新しいレシピ

新しいガールスカウトのクッキー2020:レモンアップがラインナップに追加されました

新しいガールスカウトのクッキー2020:レモンアップがラインナップに追加されました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ガールスカウトの礼儀

ガールスカウトのクッキーシーズンにちょうど間に合うように、米国組織のガールスカウトは彼らの魅力的な武器に新しい甘いおやつを追加しました。新しいクッキーは、2012年にデビューした粉砂糖をまぶしたレモンウェッジクッキーであるSavannahSmilesに代わるものです。

トップストアで購入したチョコレートチップクッキー、ランク付け

言うまでもありませんが、レモンアップもレモン味です。さわやかな柑橘系のクッキーは、ガールスカウトの起業家からインスピレーションを得た8つのフレーズで焼き上げられています。たとえば、「私は成功者です」、「私は革新者です」、「私はリーダーです」などです。それらは、レモン風味のアイシングでショートブレッドのおいしいスライスを特徴とするレモネードと一緒に存在します。

2020年の更新には、プログラムの内容を強調するように設計された、更新されたパッケージも含まれています。新しいクッキースリーブには、キャンプやカヌーからロボットの設計、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験に参加している現在のガールスカウトの画像が含まれています。

ブランドによると、これらの活動は、若い女性リーダーがお金の管理、人前で話すこと、意思決定について学ぶのに役立ち、クッキーを購入することでそれが可能になります。

ガールスカウトのクッキーは、地方自治体によって異なる時期に販売されます。ほとんどが1月から4月までの6〜8週間で販売されますが、早ければ9月に開店するものもあります。ガールスカウトの「クッキーを探す」を使用してください。シンミント、タガロン、サモア、そしてすべての最高のガールスカウトクッキーを購入できる近くの場所を見つけるためのツール。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)など、グルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 GSUSAは、プログラムのパン屋と協力して、市場評価を行い、消費者に人気のある、または流行している可能性のあるフレーバーを調査することから始めます。次に、GSUSAはパン屋と協力して新しいレシピを開発し、クッキーに名前を付け、製品とパッケージをデザインし、写真を撮ります。

ガールスカウトのクッキーの命名には多くの要素が関わっていますが、最優先事項の1つは、美味しさを伝え、女の子が言うことができる(そしてそれによって売ることができる)名前を選ぶことです。軍隊のリーダーとボランティアは、すべての年齢の女の子が製品を理解し、その名前を言って顧客に説明し、それを販売する方法を学ぶのを助けるように訓練されています。

&ldquoWeは、最初から女の子を念頭に置いてCookieをデザインしている唯一のブランドの1つです。これは、Cookieを販売しているのは彼らだけだからです」と、米国ガールスカウト連盟の広報担当者は述べています。たとえば、新しいLemon-Ups Cookieは、ガールスカウトの起業家に触発されたものとして説明されており、&ldquogo-getter&rdquoや&ldquoleader&rdquoなどの単語が浮き彫りにされています。

「これらのメッセージは、女の子がすでに持っているリーダーシップ能力を思い出させるだけでなく、ガールスカウトのクッキーを購入することで女の子にとって驚くべき重要な体験ができることを消費者に思い出させます」とガールスカウトのCEO、シルビア・アセベドは語っています。 。 「新しいレモンアップクッキー、レモネード、またはその他のラインナップのクッキーを販売することで、ガールスカウトクッキープログラムは、女の子のビジネススキルとライフスキルを育成し、野心的な起業家や明日のリーダーになる準備をします。 「」

ガールスカウトのクッキーの収益は、個々の評議会がプログラミングを実行するためにクッキーの収益に依存しているため、ローカルにとどまります。女の子は、収益の一部をコミュニティプロジェクトやリーダーシップの機会に投資する方法を決定します。 「地域によって異なりますが、Cookieの収益が女の子向けのSTEMプログラムに役立つ方法はたくさんあります」とAcevedo氏は説明します。 「多くの評議会は、Cookieの収益の一部を、STEMイベント、プログラミング、バッジワークショップ、またはロボット工学活動に投入することを選択しています。」

女の子は、STEMプログラムまたはプロジェクトにCookieの収益を使うこともできます。たとえば、ガールスカウトハートオブザハドソンのオールガールスカウトロボティクスチームは、Cookieの収益の一部を使用してチームを強化しました。また、テキサス州中部のガールスカウト連盟のスキューバ部隊は、水中のクッキーブースを運営し、その資金を海洋保護活動に使用しています。

