新しいレシピ

マレーシアのテスコ万引き犯は罰の代わりに仕事を提供しました

マレーシアのテスコ万引き犯は罰の代わりに仕事を提供しました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

3人の父親がマレーシアの食料品店で万引きに巻き込まれ、手錠をかけずに仕事をして出て行った。

二度目のチャンスの贈り物を与えられることは、彼が得るとは思っていなかったものです。

31歳のマレーシア人の3人の父親がテスコのスーパーマーケットで万引き食品を捕まえたとき、従業員は当局に電話をかけた可能性があります。結局、匿名を希望する男性は法律に違反していました。しかし、代わりに店は彼に仕事を提供しました。

「先週の出産合併症で妻が昏睡状態に陥った後、契約労働者としての仕事を辞めました。彼女はまだブキッムルタジャム病院で病棟に入れられています」と家族がクダ州クアラネラング出身の男性は スターオンラインに語った。 彼はまた、再び立ち上がることができるまで、子供たちと一緒に親戚の家に滞在していました。

彼はいくつかの果物とジュースをつかんでいて、彼が労働者によって止められたとき、ちょうどドアから出ようとしていました。店のゼネラルマネージャーであるRadzuanMa’asanは、二度と盗むことはないように警告し、店での仕事を提供しました。

「男の状況は本当に私たちの心に触れました。私たちは彼の親戚の家を訪ねました。それはとても空っぽで貧しかった」とマーサンは言った。 「今のところ、私たちの優先事項は、彼が7歳の息子を学校に確実に入学させることです。」


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。裁判で陪審員は、彼が新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

それはおそらくブラッカーがサマフィールドを訴えた場合に受けるよりも多いでしょうが、そのような場合の損害賠償のレベル(通常は民事陪審員によって評価されます)は、たとえば事故の犠牲者に与えられるものと比較して寛大である傾向があります。

ウォルターズやブラッカーズよりもはるかに悪いケースでは、スティーブン・スミスは昨年、ウェストサセックス警察に対して合計31,500ポンドを授与されました。彼らは、彼が犯罪を犯したとは信じずに彼を逮捕し、その過程で非常に軽傷を負わせ、その後、彼を9時間拘束した。

スミス氏の事件にもかかわらず、警察に対する主張は一般に証明するのが難しい。なぜなら、1984年の警察および刑事証拠法は、店の刑事とは異なり、犯罪を疑う合理的な理由がある限り、彼らが合法的な逮捕を行うことを認めているからである。

万引きの虚偽の告発に直面した人は、正式に逮捕されない限り、店員と一緒にどこへでも行く準備ができていないことを明確にする必要があります。もちろん、この状況の誰かに彼らの無実を証明する義務はありません。

サマフィールドと小売組織のスポークスマンは、ブラッカー氏が店に入る前に購入した新聞を開くなど、事件を回避するための措置を講じることができた可能性があると示唆しました。

ただし、そうする義務はありません。また、店舗スタッフにバッグの検査や領収書の作成を依頼する義務もありません。

スーパーマーケットには、店舗からの盗難を防止するあらゆる権利がありますが、法律では、万引き犯と正直な買い物客を区別できる有能で警戒心の強いスタッフを雇用することによってのみ、その権利を行使することが義務付けられています。

それを間違えることの代償は、いじめっ子の警備員にとっても犠牲者にとっても同じくらい高いです。ブラッカー氏が問題をさらに進めることを決定した場合、サマフィールドは何かを発見するでしょう。


万引きで虚偽の告発を受けた場合の対処方法

この屈辱的なプロセスの犠牲者のように、ブラッカー氏は、彼が問題を追求することを選択した場合、実質的な補償を受ける権利があります。

彼は近くの新聞販売店から購入したばかりの新聞を持ってディスのサマーフィールド店に入った。彼が店から買っていた食料品の代金を払った後、彼は新聞を盗んだと非難した2人の制服を着た従業員に逮捕されました。

彼らは彼らの告発を裏付けるビデオ証拠を持っていると主張し、彼が店を出るのを許可しないことを明らかにしました。彼ら全員がビデオを見たとき、明らかにブラッカー氏ではない誰かを特集していることがわかりました。

これを見た後に彼を釈放する代わりに、スタッフは彼を拘留し続けた。警察が呼ばれた。その後、警官が新聞販売店に問い合わせをし、釈放された。

彼が全国紙に事件について書いた後でのみ、サマーフィールドは謝罪の手紙さえ送った。ただし、同社は補償を提供していない。確かに、店は、このような事件に関与することは、万引きとの戦いを支援するために人々が喜んで支払うべき代償であると示唆しています。

