新しいレシピ

ロンドンのパーラーで、シェフのジェシーダンフォードウッドのテーブルの魔法を体験してください

ロンドンのパーラーで、シェフのジェシーダンフォードウッドのテーブルの魔法を体験してください


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

パーラーは、メニューと装飾の両方にユーモアが反映されているガストロパブ、ケンサルライズエリアの多くのロンドン市民にとってすでにホットスポットです。より重厚なセンスと「すごい」ディナーをご希望の場合は、Parlour’s Chef’s Tableをご覧ください。驚きに満ちたダイニング体験を楽しむカップルやグループに最適な、特別なプリフィクスメニュー体験です。

パーラーのシェフズテーブルは、ジェシーダンフォードウッドの発案によるものです。ジェシーダンフォードウッドは、モールタバーン、ルガブロッシュ、バルタザールなどの以前のスティントで高く評価され、旅慣れたシェフです。ウッドは毎晩予約されたシェフのテーブルの常連客に専念し、彼のカリスマ性と愉快でおどけた料理スタイルを直接ゲストにもたらします。

魔法は、キッチンに隣接するパーラーのセミプライベートブース(最大7席)で行われ、定期的な通行人が羨望の的に覗き見することができる開いた舷窓が取り付けられています。メニューの内容は事前に通知されません。ゲストは何コースが提供されるかを知りません-唯一の与えられたものは空腹で来ることであり、価格は飲み物とチップを除いて一人あたり£50($ 75)です。ウッドは到着時にゲストに、どれだけ来るかわからないこと、そして「食べ物の津波」に備えるように言います。この津波は、通常、6つの寛大なコースと、おそらく理解できる最も贅沢なデザートの1つで構成されています。

シェフのテーブルメニューは気まぐれで変わりますが、ゲストはマクタッキーのポップコーンチキンナゲット(本物のポップコーン付き)などの斬新なプレートを期待できます。ローズマリーフラットブレッドと栗のフムス。スモークサーモンとサーモンの皮を大きな板で提供。生野菜のラビオリ:ビーツ、クランベリー、ケーパー、コールラビ、赤キャベツのパスタなしの山羊チーズのプレート。

ゲストは夜を通してウッドの鋭い機知とエッジの効いた魅力に楽しまれますが、実際の劇場はデザートが紹介されると始まります。シェフはテーブルを勢いよく片付け、知らないダイナーのワイヤレスヘッドホンを手渡し、ジングル対応のウィリーウォンカとメアリーポピンズの曲を演奏した後、ブースを包み込む煙を一周しました。次に、テーブルの長さのスズ箔を広げてレイアウトし、デザートを置く前に、キャラメル、ラズベリー、チョコレートソースで表面を固めます。彼の劇的な10分間のプレゼンテーションの最後に、ゲストはお菓子の贅沢を残されます。栗のマカロン;現場で作られたスモア(トーチランプ付き)。 4つの北極ロールバリエーション。イートンの混乱;ルバーブスフレ;ナッツ入りの「コッシャー」ブラックプディング、ルバーブゼリー、スパイスの効いたエッグノグ、ビスコッティ入りキャラメルカスタード。ループ状にスライスされた青リンゴ。キャラメリゼしたバナナのショートブレッド。とチョコレートトリュフ(これは 部分的 リスト)。

ディナーで少し劇場や予測不可能なことを気にしないのであれば、パーラーの排他的なシェフのテーブルに座って予約してください 急いで…そして、心を開いて、貪欲な食欲を持って来るようにしてください。


2016年のベスト

そして、それはそれです。 2016年。完了。 2016年もブログを読み続けてくださっている読者の皆様、本当にありがとうございました。陽気なクリスマスと新年を過ごし、2017年に立ち寄って会うまで食べたり飲んだりしてください。

16.シックスポートランドロードで春野菜とクリスチャンパラブーダンノワール(レビュー、2016年5月)

緑豊かなホランドパークに位置する小さくて美しい&#8211エキサイティングなイーストロンドンの展望からの変化&#8211そして春以来新しく取引されただけです。チームは主にテロワールの卒業生の脱出であり、所有者のオリ・バーカーによって西に導かれました(彼がテロワールグループから分離した後)。キッチンでは、Pascal Weidemannが、生と保存の両方の優れた食材を使用し、心と魂を込めて調理した、シンプルでありながら明確に考慮されたメニューを用意しています。あなたが隠された宝石について考えるとき、まさにそのようなものが想起されます。

15.エリスタンストリートでのサバのスモークベロウテ、カキ、ウナギのスモークトースト(レビュー、2016年9月)

私はPhilHowardの大ファンであり続け、当初はThe Squareの売却を決定したことにショックを受けましたが、今ではElystanStreetが飛躍的なスタートを切ったことをうれしく思います。ディナーメニューに付けられている値札は少し怖いように見えますが、それがランチに立ち寄るべき理由です。私は彼のサンデーローストに熱心です。これまでに見たものからすると、それは素晴らしいことです。

取引の最初の数週間に2回訪問したところ、フィルは自分の能力をまったく失っていないことがわかりました。彼は積極的に料理を減らしているかもしれませんが、古い魔方陣の魔法が漏れることは避けられません。たとえば、この燻製サバ料理のように、2012年のGBM受賞者を単純化したものです。 ?%美味しさ。

14.ブランズウィックハウスカフェでのムール貝のピューレ添えのバベットタルタル(レビュー、2016年9月)

サルベージヤードに併設されたこのレストランの品質には、うれしい驚きがあります。シェフのジャクソンボクサーとアンドリュークラークが率いる彼らは、季節に敏感で伝統から解放された、絶えず変化するメニューを作り上げてきました。信じられないほど手頃な価格で、ほとんどが再調整された装身具の興味深い装飾の中でおいしい料理を提供しています。私は前四半期に5回訪問しましたが、それぞれの食事は何か違ったもので、それぞれが喜びを噛みます。

あなたの間の鋭い目は、悪意のあるAizpitarteプロジェクト、LeChabannaisの一部であったかなり派手なテーブルと椅子を認識するでしょう。今、より良い里親になっていると思います。

13.マークスマンパブでのブラウンバター&#038ハニータルト(2016年8月レビュー)

これは今年のパブに選ばれたビブのピックであり、共同シェフのオーナーであるトム・ハリスとジョン・ロザラム(元セントジョンホテル)に復活する完全なスターではないにしても、完全に称賛に値すると思います。

今年のプリンの中で、茶色のバターとハニータルトが私のお気に入りです。ペストリーベースの信じられないほど薄い建築から、カスタードの重力に逆らうぐらつきまで、厳格でセンセーショナルなパティスリー。味もいいです。

彼らは今のところ少し人員不足で、日曜日には信じられないほどの数のテーブルをめくっていますので、一貫性のない食事になってしまう可能性があることに注意してください。しかし、彼らがゲームに参加する時間があるとき、それはすべてまっすぐな火です。

12. Neige d&#8217Eteでの備長炭焼きイベリコポークロイン(2016年6月レビュー)

私は美食と美食でパリが大好きです。2016年には、銀行の両側で、ロンドンよりも(まだ)うまくやっていると思います。私にとって目立ったのは間違いなく西秀樹の夏の雪でした。元Tailleventシェフは、フランスの最高の食材を使用し、日本の伝統を適切に取り入れた精密でクラシックな技術を適用しています。この美しいポークロインのように、日本のビンチョ炭の上で骨の上で焼きました。とてもおいしい。近い将来、西さんがビブに昇進しても驚かないでしょう。私にとって、それは私がパリへのすべての旅行に含めなければならないレストランです。