ガールスカウトのクッキーは、登録済みのガールスカウトからのみ購入できます。興味のあるバイヤーは、クッキーを販売している最寄りのガールスカウト部隊をオンラインで検索できます。そしてこれが2020年であることを考えると、iOSとAndroid用の公式のガールスカウトCookieFinderアプリがあります。レモンアップは、供給が続く限り、一部のガールスカウト評議会市場で提供されます。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)など、グルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

その他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 GSUSAは、プログラムのパン屋と協力して、市場評価を行い、消費者に人気のある、または流行している可能性のあるフレーバーを調査することから始めます。次に、GSUSAはパン屋と協力して新しいレシピを開発し、クッキーに名前を付け、製品とパッケージをデザインし、写真を撮ります。

ガールスカウトのクッキーの命名には多くの要素が関わっていますが、最優先事項の1つは、美味しさを伝え、女の子が言うことができる(そしてそれによって売ることができる)名前を選ぶことです。軍隊のリーダーとボランティアは、すべての年齢の女の子が製品を理解し、その名前を言って顧客に説明し、それを販売する方法を学ぶのを助けるように訓練されています。

&ldquoWeは、最初から女の子を念頭に置いてCookieをデザインしている唯一のブランドの1つです。これは、Cookieを販売しているのは彼らだけだからです」と、米国ガールスカウト連盟の広報担当者は述べています。たとえば、新しいLemon-Ups Cookieは、ガールスカウトの起業家に触発されたものとして説明されており、&ldquogo-getter&rdquoや&ldquoleader&rdquoなどの単語が浮き彫りにされています。

「これらのメッセージは、女の子がすでに持っているリーダーシップ能力を思い出させるだけでなく、ガールスカウトのクッキーを購入することで女の子にとって驚くべき重要な体験ができることを消費者に思い出させます」とガールスカウトのCEO、シルビア・アセベドは語っています。 。 「新しいレモンアップクッキー、レモネード、またはその他のラインナップのクッキーを販売することで、ガールスカウトクッキープログラムは、女の子のビジネススキルとライフスキルを育成し、野心的な起業家や明日のリーダーになる準備をします。 「」

ガールスカウトのクッキーの収益は、個々の評議会がプログラミングを実行するためにクッキーの収益に依存しているため、ローカルにとどまります。女の子は、収益の一部をコミュニティプロジェクトやリーダーシップの機会に投資する方法を決定します。 「地域によって異なりますが、Cookieの収益が女の子向けのSTEMプログラムに役立つ方法はたくさんあります」とAcevedo氏は説明します。 「多くの評議会は、Cookieの収益の一部を、STEMイベント、プログラミング、バッジワークショップ、またはロボット工学活動に投入することを選択しています。」

女の子は、STEMプログラムまたはプロジェクトにCookieの収益を使うこともできます。たとえば、ガールスカウトハートオブザハドソンのオールガールスカウトロボティクスチームは、Cookieの収益の一部を使用してチームを強化しました。また、テキサス州中部のガールスカウト連盟のスキューバ部隊は、水中のクッキーブースを運営し、その資金を海洋保護活動に使用しています。

ガールスカウトのクッキーは、登録済みのガールスカウトからのみ購入できます。興味のあるバイヤーは、クッキーを販売している最寄りのガールスカウト部隊をオンラインで検索できます。そしてこれが2020年であることを考えると、iOSとAndroid用の公式のガールスカウトCookieFinderアプリがあります。レモンアップは、供給が続く限り、一部のガールスカウト評議会市場で提供されます。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)など、グルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

その他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 GSUSAは、プログラムのパン屋と協力して、市場評価を行い、消費者に人気のある、または流行している可能性のあるフレーバーを調査することから始めます。次に、GSUSAはパン屋と協力して新しいレシピを開発し、クッキーに名前を付け、製品とパッケージをデザインし、写真を撮ります。

ガールスカウトのクッキーの命名には多くの要素が関わっていますが、最優先事項の1つは、美味しさを伝え、女の子が言うことができる(そしてそれによって売ることができる)名前を選ぶことです。軍隊のリーダーとボランティアは、すべての年齢の女の子が製品を理解し、その名前を言って顧客に説明し、それを販売する方法を学ぶのを助けるように訓練されています。

&ldquoWeは、最初から女の子を念頭に置いてCookieをデザインしている唯一のブランドの1つです。これは、Cookieを販売しているのは彼らだけだからです」と、米国ガールスカウト連盟の広報担当者は述べています。たとえば、新しいLemon-Ups Cookieは、ガールスカウトの起業家に触発されたものとして説明されており、&ldquogo-getter&rdquoや&ldquoleader&rdquoなどの単語が浮き彫りにされています。