しかし、それは法律がとる見解ではありません。サマフィールドがしたことである「市民の逮捕」をする人は誰でも、それを完全に正しくしなければなりません。誰かの罪悪感について合理的な間違いを犯したとしても、その人が誤って逮捕された場合、または法的に知られているように誤って投獄された場合の言い訳にはなりません。

1912年、キングスクロスのWHスミスのマネージャーの妻であるジョンウォルターズは、WHスミスのその支店から無給で持ち出されたステーンズの自分のニューススタンドから新聞を販売していることが判明しました。

会社の経営陣は職場でウォルターズを逮捕しました。陪審員は裁判で、新聞の代金を支払うつもりだったので、彼は窃盗の罪を犯していないことを認めました。

これは、刑事犯罪が行われておらず、逮捕が不法であることを意味しました。その後、民事裁判所は彼に75ポンドの報酬を与えました。これは、今日の価値で5,000ポンド近くに相当する金額です。

While that is perhaps more than Blacker would receive if he sued Somerfield, the level of damages in such cases - usually assessed by a civil jury - tend to be generous compared with those awarded to, say, accident victims.

In a much worse case than Walters' or Blackers', Steven Smith was last year awarded a total of £31,500 against the West Sussex police. They arrested him without believing he had committed any offence, inflicted very minor injuries in the course of doing so, then held him for nine hours.

Despite Mr Smith's case, claims against the police are generally harder to prove, because the Police and Criminal Evidence Act 1984 allows for them, unlike store detectives, to make lawful arrests so long as they have reasonable grounds to suspect an offence.

Anyone who finds themselves faced with a false accusation of shoplifting should make it clear that they are not prepared to go anywhere with store staff unless they are formally arrested. There is, of course, no obligation on someone in this situation to prove their innocence.

Somerfield's and retailers organisations' spokesmen have suggested that Mr Blacker could have taken steps to avoid the incident, such as opening the newspapers he had bought before walking into the shop.

However, there is no obligation to do so. Nor is there any obligation to let store staff inspect one's bags or to produce a receipt.

Supermarkets have every right to prevent theft from their stores, but the law requires them to enforce that right only by employing competent, vigilant staff who can distinguish between shoplifters and honest shoppers.

The price of getting it wrong is as high for bullying security staff as it is for their victims, something Somerfield will discover if Mr Blacker decides to take the matter further.


What to do when falsely accused of shoplifting

Like any victim of this humiliating process Mr Blacker would, if he chose to pursue the matter, be entitled to substantial compensation.

He walked into the Somerfield store in Diss carrying newspapers that he had just purchased from a nearby newsagent. After paying for the groceries he was buying from the store he was accosted by two uniformed employees who accused him of stealing the newspapers.

They claimed to have video evidence to support their accusation and made it clear that they would not allow him to leave the store. When they all looked at the video it turned out to feature someone who was clearly not Mr Blacker.

Instead of releasing him after seeing this, the staff continued to detain him. The police were called. A policewoman did then make inquiries at the newsagents and he was released.

Only after he wrote about the incident in a national newspaper did Somerfield even send a letter of apology. The company has not, though, offered any compensation. Indeed, the store has suggested that being involved in incidents like this is a price that people should be willing to pay to help support the fight against shoplifting.

That, though, is not the view the law takes. Any one making a "citizen's arrest", which is what Somerfield did, has to get it absolutely right. Even making a reasonable mistake about someone's guilt does not provide an excuse if a person is wrongly arrested - or falsely imprisoned, as it is legally known.

In 1912 the wife of the manager of WH Smiths at Kings Cross, John Walters, was found to be selling newspapers from her own newsstand in Staines that had been taken from that branch of WH Smiths without payment.

The company's management arrested Walters at work. At trial the jury accepted he was not guilty of theft as he had intended paying for the newspapers.

This meant that no criminal offence had been committed and that the arrest was wrongful. A civil court subsequently awarded him £75 compensation, a sum equivalent to nearly £5,000 in today's values.

While that is perhaps more than Blacker would receive if he sued Somerfield, the level of damages in such cases - usually assessed by a civil jury - tend to be generous compared with those awarded to, say, accident victims.

In a much worse case than Walters' or Blackers', Steven Smith was last year awarded a total of £31,500 against the West Sussex police. They arrested him without believing he had committed any offence, inflicted very minor injuries in the course of doing so, then held him for nine hours.