11.子牛のロースト、サルサベルデ、フォンダンポテト、メドラーでのジロール(2016年8月のレビュー)

TheSmokeでの私のお気に入りの1つ。 David O&#8217ConnorとJoe Mercer-Nairn&#8217sのレストランは今年5周年を迎え、相変わらず力強いレストランです。上記のような料理が町のいくつかのスター付きレストランの上に頭と肩を立てているので、よだれかけは彼らを見捨てたかもしれません。星の欠如はおそらく変装の祝福ですが。 5年経った今でも、ロンドンでまともなランチを楽しむためにどこでも使える最高のお金(3つで35ポンド)です。行ったことがない場合は、今がそれを実現する時です。

10.タイピングルームでのカニ、ホワイトアスパラガス、グリーントマト(2016年5月のレビュー)

私はトム・エイケンス(エリスタン・ストリート)で料理長を務めていた頃から、リー・ウェストコットのファンでした。そしてトムのように、この男は非常に才能のあるシェフであり、モダンな方法とニューノルディックの自然主義を通して、一見謙虚な食材をより高い平面に仕上げることができ、モダンな英国料理がどのように見えるべきかについての確かなアイデアを提供します。たとえば、この春のデボンカニの表現は、単に口蓋の上で踊ります。彼のよだれかけはどこにあるのだろうか。

9. Les 110 de Taillevent Londonで2回ロブスター(2016年10月レビュー)

そして実際、それは2つのプレートに渡って配信されました。第一に、完璧なミキュートにローストした尾として、第二に、ナックルをラビオリに折りたたんで。どちらもフルフレーバーのビスクで、それぞれがはっきりとスパイスが効いています。私は2回訪れました。最初はブルターニュブルー、2番目はコーニッシュブルーでした。どちらの時代も素晴らしかった。控えめなブラッスリーのイメージより少し多いと思います。シェフは1人のRaphealGrimaです。私がここで食べた2つの食事から、この男はロンドンでLes110をスプラッシュにすることに真剣に見えます。これらの価格で、そしてこの種の実行のために、私は一日中自分の在庫で生きているネイティブロブスターを喜んで食べます。もう2つお願いします。

8.パーラーでのジェシーダンフォードウッドのシェフテーブル(2016年4月のレビュー)

見た目よりもさらに楽しい。ロンドン北西部のパブにひっそりと佇むのは、才能あふれるジェシー・ダンフォード・ウッドです。パブでの彼の標準的なメニューはまともですが、彼のシェフのテーブルが特別です。 £70ppで、ジェシーはあなたを養い、あなたを養い、いくつかの物語を語り、彼のサブレージスキルを表示し、チャーリートロッター、または香港のデザートバーで働いていた他の男にうなずき/ウィンクでショーを終了しますあなたが最初にそれを読んだ場所で。

7. 40 Maltby Streetでのヨークシャーハムの燻製(2016年7月のレビュー)

これはおそらくロンドンが提供しなければならない最もおいしいものの1つとして適格です。土曜日の朝のみご利用いただけます。ここで重労働をしているのはスティービー・ウィリアムズ(元ハーウッド・アームズ・ヘッド・シェフ)なので、メニューの残りの部分も同様にゴージャスで期待通りです。

6. BAMでのイカ墨、燻製タラの卵、卵黄フラットブレッド(2016年4月のレビュー)

サンフランシスコの最高級のセントジョンブレッドアンドワインとキスへの狂った愛。見た目は何もありません。それが、リー・ティアマンのミッションノースロンドンをそのような天才的なターンにしている理由です。耳栓は家に置いておき、メニューのすべてを注文してください。

5.ヘードネーでのデボンクラブ、リンゴ、ヘーゼルナッツ(2016年7月のレビュー)

ミカエル・ヨンソンが皿に載せるすべてのものを楽しんでいると正確に言うことはできませんが、私は毎年戻ってきて、彼が毎年料理を磨く際にとっているリスクを尊重しています。今年のヘードネーでの食事が去年より数ノッチ上だったと思った理由の1つは、このカニ料理に夢中になったことです。そのような純粋な味、食材への敬意&#8211 2種類のカニデボンコックと(目に見えない)小さなベルベットスイマーカニ&#8211このようなものは絶対に新鮮で最高のもので1分調理する必要がありますハンズオン。結果は完璧です。おそらく、私が今まで味わったことのないミカエルのスタイルの料理の最も明確な表現です。メドラーのように、ヘードネーもビジネスで5年を祝う一方で、その過程で国際的な知名度を獲得しています。ミカエルとオーレリーがこの時期に達成したかなりの仕事。

4.クローブクラブでダックを3つの方法でローストします(2016年5月のレビュー)

社内で21日間熟成させたシャラン鴨は、丸ごとローストしてテーブルに展示しました。キッチンに消えて彫ります&#8230

&#8230最初にアヒルのコンソメをプレゼントします。100年前のマデイラを一滴添えます。

メインイベントに続いて:発酵キャベツ、ビートルート、ジュースを添えたピンクの胸肉&#8211&#8211

最後に、3番目の行為は干し草の燻製鴨ソーセージ、脚&#8230です

完璧なアヒル。間違いなくメモリで最高の1つ。このような食事は、IsaacMchaleが2016年と同じようにやっている理由を説明しています。

3.ウムでの野生の北アイルランドのウナギ蒲焼(関西スタイル)(2016年5月レビュー)

日本のニホンウナギは、調理方法と調理方法の2つのスタイルに大別できます。関東・東・東京風のスリットが後ろからリグラーを開き、備長炭の上に串焼き、焼き、タレで仕上げるほか、蒸し工程もあります。

関西/西/大阪スタイルはお腹から切り裂かれ(&#8216ハラキリ&#8217のように、サムライは主に関東にいるため)、料理は蒸しをスキップするため、パチパチというようなパリパリした肌になりますが、一般的にはより良い&#8216シーリング効果&#8217。

後者は、より男性的なスタイルであると呼ばれることもあり、蒸し工程で柔らかくされていないため、肉はより硬く、より丈夫で、より風味があります。

私はうなぎの専門家ではありませんが、パントをして、うむのうなぎは関西風に調理されているが、関西風に焼かれていることを提案します。これは、大阪で始まり、京都で尊敬されている吉兆に移る、シェフの石井義典のトレーニングによるものだと私は推測しています。

私にとって、これは英国の淡水に対する素晴らしい見解であり、石井さんは、コーンウォールの海岸に活け締めをもたらす努力は言うまでもなく、彼の料理を地元の食材に適応させるために彼のかなりの才能を適用したものです。

腕と脚の費用がかかりますが(日本と同じように)、特にALCの場合はこれを試してみる価値があります(ウナギが32ポンド、ご飯が8ポンド必要です)。肉厚で肉厚で、自然な油っぽさでいっぱいで、包括的に無骨です。間違いなく私が日本国外で持っていた最高のうなぎであり、信じられないほど、これはネイティブのウナギのために英国に特有のものです。彼が星のブレースを持っている理由。