「これらのメッセージは、女の子がすでに持っているリーダーシップ能力を思い出させるだけでなく、ガールスカウトのクッキーを購入することで女の子にとって驚くべき重要な体験ができることを消費者に思い出させます」とガールスカウトのCEO、シルビア・アセベドは語っています。 。 「新しいレモンアップクッキー、レモネード、またはその他のラインナップのクッキーを販売することで、ガールスカウトクッキープログラムは、女の子のビジネススキルとライフスキルを育成し、野心的な起業家や明日のリーダーになる準備をします。 「」

ガールスカウトのクッキーの収益は、個々の評議会がプログラミングを実行するためにクッキーの収益に依存しているため、ローカルにとどまります。女の子は、収益の一部をコミュニティプロジェクトやリーダーシップの機会に投資する方法を決定します。 「地域によって異なりますが、Cookieの収益が女の子向けのSTEMプログラムに役立つ方法はたくさんあります」とAcevedo氏は説明します。 「多くの評議会は、Cookieの収益の一部を、STEMイベント、プログラミング、バッジワークショップ、またはロボット工学活動に投入することを選択しています。」

女の子は、STEMプログラムまたはプロジェクトにCookieの収益を使うこともできます。たとえば、ガールスカウトハートオブザハドソンのオールガールスカウトロボティクスチームは、Cookieの収益の一部を使用してチームを強化しました。また、テキサス州中部のガールスカウト連盟のスキューバ部隊は、水中のクッキーブースを運営し、その資金を海洋保護活動に使用しています。

ガールスカウトのクッキーは、登録済みのガールスカウトからのみ購入できます。興味のあるバイヤーは、クッキーを販売している最寄りのガールスカウト部隊をオンラインで検索できます。そしてこれが2020年であることを考えると、iOSとAndroid用の公式のガールスカウトCookieFinderアプリがあります。レモンアップは、供給が続く限り、一部のガールスカウト評議会市場で提供されます。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)などのグルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

その他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 GSUSAは、プログラムのパン屋と協力して、市場評価を行い、消費者に人気のある、または流行している可能性のあるフレーバーを調査することから始めます。次に、GSUSAはパン屋と協力して新しいレシピを開発し、クッキーに名前を付け、製品とパッケージをデザインし、写真を撮ります。

ガールスカウトのクッキーの命名には多くの要素が関わっていますが、最優先事項の1つは、美味しさを伝え、女の子が言うことができる(そしてそれによって売ることができる)名前を選ぶことです。軍隊のリーダーとボランティアは、すべての年齢の女の子が製品を理解し、その名前を言って顧客に説明し、それを販売する方法を学ぶのを助けるように訓練されています。

&ldquoWeは、最初から女の子を念頭に置いてCookieをデザインしている唯一のブランドの1つです。これは、Cookieを販売しているのは彼らだけだからです」と、米国ガールスカウト連盟の広報担当者は述べています。たとえば、新しいLemon-Ups Cookieは、ガールスカウトの起業家に触発されたものとして説明されており、&ldquogo-getter&rdquoや&ldquoleader&rdquoなどの単語が浮き彫りにされています。

「これらのメッセージは、女の子がすでに持っているリーダーシップ能力を思い出させるだけでなく、ガールスカウトのクッキーを購入することで女の子にとって驚くべき重要な体験ができることを消費者に思い出させます」とガールスカウトのCEO、シルビア・アセベドは語っています。 。 「新しいレモンアップクッキー、レモネード、またはその他のラインナップのクッキーを販売することによって、ガールスカウトクッキープログラムは、女の子のビジネススキルとライフスキルを育成し、野心的な起業家や明日のリーダーになる準備をします。 「」

ガールスカウトのクッキーの収益は、個々の評議会がプログラミングを実行するためにクッキーの収益に依存しているため、ローカルにとどまります。女の子は、収益の一部をコミュニティプロジェクトやリーダーシップの機会に投資する方法を決定します。 「地域によって異なりますが、Cookieの収益が女の子向けのSTEMプログラムに役立つ方法はたくさんあります」とAcevedo氏は説明します。 「多くの評議会は、Cookieの収益の一部を、STEMイベント、プログラミング、バッジワークショップ、またはロボット工学活動に投入することを選択しています。」

女の子は、STEMプログラムまたはプロジェクトにCookieの収益を使うこともできます。たとえば、ガールスカウトハートオブザハドソンのオールガールスカウトロボティクスチームは、Cookieの収益の一部を使用してチームを強化しました。また、テキサス州中部のガールスカウト連盟のスキューバ部隊は、水中のクッキーブースを運営し、その資金を海洋保護活動に使用しています。

