes a special half-smoke for Ben's Chili Bowl. "For Ben's, I reformulate it slightly," he acknowledged.

"He makes a secret recipe blend for us," said Vida Ali, whose father- and mother-in-law, Ben and Virginia Ali, founded the Chili Bowl.

She credits Ben Ali, who died in 2009, with the popularity of the half-smoke sandwich in D.C.

"Half-smokes were first a breakfast food. Then Pop put it in a bun," she said. "It's cool that it caught on here."

(Weenie Beenie, a fast-food chain, also gets a nod for spurring the rise of half-smokes in the D.C. area. It opened its first store selling half-smokes in 1954 in Arlington, Va.)

While a half-smoke covered with Ben's chili is a favorite sandwich at the restaurant, other customers like theirs doused with ketchup or served plain.

"It's so flavorful by itself," said Ali, who is married to Sage Ali, one of Ben and Virginia Ali's three sons, and who works at the family restaurant in a variety of capacities.

Since the new Smithsonian museum and cafe opened Sept. 24, Ben's has seen an influx of visitors. "We're getting a lot of guests who are coming to the museum, and then they come to the Chili Bowl afterward," she said.

A photo of Ben's Chili Bowl hangs in Sweet Home Cafe's 400-seat dining room as a reminder of the African-American-owned restaurant's contribution to the D.C. food scene. The core menu offers Manger's half-smokes.

"It was a natural fit," said Albert Lukas, supervising chef at Restaurant Associates, which operates the cafe with Thompson Hospitality. "It's because of the popularity of Ben's. We're proud to have a sausage that represents the city."

He noted that Manger's half-smokes are also available at restaurants at the American History and Natural History museums.

But you don't have to go to D.C. to find Manger's sausages. In the Baltimore area, they can be found at the three Geresbeck's Food Markets and at Manger's processing plant, 124 S. Franklintown Road.

The plant — which doesn't look like much from the outside but houses state-of-the art equipment inside — is open for retail sales from 10 a.m. to 4 p.m. on Fridays and 7 a.m. to noon on Saturdays. Customers who are buying 10-pound boxes of sausages can also stop by from 10 a.m. to 2 p.m.月曜日から木曜日。

Joe McQuay, a production manager at Roma Gourmet Sausage in Highlandtown, has sampled Manger's half-smokes. Roma, known for its Natty Boh bratwurst and Old Bay sausage, makes small-batch, fresh products and doesn't sell half-smokes.

"They're not bad. They're good for hors d'oeuvres and tailgating," McQuay said. "I would not feed them to my family. They're a very processed product."

Manger's uses fresh local meat and spices from Jessup-based Elite Spice for its sausages.

Alvin Manger's children, David and Jeff Manger, Sharon Barry and Susan Rhoades, work at the company. They started packaging sausages by the time they were 12.

"It was our morals and values," Barry said. "You go to work."

Manger's grandson, Jordan Manger, who blends the meats for the sausages and the spices at the plant, is leading the way for a sixth generation to run the business.

"I'm the current custodian," Alvin Manger said. "It was passed on to me, and it will go to Jeff and the rest of them."

Manger's has been in its current location since the 1880s. Alvin Manger grew up in the house out front. On a recent Thursday, he walked a visitor down the street to where his grandparents lived.

The once-lively lane was populated by other German butchers, he said. Drovers would bring their hogs to the Gwynns Falls waterway that ran behind the homes, now lined with overgrown weeds and fencing. The neighborhood house of worship at the time, St. John's German Evangelical Lutheran, was called the butchers' church.

"We were typical Germans," said Manger, who now lives in Catonsville with his wife, Carole. "We would make sausages behind the house and go to Lexington Market and other markets and sell them."


Ben’s Chili Bowl Opens Its First Location In Maryland

BALTIMORE (WJZ) — One famous restaurant wants to bridge the gap between Washington D.C. and Baltimore, and they hope their iconic food will do just that.

Ben’s Chili Bowl opened its first and only Maryland location at the Horseshoe Casino on Wednesday.

“It’s a world-class iconic brand that we’re so excited to have,” Horseshoe Casino General Manager Randy Conroy said.

Ben and Virginia Ali opened the family business on U Street in 1958, but they first found love in Baltimore.

“I fell in love with my husband, on my second date, on Pennsylvania Avenue in Baltimore,” Virginia Ali said.

Despite Ben’s passing in 2009, the family legacy has continued to live on.

“I’m 86-years-old,” Virginia Ali said. “I don’t know how much more forward I have. But my sons, three sons, and their wives are part of the Chili Bowl, and they are the future. They are going to grow this business and make it a brand nationwide.”

Ben’s Chili Bowl is rich in history and culture. The restaurant donated food for the 1960 March on Washington and served the first African-American president of the United States, Barack Obama.

“We’ve been around for 62 years and we’ll be around for another 62 years,” Ben’s Chili Bowl Historian Bernie Demczuk said. “We love Baltimore.”

The restaurant has stirred in food and family their chili bowls and hearts piled high.

“It’s my parents’ dream, and so for the family to be realizing that dream and working together is a beautiful thing,” Sage Ali, Ben and Virginia Ali’s son, said.


5 of 9

ダイナー

The cops love this Adams Morgan neighborhood diner, complete with red vinyl barstools, a tile floor, pressed tin ceiling, and Ella Fitzgerald crooning from the sound system. Open 24-7, ダイナー promises to serve "early birds, night owls, and everyone in between." Portions go beyond huge to gargantuan. The "Croque and Dagger," a mystery of eggs, bacon, béchamel, melted Gruyère, and toasted French bread comes with home fries. For lunch or dinner, the succulent ginger-lime-glazed swordfish accompanied by steamed rice and a side salad is a tangy treat.

Sushi Aoi
Exceptional sushi can really suck the yen out of your wallet. But not at Sushi Aoi. Take the Roll Combo. The perfect choice for newcomers to sushi, the combo features a tuna roll, a cucumber roll, and a California roll. Each delicate roll uses exceptional ingredients that seemed far more luxurious than the $9.50 price tag. Miso soup and a mixed green salad come free of charge with all entrées. Dinner prices are just $2 to $3 higher, on average, than the lunch prices.


ビデオを見る: かなり楽しいワシントンDCの裏道観光ちょっと変わったルートでお散歩 (八月 2022).