2. Bonhams Restaurantでのゲームシーズン(2016年10月のレビュー)

今年のボナムズでのゲームシーズンを祝うことは素晴らしく、英国のテロワールの素晴らしい表現を生み出したコンフィとロースト技術で野鳥の豊かな風味を手なずけました。 9月には、ダムソンとトーストに乗った豪華なフォアグラとのバランスが取れた、フルフレーバーのミッドシーズンライチョウ。 10月は(私の最初の経験で)スナイプ、脳、そしてすべてが完璧に実行され、最後に12月には、ウッドコックの胸、脚、頭と心に白トリュフ、塩焼きのエルサレムアーティチョーク、ニワトコのピクルスが添えられました。

2015年に私のお気に入りの新しいレストランは、今ではロンドンで私の一番のお気に入りです。 14回目の訪問で、毎回の食事は前回よりも良かったと思います。季節の食材を使用することがポイントで、シェフが介入して最大限の自然の風味を提供します。シンプルにするにはかなりのスキルが必要です。シェフのトム・ケンブルとスー・テオ・クレンチでは、上品で繊細で繊細な料理に優れています。

そして、彼らは発展と進歩を続けており、最近では、アワビの2つの方法を発表しましたが、それは純粋な喜びであることが判明しました。それらすべての貴重なジュース。これがロンドンで流行することを願っています。

レッドガイドが何をするかはもう誰も予測できませんが、FWIWですが、これらの人たちは2つのミシュランスターに向かって軌道に乗っていると思います。私は非常に注意深く見守っています。英国の美食の未来、今ここに。

1. The Crown Burchettes Greenの頬の皮(2016年10月のレビュー)

サイモンボンウィックは今年、新鮮なスターを獲得しました、そして私は彼が完全にそれに値すると思います。驚くべきことに、彼はキッチンで一人で働いていますが、それでも彼は古典的な精度で適切な喜びのプレートを次々と見つけています。 5つのコースで構成されるメニューchoisiはたったの25ポンド。

彼の息子のディーンはチャンピオンのように家の前を走っています。父と息子の履歴書を組み合わせると、なぜ彼らのファミリーレストランがそれほど堅実なのかがわかります。美食の真の実践者であり、これらの正確な理由から、2016年に私の控えめな山の頂上に座るに値すると思います。

ベストニューロンドンオープニング

2016年の私のおすすめはAngloレストランです。シェフのオーナーであるマーク・ジャービスが、ヘッドシェフのジャック・キャッシュモアとニック・ギルキンソンが率いるFOHとともにオープンしました。 6か月おきの2回の食事は、チームが急速に料理を開発したことを示していますが、それでもまだまだあると思います。

カジュアルでコンセプト主導のオープニングが再び盛んな年に、Angloの背後にある野心に出くわすのは新鮮です。それは私にクローブクラブの最初の日(正確にはテンベルの2階)、クリスジョンの解毒剤、そしてマーリンラブロン-ジョンソンの(元インデウルフ)ポートランドをとても思い出させます。

英国の製品を駆使した料理で、モダンとクラシックのバランスを取り除いたもので、あちこちで興味深い組み合わせがあり、味のバランスが正確に保たれています。価格もかなり美味しいです。それは良いことであり、彼らが改善に向けて努力し続けることを願っています。

技術的には2015年のオープニングでしたが、田中淳のThe Ninth、Noble Rot Magazine / Stephen Harrisのワインバー(ワインに重点を置いています)、PaulWeaverが指揮を執るNobleRotと高橋信久のワインバーも楽しみました。サウスウィンブルドンの名を冠した居酒屋。ロンドンのシーンへのすべての優れた追加。

JoshKatzのShawarmaBarとその優れたショートリブライスボウル(およびローストカリフラワー)、そしてホッパーズ、特に骨髄のバルバル+パラタは一種の完璧さです&#8211すでに終わったレストランには十分すぎるほどの言葉です-賞賛でシャワーを浴びた。

その他の美味しいもの

東京にとって、平山と島のステーキサンドイッチは啓示だったので、それぞれなりくらととんたの超やわらかいとんかつも。

パリで初めてL&#8217Astranceに行って、パスカル・バルボのフォアグラのタルトがモダンなマスタークラスであることに気づきましたが、同様に、パリのL&#8217Inconnu&#8211イタリアンに日本人シェフから感銘を受けました。元パッセージ53。

ロンドンに戻って、私は昔のお気に入りのゴーティエ・ソーホーに非常に楽しい再訪をしました、そして今年のレッドベリーへの二重の再訪はブレット・グラハムの一貫した形を明らかにしました。メニューは非常に静的ですが、非常に正確に実行されるメニューです。これはまだロンドンで最高のレストランですか?はい、そう思います。

そして、偉大なシェフが2回目の引退を迎えるにあたり、コフマンに別れを告げます。素晴らしい走りでした。今年最後に、トロッターとスフレを食べられて良かったです。

最後に東京のアビッセに行きました。そこでは、若い目黒幸太郎(元クインテセンス)の魚だけのレストランが完全なすごい要素を提供しました。モダンでクラシックなテクニックを習得し、クリエイティブな組み合わせで完璧に実行されました。&#8211私にとって&#8211は、勇敢なシェフが東京の片隅を彫っていることを示しています。タンク内の電位の負荷。必ず見るべきもの。

Leandro Carreiraのポップアップが非常に素晴らしかったので、どこに行き着くのかを知りたがっています。ここからレオの新年の新しい掘り出し物があります。


予約済みの英国での楽しみの未来は何ですか?

パンデミックが私たちのお気に入りのバーやレストランに打撃を与える中、封鎖後の世界で自発的な楽しみはどのように可能になるでしょうか?

それは私たちが共有した良い時です、それは私が覚えていることです。 2016年11月の火曜日の夜のように、ゲーリーリネカー、デビッドディンブルビー、そして綿菓子の髪、ネオンオレンジの肌、小さな人形の手がスーツから突き出ている男性の隣に立っていました。

二日酔いは意地悪でしたが、イベントに値するものがあったとしても、それは米国大統領選挙のパーティーでした。これは、ロンドン東部の屋台の食べ物市場であるDineramaで私が経験した多くの素晴らしい時間の1つにすぎません。コビッドの問題が今年の9月にそれを閉じるかもしれないと聞いたとき、それは腸の内臓キックでした。私が食べ物、ワイン、カクテルを愛するのと同じように、私がこの場所で本当に好きだったのは、自発性と何でも起こり得る楽しみでした。

その同じ日、ロンドン西部にある私のお気に入りの地元のレストランが再開されないことも知りました。成功を祝い、悪い日を過ごした後、逃げ出した場所は、キャッチーな46ページの指示に従っても存続できませんでした。政府の出版物に名前を付けました:「レストラン、パブ、バー、持ち帰りサービスでCOVID-19中に労働者と顧客を安全に保つ。」

私は一人じゃない。英国中、人々は私たちが人生の最高と最低をマークしたそれらのレンガとモルタルの場所の喪失に直面しています。

歴史家のハリー・ルーベンフォールドは、Aリストの有名シェフであるマーク・ヒックスのレストラン、トラムシェッドの閉鎖について叙情的に語りました。他の良いレストランのように、それは現実からの脱出でした…それは人生に活気を与えました。喪に服している。」

しかし、開いたままにされた人々でさえ、経験からすべての喜びを吸い込むことを余儀なくされています。シースルーバケツを頭にかぶった役人が到着時にすべきこととすべきでないことの長いリストにさらされることは、たとえそれが私たち自身の利益のためであっても、温かい歓迎とは言えません。

かつて散歩していた場所、プール、バーなどのスロットを予約する必要があります。ミシュランのスター付きレストランである限り、地元のパブガーデンにも順番待ちリストがあります。誰が何週間も何ヶ月も前に楽しい計画を立てていますか?私じゃない。それこそが、ミシュランのスター付きレストランに私を怒らせたのです。しかし、地元のブザーのために?