ガールスカウトのクッキーは、登録済みのガールスカウトからのみ購入できます。興味のあるバイヤーは、クッキーを販売している最寄りのガールスカウト部隊をオンラインで検索できます。そしてこれが2020年であることを考えると、iOSとAndroid用の公式のガールスカウトCookieFinderアプリがあります。レモンアップは、供給が続く限り、一部のガールスカウト評議会市場で提供されます。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)などのグルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

その他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 GSUSAは、プログラムのパン屋と協力して、市場評価を行い、消費者に人気のある、または流行している可能性のあるフレーバーを調査することから始めます。次に、GSUSAはパン屋と協力して新しいレシピを開発し、クッキーに名前を付け、製品とパッケージをデザインし、写真を撮ります。

ガールスカウトのクッキーの命名には多くの要素が関わっていますが、最優先事項の1つは、美味しさを伝え、女の子が言うことができる(そしてそれによって売ることができる)名前を選ぶことです。軍隊のリーダーとボランティアは、すべての年齢の女の子が製品を理解し、その名前を言って顧客に説明し、それを販売する方法を学ぶのを助けるように訓練されています。

&ldquoWeは、最初から女の子を念頭に置いてCookieをデザインしている唯一のブランドの1つです。これは、Cookieを販売しているのは彼らだけだからです」と、米国ガールスカウト連盟の広報担当者は述べています。たとえば、新しいLemon-Ups Cookieは、ガールスカウトの起業家に触発されたものとして説明されており、&ldquogo-getter&rdquoや&ldquoleader&rdquoなどの単語が浮き彫りにされています。

「これらのメッセージは、女の子がすでに持っているリーダーシップ能力を思い出させるだけでなく、ガールスカウトのクッキーを購入することで女の子にとって驚くべき重要な体験ができることを消費者に思い出させます」とガールスカウトのCEO、シルビア・アセベドは語っています。 。 「新しいレモンアップクッキー、レモネード、またはその他のラインナップのクッキーを販売することで、ガールスカウトクッキープログラムは、女の子のビジネススキルとライフスキルを育成し、野心的な起業家や明日のリーダーになる準備をします。 「」

ガールスカウトのクッキーの収益は、個々の評議会がプログラミングを実行するためにクッキーの収益に依存しているため、ローカルにとどまります。女の子は、収益の一部をコミュニティプロジェクトやリーダーシップの機会に投資する方法を決定します。 「地域によって異なりますが、Cookieの収益が女の子向けのSTEMプログラムに役立つ方法はたくさんあります」とAcevedo氏は説明します。 「多くの評議会は、Cookieの収益の一部を、STEMイベント、プログラミング、バッジワークショップ、またはロボット工学活動に投入することを選択しています。」

女の子は、STEMプログラムまたはプロジェクトにCookieの収益を使うこともできます。たとえば、ガールスカウトハートオブザハドソンのオールガールスカウトロボティクスチームは、Cookieの収益の一部を使用してチームを強化しました。また、テキサス州中部のガールスカウト連盟のスキューバ部隊は、水中のクッキーブースを運営し、その資金を海洋保護活動に使用しています。

ガールスカウトのクッキーは、登録済みのガールスカウトからのみ購入できます。興味のあるバイヤーは、クッキーを販売している最寄りのガールスカウト部隊をオンラインで検索できます。そしてこれが2020年であることを考えると、iOSとAndroid用の公式のガールスカウトCookieFinderアプリがあります。レモンアップは、供給が続く限り、一部のガールスカウト評議会市場で提供されます。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)など、グルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

その他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 GSUSAは、プログラムのパン屋と協力して、市場評価を行い、消費者に人気のある、または流行している可能性のあるフレーバーを調査することから始めます。次に、GSUSAはパン屋と協力して新しいレシピを開発し、クッキーに名前を付け、製品とパッケージをデザインし、写真を撮ります。

ガールスカウトのクッキーの命名には多くの要素が関わっていますが、最優先事項の1つは、美味しさを伝え、女の子が言うことができる(そしてそれによって売ることができる)名前を選ぶことです。軍隊のリーダーとボランティアは、すべての年齢の女の子が製品を理解し、その名前を言って顧客に説明し、それを販売する方法を学ぶのを助けるように訓練されています。

&ldquoWeは、最初から女の子を念頭に置いてCookieをデザインしている唯一のブランドの1つです。これは、Cookieを販売しているのは彼らだけだからです」と、米国ガールスカウト連盟の広報担当者は述べています。たとえば、新しいレモンアップCookieは、ガールスカウトの起業家に触発されたものとして説明されており、&ldquogo-getter&rdquoや&ldquoleader&rdquoなどの単語が浮き彫りにされています。