Despite Mr Smith's case, claims against the police are generally harder to prove, because the Police and Criminal Evidence Act 1984 allows for them, unlike store detectives, to make lawful arrests so long as they have reasonable grounds to suspect an offence.

Anyone who finds themselves faced with a false accusation of shoplifting should make it clear that they are not prepared to go anywhere with store staff unless they are formally arrested. There is, of course, no obligation on someone in this situation to prove their innocence.

Somerfield's and retailers organisations' spokesmen have suggested that Mr Blacker could have taken steps to avoid the incident, such as opening the newspapers he had bought before walking into the shop.

However, there is no obligation to do so. Nor is there any obligation to let store staff inspect one's bags or to produce a receipt.

Supermarkets have every right to prevent theft from their stores, but the law requires them to enforce that right only by employing competent, vigilant staff who can distinguish between shoplifters and honest shoppers.

The price of getting it wrong is as high for bullying security staff as it is for their victims, something Somerfield will discover if Mr Blacker decides to take the matter further.


What to do when falsely accused of shoplifting

Like any victim of this humiliating process Mr Blacker would, if he chose to pursue the matter, be entitled to substantial compensation.

He walked into the Somerfield store in Diss carrying newspapers that he had just purchased from a nearby newsagent. After paying for the groceries he was buying from the store he was accosted by two uniformed employees who accused him of stealing the newspapers.

They claimed to have video evidence to support their accusation and made it clear that they would not allow him to leave the store. When they all looked at the video it turned out to feature someone who was clearly not Mr Blacker.

Instead of releasing him after seeing this, the staff continued to detain him. The police were called. A policewoman did then make inquiries at the newsagents and he was released.

Only after he wrote about the incident in a national newspaper did Somerfield even send a letter of apology. The company has not, though, offered any compensation. Indeed, the store has suggested that being involved in incidents like this is a price that people should be willing to pay to help support the fight against shoplifting.

That, though, is not the view the law takes. Any one making a "citizen's arrest", which is what Somerfield did, has to get it absolutely right. Even making a reasonable mistake about someone's guilt does not provide an excuse if a person is wrongly arrested - or falsely imprisoned, as it is legally known.

In 1912 the wife of the manager of WH Smiths at Kings Cross, John Walters, was found to be selling newspapers from her own newsstand in Staines that had been taken from that branch of WH Smiths without payment.

The company's management arrested Walters at work. At trial the jury accepted he was not guilty of theft as he had intended paying for the newspapers.

This meant that no criminal offence had been committed and that the arrest was wrongful. A civil court subsequently awarded him £75 compensation, a sum equivalent to nearly £5,000 in today's values.

While that is perhaps more than Blacker would receive if he sued Somerfield, the level of damages in such cases - usually assessed by a civil jury - tend to be generous compared with those awarded to, say, accident victims.

In a much worse case than Walters' or Blackers', Steven Smith was last year awarded a total of £31,500 against the West Sussex police. They arrested him without believing he had committed any offence, inflicted very minor injuries in the course of doing so, then held him for nine hours.

Despite Mr Smith's case, claims against the police are generally harder to prove, because the Police and Criminal Evidence Act 1984 allows for them, unlike store detectives, to make lawful arrests so long as they have reasonable grounds to suspect an offence.

Anyone who finds themselves faced with a false accusation of shoplifting should make it clear that they are not prepared to go anywhere with store staff unless they are formally arrested. There is, of course, no obligation on someone in this situation to prove their innocence.

Somerfield's and retailers organisations' spokesmen have suggested that Mr Blacker could have taken steps to avoid the incident, such as opening the newspapers he had bought before walking into the shop.

However, there is no obligation to do so. Nor is there any obligation to let store staff inspect one's bags or to produce a receipt.

Supermarkets have every right to prevent theft from their stores, but the law requires them to enforce that right only by employing competent, vigilant staff who can distinguish between shoplifters and honest shoppers.

The price of getting it wrong is as high for bullying security staff as it is for their victims, something Somerfield will discover if Mr Blacker decides to take the matter further.



コメント:

  1. Tygoshura

    申し訳ありませんが、私の意見では間違いがあります。話し合う必要があります。午後に私に手紙を書いてください。

  2. Hlaford

    とても面白いアイデア

  3. Tohy

    私の意見では、間違いがあります。 PMで私に書いて、それについて話し合ってください。

  4. Vandyke

    はい、それはサイエンスフィクションです

  5. Ariel

    これは単に優れたアイデアです



メッセージを書く