私たちがかつて大切にしていた小さな食事場所の多くは、生き残るために彼らのビジネスを店に引き渡しています。ジェシー・ダンフォード・ウッドは、ロンドン北部にある彼のガストロパブ、パーラーのダイニングルームをショップに変えました。彼の有名なシェフのテーブルは、かつては数か月前に予約されていましたが、現在はパン屋になっています。食べ物のテーブルがいくつか残っています。 「私たちは人々に楽しい体験を提供しようとしていますが、課題があります。それにもかかわらず、外出はまだ人生の重要な部分だと思います。人々は仕えられるのが好きです。そして、音楽の楽しさは、距離を置くガイドラインによって影響を受けることは決してありません」と彼は言います。

それともそうしますか? 「ガイダンスによると、パブのエレクトリックスターグループのオーナーであるロブスターは、人々が声を上げてお互いに唾を吐くことを奨励しない控えめなレベルで音楽を演奏する必要があります」と私に言います。

「この国では、楽しいことが長い間危険にさらされてきました」と彼は言います。 「料金、家賃、ライセンス、経済、インターネットのすべてがその役割を果たしています。 Covidを使用すると、加速していることがわかります。」

今日から、これらの同じ地方自治体は、中央政府から、施設を閉鎖し、公衆衛生へのリスクと見なされるイベントを停止するための特別な権限を与えられました。

私自身のちょっとした楽しみであるディネラマは生き残ることができたかもしれませんが、家主が全額の家賃を主張したため、世界はひっくり返り、4か月間閉鎖されました。オーナーのジョナサン・ダウニーは、このスペースをエキサイティングなものにするために150万ポンドを費やしました。 「家賃の黙示録、血まみれと呼ばれるものがやってくる」と彼は言う。多くの家主は、彼らが運営できなかったそれらの月の全額の支払いを主張して、彼らのテナントとの取引をすることを拒否しました。 「私たちは大規模な脱出を見るでしょう、1万のパブだけが行くことができました」と彼は予測します。

パブだけではありません。今週、マンチェスターを代表する2つの音楽会場であるDeafInstituteとGorillaが閉店しました。ミュージシャン連合の書記長であるホレス・トゥルブリッジは、文化選択委員会に、すべての音楽会場の半分が英国で閉鎖されると語った。

では、どこで楽しみますか?自宅や職場、さらに重要なことに在宅勤務のストレスからどのように逃れることができますか?

超金持ちはまだヨットやジェット機に飛び乗ったり、プライベートシェフに小さなソワレを料理してもらうことができます。ある高飛車のイベントプランナーは、新しいパンデミックのビジネスチャンスが現れるまで、自分のビジネスは終わったと思っていたと打ち明けました。それは、裕福な人々の家にナイトクラブを建てることです。

ダウニーは残りの何を疑問に思います:「私たちは我慢して黙って、マクドナルドでの20ペンスのVAT割引に感謝するつもりですか?」

「今の生活は同じです」と、英国のトレンドフォーキャスターまたは「未来学者」であるルーシーグリーンは言います。彼女は、ベビーブーマー世代は「少なくとも庭、スペース、収入がある」一方で、より多くの若者が自分たちがよく知っているスペース、つまり仮想スペースに目を向けていると説明しています。 「私たちは、ますます多くの人々、特に10代の若者がテクノロジーに逃げ込むのを目にするだろうと思います。 Netflixは最近、[コンピューターゲーム] Fortniteは、すべての競合他社を合わせたものよりも脅威であると述べました」と彼女は付け加えます。

しかし、彼女は、本当の損失は「特に都市の中間の世代によって」感じられるだろうと考えています。彼女はまた、エネルギッシュなハイオクタン価の楽しみを求める人々の増加を予測しています。私はちょっと確信が持てません。

ストレス解消の一形態として物事を粉砕する傾向は、かつては甘やかされて育ったロックスターの保護区でした。 「韓国と東南アジアでは、人々は自分たちが物事を壊している様子を撮影しており、それは健康的な解放の一形態と見なされています。ウェルネスセルフケアスペースに入りました。封鎖が制限されるほど、解毒剤はより楽しくなります。スペイン風邪の大流行の後、ジャズエイジでこの超快楽主義の波を見ました。」

しかし、楽しみがそれほど自発的でなく、手に入れるのがとても難しい場合はどうなりますか?縮んで消えますか?それとも地下に行きますか?

今のところ、それは起こり続けています。ロンドン西部の私の近くでは、最近、一連のストリートパーティーが開催されたため、警察のヘリコプターが毎晩私たちの家を騒がせていました。マンチェスターでも同じです。人間の本性は真空を嫌います。 「重要なのは、若い世代はまだ深夜の冒険を望んでいるということです」とスターは言います。 「ナイトライフが生き残れないなら、違法なシーンは成長するだけです」。


ロンドンのパーラーでシェフのジェシーダンフォードウッドのテーブルの魔法を体験してください-レシピ

素晴らしいダイニング体験に加えて、素晴らしい夜のエンターテイメント。すべてを覚えるには料理が多すぎます。クルミの腐植土は見事で、キジの卵、ポップコーンチキンは本当にポップコーンを持っていました。にんじんのピクルスステーキタルタル。前文の中で、ジェシー(シェフ)は私たちに食べ物の津波を期待するように警告しました、彼は間違っていませんでした!食事全体は、小道具、特に大きなマチェーテと青い歯のヘッドセットをうまく使用して、非常に劇場で切断されました。完全に素晴らしい夜。故意に砂漠について言及することを省略しました、あなたが知りたいならば、あなたは行かなければなりません。

ジェシー、あなたがこれを読んでいるなら、偶然にも私たちはあなたの出版社を知っています!本を楽しみにしています。

109 - 113264 レビュー

私のボーイフレンドと私は気まぐれにパーラーを訪問することに決めました、そして私達は私達が行ったことを完全にうれしく思います。最初に与えられるソーダブレッドは無料ですが、レストランで与えられた中で最高の無料のパンかもしれません。日曜日の朝はとても忙しく、小さな子供たちがたくさんいましたが、サーバーはすべてのテーブルに注意を払い、子供たちは彼らを占有(そして静か)に保つためにクレヨンなどを提供されました。栗のフムス料理を強くお勧めします。

先週の土曜日の夜に勧められてこのガストロパブを訪れ、2コースのセットシーズンディナーを£21で食べました。
素晴らしい料理でなくても受け入れられた鹿肉に続いて、素晴らしい山羊のチーズ葉巻を持っていました。
サービスはスピーディーでしたが、スタッフはかなり遠いようで、12.5%のサービス料が追加されました。ウェイターがそれを提供するのを忘れていたので、ワインを求めなければなりませんでした。
内装はとてもだらしなく、音楽は大きすぎたので、リラックスした食事をするのに適した場所ではありませんでした。地元のレストランなのに急いで帰るつもりはありません。