「これらのメッセージは、女の子がすでに持っているリーダーシップ能力を思い出させるだけでなく、ガールスカウトのクッキーを購入することで女の子にとって驚くべき重要な体験ができることを消費者に思い出させます」とガールスカウトのCEO、シルビア・アセベドは語っています。 。 「新しいレモンアップクッキー、レモネード、またはその他のラインナップのクッキーを販売することで、ガールスカウトクッキープログラムは、女の子のビジネススキルとライフスキルを育成し、野心的な起業家や明日のリーダーになる準備をします。 「」

ガールスカウトのクッキーの収益は、個々の評議会がプログラミングを実行するためにクッキーの収益に依存しているため、ローカルにとどまります。女の子は、収益の一部をコミュニティプロジェクトやリーダーシップの機会に投資する方法を決定します。 「地域によって異なりますが、Cookieの収益が女の子向けのSTEMプログラムに役立つ方法はたくさんあります」とAcevedo氏は説明します。 「多くの評議会は、Cookieの収益の一部を、STEMイベント、プログラミング、バッジワークショップ、またはロボット工学活動に投入することを選択しています。」

女の子は、STEMプログラムまたはプロジェクトにCookieの収益を使うこともできます。たとえば、ガールスカウトハートオブザハドソンのオールガールスカウトロボティクスチームは、Cookieの収益の一部を使用してチームを強化しました。また、テキサス州中部のガールスカウト連盟のスキューバ部隊は、水中のクッキーブースを運営し、その資金を海洋保護活動に使用しています。

ガールスカウトのクッキーは、登録済みのガールスカウトからのみ購入できます。興味のあるバイヤーは、クッキーを販売している最寄りのガールスカウト部隊をオンラインで検索できます。そしてこれが2020年であることを考えると、iOSとAndroid用の公式のガールスカウトCookieFinderアプリがあります。レモンアップは、供給が続く限り、一部のガールスカウト評議会市場で提供されます。


新しいガールスカウトのクッキーブランドの生産に何が入るのか

ガールスカウトのクッキープログラムは、米国で毎年女の子への最大の経済的投資として依然としてトップの座を占めていますが、プログラムは古いお気に入りだけに頼っていません。

今週、ガールスカウトは2020年のラインナップに加わる最新のクッキーを発表します:レモンアップ、クリスピーで甘いレモンビスケット。

GSUSAはまた、クッキーの販売からの収益がどのように使用されるかを反映するようにパッケージを更新しています。つまり、アウトドアアドベンチャーとSTEMプログラミングの両方に資金を提供することで、若い女性起業家やリーダーをサポートします。パッケージの更新された画像は、冒険満載のキャンプやカヌーから、宇宙科学やロボットデザインの探索、コミュニティの改善に向けた行動まで、メンバーが利用できるさまざまな体験を表現するように設計されています。

新しいガールスカウトクッキーの導入のタイムラインはさまざまですが、過去10年間、米国のガールスカウトは1〜2年ごとに新しいクッキーをデビューさせてきました。たとえば、2018年には、キャラメルチョコレートチップクッキーが市場に投入され、Toffee-tastic(甘くて歯ごたえのある金色のタフィービットが入ったバタークッキー)やTrios(トリオ)など、グルテンフリーのガールスカウトクッキーのラインナップが増えています。ピーナッツバターオートミールクッキーとチョコレートチップ)。

その他の特別な食事のニーズに関しては、ガールスカウトのクッキーは年に一度の短いシーズンで生産されます。これは、特別なクッキーの生産を困難にしていると同社は言います。そしてこれまでのところ、グルテンフリーを超えて拡大することを経済的に実現可能にするほどの需要はありませんでした。

新しいCookieのブレインストーミングから、ガールスカウトがCookieシーズンの準備を支援するまで、プロセスには多くのことが含まれます。 In partnership with the program&rsquos bakers, GSUSA starts by doing a market assessment and looking into flavors that could be popular or trending with consumers. Then GSUSA collaborates with bakers to develop a new recipe, name the cookie, design the product and packaging, and photograph it.

Many factors go into naming a Girl Scout Cookie, but among the top priorities are choosing a name that conveys deliciousness and that girls are able to say (and thereby sell). Troop leaders and volunteers are trained to help girls of all ages understand the product, be able to say its name and describe it to customers, and learn how to market it.

&ldquoWe are one of the only&mdashor perhaps the only&mdashbrands that design a cookie with girls in mind from the start, since they are the only ones who sell it,&rdquo says a spokesperson for Girl Scouts of the USA. For example, the new Lemon-Ups cookies are described as being inspired by Girl Scout entrepreneurs and are embossed with words like &ldquogo-getter&rdquo and &ldquoleader.&rdquo

"These messages not only remind girls about the leadership abilities they already possess within them, but they also remind consumers that buying Girl Scout Cookies powers amazing and important experiences for girls," Girl Scouts CEO Sylvia Acevedo tells Fortune。 "Whether it&rsquos through selling the new Lemon-Ups cookie, Lemonades, or any other cookie in our lineup, the Girl Scout Cookie Program fosters a multitude of business and life skills in girls, preparing them to be the ambitious entrepreneurs and leaders of tomorrow."

Girl Scout Cookie earnings stay local as individual councils depend on cookie earnings to run their programming, and girls decide how to invest their troop&rsquos portion of the earnings in community projects and leadership opportunities. "It varies locally but there are numerous ways cookie earnings benefit STEM programs for girls," Acevedo explains. "Many councils choose to put their portion of the cookie proceeds towards STEM events, programming, badge workshops, or robotics activities."

Girls can also choose to spend their cookie earnings on STEM programs or projects. For example, an all-Girl Scout robotics team from Girl Scouts Heart of the Hudson that used some of their cookie earnings to power their team. And Girl Scouts of Central Texas&rsquo scuba troop runs an underwater cookie booth and use their funds for their ocean conservation efforts.

Girl Scout Cookies can only be purchased from a registered Girl Scout. Interested buyers can search online for the nearest Girl Scout troop selling cookies. And given that this is 2020, there is an official Girl Scout Cookie Finder app for iOS and Android. Lemon-Ups will be offered in select Girl Scout council markets for only as long as supplies last.


What Goes Into the Production of a New Girl Scout Cookie Brand

The Girl Scout Cookie Program still holds the top spot as the largest financial investment in girls annually in the United States, but the program doesn&rsquot rest on old favorites alone.

This week, Girl Scouts is unveiling the newest cookie to join the 2020 lineup: Lemon-Ups, crispy and sweet lemon biscuits.

GSUSA is also updating its packaging so that it reflects how proceeds from the cookie sales are used: namely, to support young female entrepreneurs and leaders by financing both outdoor adventures and STEM programming. The updated images on the packaging are designed to depict a diverse range of experiences available to members: from adventure-packed camping and canoeing, to exploring space science and robot design, to taking action to improve their communities.

The timeline for introducing new Girl Scout Cookies varies, but over the past decade, the Girl Scouts of the USA has been debuting new cookies every one to two years. In 2018, for example, the Caramel Chocolate Chip cookie was brought to market, joining a growing lineup of gluten-free Girl Scout cookies, such as the Toffee-tastic (a buttery cookie with sweet and crunchy golden toffee bits) and the Trios (a peanut butter oatmeal cookie with chocolate chips).

As far as other specialized dietary needs, Girl Scouts Cookies are produced for a short season once a year, which the company says makes the production of specialty cookies challenging. And so far, the demand has not been great enough to make it economically feasible to expand beyond gluten-free.

There&rsquos a lot that goes into the process, from brainstorming new cookies to helping Girl Scouts prepare for cookie season. In partnership with the program&rsquos bakers, GSUSA starts by doing a market assessment and looking into flavors that could be popular or trending with consumers. Then GSUSA collaborates with bakers to develop a new recipe, name the cookie, design the product and packaging, and photograph it.

Many factors go into naming a Girl Scout Cookie, but among the top priorities are choosing a name that conveys deliciousness and that girls are able to say (and thereby sell). Troop leaders and volunteers are trained to help girls of all ages understand the product, be able to say its name and describe it to customers, and learn how to market it.

&ldquoWe are one of the only&mdashor perhaps the only&mdashbrands that design a cookie with girls in mind from the start, since they are the only ones who sell it,&rdquo says a spokesperson for Girl Scouts of the USA. For example, the new Lemon-Ups cookies are described as being inspired by Girl Scout entrepreneurs and are embossed with words like &ldquogo-getter&rdquo and &ldquoleader.&rdquo

"These messages not only remind girls about the leadership abilities they already possess within them, but they also remind consumers that buying Girl Scout Cookies powers amazing and important experiences for girls," Girl Scouts CEO Sylvia Acevedo tells Fortune。 "Whether it&rsquos through selling the new Lemon-Ups cookie, Lemonades, or any other cookie in our lineup, the Girl Scout Cookie Program fosters a multitude of business and life skills in girls, preparing them to be the ambitious entrepreneurs and leaders of tomorrow."