ロンドンNW105LGのパーラー5リージェントストリートでのディナー。

このための5つのヒントは、平均的な確立をはるかに下回っています。

さて、確かにこの非常に奇妙な場所に立ち往生しましょう。到着時に、カクテルを作っているバーテンダーに会い、ワインリストを見ることができるかどうか尋ねられ、学校のように少し言われたので、彼は私に飲み物リストをくれました、私は家の白いボトルを求めましたが、しばらくして何も到着しませんでした…今回はもう少し厳しく、他の誰かがそれに対処すると言いました。まあそれは到着しました、そして実際に悪くはありません。それからテーブルに座ってパンが到着しました、再びパンはそれほど悪くはありませんでした非常に重いソーダブレッド、今このようなパンの重い塊であなたはそれに少量の塩が入った適切なバターが欲しいです、彼らはウィッピー氏に魔法をかけてもらいますか、私が手に入れたのは、ほんの少しの味の泡でした。恐ろしい、ヒント1バターを出し、賢くしようとするのをやめなさい。

次にメニューが到着します。OMGはまったくナンセンスで非常に貧弱な説明のコレクションです。私はわざわざすべてを通過することはありませんが

チキンキエフこれは非常に乾燥した味のない鶏肉のボールで、ニンニクを他の味ではまったく味わえません。料理本を購入したり、オンラインにしたりすることはありません。

牛糞の有無にかかわらず。どうしたの…。じゃがいもやキャベツの有無にかかわらず…これは冗談ですか?パイは大丈夫だった。なぜメニューを賢くするのか、そうすることは、バーで不機嫌そうなスターン氏に、いったい何が「あるかないか」を尋ねなければならないことを意味します。ヒント3メニューの人々を理解してください。

ステーキタルタルピクルスにんじんとマスタード、私はステーキタルタルが大好きです。これは完全な自動車事故であり、(まだ料理本を持っていないので)恐ろしいヒント4を超えてステーキタルタルを作るには最高のフィレから始める必要があります脂肪の少ないステーキ、細かく刻んだバナナのシャロット、生の卵ヨーク、小さなケイパー、マスタード、ウスターソース、タバコなど。これは生の肉と卵の料理なので、牛肉の品質と調理方法が重要です。冷たく保つのは良いことであり、非常に簡単な方法で機能するテクスチャーとフレーバーがいっぱいあるので素晴らしい料理でもあります。

あなたが上記の材料をほとんどまたはまったく含まない粗く刻んだ脂肪の多い肉の上にニンジンのピクルスの厚い層を置くのに十分なナッツである場合、あなたはトラブルを求めていますが、ホットプレートでそれを提供しないでください..束トッサーの、それは送り返されました。


レストランでメニューから外れると、キッチンと経営者の両方に問題が発生する可能性があります

ブックマークされた記事

私のプロフィールの下のあなたの独立したプレミアムセクションであなたのブックマークを見つけてください

メインの途中で、表9の父親が私に電話をかけました。

「娘のパスタにそのソースを少し入れてもらえませんか」と彼は言い、自分のニョッキを覆っているイノシシのラグーを指さしました。 「彼女は気が変わった」と彼はひそかに付け加えた。

不機嫌そうに、小さな女の子は注文に非常に固執していたプレーンなタリアテッレのプレートを手渡し、シェフがストーブの上で適切にドレスアップできるように、私はそれをキッチンに持っていきます。

これはどれも問題ではありません。 8歳のとき、人生とは物事を間違えることです。他にどのようにあなたはあなたがすることとしないことを解決することになっていますか?その上、専用の子供用メニュー(ロンドンにレストランIdaをオープンしたときに意図的に選択したもの)がないと、メニューの一部の料理は子供たちの味覚に少し不快に見えるかもしれません。

次回彼女が外食するとき、その少女はラグーのタリアテッレが普通のパスタよりも無限においしいことを覚えているでしょう、そしてそれは私たちにとって十分です。しかし、私が問題にしているのは、大人の顧客の気まぐれに応じて料理を変更するように指示されていることです。 "Generally, I go to restaurants so that people who are more experienced than me and have better taste than me can, after much trial and error, offer me a set of dishes they know will work," says Jay Rayner.

"We exercise our will when we choose the restaurant. Surely after that the whole point is to select from what's available, not play fantasy menus?"

Ah, yes, fantasy menus. The ones where a customer walks into a restaurant, takes one look at the menu, and decides that it needs improving. We're not talking allergies or intolerances or religious dietary requirements here. No, my beef (excuse the pun) is with diners who treat menus like an exercise in virtual pick and mix. "Could you replace the goats' cheese with an avocado? Add chicken to the Arrabbiata? Please will you make me a fruit salad for dessert?"

Now, I'm no psychologist, so it's not for me to hazard a guess as to why people do this. (Though my hunch is that they are the same people who fire off emails to their hosts weeks before a dinner party as though an invitation were merely the opening salvo in a protracted series of negotiations.)

Felicity Cloake, a food critic and writer, thinks she knows the answer: "We delight in our self-imposed restrictions, substituting rice for potatoes, asking if the curry can be cooked without oil, requesting the anchovies be left off that salad. And why? To make ourselves feel that little bit more important."

People don't only go out to eat to enjoy great food. In a restaurant, customers want to be waited upon, and indulged, in a way that perhaps 100 years ago was the norm when middle and upper-class people had servants in the home, and nobody had to worry about doing the washing up. After all, it is not a coincidence that the term "hospitality" came to describe the industry that has grown around eating out.

Personally, I don't have a problem with making people feel special. The biggest compliment a customer can pay me is when they tell me they feel as though they are having supper in someone's house when they come to our restaurant. In fact, it's no coincidence that many of our dishes are faithful replicas of the food that my husband's Italian mother and aunts used to prepare for him when he was a little boy.

Recommended

But because our restaurant is in west London, rather than rural Italy, we've had to accommodate the tastes of a huge number of 21st-century metropolitan diners. When we realised that many of our Jewish and Muslim customers were unable to enjoy Avi's mother's traditional Marchigiano ragu with beef, pork and gizzards, we decided to always offer a lamb or veal ragu as an alternative. Similarly, we always have a complement of vegan and vegetarian dishes, which are no way the poor relation of those containing meat. As far as we are concerned, we have tried to cover all bases without ever compromising the integrity of a dish, which is why we tend to look askance at substitutions.

I don't even have a problem if a customer asks for parmesan with Spaghetti alle Vongole. As far as we are concerned, the dish came out of the kitchen as Mamma (and the chef) intended – after that, it's up to the individual what they do with it. Plus, I'm the first to admit that Italian food can be a little formulaic and rigid. (God help you if in Italy you order a cappuccino after 12pm, or oranges in the evening – "too heavy on the digestion" – or butter with your bread, or anything but water or wine with your meal.) Though we draw the line at bulking up an exquisitely simple store cupboard classic like Spaghetti all'Arrabbiata with chicken – weirdly, it's always chicken – in an attempt to transform it into a full-blown meal.