Girl Scout Cookie earnings stay local as individual councils depend on cookie earnings to run their programming, and girls decide how to invest their troop&rsquos portion of the earnings in community projects and leadership opportunities. "It varies locally but there are numerous ways cookie earnings benefit STEM programs for girls," Acevedo explains. "Many councils choose to put their portion of the cookie proceeds towards STEM events, programming, badge workshops, or robotics activities."

Girls can also choose to spend their cookie earnings on STEM programs or projects. For example, an all-Girl Scout robotics team from Girl Scouts Heart of the Hudson that used some of their cookie earnings to power their team. And Girl Scouts of Central Texas&rsquo scuba troop runs an underwater cookie booth and use their funds for their ocean conservation efforts.

Girl Scout Cookies can only be purchased from a registered Girl Scout. Interested buyers can search online for the nearest Girl Scout troop selling cookies. And given that this is 2020, there is an official Girl Scout Cookie Finder app for iOS and Android. Lemon-Ups will be offered in select Girl Scout council markets for only as long as supplies last.


What Goes Into the Production of a New Girl Scout Cookie Brand

The Girl Scout Cookie Program still holds the top spot as the largest financial investment in girls annually in the United States, but the program doesn&rsquot rest on old favorites alone.

This week, Girl Scouts is unveiling the newest cookie to join the 2020 lineup: Lemon-Ups, crispy and sweet lemon biscuits.

GSUSA is also updating its packaging so that it reflects how proceeds from the cookie sales are used: namely, to support young female entrepreneurs and leaders by financing both outdoor adventures and STEM programming. The updated images on the packaging are designed to depict a diverse range of experiences available to members: from adventure-packed camping and canoeing, to exploring space science and robot design, to taking action to improve their communities.

The timeline for introducing new Girl Scout Cookies varies, but over the past decade, the Girl Scouts of the USA has been debuting new cookies every one to two years. In 2018, for example, the Caramel Chocolate Chip cookie was brought to market, joining a growing lineup of gluten-free Girl Scout cookies, such as the Toffee-tastic (a buttery cookie with sweet and crunchy golden toffee bits) and the Trios (a peanut butter oatmeal cookie with chocolate chips).

As far as other specialized dietary needs, Girl Scouts Cookies are produced for a short season once a year, which the company says makes the production of specialty cookies challenging. And so far, the demand has not been great enough to make it economically feasible to expand beyond gluten-free.

There&rsquos a lot that goes into the process, from brainstorming new cookies to helping Girl Scouts prepare for cookie season. In partnership with the program&rsquos bakers, GSUSA starts by doing a market assessment and looking into flavors that could be popular or trending with consumers. Then GSUSA collaborates with bakers to develop a new recipe, name the cookie, design the product and packaging, and photograph it.

Many factors go into naming a Girl Scout Cookie, but among the top priorities are choosing a name that conveys deliciousness and that girls are able to say (and thereby sell). Troop leaders and volunteers are trained to help girls of all ages understand the product, be able to say its name and describe it to customers, and learn how to market it.

&ldquoWe are one of the only&mdashor perhaps the only&mdashbrands that design a cookie with girls in mind from the start, since they are the only ones who sell it,&rdquo says a spokesperson for Girl Scouts of the USA. For example, the new Lemon-Ups cookies are described as being inspired by Girl Scout entrepreneurs and are embossed with words like &ldquogo-getter&rdquo and &ldquoleader.&rdquo

"These messages not only remind girls about the leadership abilities they already possess within them, but they also remind consumers that buying Girl Scout Cookies powers amazing and important experiences for girls," Girl Scouts CEO Sylvia Acevedo tells Fortune。 "Whether it&rsquos through selling the new Lemon-Ups cookie, Lemonades, or any other cookie in our lineup, the Girl Scout Cookie Program fosters a multitude of business and life skills in girls, preparing them to be the ambitious entrepreneurs and leaders of tomorrow."

Girl Scout Cookie earnings stay local as individual councils depend on cookie earnings to run their programming, and girls decide how to invest their troop&rsquos portion of the earnings in community projects and leadership opportunities. "It varies locally but there are numerous ways cookie earnings benefit STEM programs for girls," Acevedo explains. "Many councils choose to put their portion of the cookie proceeds towards STEM events, programming, badge workshops, or robotics activities."

Girls can also choose to spend their cookie earnings on STEM programs or projects. For example, an all-Girl Scout robotics team from Girl Scouts Heart of the Hudson that used some of their cookie earnings to power their team. And Girl Scouts of Central Texas&rsquo scuba troop runs an underwater cookie booth and use their funds for their ocean conservation efforts.