Fatizah Shawal, the owner of Satay House, a Malaysian restaurant in west London, has an issue with customers trying to recreate something they might have tried during their travels. "They'll say to me: 'Surely it's no problem for the chef to rustle up a dish if the kitchen already has all the ingredients?' But we're in the business of training our chefs to make every dish exactly the same as the last, so I don't want to freak out the kitchen by letting guests create their own menus." And while she admits that "hawker food", ie stir-fries prepared on a wok, is designed to be modular, curries "have their own balance of flavours, which you shouldn't mess with".

Jesse Dunford Wood, owner of the Parlour restaurant in north-west London, is more sanguine about customers going off-piste. While he acknowledges that "this American style of eating is getting out of control, where anyone can have anything done in any style", he accepts that it is the reality of being a 21st-century restaurateur. "Chefs can be annoyed about substitutions but having worked in the front of house in New York for a year, I can often see where customers are coming from."

And not being bound by the culinary constraints of one particular nationality's cuisine (often with rigid do's and don'ts going back several hundred years), he doesn't mind if a diner attempts a menu hack. "We have a big space at Parlour that we want people to use all day. Therefore, we have to be accommodating. I've always got to remind myself that we're in the business of hospitality. And hospitality is about looking after people. And that not everyone shares my philosophy about food. Unless you're cooking at the very highest level, you have to be prepared to compromise."

While some upscale restaurants, such as Michelin-starred Hibiscus in Mayfair, are prepared to discuss substitutions, at least at the booking stage, restaurant critic John Walsh has witnessed first-hand what happens when a customer asks the chef for a tweak too far.

"I watched one customer order a main course of lobster tagliatelle with a bisque sauce in the River Café, and then ask the owner if she could serve it without the lobster. She was very tactful and said 'no'. First because it would be pointless to have the dish without the main ingredient – like Hamlet without the prince – and second because she couldn't possibly justify charging £35 for basically pasta and sauce."

Whether we like it or not, restaurants don't exist in some rarefied parallel universe. We live in a society of instant gratification, where consumers know their rights, and Burger King's slogan "Have it Your Way" has become a creed. Though, interestingly, the USA, where this style of build-your-own menu originated, is now experiencing a restaurateurs' backlash. Fed up with customers reinventing the wheel, "Substitutions Politely Declined" is often to be found at the bottom of menus – almost as though there is a kind of inverse premium on being told "no". I've yet to see those words printed on a British menu – though, who knows, it may just be a matter of time

Until then, for most of us restaurateurs, it's simply a question of going with the flow. No two days are the same, no two customers are the same, no two services are the same. What could be done one day, might not be possible the next. Sometimes, the customer isn't king. Unless of course, they're eight years old.


Research

To fully understand the problems we are solving, our design team needed a real understanding of the lives of the people that use REKKI. We went into kitchens, coffee shops, bars, and warehouses to experience first hand how our users spend the majority of their day and what surrounds them.

Most of the spaces were industrial with plenty of stainless steel, concrete, wood and other raw materials. On top of that, they were packed. Not just with people, but with objects. From cooking utensils and supply boxes to machines of all kinds. It was no wonder the only elements of graphic design were the signs. With their strong vibrant colours and bold typography, these are spread across kitchens, making sure the rotating staff always know how to act.

The vast majority of brands are created with the purpose of selling a product. Products are designed to stand out against the competition. Whether on your shelf, your phone or a billboard, they constantly yell at us. The moment we buy them, they don’t just disappear into the background, they keep yelling.

We were going to create a brand to serve people, not advertise to them. A brand that stands the test of time and the battering of a commercial environment. We needed to exercise a profound economy of means, rejecting formalisms and making only the truly essential stand out.

We looked at transportation systems that exist to serve people. We were inspired by how their design guided people from A to B. People of any origin. People speaking different languages. Even distracted, we all find our way home.

A big part of multitasking is the context switch. For our users this switch is not only mental but also physical — chefs and kitchen staff often hold multiple objects at once. An empty hand will probably be wet and scarred. We looked for suitable interfaces to help in this environment.

Simple phones provide a glimpse into how to effectively distill a complex set of features into one main action. They require very little training: dial, connect and receive.

With these concepts in mind, we were now ready to start the design process. Notice how these ideas flow through the work that followed on.


Experience the Magic of Chef Jesse Dunford Wood’s Table at Parlour in London - Recipes

Dinner at Parlour 5 Regents Street, London NW10 5LG.

Five tips for this well below average establishment.

Well lets get stuck into this very odd place indeed, on arrival met by the barman who was making a cocktail, asked if we could see a wine list and was sort of told off bit like at school, he then gave me a drinks list, i asked for a bottle of house white, after some time nothing had arrived asked again … this time he was a bit more stern and said someone else would deal with it. well it arrived and actually not to bad. then sitting at the table the bread arrived, again the bread was not to bad very heavy Soda Bread, now with a heavy lump of bread like this you want some proper butter with a little salt in it, will they had Mr Whippy do some magic, what i got was a small dollop of tastes foam. HORRID , Tip 1 SERVE BUTTER and stop trying to be smart.

Next the menu arrives, OMG what a collection of utter nonsense and very poor descriptions. I will not bother to go through all but

Chicken Kyiv this was a ball of very dry tasteless chicken over cooked and bar the garlic no other taste at all HORRID Tip 2 don't mess with things unless you can make them better, this was terrible, start again and if you have no idea which you don't purchase a cook book or go on line.

Cow Pie with or without . whats that all about …. well its with or with out potatoes or cabbage … err is this a joke ? the pie was just ok. why be so clever with the menu, doing so means you have to ask the grumpy Mr Stern at the bar what on earth is “with or without” Tip 3 DO A MENU PEOPLE UNDERSTAND.

Steak Tartare pickled carrots and mustard, I love a Steak Tartare, this was a total car crash and beyond HORRID Tip 4 (as you don't have a cook book yet) to make a Steak Tartare you need to start with the very best Fillet Steak with little fat then banana shallots chopped very fine, egg yoke raw, a little capers, mustard, Worcester sauce, Tobacco etc. Now as this is raw meat and egg dish the quality of the beef and the way its prepared is important, so keeping it cold is a good thing, also its a wonderful dish as its full of textures and flavours that work in a very simple way.

If you are nuts enough to put a thick layer of pickled carrots over a coarsely minced fatty bit of meat with very little or non of the above ingredients your are asking for trouble, but PLEASE don't serve it on a hot plate.. bunch of tossers, it was sent back.


5 Ways to Eat Brunch in London This Weekend By Angelica Malin

Life’s too short for bad brunch. It’s time to get your global flex on, here’s 5 new, internationally-inspired ways to eat brunch in London this weekend:

What: Located in Borough , Arabica offers Levantine inspired food for breakfast, lunch and dinner, taking inspiration from the sun drenched countries of the Eastern Mediterranean including Syria, Lebanon, Jordan, Palestine and Israel. The menus offers a range mezze dishes alongside rare-breed meat and fish cooked over single variety English charcoal as well as stone baked pastries, interweaving authentic classics with modern dishes.

Eat: Armenian style lahmacun, flat bread with spiced lamb, tomato, peppers and pine kernels and Makale samak, spicy sesame beer battered cod with tahini tartare. Drink Middle Eastern inspired cocktails such as the Levantine martini – cold compound gin, dry vermouth, Kamm & Sons, preserved lemon brine – and Sassine Square – high-rye bourbon, date syrup, bitters.