Girl Scout Cookies can only be purchased from a registered Girl Scout. Interested buyers can search online for the nearest Girl Scout troop selling cookies. And given that this is 2020, there is an official Girl Scout Cookie Finder app for iOS and Android. Lemon-Ups will be offered in select Girl Scout council markets for only as long as supplies last.


What Goes Into the Production of a New Girl Scout Cookie Brand

The Girl Scout Cookie Program still holds the top spot as the largest financial investment in girls annually in the United States, but the program doesn&rsquot rest on old favorites alone.

This week, Girl Scouts is unveiling the newest cookie to join the 2020 lineup: Lemon-Ups, crispy and sweet lemon biscuits.

GSUSA is also updating its packaging so that it reflects how proceeds from the cookie sales are used: namely, to support young female entrepreneurs and leaders by financing both outdoor adventures and STEM programming. The updated images on the packaging are designed to depict a diverse range of experiences available to members: from adventure-packed camping and canoeing, to exploring space science and robot design, to taking action to improve their communities.

The timeline for introducing new Girl Scout Cookies varies, but over the past decade, the Girl Scouts of the USA has been debuting new cookies every one to two years. In 2018, for example, the Caramel Chocolate Chip cookie was brought to market, joining a growing lineup of gluten-free Girl Scout cookies, such as the Toffee-tastic (a buttery cookie with sweet and crunchy golden toffee bits) and the Trios (a peanut butter oatmeal cookie with chocolate chips).

As far as other specialized dietary needs, Girl Scouts Cookies are produced for a short season once a year, which the company says makes the production of specialty cookies challenging. And so far, the demand has not been great enough to make it economically feasible to expand beyond gluten-free.

There&rsquos a lot that goes into the process, from brainstorming new cookies to helping Girl Scouts prepare for cookie season. In partnership with the program&rsquos bakers, GSUSA starts by doing a market assessment and looking into flavors that could be popular or trending with consumers. Then GSUSA collaborates with bakers to develop a new recipe, name the cookie, design the product and packaging, and photograph it.

Many factors go into naming a Girl Scout Cookie, but among the top priorities are choosing a name that conveys deliciousness and that girls are able to say (and thereby sell). Troop leaders and volunteers are trained to help girls of all ages understand the product, be able to say its name and describe it to customers, and learn how to market it.

&ldquoWe are one of the only&mdashor perhaps the only&mdashbrands that design a cookie with girls in mind from the start, since they are the only ones who sell it,&rdquo says a spokesperson for Girl Scouts of the USA. For example, the new Lemon-Ups cookies are described as being inspired by Girl Scout entrepreneurs and are embossed with words like &ldquogo-getter&rdquo and &ldquoleader.&rdquo

"These messages not only remind girls about the leadership abilities they already possess within them, but they also remind consumers that buying Girl Scout Cookies powers amazing and important experiences for girls," Girl Scouts CEO Sylvia Acevedo tells Fortune。 "Whether it&rsquos through selling the new Lemon-Ups cookie, Lemonades, or any other cookie in our lineup, the Girl Scout Cookie Program fosters a multitude of business and life skills in girls, preparing them to be the ambitious entrepreneurs and leaders of tomorrow."

Girl Scout Cookie earnings stay local as individual councils depend on cookie earnings to run their programming, and girls decide how to invest their troop&rsquos portion of the earnings in community projects and leadership opportunities. "It varies locally but there are numerous ways cookie earnings benefit STEM programs for girls," Acevedo explains. "Many councils choose to put their portion of the cookie proceeds towards STEM events, programming, badge workshops, or robotics activities."

Girls can also choose to spend their cookie earnings on STEM programs or projects. For example, an all-Girl Scout robotics team from Girl Scouts Heart of the Hudson that used some of their cookie earnings to power their team. And Girl Scouts of Central Texas&rsquo scuba troop runs an underwater cookie booth and use their funds for their ocean conservation efforts.

Girl Scout Cookies can only be purchased from a registered Girl Scout. Interested buyers can search online for the nearest Girl Scout troop selling cookies. And given that this is 2020, there is an official Girl Scout Cookie Finder app for iOS and Android. Lemon-Ups will be offered in select Girl Scout council markets for only as long as supplies last.



コメント:

  1. Shataxe

    注目に値する、かなり役に立つフレーズ

  2. Skylor

    このフレーズ、マッチレスです)))、それは私にとって楽しいです:)

  3. Marlayne

    なぜそんなに解雇されますか!!!!!!!!

  4. Aethelstan

    これはすでに議論されているように思えます。フォーラムで検索を使用しています。

  5. Tataxe

    顕著!ありがとう!



メッセージを書く