Why: Self taught chef James Walters founded Arabica over 14 years ago, starting out with a market stall serving simple mezze in Borough Market . Following popular demand, in June 2014, James traded in his stall to launch Arabica Bar and Restaurant. Go see the magic for yourself.

Where: 3 Rochester House, Borough Market, London SE1 9AF

2. French Brunch: The Balcon

What: There’s a new brunch menu at The Balcon at the Sofitel St James the menu will incorporate the finest French and British flavours as well as some international favourites.

Eat: Begin with a melt-in-the-mouth, homemade smoked bacon, egg and cheesy brioche, or the classic brunch dishes with a surprising French twist, including Eggs Benedict with Bayonne ham, crunchy asparagus and runny duck eggs. For the ultimate boy’s brunch, try the Breakfast Burger, complete with sausage and black pudding patty, bacon jam and fried egg in a brioche bun and of course the ultimate Croque Monsieur with raclette cheese and maple glazed bacon. Those watching their waistlines have no need to fear, as a tasty selection of healthy brunch options.

Why: For patisserie… You have to try the raspberry macaroon Eton mess. There’s also a selection of irresistible desserts, brunch cocktails, Kir selection, inspired milkshakes and a DIY Bloody Mary menu.

Where: Pall Mall Barbers Trafalgar Square, 8 Pall Mall, London SW1Y 5NG

The new brunch menu will be available to hotel guests and outside visitors, at The Balcon, every Sunday from 12pm – 4pm , with prices from £20 per person for two courses.

3. Mexican Brunch: Habanera

What: Habanera is a neighbourhood restaurant serving Mexican Tacos & Cocktails with a seasonally changing menu of artisan tacos and burritos. Everything at Habanera is ‘house made’ daily, using the freshest ingredients from Covent Garden Market and a small number boutique local suppliers.

Eat: Mexican brunch, such as Huevos Ranceros, eggs, spiced tomato salsa and avocado, Chorizo feta scramble, scambled eggs, chorizo, feta on sourdough, and the Breakfast Burrito, scrambled egg, bacon, chorizo, cheese and salsa. A Bloody Maria, made with tequila and a spicy kick, is the perfect accompaniment. At weekends, enjoy a boozy brunch with fantastic brunch cocktails like a Cucumber Collins, Roast Red Pepper Martini or bottomless Mimosas.

Why: The restaurant also has a dedicated salsa bar, serving at least six salsas at any one time, including classics such as guacamolesalsa verde as well as more unusual creations such as Pina (pineapple, mango, mint, lime and chilli) all served with freshly cooked and gluten-free corn chips. For chilli heads after some serious spice, Habanera also has a ‘hot sauce’ menu. From mild to dangerously spicy, it guides guests through the diversity and varying heats of chillies used in Mexican cuisine.

Where: 280 Uxbridge Road, Shepherds Bush, London, W127JA

What: London’s favourite hangout, The Diner has launched their new menu and it’s bigger and better than ever. Boasting the finest ingredients from both sides of the Atlantic, the new menu features a carefully created selection of unbeatable favourites.

Eat: New additions to the menu include Eggs Blackstone, a twist on the classic brunch-time favourite Eggs Benedict, The Diner ’s fresh new burger – the Red Hot, a 6oz patty with tomatillo salsa, Monterey Jack cheese and jalapeños on a Rinkoff’s sesame bun and let’s not forget the Red Velvet Pancakes – back by popular demand.

Why: The Diner team have spent 6 months travelling across the USA, visiting the coolest neighbourhoods in Miami, Chicago, Bushwick and Williamsberg to explore, taste and draw inspiration for new dishes.

Where: 2 Jamestown Rd, London, NW1 7BY

What: This trendy all-day restaurant and bar dishes up a menu of contemporary comfort food and craft beers, and is fantastic for weekend brunch. The menu at Parlour is an all-day affair, open from 10 until midnight Tuesday to Sunday.

Eat: Start your day with Parlour’s quirky brunch menu which offers home-style-hash browns with eggs any style, the signature Back door smoked salmon with soda bread and scrambled eggs. However the winning dish is without a doubt The Full Parlour breakfast with free reign on the toast-your-own bread station.

Why: Jesse Dunford Wood is the brilliantly talented head chef, owner of Parlour where his theatrical cooking style is always the star of the show. Don’t leave without trying their quirky dessert that is, literally, spread over the table for the whole party to devour.


Experience the Magic of Chef Jesse Dunford Wood’s Table at Parlour in London - Recipes

Hungry in the capital?これ以上探さない。 London may be overflowing with places to eat but these pubs from the Top 50 Gastropubs list go above and beyond the call of duty to offer something special.

The capital’s only Michelin-starred pub, the Harwood Arms is a must-visit for those with a seriously indulgent side.

A ‘proper London boozer’ with an exceptional upstairs restaurant. Simple, delicious food cooked with great ingredients.

Widely regarded as one of the original gastropubs, the Anchor and Hope feels a little like a Spanish eatery – super relaxed, with a strict no reservations policy and a wine list to die for.

Perfect for a cosy winter dinner by the fire or a lavish summer lunch in its large garden, the Red Lion and Sun is well worth a trip up the northern line.

As well as having an impressive, locally-sourced menu often featuring ingredients foraged by the chefs themselves, the Bull and Last has an impeccable collection of gins for the discerning drinker.

Whilst by no means a one-trick pony, a visit to the Jugged Hare during game season is imperative. Animal carcasses are often butchered on site by the pub’s talented chefs and the freshest fish is brought in daily from London’s Billingsgate market.

With several years of experience working in Michelin-starred kitchens, head chef Elliot Lidstone pulls off some seriously clever cooking at this East London eatery.

Run by the same team behind the Anchor and Hope, the Canton Arms is an equally tantalising prospect. Show up early to avoid disappointment as this pub also operates a no reservations policy.

Jesse Dunford Wood’s Kensal Rise gastropub is one of a kind. His remarkable chef’s table, which begins with the chef opening a bottle of fizz with a machete and ends with what can only be described as a barrage of desserts, is better than dinner and a show in our humble opinion. In fact, it basically is dinner and a show.

Genuinely classy yet totally unpretentious, the Truscott Arms has one of the finest wine lists north of the equator. The team have recently refurbished the upper dining room, turning it into a fine dining restaurant offering a range of flawlessly executed tasting menus under head chef Aidan McGee.


The whole nine yards: what can your wholesaler do for you

With price inflation gathering pace and supply disruptions breaking out, caterers need wholesalers who can deliver economically and reliably. John Porter reports on what your wholesaler can do for you

It's fair to say that the economic signals being beamed at the hospitality industry are, at the least, cause for concern. While the Bank of England's most recent quarterly forecast, published in February, predicted 2% growth for the UK economy this year, at the same time the bank warned that consumer spending is likely to slow down as the combination of rising inflation and low wage growth hits disposable income.

Figures more specific to the catering sector have come from the purchasing specialists who work closely with industry wholesalers.

The CGA Prestige Foodservice Price Index reported that foodservice price inflation hit 3.7% in February, while the Lynx Purchasing Market Forecast analysis of a basket of goods routinely bought by operators showed a 9% year-on-year increase between March 2016 and March 2017.

Trade bodies have also weighed in. The Wine and Spirit Trade Association, for example, has warned that the combination of the post-Brexit devaluation of sterling and the Bank of England inflation forecast will add 46p to an average bottle of wine.

Eat, drink and be merry…
The prospect of times becoming tougher seems to have prompted some consumers to prioritise booking a table at the last chance saloon over longer-term spending. The Coffer Peach Business Tracker for February 2017 showed a 1.7% increase in like-for-like sales in managed pubs and restaurants. In contrast, retailers such as Next have bemoaned the fact that consumers are choosing going out to eat over purchases such as clothes.

Whether this is a longer-term trend or simply a blip is the key issue for operators and suppliers to predict as they plan menus. Stuck in the middle are the wholesalers, who have to manage the foodservice supply chain in circumstances that can change quickly.

"The eating out market has remained fairly robust," says Sarah Wilkinson, head of desserts, bakery, deli and meal solutions at Brakes.

"The worst fears around the Brexit vote have not materialised, and the UK economy has remained resilient, with GDP growth anticipated this year." But she warns: "The increasing cost of goods from Europe and beyond is likely to have an impact on food price inflation. While the scale and global sourcing ability of Brakes have, to an extent, mitigated some of this, the challenge will remain."

In the first few months of 2017, a shortfall in fresh produce from Spain and an industrial dispute in the Icelandic fishing fleet demonstrated how quickly problems in the supply chain can escalate in an inflationary market.

One issue for operators when such challenges arise is whether to stick with the wholesaler they know or to shop around for the best deals.

Jo Ennion, client services director at procurement specialist Procure4, advises operators to "keep the dialogue open with more than one wholesaler, so you get a consistent story on price increases. It is important, now more than ever, to keep a flexible supply chain so that it is possible to change product or supplier quickly.

Jo Ennion of Procure4 She adds: "Most importantly, ensure your wholesalers keep you informed of potential cost risks well in advance to allow you enough time to consider the supply options and make any relevant menu changes before the costs hit your P&L."

Wholesalers, perhaps understandably, advise operators to exercise caution before shopping around too enthusiastically. Chris Beckley, managing director of KFF, says: "When selecting a wholesaler, price is important, but almost secondary to service and the relationship a caterer will have with a wholesaler.

It's all very well purchasing the cheapest chip, for example, but if it is constantly out of stock or not delivered in time, it may result in caterers panic buying at higher prices, therefore in the long run it is not sustainable.

"Caterers should work together with their chosen wholesaler and see them more as a partner than a supplier. We regularly review our products to make sure they are the best in the market, which we offer to our clients at competitive, sustainable prices."

New product development is one key way for wholesalers to show they add value for operators over and above price. Alice Bexon, purchasing manager at Beacon, says: "We're seeing an increasing number of national food wholesalers, such as Brakes and Bidfood, investing significantly in development kitchens. Customers can come into the kitchen and spend time with the development chefs to get inspiration on new menu ideas."

Rob Owen, executive development chef at Creed Foodservice, sets out what a wholesaler partnership can do: "I provide ongoing menu and concept development support to our customers. I help them develop high-quality, on-trend meals and solutions, including street food and other hot grab-and-go options. I also assist with category and product reviews, pickup-point reviews, and the development of new serving concepts."

Farm to fork - fast
This added-value approach is echoed by Vernon Mascarenhas of First Choice Produce, based in London's New Covent Garden Market. He says: "Specialist wholesalers can give you what we call 'day 1 for day 2' - where produce comes in from the farm and is in the kitchen by the next morning. The difference is how quick we can harvest that veg and get it onto the plate. We are talking hours, not days."

Vernon Mascarenhas of First Choice Produce

st Choice customer Jesse Dunford Wood, chef at Parlour restaurant in Kensal Rise, London, says: "Vernon brings baskets of treats that we might not normally see. He knows what will be interesting to a particular chef, and that personal contact is key. Especially in fruit and veg, where produce changes seasonally, even daily, you need that direct link with your supplier. They know what's hot and what's not, what's high or low in price, and what to try. We are constantly introduced to new products, and that is so important for our menus."
For a supplier such as New Forest Ice Cream, the use of a network of wholesalers "allows us to logistically manage national distribution, supplying ice-cream to customers throughout the industry", says director Christina Veal. "We can ensure that our ice-cream remains frozen at all times because our chosen wholesalers meet strict storage regulations and deliver using the latest, highly insulated transport designed especially for delivering frozen produce."

Case study: Friska Food
Bristol-based café operator Friska Food offers 'healthy fast food' that's reasonably priced, globally influenced and locally sourced. With a range of standalone sites
and concessions in its home city, an opening in Birmingham meant Friska required a food wholesaler to service its existing sites as well as new ventures further north.

Friska turned to Creed Foodservice to assist it in consolidating supply. With depots in Gloucestershire and Ilkeston, Creed was ideally placed to serve both the existing Bristol businesses and new sites.

t now supplies Friska with grocery, and frozen and chilled produce, consolidating the operator's sourcing and the number of deliveries made to each of its sites.

Griff Holland, co-founder of Friska, says: "Managing the kitchen admin has been far easier since consolidating our ordering. As we expand, this will be even more important. Quality and responsible sourcing are really important to this business, and Creed's own values regarding commitment to quality, sustainable and ethical sourcing, and green issues are synonymous with our own."

&bullBestway Wholesale has released the Essentially Cleaning range - a set of 40 professionally formulated products focused on the foodservice market, clearly
colour-coded across seven different areas: kitchen, floorcare, dishwashing, bar and cellar, housekeeping, washroom, and laundry.

&bullBrakes has introduced a beef rib with salt and pepper (pictured), slow-cooked for six hours before it reaches customers to ensure the meat is tender and the flavour strong. The rib is reheated by the customer, removing the time and labour elements associated with preparation, but still delivering a premium product.

&bullFrom Country Range comes a trio of dressings targeting summer menus. Honey & Mustard Dressing is blended to give the perfect balance of sweet and savoury and can be drizzled over fresh greens or used to glaze gammon. Ranch Dressing has mild garlic undertones and a smooth buttery texture and can be drizzled over grilled prawn skewers, to add oomph to a club sandwich or used as a dip. Citrus & White Balsamic Dressing (pictured) has subtle sweetness and a peppery acidic finish for serving with crispy and crunchy salads or to give fish a
tangy lift. All are available in 2.5-litre jars in cases of two.

&bullKFF has expanded its Burger Bar offer with three Dirty Burger options. There is the D'oh-nut burger - two burger patties, streaky bacon, Emmental cheese, mustard, barbecue sauce and a couple of sugar ring doughnuts. The Black and Blue Part 2 burger (pictured) combines three buns, chilli, kidney beans, blue cheese, salsa, guacamole and a helping of sweet potato fries. And the Smokin' Swine is a hot and smoky burger piled high with two beef patties, Purple Pineapple BBQ pulled pork filling, spicy Mexicana cheese, jalapeÁ±o chillies, breaded dill pickles, soured cream and coleslaw.



コメント:

  1. Nazragore

    おめでとうございます、この素晴らしい考えが役に立ちます。

  2. Kaga

    それは何か違うことと??維持の考えについてです。

  3. Mona

    ワッカー、どんなフレーズ...、素晴らしい考え



メッセージを書く